マップの構成

デフォルトの管理者および正しい権限を持つ管理者は、組織サイトでマップ、シーン、アプリを作成し、解析を実行するために使用するベースマップ、テンプレート、および解析レイヤーを選択することができます。 また、デフォルトのベースマップ、範囲、および単位を設定し、Bing Maps を使用する場合は Bing Maps キーの設定も行います。

  1. デフォルトの管理者または組織の Web サイトを管理するための管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  3. ページの左側にある [マップ] をクリックします。
  4. 以下のマップ設定のうちのいずれかを構成します。
ヒント:

グループの所有者はパブリック アイテムをグループに追加することができます。 つまり、グループの所有者として、ArcGIS OnlineEsri で共有したベースマップおよびアプリ テンプレートを、カスタマイズ済みベースマップとテンプレート ギャラリーに含めることができます。 たとえば、World Transportation レイヤーをベースマップ ギャラリーに含めることができます。

プライマリ マップ ビューアー

組織のメンバーは、ArcGIS Online に含まれる 2 つのマップ ビューアー、Map ViewerMap Viewer Classic へのアクセス権を持ちます。 マップおよびレイヤーを操作する際に使用する、組織のメイン マップ ビューアーを選択します。 指定したマップ ビューアーは、デフォルトではメンバーが Web サイト上部の [マップ] リンクをクリックするか、コンテンツ ページまたはアイテム ページからマップとサポートされているレイヤーを開いたときに開きます。

注意:

個々の組織メンバーは、各自のユーザー設定から異なるメイン マップ ビューアーを設定できます。 Map ViewerMap Viewer Classic は、どのメイン マップ ビューアーを指定した場合でもアプリ ランチャーから使用できます。

ベースマップ ギャラリー

[グループ] ドロップダウン メニューからオプションを選択し、組織の Map ViewerMap Viewer ClassicScene Viewer、アプリでベースマップとして使用するマップを指定します。

注意:

Scene Viewer のベースマップ ギャラリーには、Scene Viewer でサポートされているベースマップのみが表示されます。

  • Esri のデフォルト ベクター ベースマップのみを使用するには、[Esri デフォルト] を選択します。
  • 組織のカスタム ベースマップ ギャラリー グループを指定し、グループで共有するベースマップを含めます。

カスタム ベースマップ ギャラリー グループを選択している場合は、[ベースマップの共有] をクリックして、Esri のデフォルト ベースマップをグループで共有できます。 [並べ替え順] メニューからフィールドを選択して、ギャラリーでベースマップを並べ替える方法を変更することもできます。 ベースマップの並べ替え方法を変更するには、[昇順] または [降順] を選択します。 並べ替えフィールドや順序を設定で変更した場合、グループ ページや埋め込まれたギャラリーまたはギャラリー アプリ内のアイテムも変更されます。

新しいベースマップを確認したり、非推奨のマップを組織のカスタム ベースマップ ギャラリーから削除したりするには、[ベースマップを更新] をクリックします。 [アクション] ドロップダウン メニューのオプションを使用してベースマップの削除や追加を行い、[更新内容を保存] をクリックします。 また、フィルターを使用してベースマップのリストを絞り込んだり、ベースマップ所有者の名前をクリックして詳細情報にアクセスしたりすることもできます。

マップのデフォルト

ベースマップ ギャラリーの設定でカスタム ベースマップ グループを選択した場合、そのグループの中から、ユーザーが Map Viewer または Map Viewer Classic でマップを作成したり、Scene Viewer でシーンを作成したりするときに開くベースマップを選択します。 ベースマップ ギャラリーとして [Esri デフォルト] を選択した場合は、新規マップとシーンでデフォルトの Esri ベースマップが開きます。

注意:

Scene Viewer では、サポート対象の指定されたデフォルト ベースマップのみが使用されます。

設定したデフォルトの範囲で、デフォルト ベースマップが開きます。 デフォルトの範囲を、現在選択しているデフォルト ベースマップの範囲に設定するには、[マップ表示範囲をデフォルトとして使用] をクリックします。 別の範囲を設定するには、[デフォルトの表示範囲] セクションで [範囲の選択] をクリックします。 次のオプションから選択します。

  • 組織で指定されたデフォルトの範囲に基づいて範囲を作成するには、[組織の範囲] をクリックします。
  • 組織で指定された地域に基づいて範囲を作成するには、[組織の地域] をクリックします。
  • 場所または住所に移動するには、[場所検索を使用します] の下で、検索ボックスにキーワードを入力します。 キーワードとして、住所、道路の交差点、場所、対象地点、緯度と経度の座標などを入力できます。 範囲の中心に指定する場所または住所が表示されます。
  • 範囲を表す形状を描画するには、[範囲の描画] をクリックして、マップ上にボックスをドラッグします。 必要に応じて範囲を変更するには、範囲ボックスの頂点のいずれかをドラッグするか、ボックスの内部をクリックして新しい位置にドラッグします。
  • 範囲境界の座標値 (度 (10 進)) を指定して範囲を作成するには、[座標] をクリックし、[上][下][左][右] の各ボックスに座標を入力します。

