アイテムの表示と使用

アイテムとは、ArcGIS Online で使用できるコンテンツのことです。 アイテムごとに、各種情報、オプション、および設定を示すアイテム ページが含まれます。 アイテムの詳細の情報を使用し、そのアイテムの内容と使用方法を確認できます。

ヒント:

使用可能な情報とオプションは、アイテム タイプ、ユーザーの権限、ユーザーがアイテムの所有者であるか管理者であるかによって決まります。 アイテムの設定を構成できるのは、アイテム所有者または組織の管理者のみです。

アイテム ページでは、さまざまな方法でアイテムを詳しく調べることができます。 たとえば、関連するレコードと添付ファイルが統合されている対話形式の属性テーブルを使用すると、属性データを調べたり、フィールド値、統計情報のサマリー、設定など、フィールドのすべての要素を一緒に表示したりできます。 コンテンツの作成者と管理者は、サイトの他の場所に移動せずに、アイテムの設定を変更することができます。 たとえば、[概要] タブでシーンからアプリを構成したり、[設定] タブで直接アプリ設定を編集したりできます。 フィーチャ レイヤーのスタイルやポップアップ、その他のレイヤー プロパティは、マップ ビューアーでレイヤーを開かずに [ビジュアライゼーション] タブで構成できます。

アイテム詳細ページを開く

アイテム ページにアクセスするには、次のいずれかを実行します。

  • ギャラリーで、サムネイルの上にポインターを合わせて [詳細] をクリックします。
  • グリッド ビューまたはリスト ビューで表示した場合、コンテンツ ページでアイテムのサムネイルの下にある [詳細] をクリックします。
  • テーブル ビューで表示した場合、コンテンツ ページでアイテム名をクリックします。
  • マップ ビューアーでレイヤーを検索する場合、アイテム名をクリックします。

フィーチャ レイヤーとテーブル レイヤーのサブレイヤー

フィーチャ レイヤーまたはテーブル レイヤーの個々のサブレイヤーには、独自の詳細ページがあります。 これらのページには、サブレイヤーのみに関連し、影響を与える情報と機能が含まれています。 サブレイヤーの詳細にアクセスするには、フィーチャ レイヤーまたはテーブル レイヤーの詳細ページを開き、[概要] タブの [レイヤー] リストか [テーブル] リストでサブレイヤーをクリックします。 フィーチャ レイヤーまたはテーブル レイヤーの詳細に戻るには、詳細ページ上部のバナーでレイヤー名をクリックします。

サブレイヤーの詳細ページから、次の操作を行うことができます。

概要情報の表示

[概要] タブには、アイテムに関する情報の概要が含まれており、アイテムの内容を理解するうえで役立てることができます。 以下に示す概要情報を使用し、アイテムに関する理解を深めてから使用してください。

タイトル

タイトルとは、アイテムにアクセスしたときに表示されるアイテム名です。 タイトルはアイテムの内容を表します。

サマリー

サマリーとは、アイテムに関する簡単な説明です。

アイテムのステータス

組織の管理者は、特定のデータ、マップ、シーン、アプリのアイテムについて、信頼できるバージョンを示すことができます。 アイテムが信頼済みとして指定されると、そのアイテムの [概要] タブの上部付近に信頼済みバッジが表示されます。

たとえば、道路を表す複数のレイヤーが組織に含まれる場合、管理者は最も完全で正確なレイヤーを特定し、それを信頼済みのレイヤーとして指定できます。

アイテムが古くなったり、不要になったりした場合、管理者またはアイテムの所有者は、そのアイテムを非推奨として指定できます。 その場合は、そのアイテムの [概要] タブの上部付近に非推奨ラベルが表示されます。 非推奨バッジは、アイテムがまもなく削除される可能性がある警告として機能します。 このバッジは、このアイテムを使用してはならないことを意味します。ユーザーがこのアイテムを使用している場合は、削除される前に代わりのアイテムを探すことができます。

