ラベルの構成 (Map Viewer)

マップでは大量の地理データを表示でき、一般的にこれらのレイヤーは重なり合っています。 レイヤーのスタイル設定は、フィーチャを説明したり特定したりする場合に役立ちます。 ただし、シンボルや色では伝えきれない内容を伝えたい場合には、フィーチャにラベルを使用できます。 ラベルはレイヤー内のフィーチャを説明する数個の短いテキストであり、そのフィーチャを利用者が理解するための助けとなります。

Map Viewer では、マップ上または説明するフィーチャの近くにラベルが自動的に配置されます。 長いテキスト文字列は自動的に折り返され、複数行のラベルが作成されます。 ラベルのテキストは通常、レイヤー内の属性から取得されます。 レイヤー上でラベルを有効にしたら、1 つ以上のラベル クラスを作成します。これで、ラベルをカスタマイズできるようになります。 たとえば、別々の属性値を示す 2 つのラベル クラスを作成し、異なるラベル スタイル設定方法を適用することができます。

注意:

ArcGIS Arcade で記述されたカスタム属性式を作成して、フィーチャ レイヤーにラベルを付けることもできます。 たとえば、Arcade 式を作成して、月別売上高フィールドの値を合計することで、個々の販売テリトリーにおける年間売上金額を取得することができます。 レイヤーで既存の式が使用可能になっている場合は、その式をラベリングに使用できます。 また、Map ViewerArcade 式を直接編集することもできます。

Map Viewer では、フォント、テキスト サイズ、配置など、ラベルのスタイルを調整します。 ラベル フィルターを適用して、フィルター条件を満たしたフィーチャにだけラベルを表示することもできます。

表示範囲を設定して、マップ上でラベルを描画する際のズーム レベルを指定することができます。 ラベル クラスごとに異なる表示範囲を設定しておくと、さまざまなマップ縮尺でラベルを表示する方法を定義できるようになります。 たとえば、マップを拡大表示すると、より詳細な情報がラベルに表示されるようにできます。 ラベルの例をご参照ください。

ラベルの適用

レイヤーのラベリングを有効にして、ラベル クラスを追加すると、デフォルトのラベル構成でラベルが自動的にマップ上に表示されます。 ラベル構成に変更を加えると、その変更内容がすぐにマップ上に表示されます。 これにより、ラベルのスタイルと他の設定を試しながら、マップの外観とメッセージを希望どおりにすることができます。

ラベルを有効にしてフィーチャに適用するには、次の手順を実行します。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、レイヤーを含むマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  3. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーの [レイヤー] レイヤー をクリックします。
  4. [レイヤー] ウィンドウで、ラベルを適用するレイヤーを選択します。
  5. [設定] (明るい背景の) ツールバーの [ラベル] ラベル をクリックします。
  6. [フィーチャのラベル作成] ウィンドウで、[ラベルの有効化] 切り替えボタンをオンにします。
  7. [ラベル クラスの追加] をクリックした後、次のいずれかを実行して、ラベルを作成します。
    • [ラベル フィールド] セレクターをクリックし、フィールドを選択して [置換] をクリックして、別の属性フィールドをラベルに使用します。
      ヒント:

      属性フィールドの代わりに、Arcade で記述したカスタム属性式を使用できます。 [式の使用] 式の使用 をクリックし、エディター ウィンドウを使用して式を作成します。

      また、既存の式を使用して新しい式を作成することもできますが、一部の変数がすべてのプロファイルで有効ではない場合があります。たとえば、ポップアップ用に作成された式はスタイルに使用できないことがあります。 既存の式を使用するには、エディター ウィンドウの [既存の式][候補] 候補 タブから式を選択します。

    • [ラベル フィルターの編集] をクリックしてフィーチャのサブセットにのみラベルを表示し、[式の追加] をクリックしてフィルターを設定します。 詳細については、「フィルターの適用」をご参照ください。
    • [ラベル スタイルの編集] をクリックして、フォント、テキスト サイズ、配置などのラベルのスタイルを変更します。 [ラベル スタイル] ウィンドウで、ラベル スタイル オプションを設定します。
    • [表示可能な範囲] スライダーを調整して、ラベルの表示範囲を変更します。
  8. 必要に応じて、別のラベル クラスを構成するには、上記の手順を繰り返します。
    ヒント:

    該当するラベル クラス用に指定したプロパティをコピーして新しいラベル クラスに適用するには、ラベル クラス名の横にある [オプション] オプション をクリックしてから [複製] をクリックします。

  9. 必要に応じて、ラベル クラスの名前を変更するには、ラベル クラス名の横にある [オプション] をクリックしてから [名前の変更] をクリックし、新しい名前をテキスト ボックスに入力して [OK] をクリックします。
  10. 必要に応じて、ラベル クラスを削除するには、ラベル クラス名の横にある [オプション] をクリックしてから [削除] をクリックします。
  11. 終了したら、[フィーチャのラベル作成] ウィンドウを閉じます。

ラベル スタイルのカスタマイズ

レイヤー内のフィーチャのラベルまたはポイント クラスターのラベルを構成する場合 (ポイント レイヤーでクラスタリングが有効になっている場合) は、フォント、テキストのサイズと色、配置、オフセット、ハロー効果など、ラベルのスタイルをカスタマイズすることができます。

  1. フィーチャのラベルをカスタマイズするか、ポイント クラスターのラベルをカスタマイズするかによって、次のいずれかを実行します。
    • 上記の「ラベルの適用」セクションに記載された最初の 6 つの手順を実行して、[ラベル クラスの追加] をクリックし、フィーチャのラベル スタイルを設定します。
    • クラスター ラベルの構成」に記載された最初の 4 つの手順を実行し、ポイント クラスターのラベル スタイルを設定します。
  2. [ラベル スタイルの編集] をクリックします。
  3. [ラベル スタイル] ウィンドウで、次のいずれかを実行します。
    • [フォント] セレクターをクリックして、ラベルに別のフォントを選択します。
    • [サイズ] セレクターをクリックして、ラベル テキストに別のサイズを選択します。
    • カラー パレットから色を選択するか、テキスト ボックスに RGB 値または 16 進数値を入力します。 カスタム色を保存するには [追加] 追加 をクリックします。保存した色を削除するには [削除] 削除 をクリックします。 色が保存されるのは、ブラウザー セッションの間だけです。
    • 必要に応じて、[オーバーランを許可] 切り替えボタンをオンにすると、ラベルよりも短いライン フィーチャのラベルが表示されます。
    • 必要に応じて、ライン フィーチャで [ラベルの繰り返し] 切り替えボタンをオンにして、[繰り返し間隔のラベル] の値を設定します。
    • [配置] セレクターをクリックし、フィーチャまたはクラスターに応じて異なるラベル配置場所を選択します。
    • 水平方向のオフセット ([オフセット X]) または垂直方向のオフセット ([オフセット Y]) の値を調整し、ラベルとそれに関連付けられたフィーチャまたはクラスターとの間の距離を変更します。 上矢印と下矢印を使用して値を変更するか、オフセットごとに正または負の値を入力することができます。
    • [ハロー] 切り替えボタンをオンにして、ラベルにハローの色とサイズを指定します。
  4. 終了したら、[ラベル スタイル] ウィンドウを閉じます。