レイヤーをマップに追加 (Map Viewer)

注意:

一部の機能は、新しい Map Viewer (旧名称 Map Viewer Beta) ではサポートされていません。 詳細については、「互換性ガイド」をご参照ください、また、サポートされていないワークフローについては、必要に応じて Map Viewer Classic (旧名称 Map Viewer) をご使用ください。

レイヤーは、マップのコンテンツとなるものです。 レイヤーには、人、地球、生活など、さまざまな情報が含まれており、画像、タイル、フィーチャなどで構成されています。 レイヤーをマップに追加するには、組織サイトにサイン インして、Map Viewer を開きますArcGIS Online 上のパブリック レイヤー、自分のコンテンツや組織内のレイヤー、および ArcGIS Marketplace 内にあるサブスクリプション レイヤーを検索できます。 [URL から] レイヤーを追加することもできます。

マップを保存すると、追加したレイヤーがマップとともに保存され、[コンテンツ] ページの [マイ コンテンツ] タブにマップが表示されます。

レイヤーの参照

マップに情報を追加するには、コンテンツ、お気に入り、所属しているグループ、組織、サブスクリプション コンテンツ、ArcGIS Living Atlas of the World、または ArcGIS Online から、次のようにレイヤーを検索します。

  • [マイ コンテンツ] - ユーザーが所有するレイヤー。
  • [お気に入り] - お気に入りとしてマークされたレイヤー。
  • [マイ グループ] - 所属しているグループのレイヤー。
  • [組織] - 組織のレイヤー。
  • [サブスクリプション コンテンツ] - 組織が ArcGIS Marketplace から購入済みの、すぐに使用できるマップ レイヤーとサービス。
  • [Living Atlas] - ArcGIS Living Atlas of the World から選択されたレイヤー (交通量、人口統計、土地被覆レイヤーなど)。

    ほとんどの ArcGIS Living Atlas レイヤーは、マップで自由に使用可能であり、誰でも閲覧することができます。 一部のレイヤーはサブスクリプション コンテンツプレミアム コンテンツを含んでいます (これらはアイテムの説明で識別されます)。つまり、クレジットを消費するので、一般ユーザーは閲覧できません。 ただし、マップにこれらのレイヤーが 1 つ以上含まれ、そのマップをパブリックで共有する場合は、マップベースのアプリを作成して、組織のサブスクリプションを通じてコンテンツにアクセスできるように構成することができます。 サブスクリプションにクレジット コストが発生します。

  • [ArcGIS Online] - 追加したレイヤー、所属しているグループのレイヤー、およびパブリック コンテンツ。
注意:

サイン インしていない場合や、個人向けプランのアカウントでサイン インしている場合は、これらのオプションの一部のみが表示されます。

レイヤーを検索してマップに追加するとき、結果の表示方法を変更したり、必要なレイヤーを見つけるために結果の並べ替えやフィルター処理を実行したり、結果をお気に入りリストに追加したりできます。 また、レイヤーをマップに追加する前に、各レイヤーの詳細を表示することもできます。

サポートされているレイヤー

Map Viewer で、次のレイヤーを検索してマップに追加できます。

  • 所有している、または共有されているレイヤー
  • ArcGIS Living Atlas of the World にあるレイヤー
  • マーケットプレイス サブスクリプション レイヤー
  • ArcGIS Online 上のパブリック レイヤー
  • テーブル レイヤー
  • スケッチ レイヤー

一部のタイプのレイヤーは URL を使用して追加することもできます。

レイヤーの検索と追加

Map Viewer でレイヤーを検索して追加するには、次の手順に従います。

  1. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーで、次のいずれかを実行します。
    • [追加] Add をクリックし、[レイヤーの参照] Browse layers をクリックして空間レイヤーを検索します。
    • [テーブル] Tables をクリックし、[テーブルの追加] をクリックしてテーブル レイヤーを検索します。

      [テーブルの追加] ウィンドウは、テーブル レイヤーだけが表示されるように事前にフィルター処理されています。

  2. レイヤーを検索する場所を、[マイ コンテンツ][お気に入り][マイ グループ][組織][サブスクリプション コンテンツ][Living Atlas][ArcGIS Online] の中から選択します。

    サイン インしていない場合は、[ArcGIS Online] および [Living Atlas] オプションのみを使用できます。 個人向けプランのアカウントでサイン インしている場合は、[組織] を除くすべてのオプションを使用できます。