ヒント:

信頼済みバッジと非推奨バッジは、コンテンツ ページまたは検索結果のアイテムにも表示されます。 また、コンテンツ ページのステータス フィルターを使用して、信頼済みのアイテムと非推奨のアイテムを特定することもできます。

説明

説明は、アイテムに関するより詳細な情報を提供します。

サムネイル画像

サムネイル画像は、アイテムを視覚的に表現します。

レイヤー、マップ、シーンの場合は、アイテムのコンテンツのプレビューです。 ただし、アイテムの所有者や組織の管理者はサムネイル画像を変更できます。 たとえば、同じプロジェクトに関連するアイテムでは、そのプロジェクトを表すサムネイル画像を使用できます。 ファイルベースのアイテムの場合、所有者は、ファイルの種類や、そのファイルに含まれる情報の種類を示すサムネイル画像を追加できます。

サムネイルは、アイテムの詳細ページに加え、アイテムをリストやグリッドに表示したときに、コンテンツ ページにも表示されます。

利用規約

このセクションでは、アイテムの使用方法と利用者に関する情報を提供します。 たとえば、レポートや記事で使用する Web マップについて、著作権情報や情報提供元の機関のクレジットを表示する必要がある場合、その情報はアイテムの [利用条件] フィールドに記載されます。

メタデータ

メタデータは、アイテムに関するより詳細な情報を提供します。 アイテムにメタデータが定義されている場合、[メタデータ] ボタンをクリックすると、組織で構成されているメタデータ スタイルでアイテムのメタデータを表示できます。

マルチレイヤー フィーチャ レイヤーの個々のレイヤーには、フィーチャ レイヤーに対して設定されているものとは異なるメタデータを格納できます。 サブレイヤーのメタデータにアクセスするには、フィーチャ レイヤーの [概要] タブの [レイヤー] セクションでサブレイヤーをクリックします。

イメージ プロパティ

アイテムがホスト イメージ レイヤーの場合は、アイテム ページに詳細およびイメージ プロパティがリストされます。 詳細には、イメージ レイヤーのサイズと画像数が含まれます。 イメージ プロパティには、ソース タイプ、ピクセル タイプ、バンド数、セル サイズなどがあります。

共有のレベル

アイテムには、アクセスできるユーザーを示すラベル (一般ユーザー、すべての組織メンバー、特定のグループのメンバー、アイテム所有者のみ) が付けられています。

アイテムを使用したり、誰かにアイテムの URL を送信したり、アイテムをソーシャル メディアで共有したりする前に、アイテムが適切な共有レベルに構成されていることを確認します。 たとえば、一般ユーザーに共有されていないアイテムは、Twitter に共有できません。 同様に、アイテムがグループに共有されており、アイテムの URL をそのグループのメンバー以外に送信した場合は、そのユーザーはアイテムにアクセスできません。

アイテムの共有レベルは、アイテムの [概要] タブの [共有] と、アイテムのコンテンツ ページに表示されます。

著作権 (帰属)

データを提供した個人または機関の帰属情報は、データの出典を示します。

レイヤー アイテムの帰属は、レイヤー アイテムを Map Viewer に追加したときに、マップの下部に表示されます。

マルチレイヤー フィーチャ レイヤーのサブレイヤーに帰属を設定すると、レイヤーをマップに追加したときに、サブレイヤーの帰属が Map Viewer に表示されます。

タグ

タグは、ユーザーが検索を開始したときにアイテムを見つけやすくするために、アイテムの所有者または組織の管理者によってアイテムに追加されます。 アイテムに対して想定されるキーワード タグにコメントし、アイテムの所有者がそのアイテムの検索結果を向上できるよう協力する場合を除き、ほとんどの場合はアイテムの詳細ページのタグを読むことはありません。

