ホスト フィーチャ レイヤーの管理

変更できる設定は、ホスト フィーチャ (またはテーブル) レイヤーに対するものもあれば、ホスト フィーチャ レイヤーに含まれる個別のレイヤーに対するものもあります。 以下のセクションでは、レイヤーの所有者または管理者が、ホスト フィーチャ レイヤーとそれに含まれるレイヤーの設定を管理する方法について説明します。

ヒント:

次の設定は、ホスト フィーチャ レイヤーにアクセスできるすべてのユーザーに適用されます。 レイヤーを共有する際には、次の点に注意してください。

  • ホスト フィーチャ レイヤーをオフラインまたはコラボレーションで使用する ([同期を有効化 (オフラインでの使用およびコラボレーションに必要)])
  • ホスト フィーチャ レイヤーからデータをエクスポートする ([他のユーザーが別の形式にエクスポートすることを許可します])
  • 添付ファイルをホスト フィーチャ レイヤー内のフィーチャに追加する ([添付ファイルの有効化])

ホスト フィーチャ レイヤーを共有更新グループで共有する場合、グループ メンバーがレイヤーの多くの設定を管理できることにも注意してください。

レイヤー名の変更

ホスト フィーチャ レイヤー アイテムおよびホスト フィーチャ レイヤー内のレイヤーの名前を変更することができます。

ホスト フィーチャ レイヤー内のアイテム名またはレイヤー名を変更しても、依存するどのホスト レイヤー内またはホスト ビュー内の名前にも影響を与えません。 同様に、依存するレイヤーのアイテム名または依存するレイヤー内のレイヤーの名前を変更しても、ソースのホスト フィーチャ レイヤー内の名前は変更されません。

  1. 組織サイトにサイン インし、ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開きます。 サブレイヤーの名前を変更するには、[概要] タブの [レイヤー] リストの下にあるレイヤー名をクリックして、そのアイテム ページを開きます。
  2. [概要] タブで、変更するアイテム名またはレイヤー名の横にある [編集] ボタンをクリックします。
  3. レイヤーまたはアイテムの新しい名前を入力し、[保存] をクリックします。

編集設定の管理

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者は、他のユーザーによるホスト フィーチャ レイヤーの編集を許可できます。 他のユーザーによる編集を許可した場合、編集者のログインを記録し、それらのログインに基づいてフィーチャへのアクセスをさらに制限することもできます。

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者は、レイヤーで編集機能が有効化されていない場合でもレイヤーを編集できます。

他のユーザーによる編集の許可

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または組織サイトの管理者は、ホスト フィーチャ レイヤーに対して可能な編集を制御します。 レイヤー内の各フィーチャに対して編集を加えた日時とユーザーを記録するように、レイヤーを構成できます。 ホスト フィーチャ レイヤーでの編集情報を記録する場合、ホスト フィーチャ レイヤーから作成したすべての編集可能なビューに対する編集情報が記録されます。

次の手順に従って、編集を有効化し、可能な編集の種類を指定します。

  1. 他のユーザーによる編集を許可するホスト フィーチャ レイヤーの詳細ページを開きます。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [Feature Layer (ホスト) 設定] または [Feature Layer (ホスト、ビュー) 設定] セクションまでスクロールして、[編集の有効化] をオンにします。

    メモ:

    [フィーチャの結合 (Join Features)] ツールの実行結果として作成されたホスト フィーチャ レイヤー ビューでの編集と同期を有効にすることはできません。

  4. [作成および更新されたフィーチャを記録] をオンにして、ホスト フィーチャ レイヤーの空間属性と非空間属性に対する変更を記録します。

    [作成および更新されたフィーチャを記録] を使用すると、追加、更新、削除されたフィーチャをアプリケーションが判定できます。

    [作成および更新されたフィーチャを記録] を有効にした後は、ホスト フィーチャ レイヤーを上書きすることはできません。

    また、この設定がされているホスト フィーチャ レイヤーからホスト タイル レイヤーを公開し、タイルを自動生成するように構成されている場合、ホスト フィーチャ レイヤーで [フィーチャの作成者および最終更新者を記録] を無効化することはできないので注意してください。

  5. [フィーチャの作成者および最終更新者を記録] チェックボックスをオンにして編集者のログインを記録し、編集者がホスト フィーチャ レイヤーで表示および操作できる内容を詳細に制御します。

    ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、作成元のホスト フィーチャ レイヤーからこの設定を継承し、個別に構成することはできません。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューに対する編集情報の記録を有効または無効にするには、ビューの作成元のホスト フィーチャ レイヤーの編集情報記録に関する設定を変更します。

  6. [どのような種類の編集が許可されていますか?] 設定で、次のオプションの中から 1 つを選択します。
    • 編集者がフィーチャ ジオメトリを追加できるようにするには、[追加] を選択します。 編集者はフィーチャを作成する際に、属性値を設定することもできます。 作成後、編集者がフィーチャや属性を変更するには [更新] 権限が必要です。
    • [削除] を選択すると、編集者がフィーチャを削除できるようになります。
    • 編集者がフィーチャ ジオメトリと属性を更新できるようにするには、[更新] を選択します。 編集者が属性のみを更新し、フィーチャ ジオメトリは更新しないようにする (つまり、フィーチャを移動しないようにする) には、[属性のみ] を選択します。