  3. 必要に応じて、レイヤーを見つけやすいように、次のいずれかを実行します。
    • 検索テキスト ボックスに検索語句を入力します。 また、高度な検索を使用して、検索結果を絞り込むこともできます。
    • 表示ボタン ([テーブル] テーブル および [リスト] リスト) を使用して、別の方法でレイヤーを表示します。
    • [並べ替え] 並べ替え をクリックして、レイヤーの結果を並べ替えたり、並べ替え方向を変更します。
    • [フィルター] Filter をクリックして、検索結果を絞り込みます。 たとえば、組織内のレイヤーを検索していて、コンテンツのカテゴリが設定されている場合、[カテゴリ] フィルターを使用して結果を絞り込むことができます。 また、ArcGIS の標準カテゴリ セット[地域] フィルターを使用して、ArcGIS Living Atlas レイヤーの結果をフィルター処理することもできます。 検索で信頼できるとしてマークされたレイヤーのみを返すには、[ステータス] フィルターを使用します。 使用可能なフィルター オプションは、レイヤーを検索する場所と、サイン インの有無およびその方法によって異なります。
      注意:

      現在のマップ範囲に基づいて検索結果を制限するには、[マップ エリア内のコンテンツのみを表示] 切り替えボタンをオンにします。 たとえば、マップを米国ネバダ州に拡大すると、検索結果はマップの範囲に合わせて並べ替えられます。 マップ範囲をペンシルバニア州に変更すると、通常、(キーワードに応じて) 異なる結果が返されます。 現在のマップ範囲に重なり合っている (キーワードに一致する) すべてのレイヤーが返されます。

    • レイヤーのタイトルをクリックして、詳細を表示します。 レイヤーの詳細ウィンドウで、[完全なアイテム詳細の表示] Share map をクリックすると、アイテム ページが開き、レイヤーの詳細が表示されます。
  4. レイヤーの結果の [レイヤーの追加] Add をクリックし、レイヤーをマップに追加します。
  5. 追加するレイヤーごとに上記の手順を繰り返します。
    ヒント:

    レイヤーの結果をお気に入りに追加するには、レイヤーの詳細ウィンドウでレイヤーのサムネイル画像の下にある [お気に入りに追加] をクリックします。 お気に入りの完全なリストを表示するには、Map Viewer[コンテンツ] ページの [お気に入り] タブでレイヤーを検索するときに、[お気に入り] を選択します。

    レイヤーを Map Viewer Classic に追加した後は、各レイヤーを構成できます。 たとえば、マップに追加したレイヤーごとに、スタイルの変更ラベルの作成ポップアップの構成を行うことができます。

  6. 検索結果リストでそのレイヤーの [削除] Remove をクリックすると、マップからレイヤーを削除できます。
  7. [戻る] をクリックして検索ウィンドウを閉じます。

URL からのレイヤーの追加

一部のタイプのレイヤーは URL を使用して追加できます。 URL を使用してレイヤーを追加するには、次の手順に従います。

  1. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーの [追加] Add をクリックします。 表示されるオプションから、追加するレイヤー タイプを選択します。
    • [CSV] CSV - 一般的に位置情報が含まれている、Web ベースのカンマ区切り値のテキスト ファイル
    • [KML] KML - 地理フィーチャを表すために使用される XML ベースのファイル形式
    • [Web サービス] Web サービス - ArcGIS Server サイト上のマップ、画像、またはフィーチャ リソース
    • [GeoRSS] GeoRSS - 地理フィーチャと位置が含まれているライブ Web フィード
    • [タイル レイヤー] Tile layer - サーバー上の Web アクセス可能なタイルのセット
    • OGC API - フィーチャ OGC API - フィーチャ - OGC API - フィーチャ仕様に準拠するフィーチャ サービス
    注意:

    OGC API - フィーチャ レイヤーには、空間フィールドを挿入する必要があります。

  2. レイヤーの URL を [URL] テキスト ボックスにコピーします。
    • ArcGIS Server Web サービス レイヤーを追加するには、ArcGIS Web Adaptor を構成済みの場合は、次の URL の形式を使用します: https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services/folder/service/servicetype。 サービスがルート フォルダーにある場合、URL にフォルダー名を含める必要はありません。 その場合の URL の形式は、「https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services/service/servicetype」です。

