レイヤーの使用

組織のメンバーは、他のユーザーと共有できるように、データを追加して、ArcGIS Onlineレイヤーを公開します。

レイヤーを使用する方法と場所は、レイヤーのタイプとレイヤーで行う必要がある操作によって異なります。 以下に例を示します。

ヒント:

レイヤーが要件を満たしているかどうかを判断するには、そのレイヤーのアイテム ページにある情報を確認します。 レイヤーの説明、メタデータ、範囲などの詳細は、そのレイヤーが適切かどうかを判断する上で役立ちます。 ホスト フィーチャ レイヤーでは、レイヤー内の個々のフィールドの追加情報も入手できます。

マップおよびシーンでのレイヤーの使用

マップまたはシーンを構築するには、データ レイヤーを追加して、マップまたはシーンでのレイヤーの外観と動作を構成します。 マップおよびシーンには、公開したレイヤーと、ArcGIS Living Atlas of the World など他のプロバイダーが提供するレイヤーを追加できます。 Map Viewer または Scene Viewer でレイヤーを開くには、レイヤーのアイテム ページでそれぞれ [マップ ビューアーで開く] または [シーン ビューアーで開く] を使用できます。または、Map Viewer または Scene Viewer で開始して、そこでレイヤーを追加できます。 自分や他のユーザーがレイヤーの操作に使用できるマップまたはシーンを作成するプロセスの概要については、「マップの基本操作」または「シーンの基本操作」をご参照ください。

Map Viewer および ArcGIS Pro解析ツールやカスタム アプリでフィーチャ レイヤーを使用して、空間的な質問に回答したり、パターンを検出したり、トレンドを識別したりできます。

アプリでのレイヤーの使用

アプリは、その多くが ArcGIS Online のレイヤーを操作できる専門機能を提供する点でツールと似ています。

アプリ ユーザーの要件を満たすアプリを選択する必要があります。 場合によっては、レイヤーを ArcGIS Pro などのアプリに直接追加して、ベースマップとして使用したり、マップに参照情報を提供したり、フィーチャを編集または解析したりします。 これ以外のほとんどの場合は、ユーザーが必要とするレイヤーを含むマップまたはシーンを作成および構成して、特定の機能を提供するアプリにそのマップまたはシーンを追加します。 その目的に合ったアプリを作成するか、ArcGIS DashboardsArcGIS GeoPlanner などのすぐに使用できるアプリを使用できます。

フィーチャとテーブルの編集

編集できるように構成されたフィーチャとテーブルを Map Viewer に追加して、フィーチャを編集したり、テーブル内の属性を編集することができます。

これらの編集可能なレイヤーは、ArcGIS Pro または ArcMap で編集できます。 編集可能なフィーチャ レイヤーとテーブル レイヤーは、後からアプリに含めるマップに追加することもできます。

また、管理者とフィーチャ レイヤーの所有者は、編集可能なフィーチャ レイヤーを含むマップをオフラインで使用できるように構成することもできます。 フィーチャ レイヤーとマップはどちらも、オフラインで使用できるように有効化する必要があります。 その後、編集可能でオフラインでの使用が有効なレイヤーを含むマップを ArcGIS Collector に読み込んで、インターネットに接続していない間にデータを収集および編集できます。

ホスト フィーチャ レイヤーからのデータのエクスポート

次のいずれかの条件に当てはまる場合は、ホスト フィーチャ レイヤーからデータをエクスポートできます。

  • フィーチャを所有している場合
  • ArcGIS Online の組織サイトの管理者である。
  • ユーザーはホスト フィーチャ レイヤーの所有者でも管理者でもないが、所有者または管理者がデータのエクスポートを他のユーザーに許可するように、ホスト フィーチャ レイヤーを構成している場合

    この設定を変更するには、アイテム ページの [設定] タブで、[データのエクスポート] の下の [他のユーザーが別の形式にエクスポートすることを許可します] チェックボックスをオンにします。

ArcGIS Online の場合、ホスト フィーチャ レイヤーまたはホスト フィーチャ レイヤー内のレイヤーからエクスポートすると、次のアイテムのいずれかが [マイ コンテンツ] のルート フォルダー内に作成されます。

  • CSV ファイル - ポイント レイヤーからエクスポートした場合は、各ポイントの緯度値と経度値が CSV ファイルにエクスポートされます。 ラインまたはポリゴン レイヤーをエクスポートすると、非空間属性だけがエクスポートされます。
  • Microsoft Excel ファイル - ポイント レイヤーからエクスポートした場合は、各ポイントの緯度値と経度値が Excel ファイルにエクスポートされます。 ラインまたはポリゴン レイヤーをエクスポートすると、非空間属性だけがエクスポートされます。
  • シェープファイル
  • ファイル ジオデータベース
  • GeoJSON ファイル
  • フィーチャ コレクション
  • KML ファイル

アイテムを作成したら、そのファイルをダウンロードできます。

メモ:

データをエクスポートする際、パフォーマンス向上のためにキャッシングが使用されます。 データのエクスポートとレイヤーの編集を定期的に行っている場合、データへの最新の変更がエクスポート対象ファイルに反映されるのに最大で 10 分かかる場合があります。

ホスト フィーチャ レイヤーのレイヤーにメタデータが含まれている場合、シェープファイルまたはファイル ジオデータベースにエクスポートするときに、そのメタデータが取り込まれます。

ホスト フィーチャ レイヤー ビューからエクスポートする場合、ビューの定義に含まれるデータのみがエクスポートされるファイルに含められます。

ホスト フィーチャ レイヤーの詳細ページまたはホスト フィーチャ レイヤー ビューからデータをエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. サイン インしてから、エクスポートするフィーチャのアイテム ページを開きます。
    • フィーチャ レイヤーを所有している場合は、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順にクリックして、アイテムのタイトルをクリックします。フィーチャ レイヤーのサブレイヤーのアイテム詳細を開くには、[概要] タブの [レイヤー] セクションに移動し、サブレイヤーの名前をクリックします。
    • フィーチャ レイヤーを所有していない場合は、レイヤーを検索して、検索結果リストにあるフィーチャ レイヤー名をクリックします。フィーチャ レイヤーのサブレイヤーのアイテム詳細を開くには、[概要] タブの [レイヤー] セクションに移動し、サブレイヤーの名前をクリックします。
  2. [概要] タブの [データのエクスポート] ボタンをクリックして、エクスポートする形式を選択します。

    ヒント:

    エクスポートするレイヤーに添付ファイルがあり、その添付ファイルもエクスポートする場合は、ファイル ジオデータベースにエクスポートします。 レイヤーを下記の他の形式にエクスポートする場合は、添付ファイルがエクスポートに含まれません。

    • [シェープファイルにエクスポート] - エクスポートするレイヤーとそれに関連付けられたメタデータ (存在する場合) ごとに、シェープファイルを含む圧縮ファイル (*.zip ファイル) が作成されます。 このファイルをダウンロードして、お使いのコンピューターに保存できます。
    • [CSV ファイルにエクスポート] では、レイヤーからエクスポートするときにカンマ区切り値ファイルが作成されます。 ファイルを開くか、各自のコンピューターに保存できます。 すべてのレイヤーを CSV ファイルにエクスポートする場合は、CSV コレクションが作成されます。これは、レイヤーごとに 1 つの CSV ファイルを含む *.zip ファイルです。 *.zip ファイルをダウンロードして、お使いのコンピューターに保存できます。
    • [KML にエクスポート] では、Map Viewerで開くことのできる KML サービスが作成されます。 すべてのレイヤーを KML にエクスポートする場合は、KML コレクションが作成されます。 このコレクションは、レイヤーごとに 1 つの KML ファイルを含む *.zip ファイルです。
    • [Excel にエクスポート] では、Microsoft Excel スプレッドシートが作成されます。 ファイルを開くか、各自のコンピューターに保存できます。 すべてのレイヤーを Excel にエクスポートする場合、各レイヤーはスプレッドシートで別々のシートになります。
    • [FGDB にエクスポート] では、ファイル ジオデータベースを含む *.zip ファイルが作成されます。 ファイル ジオデータベースには、フィーチャクラスとそれに関連付けられたメタデータおよび添付ファイル (存在する場合) が含まれています。 *.zip ファイルをダウンロードして、お使いのコンピューターに保存できます。 *.zip ファイルは、[タイトル] に指定した名前を使用しますが、ジオデータベース名はランダムに生成され、フィーチャクラス名は、エクスポートしたレイヤー名と同じになります。
    • [GeoJSON にエクスポート] では、エクスポートするすべてのレイヤーの定義を含む GeoJSON ファイルが作成されます。 このファイルをダウンロードして、お使いのコンピューターに保存できます。
    • [フィーチャ コレクションにエクスポート] では、Map Viewerで開くことができるフィーチャ コレクションのアイテムが作成されます。

      [Web 表示用にフィーチャを単純化] を選択して、Web アプリ用にレイヤーを最適化します。 フィーチャは、WGS 1984 Web メルカトル (球体補正) の座標系で公開されたレイヤーからのみ単純化できます。 Web 表示用に単純化された、エクスポートされたフィーチャ コレクションは、デスクトップおよびモバイル アプリでは機能しないことに注意してください。

      または、データのすべての精度を維持する必要がある場合またはデスクトップ アプリやモバイル アプリを使用する場合は、[元のフィーチャを保持] を選択します。

ヒント:

空間解析を実行する権限がある場合は、エクスポートが有効になっているホスト フィーチャ レイヤーまたはホスト フィーチャ レイヤー ビューからデータをエクスポートしたり、Map Viewer[データの抽出] ツールを使用してフィーチャ コレクションからデータをエクスポートしたりすることもできます。