ArcGIS 地理情報モデル

ArcGIS は、組織やコミュニティ全体で、または Web でオープンに地理情報を使用、作成、共有できるようにする Web の GIS プラットフォームです。 この情報には、マップ、シーン、レイヤー、分析、およびアプリが含まれます。 さまざまなソースのアイテムを統合および結合して新しいアイテムを作成し、Web サイト、モバイル アプリ、およびデスクトップを通して、市民、開発者、GIS の専門家など特定の利用者向けにこれを共有します。

ポータル

ポータルはアイテムで構成されたコレクションです。 ArcGIS では、アイテムは ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise を利用するカスタム Web サイトにあるコンテンツのギャラリーに整理されています。 これらのカスタム Web サイトは、メンバーで構成され、パブリックに公開されることもある組織によって構成および管理されています。 個人用コンテンツのギャラリー、組織が所有するコンテンツのギャラリー、(ArcGIS Online 内の) ArcGIS コミュニティで共有されるアイテムのギャラリー (ArcGIS Living Atlas of the World など) があります。 ポータルはクラウドとローカル ネットワークのどちらにも保存できます。 ポータルと特定のアイテムへのアクセスは、プライベート、パブリック、またはプライベートとパブリックの組み合わせに設定できます。

コンテンツのギャラリーを使用したポータル
ArcGIS はポータル アプリを通して、地理情報アイテムへのアクセスを構成および提供します。 ポータルには、ユーザー独自のコンテンツ、組織のコンテンツ、およびコミュニティのコンテンツ (ArcGIS Living Atlas of the World など) が含まれています。

マップとシーン

2D マップ3D シーンは、地理的参照データを共有するための主なフレームワークです。 これらは優れたユーザー インターフェイスで、Web ブラウザー、モバイル デバイス、またはデスクトップを介して誰もが表示できます。 それぞれのマップとシーンにはベースマップが含まれ、地理情報と一連のデータ レイヤーが提供されます。 マップは、人口変動などの 2D データを表示するのに使用します。 シーンは、ベースマップを操作レイヤーと結合する点ではマップと類似していますが、シーンには 3 次元、つまり z 軸が取り入れられており、照明、カメラの傾斜、ビューの傾斜角度などの要素を制御できます。 2D では隠れていた関係性を 3D では浮き立たせることができるので、シーンによって新しい観点から傾向や成長予測を理解できるようになります。 マップとシーンはどちらも、情報表示のみを目的としたメカニズムではなく、情報を定量化して計測するためのものでもあります。

マップとシーンの例

レイヤー

レイヤーは、水道局向けのソリューションに含まれる給水管、給水栓などのフィーチャや、公安機関向けに設計されたソリューションに含まれる緊急施設、市街道路などの地理データの論理的なコレクションです。 これらは地理データを構成および結合してマップやシーンを作成する方法を示しており、地理分析の基本にもなっています。 ポータル内では、レイヤーを介してデータを操作します。 編集権限などのプロパティを構成したり、レイヤーのコピーを作成してさまざまな方法で視覚化したりできます。 たとえば、病院の到達圏で集約されたヘルスケア データ レイヤーには、多くの種類の病気の属性が含まれていると考えられます。 このレイヤーのコピーを作成し、コピーにスタイルを適用して、鬱病の比率をハイライト表示できます。 また、このレイヤーの別のコピーを作成して、データをアルツハイマー病の比率で定型化できます。

分析

分析により、データのパターンを特定できます。 さまざまな種類のデータを含むレイヤーを積み重ね、それぞれの場所に基づいて相互に比較することは、空間解析の基本概念です。 同じ地理空間内では、実世界、標高、土地使用、区画、道路、境界に関してデータのレイヤーを設定することがよくあります。

スタック レイヤーとマップ
レイヤーを結合して演算子や表示を使用することで、GIS ではこれらのレイヤーを操作して質問を調査し、答えを見つけることができます。 たとえば、ピューマが横断する可能性のある領域をモデル化するアプリを作成し、安全なコリドー (天然橋を含む) を特定すると、隔離集団の猫たちを相互に発見できるようになります。

ArcGIS には、分析結果を生成する大規模なモデリング機能のセットが含まれています。 通常は、これらが新しいデータ レイヤーと関連する表形式の情報を GIS 内に生成するので、ユーザーは ArcGIS を使用して広範囲の空間的問題をモデル化し、結果を共有できるようになります。 分析機能には、Map Viewerに組み込まれた空間解析ツールや、ポータルに追加可能なロケーターやジオプロセシング パッケージなどがあります。

アプリ

アプリは、特定の利用者向けのワークフローやツールに重点を置く、軽量のマップ操作中心のコンピューター プログラムです。 現場の資産の追跡、新しい店舗ロケーションの発見、パブリック入力を収集するサイトの構成などのタスクに使用できます。 モバイル アプリ、Web ブラウザー、またはデスクトップに特化して使用するように設計されたアプリも、どのような環境でも実行可能なアプリもあります。 アプリはユーザーのポータルの一部としてホストしたり、個別に管理したりすることができます。

さまざまなデバイスのアプリ

地理情報はどこにあるのでしょうか。

多くの GIS 組織のミッションは、それぞれの管轄内で特定の機能を実行することです。 これらの部門、グループ、または機関のそれぞれが、その作業をサポートする上で重要な信頼できるデータ レイヤーの構築に熱心に取り組んでいます。 この作業には、基盤となるデータ レイヤーや、区画やアプリケーションのための標準のベースマップ レイヤーの作成が含まれます。 協力的な提供者や管理者によるアクティブなネットワークである ArcGIS Living Atlas of the World により、ますます多くの信頼できるデータが使用できるようになりました。 ここには、画像、ベースマップ、境界および場所、交通、地球観測、都市システム、古地図などが含まれています。 ポータルのユーザーは、このリポジトリにあるコンテンツと自分独自のデータを組み合わせてマップ、シーン、アプリを作成し、分析を実行できます。

Living Atlas Web サイト