      たとえば、ArcGIS Server マップ サービスに接続するには、次のような URL を入力します: https://webadaptorhost/webadaptorname/rest/services/service/MapServer。 詳細および例については、「ArcGIS URL のコンポーネント」をご参照ください。

    • タイル レイヤーを追加するには、次の形式でレベル、列、および行のプレースホルダーを含む URL を入力します: https:// ... /{level}/{col}/{row}.png または https:// ... / {z}/{x}/{y}.png。 URL には、マップ タイルが格納されているサブドメインのプレースホルダーを含めることもできます。 この URL はデータ プロバイダーから入手できます。

      たとえば、OpenCycleMap タイル レイヤーの URL には、括弧 {} の中にパラメーター化された値が含まれています: https://www.opencyclemap.org/:https://{subdomain}.tile.opencyclemap.org/cycle/{level}/{col}/{row}.png

      注意:

      Web から追加されたタイル レイヤーが Map Viewer で適切に表示されるには、Web メルカトル (球体補正) 座標系が使用されている必要があります。

  3. Web サービス レイヤーに限り、サービスへのリクエストにカスタム パラメーターを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [カスタム パラメーター][パラメーターの追加] をクリックします。
    2. [パラメーター] テキスト ボックスに、追加するパラメーターの名前を入力します。
    3. [値] テキスト ボックスにパラメーター値を入力します。
    4. [追加] をクリックします。

    指定したカスタム パラメーターは、サービスに作成されるすべてのリクエストに自動的に適用されます。

  4. タイル レイヤーに限り、次の手順を実行します。
    1. [タイル] テキスト ボックスに、レイヤーのタイトルを入力します。

      指定したタイトルが [レイヤー] ウィンドウ (ベースマップとして追加した場合は [ベースマップ] ウィンドウ) に表示されます。

    2. [帰属] テキスト ボックスに、タイル レイヤー プロバイダーの著作権情報や必須の属性情報を入力します。

      マップの下部に、属性情報が表示されます。

    3. タイル レイヤーに 1 つ以上のサブドメインが含まれている場合、カンマ区切りリストを使用して、[サブドメイン] テキスト ボックスでタイル レイヤーのサブドメイン ラベルを指定します。

      サブドメインはタイル レイヤーのプロバイダーが複数のサーバーにタイル リクエストを分散するために使用されます。 すべてのタイル レイヤーにサブドメインがあるわけではありません。 タイル レイヤーにサブドメインがない場合、[タイル レイヤーの追加] ウィンドウにサブドメイン フィールドは表示されません。 サブドメインのラベルがわからない場合、タイル レイヤーのプロバイダーにお問い合わせください。

      タイルが複数のサーバーに分散している場合は、サブドメイン情報を指定する必要があります。

    4. 必要に応じて、[タイルの範囲をマップの現在の範囲に設定] チェックボックスをオンにします。

      このオプションをオンにすると、Map Viewer は、タイル範囲を設定して、オプションを有効にした時点でマップに表示できるタイルのみを含むようにします。 Map Viewer はその範囲のタイルのみを表示します。 ただし、タイルは範囲に収まるようにクリップされないため、範囲を超えている場合があります。

  5. OGC API - Features の場合に限り、[レイヤー] ドロップダウン矢印をクリックし、追加するレイヤーを選択します。

    選択できるレイヤーは 1 つだけです。

  6. OGC API - Features の場合に限り、必要に応じて、サービスに作成するリクエストにカスタム パラメーターを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [カスタム パラメーター] をクリックし、[パラメーターの追加] をクリックします。
    2. [パラメーター] テキスト ボックスに、追加するパラメーターの名前を入力します。
    3. [値] テキスト ボックスにパラメーター値を入力します。
    4. [追加] をクリックします。

    指定したカスタム パラメーターは、サービスに作成されるすべてのリクエストに自動的に適用されます。

  7. 次のいずれかを実行します。
    • [マップに追加] をクリックして、データを操作レイヤーとして追加します。
    • [ベースマップとして使用] をクリックして、データをベースマップ レイヤーとして使用します。 このオプションは、Web サービスとタイル レイヤーのみで利用できます。

    データがマップに追加され、[レイヤー] ウィンドウ Layers または [ベースマップ] ウィンドウ Basemap に表示されます。