      ホスト フィーチャ レイヤーに複数のレイヤーが含まれている場合は、次の手順に従って、編集者が一部のレイヤーはフィーチャ ジオメトリと属性を更新し、他のレイヤーは属性のみを更新できるようにします。

    1. [更新] オプションの下で、[属性とジオメトリ] を選択します。
    2. [ジオメトリの更新の管理] をクリックします。
    3. 編集者が属性の更新のみをできるように制限するレイヤーをオフにします。 オンのままにしたレイヤーは、編集者がジオメトリと属性を編集できます。
    4. フィーチャ ジオメトリの更新を許可しないレイヤーの指定が完了したら、[OK] をクリックします。
  7. データの作成者と編集者を記録するようホスト フィーチャ レイヤーを構成した場合は、次に示す追加の制限をホスト フィーチャ レイヤーまたは関連するフィーチャ レイヤー ビューに適用することができます。 これらの制限は、ホスト フィーチャ レイヤーまたはフィーチャ レイヤー ビューを使用する予定のクラウドソース アプリで、提供者に表示されるコンテンツやそれぞれの提供者がデータに対して持つ編集権限を制限する場合に便利です。
  8. 編集者が自分で作成したフィーチャのみを閲覧するように設定する場合は、[どのフィーチャを編集者は閲覧できますか?] の設定の下にある [編集者は、各自が所有するフィーチャのみを閲覧できる (編集情報の記録が必要)] を選択します。 レイヤーに医療記録や研究データなどの機密情報が含まれており、それらのデータの中で、編集者は自分自身が収集したデータしか扱えない場合、このオプションを有効にします。
  9. 編集者にフィーチャを (自身が作成したものも含めて) 見せないようにするには、[どのフィーチャを編集者は閲覧できますか?] 設定の下にある [編集者は、自身が追加したフィーチャも含め、一切のフィーチャを表示することはできません。] を選択します。 編集者が新しく追加されたフィーチャを閲覧する必要がない場合または閲覧してはならない場合に、このオプションを有効にします。 たとえば、ArcGIS Survey123、GeoForm、Crowd Source Polling テンプレートなどのアプリを使用して、スタッフが一般ユーザーからアンケート情報を収集している場合、アンケート回答者が提供した情報は自宅住所などプライベートな情報や機密性の高い情報であるため、編集者に見せたくない場合があります。

    ホスト フィーチャ レイヤーの所有者や、デフォルトの管理者ロールのメンバーがすべての編集操作が可能な状態でレイヤーをマップに追加すると、そのユーザーは [編集者は、自身が追加したフィーチャも含め、一切のフィーチャを表示することはできません。] がオンになっていても、レイヤー内のすべてのフィーチャを表示できます。 同様に、すべてのコンテンツの編集を許可するよう構成されたグループにホスト フィーチャ レイヤーを共有した場合、このグループのメンバーもすべてのフィーチャを表示できます。

    注意:

    [編集者は、自身が追加したフィーチャも含め、一切のフィーチャを表示することはできません。] オプションを有効にすると、レイヤーは ArcGIS Collector で使用できなくなります。

  10. フィーチャの作成者に基づいてフィーチャの編集を制限するには、[どのフィーチャを編集者は編集できますか?] 設定の下にある [編集者は、各自が所有するフィーチャのみを編集できる (編集情報の記録が必要)] を選択します。 この設定により、編集者は、編集者自身が作成したフィーチャを削除または変更できますが、他のユーザーのフィーチャは削除または変更することができなくなります。
  11. 匿名ユーザー (組織サイトにサイン インせずにホスト フィーチャ レイヤーにアクセスするユーザー) にフィーチャの追加のみを許可する場合は、[匿名の (サイン インしていない) 編集者はどのようなアクセスが可能ですか?] の設定の下にある [上記で許可されている場合、新規フィーチャの追加のみ (編集情報の記録が必要)] を選択します。 この設定により、匿名ユーザーは、既存のフィーチャを編集できなくなりますが、組織サイトのメンバーである編集者は、引き続き既存のフィーチャを編集することができます。

    メモ:

    この設定は、レイヤーがすべてのユーザーに共有されている (パブリック) 場合にのみ適用できます。 レイヤーがパブリックでない場合、匿名ユーザーはそのレイヤーにアクセスできません。

  12. [設定] タブの下部にある [保存] をクリックします。

所有者向けのすべての編集権限

編集が有効になったMap Viewerで、自分が所有するホスト フィーチャ レイヤーを開くことができます。 この操作は、他のユーザーがフィーチャ レイヤーを編集できるかどうかにかかわらず実行できます。 1 つのフィーチャ レイヤーを公開表示と内部編集の両方に利用することができます。

編集を有効にするには、ホスト フィーチャ レイヤーの詳細ページを開き、[開く] ボタンをクリックして [編集のフルコントロールを使用してレイヤーを新しいマップに追加] をクリックします。

