ホスト フィーチャ レイヤー ビューの作成

ホスト フィーチャ レイヤーで表現されるデータに対してさまざまなビューが必要な場合 (たとえば異なる編集設定スタイルフィルターを適用する場合)、ホスト フィーチャ レイヤーからホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成します。 ビューを作成したら、ホスト フィーチャ レイヤー ビューで使用できるフィーチャまたはフィールドを定義して、データのそのビューにアクセスする必要があるメンバーのグループでビューを共有できます。

フィーチャ レイヤー ビューを作成すると、新しいホスト フィーチャ レイヤーが [コンテンツ] に追加されます。 この新しいレイヤーはホスト フィーチャ レイヤー内のデータに対するビューであり、データを更新すると、その内容はホスト フィーチャ レイヤーとすべてのホスト フィーチャ レイヤー ビューに反映されます。 ただし、ビューは個別のレイヤーであるため、作成元のホスト フィーチャ レイヤーとは別に、このアイテムのプロパティおよび設定を変更できます。 たとえば、組織のメンバーにホスト フィーチャ レイヤーの編集を許可する一方、読み取り専用のフィーチャ レイヤー ビューを一般ユーザーに公開できます。

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者だけが、元のレイヤーからホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成できます。 これは、所有者以外のユーザーや個人向けプランのユーザーが実行できるレイヤーのコピーとは異なります。

ホスト フィーチャ レイヤー ビューの作成

ホスト フィーチャ レイヤー、またはマルチレイヤー ホスト フィーチャ レイヤー ビューのいずれかのサブレイヤーから、ホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成するには、次の手順に従います。

  1. 組織サイトにサイン インします。

    コンテンツを作成する権限があり、ビューを作成するホスト フィーチャ レイヤーの所有者である必要があります。

  2. [コンテンツ] > [マイ コンテンツ] を開き、ビューのソースとして使用するホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開きます。

    レイヤーは、Web やフィーチャ コレクションから追加したフィーチャ レイヤーではなく、ホスト フィーチャ レイヤーである必要があります。

  3. ホスト フィーチャ レイヤーのいずれかのレイヤーからビューを作成するには、[レイヤー] リストでレイヤー名をクリックします。
  4. レイヤーの詳細ページの [概要] タブにある [ビュー レイヤーを作成] をクリックします。
  5. ホスト フィーチャ レイヤー ビューの一意なタイトルを入力します。
  6. タグの項目をカンマで区切って入力します。

    タグは、アイテムを説明し、ユーザーによるアイテムの検索を容易にする単語または短いフレーズです。 「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal,land」は 2 つのタグと見なされます。

  7. ビューの使用方法とコンテンツを説明するサマリーを入力します。
  8. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。 また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  9. ホスト フィーチャ レイヤー ビューを保存するフォルダーを選択します。
  10. レイヤー ID を維持するオプションを使用して ArcGIS Pro からホスト フィーチャ レイヤーを公開した場合やプログラムで固有のレイヤー ID をホスト フィーチャ レイヤーに割り当てた場合は、ホスト フィーチャ レイヤー ビューに同じレイヤー ID を使用したくなります。 ホスト フィーチャ レイヤーと同じレイヤー ID をビューに使用するには、[レイヤー ID を維持] チェックボックスをオンにします。

    Esri ソリューションのレイヤー テンプレートなど、一部のアプリには、固有のレイヤー ID が必要となります。 これらのアプリのいずれかでビューを使用する必要がある場合は、レイヤー ID を維持します。

  11. [OK] をクリックして、ビューを作成します。

ビューが作成されると、ホスト フィーチャ レイヤー ビューのアイテム ページが表示されます。 これで、ビューの定義を設定し、レイヤー設定を変更できます。

ホスト フィーチャ レイヤー ビューの設定

下記のセクションに示されているように、ホスト フィーチャ レイヤー ビューの設定は 3 つのカテゴリに分かれています。

ホスト フィーチャ レイヤーから継承される設定のうち、ビュー側で個別に構成できないもの

ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、作成元のホスト フィーチャ レイヤーから次の設定を継承します。 これらの設定のいずれかがホスト フィーチャ レイヤー側で変更されると、すべてのビューの設定も変更されます。ホスト フィーチャ レイヤー ビュー側でこれらの設定を個別に変更することはできません。

ホスト フィーチャ レイヤーから継承される設定のうち、ビューで変更できるもの

ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、作成元のホスト フィーチャ レイヤーから次の設定を継承します。 フィーチャ レイヤー ビュー側で異なる構成を行う場合、ホスト フィーチャ レイヤーに影響を与えることなく、ビューの構成を変更できます。

ビューと作成元のホスト フィーチャ レイヤーで個別に構成できる設定

ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、作成元のホスト フィーチャ レイヤーから次の設定を継承しません。 これらはビュー側で個別に設定します。

継承されない個別の設定

ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、作成元のホスト フィーチャ レイヤーから次の設定を継承しません。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューでこれらの設定を有効にするには、まずプライマリ ホスト フィーチャ レイヤーでこれらを有効にする必要があります。 プライマリ ホスト フィーチャ レイヤーでこれらの設定を無効にするには、まずホスト フィーチャ レイヤー ビューでこれらを無効にする必要があります。

ホスト フィーチャ レイヤー ビューとデータ アクセス

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または組織の管理者は、編集を有効化することによる影響を慎重に考えて、レイヤーにアクセスできるユーザーを検討する必要があります。 たとえば、パブリックで共有するレイヤーの編集を有効化した場合、インターネット上のすべてのユーザーが (組織にサイン インしていないユーザーでも) レイヤーを編集できます。 一般に、レイヤーにアクセスできるユーザーが多いほど、レイヤーに対する編集権限を制限する必要があります。 そのため、情報収集用の一般ユーザー向けアプリで使用するという明確な目的でホスト フィーチャ レイヤーを作成していない限り、すべての人と共有したフィーチャ レイヤーでは編集を有効化しないでください。

ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、同じホスト フィーチャ データに対するアクセスを制限するのに最適です。必要なユーザーだけに編集アクセスを許可できます。 ホスト フィーチャ レイヤーを編集可能にして、データを編集する必要があるメンバーのグループだけで共有できます。 次に、このホスト フィーチャ レイヤーからホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成します。ビューの編集は有効化しないで、データを損なうことなく他のグループ、組織全体、あるいはパブリックでも共有できます。

ビューと異なる編集オプションを組み合わせて、編集ニーズが異なるさまざまなタイプのユーザーで同じデータを利用可能にする方法については、「データへのアクセス権とその編集」をご参照ください。

ホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成する場合の注意事項

ホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成する際には、次の点に留意してください。

  • 次の条件に当てはまる場合に限り、ビューの作成元となったホスト フィーチャ レイヤーを上書きして、データを更新することができます。
    • ArcGIS Pro または ArcMap ではなく、ArcGIS Online 内のファイルから親ホスト フィーチャ レイヤーが公開されている。
    • ホスト フィーチャ レイヤー ビューが [フィーチャの結合] 解析ツールで作成されていない。
    • ビュー上に対象地域を定義していない。
  • 使用量はホスト フィーチャ レイヤー ビューに対して個別に記録されます。ただし、フィーチャ ストレージはフィーチャ レイヤー ビューに対して課金されません。 ストレージは、ビューの作成元のプライマリ ホスト フィーチャ レイヤーに対してのみ課金されます。