クレジットの概要

クレジットは、ArcGIS 全体で使用される通貨のようなもので、フィーチャの保存、解析の実行、プレミアム コンテンツの使用などの特定の処理や保存のタイプに対して消費されます。 ArcGIS EnterpriseArcGIS ProArcGIS InsightsArcGIS Collector など、ArcGIS Online と連携する ArcGIS ソフトウェアは、クレジットを使用する場合があります。 たとえば、ArcGIS Online のベースマップおよび画像の使用、データのエクスポートや、ある住所または場所の検索を実行することなど、Living Atlas のほとんどの機能はクレジットを消費しません。 多くの場合、クレジットを消費する操作は比較的低コストです。 たとえば、125 件の住所をジオコーディングしたり、2 GB のマップ タイル データを保存したり、人口および収入データの 4 つの変数を含んだミシガン州デトロイト市の郵便番号境界のデータを付加したりするときにかかるコストは 5 クレジット未満です。

所有するクレジット数は、サブスクリプションのユーザー タイプによって決まります。 必要に応じて、いつでも追加のクレジットを購入できます。

クレジットの管理と監視

クレジット消費を管理することは、組織を管理するうえで重要です。 ArcGIS Online では、管理者に対して、クレジットの割当量を管理するために複数のツールを提供しています。 クレジットの割当量を管理する 1 つの方法は、メンバーが必要とする、クレジットを消費するツールにアクセスするために適切な権限のみを持つカスタム ロールを構成して割り当てることです。

クレジットを管理するもう 1 つの方法は、クレジット使用制限を有効化して、特定数のクレジットを組織の一部またはすべてのメンバーに割り当てるか、新しいメンバーにデフォルトの割り当てを設定します。 クレジット使用制限は、ジオエンリッチメントや空間解析などのトランザクションベースのサービスおよびツールに適用されます。 クレジット使用制限は、ユーザーが全体または 1 つのジョブで使用できるクレジットの閾値を設定し、誤って大量のクレジットを一度に消費することがないようにします。

特定の処理の実行やデータの保存に必要なクレジット数を見積もるには、以下の「機能別のクレジット」をご参照ください。

管理者は、ステータス ページを通じてクレジット使用量を監視できます。 ステータス ページでは、時系列によるクレジット使用状況およびクレジットを使用したメンバーの内訳が対話的に表示されるため、使用されていないコンテンツを削除したり、メンバー ロールを更新したりして、プラットフォーム全体の管理アクセスを計画的に調整し、向上させることができます。 公共料金の月間請求書を確認するのと同じように、クレジット使用量の監視は、ソフトウェアがどのように使用されているかを把握したり、時間の経過に伴う必要なクレジット数を予測したりする方法の 1 つです。

クレジットとツール

ジオコーディングやジオエンリッチメントなどのトランザクションベースのツールと空間解析ツールでは、レコード数と生成される出力に基づいてクレジットが消費されます。 たとえば、ジオエンリッチメントを使用すると、データセットに追加する属性の数に基づいてクレジットが消費されます。 到達圏エリアを作成する場合、生成される到達圏ごとにクレジットが消費されます。そのため、8 つの位置に対して 3 つの到達圏エリア (2、5、10 マイル) を生成する場合、24 の到達圏分のクレジットが消費されます。 クレジット消費量の詳細については、以下の「機能別のクレジットの表」をご参照ください。

解析ツールの実行に必要なクレジット数は、Map Viewerでクレジットの表示オプションを使用して見積もることができます。これは、特定の解析操作に必要なクレジット数を表示できます。

組織がクレジット使用制限を有効化しており、予想されるクレジット数が割り当て済みのクレジット数を超える場合、ArcGIS Online はエラー メッセージを表示し、ジョブを送信できないようにします。

メモ:

次のツールが ArcGIS Online で実行された場合、クレジットは消費されません。

クレジットとストレージ

クレジットを消費するストレージには、フィーチャ ストレージとファイル ストレージの 2 種類があります。 フィーチャ ストレージは、ArcGIS Online でホストされるフィーチャ レイヤーに固有です。一方、ファイル ストレージには、ホスト フィーチャ レイヤー内の添付ファイルなど、他の種類のレイヤーとファイルが含まれます。 それぞれの種類のストレージを構成する要素の例や、クレジットの消費率については、以下の「機能別のクレジット」をご参照ください。 [同期の有効化][作成および更新されたフィーチャを記録] など、一部のフィーチャ レイヤーの設定は、時間の経過に伴い、フィーチャ ストレージ サイズが増大する可能性があります。 最適化されたホスト フィーチャ レイヤーは、さらにストレージ領域を使用します。

組織がストレージに使用しているクレジット数を判定するには、組織ページの [ステータス] タブで、[クレジット利用状況チャート][ストレージ] をクリックします。 各ストレージ タイプ (たとえば、フィーチャ ストレージまたはファイル ストレージ) を選択して、組織がそのストレージ タイプに消費しているクレジット数の内訳を表示できます。