レイヤーに対する追加の編集権限

ホスト フィーチャ レイヤーを一般ユーザーまたは多数のメンバーから成るグループが表示できるように設定する一方で、編集操作は組織の一部のメンバーだけに制限したい場合があります。 パブリックのホスト フィーチャ レイヤーで編集を有効にした場合は、すべてのユーザーが編集可能になります。 同様に、グループと共有されているホスト フィーチャ レイヤーで編集を有効にした場合は、グループのすべてのメンバーがそのホスト フィーチャ レイヤーを編集できます。

一般ユーザーまたは多数のユーザーから成るグループにレイヤーの表示を許可する一方で、ある小さなグループのメンバーのみにそのレイヤーの編集を許可する場合、組織の管理者は、すべてのコンテンツの編集を許可するよう構成されたグループを作成できます。 アイテムを編集できるようにする組織のメンバーを、このグループに追加または招待します。 このグループと共有されたすべてのアイテムは、編集を有効にしていないホスト フィーチャ レイヤーも含め、グループ メンバーによって更新可能です。

ホスト フィーチャ レイヤーを編集する必要があるグループのメンバーは、ホスト フィーチャ レイヤーの詳細を開き、[開く] > [編集のフルコントロールを使用してレイヤーを新しいマップに追加] の順にクリックする必要があります。

管理者向けのすべての編集権限

組織サイトのデフォルトの管理者ロールのメンバーは、編集を有効化したホスト フィーチャ レイヤーをMap Viewerで開くことができます。 これは管理者でないユーザーに設定した編集レベルや、そのレイヤーが他のユーザーによって編集可能かどうかに関係なく行うことができます。 この方法は、他のユーザーが編集しているマップを管理または更新する必要がある場合に有効です。 1 つのフィーチャ レイヤーを公開表示と内部編集の両方に利用することもできます。

編集を有効にするには、ホスト フィーチャ レイヤーの詳細ページを開き、[開く] ボタンをクリックして [編集のフルコントロールを使用してレイヤーを新しいマップに追加] をクリックします。

データ管理者向けのすべての編集権限

フルコントロールで編集する権限を持っている場合、編集可能なホスト フィーチャ レイヤーをMap Viewerで開き、フィーチャを追加、更新、および削除することができます。 この場合、レイヤーに設定されている編集レベルは関係ありません。 そのレイヤーの編集を有効化しておく必要があります。

編集するには、ホスト フィーチャ レイヤーの詳細ページを開き、[開く] > [編集のフルコントロールを使用してレイヤーを新しいマップに追加] の順にクリックします。 なお、[編集のフルコントロールを使用してレイヤーを新しいマップに追加] オプションは、レイヤーの編集が有効化されている場合にのみ表示されます。

オフライン編集またはコラボレーションの許可

他のユーザーがホスト フィーチャ レイヤーをオフラインにして、ネットワークかられている間に操作するか、または分散コラボレーションでホスト フィーチャ レイヤーをコピーとして共有することを許可するには、ホスト フィーチャ レイヤーに対して同期を有効にする必要があります。

Web レイヤーの詳細を編集する手順に従って、[設定] タブにある [同期の有効化 (オフラインでの使用およびコラボレーションに必要)] をオンにします。 これにより、オフライン編集者が接続時にフィーチャの最新の更新内容を取得できるようになります。 切断中にフィーチャに加えられた編集内容も、接続時に適用されます。 このため、コラボレーションの送信側組織で行われたレイヤーの変更も、参加組織のフィーチャ レイヤーと同期させることが可能になります。

レイヤーに対して同期を有効化する際には、次の点に注意してください。

  • 同期を有効化すると、そのレイヤーのフィーチャ ストレージ サイズが増大する可能性があります。
  • 同期が有効な場合、新しいフィーチャをホスト フィーチャ レイヤーに追加できますが、レイヤーの詳細ページの [データの更新] オプションを使用して、既存のフィーチャを更新することはできません。
  • ホスト フィーチャ レイヤー ビューで同期を有効化するには、作成元のホスト フィーチャ レイヤーで同期が有効になっている必要があります。
  • ホスト フィーチャ レイヤー ビュー内の各レイヤー上に複数の対象地域が定義されている場合、同期を有効化することはできません。
  • 依存するビューを持つホスト フィーチャ レイヤーで同期を無効にするには、まずすべてのビューで同期を無効にする必要があります。
  • [フィーチャの結合] ツールの実行結果として作成されたホスト フィーチャ レイヤー ビューの編集を有効化することはできません。

注意:

すべてのオフライン ユーザーが編集情報を同期するまで同期を無効にしないでください。 オフライン ユーザーが ArcGIS Collector を使用している場合は、オフライン ユーザーがレイヤーを含むオフライン Web マップをデバイスから削除するまで待ってから、同期を無効にしてください。

[同期の有効化 (オフラインでの使用およびコラボレーションに必要)] チェックボックスをオフにして同期を無効にしたが、ホスト フィーチャ レイヤーまたはホスト フィーチャ レイヤー ビューがオフライン Web マップに存在する場合は、ネットワークから切断されている間にオフライン ユーザーが加えた編集内容を同期することはできません。 これらの編集内容は、同期を再度有効にしても同期できません。