フィーチャ レイヤーとテーブル レイヤーの詳細

フィーチャ レイヤーとテーブル レイヤーには、アイテムの詳細に [データ] タブがあります。 以下のいずれかのオプションを使用し、[データ] タブでレイヤーの属性テーブルを表示できます。

  • [テーブル] - このオプションを使用して属性テーブルを表示すると、テーブル内のすべてのフィールド (列) と行、関連テーブル内のフィールドと行、およびすべての属性データが表示されます。 このテーブルの表示は、テーブルに格納された属性データを表示、並べ替え、編集または削除するとき、または関連する写真にあっその他のファイルなど、付属物を追加および表示するときに最適です。 レイヤー所有者、組織の管理者、データ管理者、および共有更新グループのメンバーが属性データを編集または削除できます。

    さらに、各フィールドに関する詳細を確認することもできます。たとえば、フィールドが必須かどうかを調べたり、デフォルト値を確認したりできます。フィールドの列見出しをクリックして、[詳細なビューを表示] をクリックします。 テーブルのサイズが縮小され、選択したフィールドの対象を絞ったビューが表示されます。このビューには、[サマリー] セクション、必須フィールドやデフォルト値などのフィールド属性ルールを含む [設定] セクション、フィールド名やフィールド タイプなどの情報を含む [詳細] セクションがあります。 各セクションに表示される情報は、フィールド タイプとユーザーの権限によって決まります。 たとえば、[サマリー] セクションには、数値フィールドの場合、ヒストグラムが表示され、テキスト フィールドの場合、上位 10 個の個別値と関連する数情報が表示されます。

    テーブルの全体ビューに戻らずに、別のフィールドを選択して調べるには、左側の [オプション] ボタン オプションをクリックして、別のフィールドを選択します。 フィールドに関する詳細情報の表示を終えたら、[閉じる] ボタンをクリックしてテーブルの全体ビューに戻ることができます。

  • [フィールド] - [フィールド] ページからテーブルを表示すると、属性テーブル内のすべてのフィールド (非表示フィールドを含む) と関連テーブルのフィールドのリストが表示されます。 特定のデータタイプにフィルターを設定し、[並べ替え] ボタンをクリックして、[フィールド] ページでフィールドのリスト順を変更できます。 特定のフィールドに関する詳細情報を表示するには、フィールドの [表示名] 設定をクリックします。

    レイヤーの所有者または管理者が各フィールドの説明またはタイプを定義した場合、その情報は [データ] タブに表示されます。 これにより、マップ内でフィールドを表現する方法と、レイヤー内の属性を編集する際に必要な情報を確認できます。

注意:

フィーチャ レイヤーに複数のレイヤーが含まれている場合は、最初に [レイヤー] ドロップダウン メニューからレイヤーを選択して、個々のレイヤーの属性とフィールドを操作することができます。 個々のサブレイヤーの詳細ページの [データ] タブをクリックした場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューは利用できません。 サブレイヤーの [データ] タブで加えたすべての変更はそのサブレイヤーにのみ適用され、サブレイヤー間で切り替えることはできません。

属性の表示

フィーチャ レイヤー アイテムの属性データを属性テーブルに表示できます。 次のいずれかを行って、属性を表示します。

  • 属性データを画面上で確認しやすくするには、列見出しをクリックしてから [昇順で並べ替え] または [降順で並べ替え] を選択して、属性を並べ替えます。
    注意:

    以前のバージョンの ArcGIS Server には、並べ替えをサポートしていないものがあります。

  • 属性フィールドを表示/非表示するには、テーブルの上部にある [列の表示/非表示] ボタン 列の表示/非表示 をクリックします。 属性列を表示するには、チェックボックスをオンにします。 非表示にするには、オフにします。

ヒント:

レイヤーが編集可能なホスト フィーチャ レイヤーである場合は、データ管理者および共有アクセス グループのメンバーが属性を編集または削除できます。 テーブル内の属性を編集するには、セル内の値を選択し、新しい値を入力 (または削除したい場合は値を削除) してから、[Enter] キーを押して変更を保存します。