範囲を設定したら、[保存] をクリックします。

[単位] の下で、マップ縮尺記号、計測ツール、ルート案内および解析のデフォルト単位として、[米国規格] または [メートル法] を選択します。 [米国規格] では、単位がマイル、フィート、インチに設定されます。[メートル法] では、単位がキロメートル、メートル、センチメートルに設定されます。 メンバーは、表示される単位を設定ページで設定できます。

Bing Maps

組織がマップで Bing Maps を使用する場合に、Bing Maps から入手した Microsoft キーを入力します。

このオプションを有効にした場合、組織サイトのメンバーには Map Viewer ClassicWeb からレイヤーを追加するときのオプションとして Bing Maps が表示されます。

組織サイトのメンバーがパブリックに共有されたマップで Bing Maps キーを使用できるようにするには、チェックボックスをオンにします (Bing Maps キーがパブリックに公開されます)。 このオプションは、組織サイトが ([セキュリティ] セクションで) サイトへの匿名アクセスを許可している場合のみ表示されます。 匿名アクセスを無効にした場合、パブリック ユーザーは Bing Maps を使用したマップを表示できなくなります。 Bing Maps を使用したマップへのパブリック アクセスを再び有効化するには、匿名アクセスを許可するオプションをオンにし、パブリックに共有されたマップで Bing Maps キーを使用できるようにするオプションをオンにします。

ArcGIS Online での Bing Maps の使用方法について質問がある場合は、アカウント管理者またはそれぞれの地域の Esri 製品販売代理店にお問い合わせください。

構成可能なアプリ

メンバーが [テンプレート] を選択してアプリを作成する際にアプリ ギャラリーに表示するアプリ テンプレートを含むグループを選択します。

[Esri デフォルト] を選択して、現在お使いの言語の Esri のデフォルトの構成可能なアプリを使用します。 または、グループ リストから別のグループを選択できます。

デフォルト以外のグループを選択すると、次のオプションを構成できます。

  • [並べ替え順] フィールドを選択し、[昇順] または [降順] を選択することで、ギャラリーでアプリを並べ替える方法を変更します。 並べ替えフィールドや順序を設定で変更した場合、グループ ページ上のアイテムも変更されます。
  • [Esri のデフォルトのテンプレートをグループで共有します] をクリックすることで、グループ アイテムがあるギャラリーに Esri のデフォルト アプリを含めます。 また、アイテムをグループで共有することで、デフォルト セットに含まれていないその他の Esri のパブリックな構成可能なアプリ (廃止されたテンプレートなど) を追加することもできます。 (構成可能なアプリを削除するには、グループを開いて、アプリ ギャラリーに表示する必要がなくなったアイテムを削除します)。
  • [Esri のデフォルトのテンプレートをグループで共有します] をクリックすることで、Esri のデフォルト アプリを追加します (たとえば、サイトの更新後)。

注意:

グループ内の各アプリ テンプレートは、ソース コードと、Web ブラウザーで表示可能なプレビュー バージョンを含むダウンロード可能な .zip ファイルを含んでいる必要があります。 プレビュー バージョンを Web マッピング アプリケーションのアイテムとして追加してから、そのアイテムにソース コードを添付します。

Web スタイル

Web スタイルは、ArcGIS Pro で作成され、アイテムとして格納されるシンボルのコレクションです。 Map ViewerScene Viewer などのアプリは、Web スタイルを使用して、2D または 3D シンボルによってフィーチャをシンボル表示できます。

Map Viewer シンボル ギャラリーに、または Scene Viewer に Web スタイルを含めるには、以下を実行します。

  1. グループを作成します。
  2. 作成したグループと Web スタイル アイテムを共有します。
    注意:

    グループを使用して Map Viewer シンボル ギャラリーに 2D の Web スタイルを含める場合は、Web スタイルのアイテムもパブリックと共有する必要があります。

  3. 次のいずれかを実行します。
    • 2D Web スタイルの場合は、[2D Web スタイル グループ] のボックスをクリックし、2D Web スタイル用に作成したグループを選択します。
    • 3D Web スタイルの場合は、[3D Web スタイル グループ] のボックスをクリックし、3D Web スタイル用に作成したグループを選択します。

    指定したグループの Web スタイル アイテムがシンボル ギャラリーに追加されます。

解析レイヤー

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic でのみサポートされています。 Map Viewer の今後のリリースで提供される予定です。 の今後のリリースで提供される予定です。

使用するレイヤーを含むグループを [解析] レイヤー ギャラリーから選択します。 このグループに追加したレイヤーには、ジオメトリ タイプ (ポイント、ライン、またはポリゴン) を表すタグを付ける必要があります。 解析ツールは、このタグに基づいて、適切なレイヤー タイプを決定します。 現段階では、単一のレイヤーを含むフィーチャ アイテムだけが解析ツール ギャラリーでサポートされています。 グループ内のその他のアイテム タイプ (複数のレイヤーを含むフィーチャ レイヤーなど) は、ギャラリーに表示されません。

ギャラリーでレイヤーを並べ替える方法を変更するには、[並べ替え順] フィールドを選択します。 レイヤーの並べ替え方法を変更するには、[昇順] または [降順] を選択します。 並べ替えフィールドや順序をここで変更した場合は、グループ ページとギャラリーにあるアイテムも変更されます。