また、ホスト フィーチャ レイヤーまたはホスト フィーチャ レイヤー ビューで同期を無効にする場合、レイヤーまたはビューを含む各マップを開いて保存し、マップがマップ自体に含まれるホスト フィーチャ レイヤーの状態を確実に反映するようにします。

データのエクスポートの許可

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者として、任意のレイヤーからカンマ区切り値 (CSV) ファイル、Microsoft Excel ファイル、シェープファイル、ファイル ジオデータベース フィーチャクラス、GeoJSON ファイル、フィーチャ コレクション、または KML ファイルにエクスポートできます。 ホスト フィーチャ レイヤーを構成して、他のユーザーが ArcGIS Online のレイヤーにアクセスするときに、そのレイヤーからデータをエクスポートできるようにすることもできます。

所有者または管理者以外のユーザーが、フィールドまたはフィーチャの定義が適用されたホスト フィーチャ レイヤー ビューからエクスポートする場合、エクスポートされるファイルには、定義で許可されたフィールドまたはフィーチャのみが含まれます。 所有者または管理者がエクスポートする場合、定義は適用されず、エクスポートされるファイルにはすべてのフィールドとフィーチャが含まれます。

他のユーザーが ArcGIS Online のレイヤーにアクセスするときに、ホスト フィーチャ レイヤーまたはホスト フィーチャ レイヤー ビューからエクスポートできるようにするには、次の手順に従います。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーまたはホスト フィーチャ レイヤー ビューの所有者としてサイン インするか、管理者としてサイン インします。
  2. 他のユーザーにエクスポートを許可するレイヤーのアイテム ページを開きます。
  3. [設定] タブをクリックし、[フィーチャ レイヤー設定] セクションまでスクロールします。
  4. [他のユーザーが別の形式にエクスポートすることを許可します。] をクリックし、[保存] をクリックします。

これで、組織内の他のメンバーも、ホスト フィーチャ レイヤーからエクスポートできるようになります。

メモ:

この設定は、ユーザーが元のサービスからデータをエクスポートする機能には影響しません。 フィーチャ レイヤーでこのエクスポート設定を有効にしない場合でも、他のクライアントでこのレイヤーにアクセスする任意のユーザーが、レイヤーからデータをエクスポートできます。

添付ファイルの許可

編集者に対して、ホスト フィーチャ レイヤーに含まれるレイヤーの個々のフィーチャに画像やその他のファイルを添付することを許可するように設定できます。添付ファイルを許可することもできます これにより、関連する特定のフィーチャにドキュメントや写真を関連付けることができます。 たとえば、コードのコンプライアンス責任者は、特定のアドレス ポイントのコード違反の写真を添付したり、建物検査官は建物フィーチャの許可書の PDF を含めたりできます。

各ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、作成元のホスト フィーチャ レイヤーの添付ファイル設定を継承します。 デフォルトでは、ビューのすべてのユーザーがホスト フィーチャ レイヤーから継承された添付ファイルを見ることができます。 これらの添付ファイルにアクセスできるユーザーを制限するために、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー内で添付ファイルを非表示にします。

フィーチャに添付できるファイルのサイズは、最大 10 MB です。 10 MB を超えるファイルを添付するには、ArcGIS REST API から ArcGIS REST API および Add Attachment オペレーションを使用し、マルチパート アップロードを行います。

添付できるファイル タイプの一覧については、「テーブルの編集」をご参照ください。

ホスト フィーチャ レイヤーに含まれるレイヤー内のフィーチャに他のユーザーがファイルを添付できるようにするには、次の手順に従います。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーの編集を有効化します。

    編集を有効化しないと、ユーザーはレイヤーに添付ファイルを追加できません。

  2. ArcGIS Online アカウントにサイン インしている場合は、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブ内のレイヤーをクリックして、フィーチャ レイヤーの詳細ページを開きます。
  3. [概要] タブの [レイヤー] リストでレイヤーの名前をクリックして、その詳細ページを開きます。
  4. [添付ファイルの有効化] 切り替えスイッチをクリックします。

これで、レイヤーを編集するときに、ファイルを個別のフィーチャに添付できるようになりました。

レイヤーにファイルを添付する必要がないと判断した場合は、サブレイヤーの詳細ページを開いて、[添付ファイルの有効化] の横にある切り替えスイッチを無効にします。 なお、これにより、レイヤーから既存のすべての添付ファイルが削除され、添付ファイルをこれ以上追加できなくなることにご注意ください。

ビュー内での添付ファイルの非表示

一部のユーザーがフィーチャ属性にアクセスする必要があるが、これらのユーザーに添付ファイルを見られないようにするか、これらのユーザーが添付ファイルへのアクセスを必要としていない場合は、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー内で添付ファイルを非表示にします。

たとえば、組織のごく一部のメンバーしか見ることができない機密情報が添付ファイルに含まれている場合は、これらのメンバーで構成されたグループ内でホスト フィーチャ レイヤーを共有します。 レイヤーからホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成し、添付ファイルを非表示にして、そのビューをより多くのユーザーと共有します。