アイテムを操作するためのオプション

アイテムの情報を読んだ後、アイテムがニーズに合うと判断した場合は、[概要] タブのオプションを使用して次の操作を行えます。

アイテム ページのタイプによっては、追加のオプションが表示されます。たとえば、フィーチャ レイヤーを視覚化する方法を探索して変更したり、構成可能なアプリのアイテム ページからアプリを公開したり、Web マップまたは Web シーンからアプリを作成したり、エクスポートに対応したホスト フィーチャ レイヤーからデータをエクスポートしたりできます。

アイテムの表示またはダウンロード

アイテム ページの [概要] タブに表示されるアクション ボタンは、アイテム タイプによって異なります。

デフォルトでは、アイテムは最も適したアプリで開きます。 たとえば、マップは Map Viewer または Map Viewer Classic で、シーンは Scene Viewer で、レイヤー パッケージは ArcGIS Pro で開きます。 その他のオプションが使用できる場合もあります。 たとえば、Map Viewer の代わりに、マップを ArcGIS Pro で開くよう選択できます。

Map Viewer または Map Viewer Classic のみでフィーチャ レイヤーのサブレイヤーを開くことができます。

ファイルなど、一部のアイテムはダウンロードできます。 ファイルをローカル コンピューターに保存すると、適切なソフトウェアで開くことができます。

サポートされているアイテム タイプの包括的なリストについては、「ArcGIS Online に追加できるアイテムとは」をご参照ください。

お気に入りに追加

お気に入りアイテムのリストを作成すると、使用頻度の高いアイテムにアクセスしやすくなります。

アイテムをお気に入りにするには、[概要] タブのアイテムのサムネイルの下にある [お気に入りに追加] をクリックします。

アイテムのリストは、コンテンツ ページの [お気に入り] タブから表示されます。また、レイヤーを検索してマップに追加するときにも表示されます。

リストからお気に入りのアイテムを削除するには、[概要] タブのアイテムのサムネイルの下にある [お気に入りから削除] をクリックします。

評価とコメントの追加

評価とコメントは、コンテンツ作成者や他のユーザーがアイテムの有効性を評価するうえで役立ちます。

各アイテム ページには、評価が含まれています。 評価は 5 つ星による加重平均に基づいています。1 つ星は「不十分な」アイテムを示し、5 つ星は「素晴らしい」アイテムを示します。 評価の値は、アイテムが受け取った評価数と評価の平均を考慮した加重平均を提供します。 たとえば、4 つ星の評価を 2 つ持つアイテムは、4 つ星の評価を 1 つ持つアイテムより高く評価されます。 アイテムを評価するには、サイン インする必要があります。評価できるのは、所有していないアイテムだけです。 アイテムごとに追加できる評価は 1 つだけです。 評価は変更できますが、評価の数は変わりません。 アイテムの評価を行うには、[概要] タブの右側にある [詳細] 領域で該当する星印をクリックします。

アイテム ページには、組織が有効にしていれば、コメントのセクションも含まれます。 コメントは [概要] タブの下部に表示され、アイテムの所有者やサイン インしている他のユーザーが追加できます。 コメントは、公開後に削除できますが、編集することはできません。 サイン インしているユーザーはコメントに返信することもできます。 アイテムの所有者は、新しいコメントについての電子メール通知を受信します。また、自分が所有するアイテムの公開されたコメントを削除できます。 コメントは、新しい順 ([新規]) に並べ替えるか、最新の返信 ([最新の返信]) によって並べ替えることができます。 すべての人 (パブリック) と共有するアイテムのコメントの RSS フィードに登録できます。 組織だけで共有するアイテム (プライベートなアイテム) のコメントを登録することはできません。

URL のコピー

アプリ、ArcGIS Server レイヤー、またはホスト レイヤーの URL をコピーして貼り付けて、別の場所で使用することができます。 たとえば、開発者は、自分が構築するアプリにホスト Web レイヤーの URL を組み込むことができます。

