フロア対応マップの構成

フロア対応マップには、フロア プラン階層に結合されたフィーチャとともに、フロア対応レイヤーに整理される屋内 GIS データが含まれます。 これを使用することで、さまざまな目的で屋内空間データを視覚化および解析することができます。 たとえば、フロア対応マップを作成して、オフィスの配置の変更によって、チームの近接性を改善し、ソーシャル ディスタンス要件を維持して、リソースを節約できる場所を特定するために、大規模なオフィス ビル内のスペース利用を視覚化できます。

フロア対応マップは、少なくとも 2 つのフロア対応フィーチャ レイヤーを含みます。1 つは施設 (オフィス ビルや医療施設など) を表し、もう 1 つは施設内のレベル (またはフロア) を表します。 フロア対応マップは、施設 (大学のキャンパスなど) のコレクションを表すサイト レイヤーおよび部屋や廊下などの施設を表すユニット レイヤーなど、追加レイヤーも含むことができます。

組織が ArcGIS Indoors Maps エクステンションのライセンスを持っている場合、Map Viewer でマップの屋内レイヤー プロパティを設定することで、フロア対応マップを構成できます。 フロア対応マップを構成および保存したら、それを共有して、他のユーザーが Map Viewer のフロア フィルタリング ツールを使用して屋内データを表示および探索できるようにすることができます。

注意:

組織が ArcGIS Indoors Maps エクステンションのライセンスを持っていない場合も、Map Viewer でフロア対応マップを開いて表示することができます。

Map Viewer でフロア対応マップを構成するには、次の手順を実行します。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. フロア対応フィーチャ レイヤーが含まれているマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  3. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーの [マップ プロパティ] Map properties をクリックします。
  4. [マップ プロパティ] ウィンドウの [屋内レイヤー] セクションで、[フロアのフィルタリングの有効化] 切り替えボタンをオンにします。
  5. マップ内の位置に対応するレイヤーを選択します。

    少なくとも、施設を表すポリゴン フィーチャ レイヤーと、フロアを表すポリゴン フィーチャ レイヤーを指定する必要があります。

  6. 必要に応じて、以下を実行してマップ内の追加のポイント、ライン、ポリゴン フィーチャ レイヤーを指定して、フロアのフィルタリングに含めます。
    1. [レイヤーの追加] をクリックします。
    2. [レイヤーの追加] ウィンドウで、レイヤーを選択し、[次へ] をクリックします。
    3. レイヤー内のフィーチャのフロア レベル ID を含む属性フィールドを選択して、[追加] をクリックします。
    4. 上記の手順を繰り返し、レイヤーを追加します。
  7. [コンテンツ] ツールバーにある [保存して開く] Save and open をクリックし、[保存] Save をクリックしてフロアの構成をマップに保存します。