ホスト フィーチャ レイヤー ビュー内の個々のレイヤーの添付ファイルを非表示にするには、次の手順を実行します。

  1. ホスト フィーチャ レイヤー ビューの詳細ページを開きます。
  2. [概要] タブにある [レイヤー] リストを探して、非表示にする添付ファイルがあるレイヤーをクリックします。
  3. [添付ファイルの非表示] の切り替えをクリックして、ホスト フィーチャ レイヤー ビューのユーザーがそのレイヤーの添付ファイルにアクセスできないようにします。
  4. ユーザーがアクセスできなくする添付ファイルを持つ各レイヤーに対して、手順 2 と手順 3 を繰り返します。

ビューのユーザーがビュー内の 1 つ以上のレイヤーの添付ファイルにアクセスする必要があると思われる場合は、ホスト フィーチャ レイヤー ビューの詳細ページの [概要] タブで、各レイヤーにある [添付ファイルの表示] リンクをクリックします。

複雑なラインおよびポリゴンの描画の最適化

ホスト フィーチャ レイヤーに、多数の頂点があるライン レイヤーまたはポリゴン レイヤーが含まれており、そのホスト フィーチャ レイヤーが小縮尺または中縮尺で表示されることが多い場合は、これらのレイヤーを最適化して、Web クライアントでの描画時間を向上させることができます。 たとえば、州や広大な地域の郵便番号の境界を含むレイヤーは、最適化にふさわしい候補です。 郵便番号を小縮尺または中縮尺で表示して、すべての郵便番号を一度に表示するとともに、詳細な境界を大縮尺で拡大表示したい場合があります。 この種のレイヤーを最適化すると、小縮尺と中縮尺でのパフォーマンスが向上すると同時に、より大きな縮尺での詳細レベルが維持されます。

レイヤーの最適化では追加のストレージ領域が消費され、レイヤーの最適化処理が完了するまでレイヤーを編集できません。 最適化されたレイヤーに必要なフィーチャ ストレージは 100% 以上増加することがありますが、Web クライアントで大幅なパフォーマンスの向上を実現できます。 描画時間を向上する必要がないと判断した場合は、最適化を無効化できます。 これを行うと、ただちに追加のストレージが削除される (ホスト フィーチャ レイヤーのサイズが縮小する) ため、これ以上、追加のストレージにコストがかかることはありません。 ホスト フィーチャ レイヤーのサイズは、レイヤーのアイテム ページの [概要] タブで確認できます。

メモ:

ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、作成元のホスト フィーチャ レイヤーから描画の最適化設定を継承します。ビューでこの設定を個別に構成することはできません。 ラインまたはポリゴンを含むビューで描画の最適化を許可または不許可するには、ビューの作成元のホスト フィーチャ レイヤーで設定を変更します。

表示パフォーマンスが向上していることを確認するために、次のリンクをクリックして、米国のすべての郡境界を示す同一のレイヤーを比較してみます。 レイヤーを同じブラウザーの 2 つの異なるウィンドウで開き、それぞれのレイヤーを Map Viewer に追加してから、レイヤーにズームし、レイヤー周辺を画面移動します。 パフォーマンスはネットワークによって異なりますが、最適化されたレイヤーでは描画パフォーマンスが大幅に向上していることがわかります。

レイヤーに対して描画が最適化されていない場合、ホスト フィーチャ レイヤーのサイズは 131 MB です。 レイヤーが最適化された後のホスト フィーチャ レイヤーのサイズは 176 MB です。

最適化は、ライン レイヤーまたはポリゴン レイヤーに、多くの頂点があるフィーチャが多数含まれていて、それらのレイヤーが、小縮尺または中縮尺で表示されることが多く、主として Web クライアントで使用される場合に最も有益です。

最適化されたレイヤーを編集または上書きするときは次の点に注意してください。

  • 最適化が有効化されているときにレイヤーを編集するか、レイヤーに対する編集内容を同期すると、それらの編集内容が自動的に最適化されます。
  • フィーチャ レイヤーがマップ内で編集可能な場合は、編集用にデータの全詳細レベルが表示されるように、レイヤーが最適化されずに読み込まれます。 (フィーチャ レイヤーが Map Viewer 内で編集可能な場合は、[編集] ボタンが使用できます。)
  • 特定のマップ内でデータを編集する必要がない場合は、Web マップでレイヤーに対する編集を無効化します。 これを行うと、表示専用のマップ内で描画の最適化を利用できます。ただし、レイヤーは、引き続き他のマップやアプリで必要に応じて編集できます。
  • レイヤーを上書きすると、最適化が無効になります。 レイヤーの描画時間を再び最適化するには、次の手順を実行する必要があります。

メモ:

フィーチャ レイヤーが描画されるベースマップでは、描画時間が向上したことを示すように、Web メルカトル (球体補正) 投影法 (Esri デフォルト ベースマップなど) が使用されている必要があります。 Web メルカトル (球体補正) 以外の投影法を使用するベースマップにレイヤーが追加された場合、そのレイヤーは最適化されずに読み込まれます。

