Map Viewer Web マップの互換性

ArcGIS Online には、マップの表示、使用、作成のための 2 つのマップ ビューアーがあります。 Map Viewer または Map Viewer Classic は、組織および個別のメンバー用のプライマリ マップ ビューアーとして構成できます。

以下の互換性ガイドと機能比較表では、両方のマップ ビューアーで使用できる共通のワークフローとツールの概要を示します。 Map ViewerMap Viewer Classic での特定の機能の予想される動作を説明します。

上位互換性と下位互換性

新しいフィーチャを含むリリース可能な Web マップを作成するには、Map Viewer で作成されたマップを Map Viewer Classic で開くか、この逆の操作を行います。 これにより、マップの作成方法に柔軟性がもたらされます。 2 つのマップ ビューアー間には機能に違いがあるため、点密度マップなどの新しい機能を表示できるようにすることをお勧めします。 Map Viewer Classic と Map Viewer のどちらからも、これらの状況に関する通知が発行されます。 ほとんどの場合、サポートされていないコンテンツは表示されません。 Map Viewer ClassicMap Viewer の両方で作成された Web マップを保存する際には、[名前を付けて保存] オプションを使用することをお勧めします。 どのマップ ビューアーを使用するかを判断するには、この「FAQ」をご参照ください。 各マップ ビューアーのサポート対象に関するより具体的な情報については、次の互換性比較表をご参照ください。

互換性の凡例と比較表

特定のワークフローと目的の動作に関する互換性情報については、下記の凡例および比較表をご参照ください。

ステータス定義

フル サポート

すべての機能 (保存、作成、変更を含む) を使用することができます。

例: Map Viewer でフィーチャ レイヤーの追加とシンボル表示ができます。

サポートなし

この機能は、指定されたマップ ビューアーではサポートされていません。 作成のサポートがないため、Web マップに保存された機能を表示できません。

例: 関連レコードは、Map Viewer Classic でのみ表示して構成することができます。関連レコードは、Map Viewer ではまだ表示することも構成することもできません。

一部: 制限されたレイヤーの作成

特定タイプのレイヤーが一部サポートされています。 Map Viewer Classic で作成されたマップにレイヤーを追加して、Map Viewer で透過表示、縮尺範囲、順番などの基本プロパティを変更できます。 ただし、これらのレイヤー タイプでは、レイヤーのスタイル変更、ポップアップの変更、その他のプロパティの構成を行うことはできません。

例: Map Viewer では、Map Viewer Classic で作成された、ストリーミング フィーチャ レイヤーを含むマップを開くことができます。 その後、Map Viewer でレイヤーの透明度やその他の基本プロパティを変更できますが、ポップアップ構成やスタイル設定など、その他の構成オプションは Map Viewer Classic でしか利用できません。

カテゴリ機能Map Viewer ClassicMap Viewer

一般的なワークフロー

印刷

フル サポート

フル サポート

スタンドアロン テーブル

フル サポート

フル サポート

ファイルからレイヤーを追加

フル サポート

サポートなし

解析

フル サポート

サポートなし

ブックマーク

フル サポート

フル サポート

マップ メモ

フル サポート

サポートなし Map Viewer では、マップ メモはスケッチ レイヤーに変わっています。

URL からレイヤーを追加

フル サポート

フル サポート

すべてのレイヤー タイプのレイヤー オーサリングのサポート*

フル サポート

一部: 下記の詳細*

マップから共有

フル サポート

フル サポート

編集

フル サポート

フル サポート

計測

フル サポート

フル サポート

*レイヤー タイプ (Map Viewer Classic で現在サポートされています)

フィーチャ レイヤー (ホスト フィーチャ レイヤー、ホスト OGC フィーチャ レイヤー、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー、および ArcGIS Server サービス)

フル サポート

フル サポート

マップ イメージ レイヤー

フル サポート

フル サポート

OGC WMTS、WMS

フル サポート

フル サポート

イメージ レイヤー

フル サポート

フル サポート

タイル レイヤー

フル サポート

フル サポート

ベクター タイル レイヤー

フル サポート

一部: 制限されたレイヤー オーサリング

OGC WFS

フル サポート

フル サポート (GeoJSON 出力に対応している WFS 2.0 レイヤーを対象)

テーブル レイヤー

フル サポート

フル サポート

フィーチャ コレクション

フル サポート

一部: 制限されたレイヤー オーサリング

ストリーミング フィーチャ レイヤー

フル サポート

一部: 制限されたレイヤー オーサリング

マッピング機能

ヒート マッピング

フル サポート

フル サポート

スマート マッピング: ドット密度

サポートなし

フル サポート

ポップアップ: 関連レコード

フル サポート

サポートなし

スマート マッピング: その他

フル サポート

フル サポート

フロア対応マップ

サポートなし

フル サポート

ポイント シンボル

フル サポート

フル サポート (選択済みギャラリー)

更新間隔

フル サポート

フル サポート

Arcade を含むラベル

フル サポート

フル サポート

ポップアップでのチャートの構成

フル サポート

フル サポート

ベースマップ ギャラリーを使用して、さまざまな座標系のベースマップを切り替え

フル サポート

一部サポート

時系列アニメーション

フル サポート

フル サポート

レイヤーの順序変更 (レイヤー タイプに関係なく)

サポートなし

フル サポート

フィルタリング

フル サポート

フル サポート

対話型フィルター/値の確認

フル サポート

サポートなし

Arcade でのポップアップの作成

フル サポート

フル サポート

クラスタリング

フル サポート

フル サポート

Arcade: ビジュアライゼーション

フル サポート

フル サポート

その他

フィーチャ テンプレートの作成と変更

フル サポート

サポートなし 今後のリリースでアイテム ページがサポートされる予定です。

サポートされているすべての言語にローカライズ

フル サポート

フル サポート

組織およびユーザーのデフォルト

フル サポート

フル サポート

ブラウザー: Microsoft Edge

フル サポート

注意:
Edge Legacy はサポートされていません。

フル サポート

注意:
Edge Legacy はサポートされていません。

モバイル設計

フル サポート

フル サポート