画像アイテムがすべてのユーザー (パブリック) と共有されている場合は、[URL] フィールドを使用して、画像をポップアップに含めることもできます。

短縮 URL を使用したアイテム ページの共有

アイテム ページへのリンクを提供してページを共有するには、[詳細] セクションの [短縮 URL] ボタン 短縮 URL を使用します。 [短縮 URL] ボタンをクリックすると、アイテム ページの短縮 URL が生成されるので、その URL をコピーして、電子メールやテキスト メッセージ、その他の通知に貼り付けることができます。 他のユーザーが所有するアイテムを含む、Web サイト内のすべてのアイテムについて、アイテム ページの短縮 URL を共有できます。 ただし、短縮 URL を共有する前に、そのアイテムがリンクの受信者と共有されていることを確認してください。そうしないと、ユーザーによっては、その URL にアクセスできない場合があります。 たとえば、組織サイト内外の個人に短縮 URL を提供する場合に、アイテムが組織のみで共有されていれば、組織サイト外の個人はそのアイテムにアクセスできません。

Facebook または Twitter を介したアイテム ページの共有

組織外での共有が組織によって許可されていて、パブリックで共有する権限を持っている場合、アイテム ページには、[Facebook] および [Twitter] ボタンが表示されます。 これらのボタンを使用すると、FacebookTwitter のアカウントを介してアイテム ページを共有できます。 他のユーザーが所有するアイテムを含む、Web サイト内のすべてのアイテムに関するアイテム ページを共有できます。 すべての人と共有されていることがわかっているアイテムについてのみ、ページを共有することをお勧めします。そうでない場合、ユーザーによってはリンクにアクセスできないことがあります。 アイテム ページの Facebook ボタンおよび Twitter ボタンを使用した場合、アイテムではなく、アイテム ページを共有することになります。 (アイテム ページではなく) マップを共有するには、マップ上の [共有] ボタンを使用してください。

フィーチャ レイヤーの探索

フィーチャ レイヤーのアイテムの詳細には、[ビジュアライゼーション] タブがあります。 [ビジュアライゼーション] タブでは、マップ ビューアーでレイヤーを開くことなく、フィーチャ レイヤーのデフォルトのプロパティを変更することができます。 レイヤーのスタイルの変更、フィルターの適用、ポップアップの構成、レイヤー内でのフィーチャのラベル付けを行えます。 また、凡例でのレイヤーの非表示や更新間隔の変更も行うことができます。 Map ViewerMap Viewer Classic と同様に、[ビジュアライゼーション] タブは、レイヤーを探索し、ベースマップ ギャラリーにアクセスするためのツール、住所または場所を検索するための検索ボックスを備えています。

注意:

[ビジュアライゼーション] タブは両方のマップ ビューアーをサポートしています。 フィーチャ レイヤーが構成されて Map Viewer に保存されている場合、Map Viewer を使用してそのレイヤーが [ビジュアライゼーション] タブに表示されます。 そうでない場合、[ビジュアライゼーション] では組織のプライマリ マップ ビューアーまたはユーザーのプロフィールで設定されているプライマリ マップ ビューアーが使用されます。

アイテムを所有している場合は、レイヤーに対して行った変更を保存できます。 アイテムの所有者であると同時に、コンテンツを作成する権限を持っているユーザーは、レイヤーのコピーを [マイ コンテンツ] に新しいアイテムとして保存することもできます。

[ビジュアライゼーション] タブで設定可能なプロパティの一部を以下に示します。

注意:

フィーチャ レイヤーに複数のレイヤーが含まれている場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューを使用してサブレイヤーを選択します。 サブレイヤーの詳細ページの [ビジュアライゼーション] タブをクリックした場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューは利用できません。加えたすべての変更は自動的にサブレイヤーに適用されます。