次の手順に従って、ライン レイヤーまたはポリゴン レイヤーの描画時間を最適化します。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーの詳細ページを開きます。
  2. [設定] タブに移動し、[レイヤーの描画を最適化] セクションまでスクロールします。
  3. 描画を最適化するレイヤーの横にあるチェックボックスをオンにします。

    最適化処理が完了するまでに数分かかることがあります。 最適化が完了するまで、レイヤーに対する編集が一時的に無効になります。

時間設定の有効化

日付と時刻に基づき、同じ位置について異なる情報を記録するホスト フィーチャ レイヤーがある場合は、ホスト フィーチャ レイヤー内のレイヤーに対して時間設定を有効化して構成できます。 時間設定が構成され、ホスト フィーチャ レイヤーをマップに追加すると、マップ上に時間設定を構成して、特定の時間に発生した事象を表示したり、時間の経過に伴うデータの変化に合わせて現れるパターンや傾向を視覚化したりできます。

ホスト フィーチャ レイヤーの上書き

ファイル ジオデータベース、シェープファイル、GeoJSON、Microsoft Excel ファイル、または CSV ファイルから公開されたホスト フィーチャ レイヤーのデータを更新するには、そのレイヤーのアイテム ページで使用できる [データの更新] > [レイヤー全体を上書き] オプションを使用して、データを更新されたソース ファイルのデータで置換します。 たとえば、ホスト フィーチャ レイヤーがパブリックであり、編集を許可しない場合、もしくは別の部署からデータの更新がシェープファイルで定期的に送信されてくる場合、ホスト フィーチャ レイヤーのデータを上書きすることができます。 これにより、URL、ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページで設定したレイヤー プロパティ、シンボル表示、およびポップアップ構成が維持されます。

ローカル ソース ファイルのデータを上書きすると、ArcGIS Online では、そのファイルとホスト フィーチャ レイヤー両方のデータが、更新済みソース ファイルのデータで置き換えられます。 ソースがメタデータを持つシェープファイルまたは、メタデータを持つフィーチャクラスを含むファイル ジオデータベースである場合、ArcGIS Online はホスト フィーチャ レイヤーで、レイヤーレベルのメタデータを追加または置き換えます。 クラウド ドライブからホスト フィーチャ レイヤーを公開した場合、データはクラウド ドライブにそのまま残りますが、ホスト フィーチャ レイヤーのデータは置き換えられます。

ホスト フィーチャ レイヤーを上書きする場合は、同じソース ファイル タイプとスキーマを使用する必要があります。

[レイヤー全体を上書き] オプションを使用できない場合は、次のいずれかの条件によりホスト レイヤーを上書きできません。

  • ArcGIS Online Web サイト以外のクライアントから公開されている。 たとえば、ホスト フィーチャ レイヤーを ArcMap から公開している場合は、ArcMap からサービスを上書きします。
    メモ:

    ArcMap からホスト フィーチャ レイヤーを上書きする場合は、Web レイヤーで最初に作成されたサービス定義が ArcGIS Online 組織サイトに存在しなければなりません。

  • 2014 年 3 月より前に CSV ファイルから公開されている。
  • ホスト フィーチャ レイヤーで同期機能が有効になっている。
  • プライマリ ホスト フィーチャ レイヤーではなく、ホスト フィーチャ レイヤー ビューである。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューと作成元のホスト フィーチャ レイヤーの両方のデータを更新するには、ホスト フィーチャ レイヤーを上書きすると、更新内容がビューに反映されます。
  • レイヤーで作成および更新されたフィーチャの記録を有効化している。

注意:

  • ホスト フィーチャ レイヤーに対する編集が有効化されている場合、そのレイヤーのデータに対して行われたすべての編集内容は、更新済みソース ファイルのデータで置き換えられます。
  • ローカル ファイルから上書きする場合は、ファイル名、フィールド名、およびフィーチャクラス名は、アップロードした元のファイルでの名前と同じである必要があります。
  • 更新済みファイルには、元のファイルにあったのと同じフィールドおよびフィーチャクラス (ファイル ジオデータベースの場合) が存在している必要があります。 たとえば、ファイル ジオデータベースからフィーチャクラスを削除した場合、またはシェープファイルやフィーチャクラスにフィールドを追加した場合は、上書きしないでください。
  • 上書きを行った場合、フィールド名、フィーチャクラス名、およびスキーマが一致していないと、そのフィーチャ レイヤーおよびフィーチャ レイヤーを使用している Web マップは、期待どおりに機能しないことがあります。 ソース データのスキーマが変更されたか、ホスト レイヤーで行った編集内容を維持したい場合は、代わりにシェープファイル、ファイル ジオデータベース、Excel ファイル、または CSV ファイルを新しいアイテムとして読み込んで、新しいレイヤーを公開します。
  • データ ソースとホスト レイヤーは、同じアカウントに所有されている必要があります。 一方の所有者を変更する場合は、もう一方の所有者も変更してください。 変更しない場合は、ホスト レイヤーを上書きできません。
  • 最初にレイヤーを公開したとき、フィーチャの特定に住所または場所を使用した場合、レイヤーを上書きすると、更新されたファイル内のすべての住所または場所がジオコードされます。 これには、組織の構成方法によっては、クレジットが使用される可能性があります。 組織内で場所のジオコードに使用されるサービスについては、ArcGIS Online の管理者にお問い合わせください。 最初にレイヤーを公開したときに選択したロケーターが、上書き時に自動的に使用されます。
  • 個々のサブレイヤーの詳細を変更した場合、ホスト フィーチャ レイヤーをファイル、ArcMap、または ArcGIS Pro から上書きしたときに、それらの編集は失われます。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者として組織サイトにサイン インします。
  2. ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開きます。
    • ホスト レイヤーの所有者としてサイン インした場合は、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブをクリックし、ホスト フィーチャ レイヤーをクリックしてアイテム ページを開きます。
    • 管理者としてサイン インした場合は、コンテンツ ページの [組織のコンテンツ] タブをクリックし、レイヤー名をクリックしてアイテム ページを開きます。
  3. [データの更新] > [レイヤー全体を上書き] をクリックします。
  4. 編集済みのデータを読み込みます。
    • ホスト フィーチャ レイヤーがローカル ファイルから公開された場合は、[参照] または [ファイルの選択] (お使いのブラウザーによって異なる) をクリックし、ディスク上のソース ファイルの場所を参照して、[上書き] をクリックします。
    • ホスト フィーチャ レイヤーがクラウド ドライブ上のファイルから公開された場合は、そのドライブにサイン インします。 ArcGIS Online では、クラウド ドライブ上のソース ファイルのコンテンツでホスト フィーチャ レイヤーが自動的に更新されます。