フィーチャ ストレージ レポートで、組織のすべてのホスト フィーチャ レイヤーにおける特定のストレージを表示するには、レポートの [ストレージ タイプ] の下で [データベース ストレージ] をクリックしてから、[アイテム詳細の表示] をクリックします。 これにより、各フィーチャ レイヤーが使用しているストレージ量を 1 つのビューで確認できます。

追加のクレジットの取得

組織のデフォルトの管理者は、クレジットの 75 パーセントおよび 100 パーセントが使用されたり、メンバーがクレジット割り当て制限の 100 パーセントを使用したりすると、通知を受け取ります。 組織がすべてのクレジットを使用した場合、サブスクリプションは制限されたり、残りのクレジットがマイナスになったりする場合があります。 追加のクレジットを購入すると、サブスクリプションを制限されていない状態に戻すことができます。 アカウントは制限され、プレミアム コンテンツ、クレジットがかかるサービス、および機能へのアクセスは制限されますが、アカウントは引き続き使用できます。

メモ:

年間サブスクリプションに含まれる未使用のクレジットは、サブスクリプション期間の終了時に有効期限が切れます。 追加購入したクレジットは 2 年後に有効期限が切れます。

機能別のクレジット

以下の表を使用して、特定のトランザクションを実行したりデータを保存したりするために必要なクレジット数を見積もります。

機能使用ケースクレジット使用量

フィーチャ ストレージ (フィーチャ アタッチメントを除く)、フィーチャ コレクション位置の追跡に関連付けられているフィーチャ。

ホスト フィーチャ レイヤーの保存

10 MB の保存で月 2.4 クレジット (1 時間単位の計算)

メモ:

[同期の有効化][作成および更新されたフィーチャを記録] などのフィーチャ レイヤーの設定によっては、時間の経過に伴ってストレージ サイズが増大する可能性があります。

ホスト フィーチャ レイヤーを除くすべてのコンテンツの保存

Web マップの保存

フィーチャ コレクションの保存

ホスト フィーチャ レイヤーのアタッチメントの保存

ArcGIS Pro から公開されたベクター タイル レイヤーの保存

ArcGIS Pro からのシーン レイヤー パッケージの保存

1 GB の保存で月 1.2 クレジット

ジオコーディング

ArcGIS World Geocoding Service またはこのロケーターのビューを使用してホスト フィーチャ レイヤーとしてスプレッドシート (CSV や Excel ファイルなど) を公開したときの住所の一致

ジオコード 1,000 件につき 40 クレジット

到達圏

到達圏レイヤーの作成

1 運転時間につき 0.5 クレジット

最寄り施設のルート

最寄りの検索

最寄り施設ルート 1 件につき 0.5 クレジット

複数車両によるルート

ルートの計画

配車ルート 1 件につき 1 クレジット

GeoEnrichment

レイヤーへの情報付加

属性 1,000 件につき 10 クレジット (データ変数にフィーチャ レコードの合計数を乗算)

単純ルート

ルート案内起点から終点の計測

単純ルート 1 件につき 0.005 クレジット

最適ルート

[ルートの最適化] を使用した [ルート案内]

最適ルート 1 件につき 0.5 クレジット

ロケーション-アロケーション

最適な施設の選択

割り当て済み需要地点 1 件につき 0.1 クレジット

OD コスト マトリックスの生成 (Generate Origin Destination Cost Matrix)

ArcGIS Pro および ArcMapOD コスト マトリックスの生成

入力された起点および終点 1 組につき 0.0005 クレジット

空間解析

ポイントの集約

フィーチャの結合

1,000 フィーチャにつき 1 クレジット ([既存フィーチャの検索] および [新規フィーチャの作成] で検索対象となるフィーチャ)

メモ:

結果をホスト フィーチャ レイヤー ビューとして作成するように [フィーチャの結合] オプションを設定した場合は、クレジットが消費されません。

目標物検索

Business Analyst Web アプリの目標物および施設の検索

1,000 レコードにつき 10 クレジット

人口統計マップおよびレイヤー

マップでの Living Atlas Tapestry レイヤーの画面移動

1,000 マップ リクエストにつき 10 クレジット (画面移動、ズーム、および属性表示)

インフォグラフィックス

ArcGIS Maps for Office でのインフォグラフィックスの表示

1,000 ビューにつき 10 クレジット

フィーチャ レポート

ArcGIS Survey123 でのフィーチャ レポートの生成

レポート 1 件につき 0.5 クレジット

レポート

Business Analyst Web アプリのレポートの実行

レポート 1 件につき 10 クレジット

タイル生成

ArcGIS Online を使用したタイル キャッシュの作成

10,000 タイルの生成に 1 クレジット

フィーチャからのシーン レイヤーの生成

ホスト フィーチャ レイヤーからのホスト シーン レイヤーの公開

1,000 マルチパッチ フィーチャ (テクスチャ付き) につき 1 クレジット

5,000 マルチパッチ フィーチャ (テクスチャなし) またはポイント フィーチャにつき 1 クレジット

ArcGIS Notebooks のランタイム

ノートブックの作成、表示、実行

Advanced ランタイムを使用したノートブックあたり 1 時間で 3 クレジット

Advanced with GPU ランタイムを使用したノートブックあたり 1 時間で 30 クレジット