データをレイヤーに追加

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または組織サイトの管理者であるユーザーは、既存のホスト フィーチャ レイヤー内のレイヤーにフィーチャを追加できます。 このため、初期データまたは空のホスト フィーチャ レイヤーを公開し、後で追加のデータが入手可能になったときに、ホスト フィーチャ レイヤー全体を上書きする必要なく、さらにデータを追加することができます。 たとえば、現場で点検を行う多くの従業員が、その情報を CSV ファイルまたはカスタム アプリ (シェープファイルへの書き込みを行う) に収集する場合、1 日の終わりに各点検者からファイルを取得し、ホスト フィーチャ レイヤーをその新しいデータで更新することができます。

更新ファイルに、すでに公開済みのフィーチャに対する変更が含まれている場合も、入力ファイルを使用して既存のフィーチャを更新できます。 この場合、レイヤーと、更新内容の読み込みに使用するファイルの両方に、ArcGIS Online が更新対象のフィーチャの識別に使用できる個別値のフィールドが含まれている必要があります。 レイヤーの詳細ページの [データ] タブから、ホスト フィーチャ レイヤーのサブレイヤー内のフィールドを一意として定義できます。 定義すると、レイヤーを更新するときに、ArcGIS Online はそのフィールドを識別子として使用します。

注意:

更新ファイルとレイヤーのフィールド値によって、更新対象のフィーチャが正確かつ一意に識別されることを確認しなければなりません。 これらの値によりフィーチャが識別されないと、既存のフィーチャの属性が更新によって上書きされたときにデータが失われる可能性があります。 更新の結果、一意として識別したフィールドに一意でない値が生成される場合、更新および追加操作は失敗します。

データを追加または更新するには、次のファイル形式を使用できます。

  • シェープファイル (zip 圧縮)
  • ファイル ジオデータベース (zip 圧縮)
  • CSV ファイル - 空間フィールドを緯度座標と経度座標に提供する必要があります。
  • Microsoft Excel ファイル - 空間フィールドを緯度座標と経度座標に提供する必要があります。
  • GeoJSON ファイル (*.geojson)

ホスト フィーチャ レイヤーでオフラインでの編集が有効化されている場合、フィーチャの追加のみが可能でフィーチャの更新はできません。

ホスト フィーチャ レイヤー内のレイヤーにフィーチャを追加して更新するには、次の手順に従います。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者として組織サイトにサイン インします。
  2. ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開きます。
    • ホスト フィーチャ レイヤーの所有者としてサイン インした場合は、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブをクリックし、ホスト フィーチャ レイヤーをクリックしてアイテム ページを開きます。 ホスト フィーチャ レイヤーのサブレイヤーの詳細を開くには、[概要] タブの [レイヤー] セクションでサブレイヤーの名前をクリックします。
    • 管理者としてサイン インした場合は、コンテンツ ページの [組織のコンテンツ] タブをクリックし、レイヤー名をクリックしてアイテム ページを開きます。 ホスト フィーチャ レイヤーのサブレイヤーの詳細を開くには、[概要] タブの [レイヤー] セクションでサブレイヤーの名前をクリックします。
  3. [データの更新] > [データをレイヤーに追加] をクリックします。
    メモ:

    同期または変更追跡 ([作成および更新されたフィーチャを記録]) を有効にしたホスト フィーチャ レイヤーでは、新しいデータの追加のみができます。

  4. [参照] または [ファイルの選択] (お使いのブラウザーによって異なる) をクリックし、ディスク上のソース ファイルの場所を参照します。
  5. ファイルが zip 圧縮されている場合は、[コンテンツ] ドロップダウン リストからファイル形式を選択します。
  6. [アップロードと継続] をクリックします。

    ArcGIS Online が入力ファイルの分析を終了すると、[データのアペンド] ダイアログ ボックスが表示されます。

  7. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のレイヤーが含まれる場合、データを追加または更新するレイヤーを選択します。
  8. 入力ファイル内のフィールド名が、レイヤーのフィールドに正確に一致しない場合は、[フィールドの一致を表示] をクリックして、ファイルのフィールドをレイヤーのフィールドにマッピングします。

    追加操作では、一致しないフィールドは削除されます。

  9. 新しいフィーチャのみをレイヤーに追加する場合は、[更新の適用] をクリックします。

    ArcGIS Online が新しいフィーチャをレイヤーに追加します。 更新が適用されるとすぐに、これらのフィーチャが、マップ、シーン、および依存する WFS レイヤーとホスト フィーチャ レイヤー ビューで使用可能になります。

  10. レイヤー内の既存のフィーチャに適用する更新が入力ファイルに含まれている場合は、次の手順に従います。
    1. [既存のフィーチャの更新] をオンにします。
    2. ArcGIS Online で更新対象のフィーチャを一意に識別するために使用できるフィールドを入力ファイルとレイヤー内に指定します。
    3. 既存のフィーチャの場所および非空間属性を更新するには、[既存のフィーチャのジオメトリを更新] をオンにします。 このオプションをオンにしないと、ArcGIS Online は各フィーチャの非空間属性のみを更新します。

      メモ:

      入力ファイルのジオメトリ タイプ (ポイントやラインなど) がホスト フィーチャ レイヤーと異なる場合、既存のフィーチャの属性を更新する操作のみが可能です。

    4. 入力ファイルがレイヤー内に存在しない行を含んでいる場合でも更新を続行したい場合は、[一致のないフィーチャを無視] をオンにします。
    5. [更新の適用] をクリックします。

    ArcGIS Online が、入力に基づいて新しいフィーチャを追加し、既存のフィーチャを更新します。 更新が適用されるとすぐに、変更内容および新しいフィーチャが、マップ、シーン、および依存する WFS レイヤーとホスト フィーチャ レイヤー ビューで使用可能になります。

空間インデックスの再構築

空間インデックスは、マップ上のフィーチャの描画やフィーチャの検索など、空間クエリのパフォーマンスを改善します。 自分または他の編集者がレイヤーの初期範囲の外にあるフィーチャをレイヤーに追加した場合、空間インデックスは最新でなくなり、再構築が必要になる可能性があります。 たとえば、ホスト フィーチャ レイヤーに含まれるフィーチャが 1 つの都市にのみにあり、後で国全体にわたるフィーチャを含むデータを追加した場合、そのレイヤーの空間インデックスを再構築する必要があります。

一般に、レイヤーの描画が遅くなり、初期範囲の外にあるフィーチャがレイヤーに大量に追加された場合、空間インデックスを再構築します。

レイヤーの空間インデックスを再構築するには、次の手順に従います。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者として組織サイトにサイン インします。
  2. レイヤーの詳細ページを開き、[設定] タブをクリックします。
  3. [空間インデックスの管理] セクションまでスクロールして、[インデックスの再構築] をクリックします。
  4. 空間インデックスを再作成するサブレイヤーの横にあるチェックボックスをオンにして、[再構築] をクリックします。

    メモ:

    ArcGIS Online が空間インデックスを再作成している間は、レイヤーのパフォーマンスが低下します。 可能であれば、レイヤーが使用中でないときに空間インデックスを再構築してください。

キャッシュの制御

ホスト フィーチャ レイヤーを一般ユーザーと共有する場合、ArcGIS Online は、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用してレイヤーのパフォーマンスを最適化し、サーバーの負荷を低減します。

マップの表示範囲を移動してフィーチャ レイヤーを操作すると、アプリはデータをリクエストします。 CDN は、それらのリクエストに対してサーバーから返された情報をキャッシュします。 CDN およびキャッシュは、世界中に分散されており、リクエストがどの場所で発生しても、待ち時間を大幅に減らします。 レイヤーを操作する際に、レイヤーを含んでいるマップの読み込みにかかる時間を減らし、そのレイヤーを使用するアプリの応答性を改善するため、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

ただし、ホスト フィーチャ レイヤー内のデータはサーバー上で変更されることがあるため、アプリがデータをリクエストしたときに、最新のデータが表示されることを保証するために、次のことが行われる必要があります。

  • レイヤーを Web ブラウザーに表示する場合、ブラウザーは、ブラウザー キャッシュ内のデータが古くなっている可能性があるときに、それを識別し、最新データのリクエストを CDN に送信します。
  • CDN は、ホスト フィーチャ レイヤーが変更されているかどうかを識別します。 変更されていない場合、キャッシュを更新する必要はなく、キャッシュからデータが返されます。
ブラウザーおよび CDN がこのチェックを実行する頻度は、次のレイヤー プロパティによって異なります。
  • レイヤーがすべてのユーザー (パブリック) と共有され、そのレイヤーで編集も同期も有効になっていない場合、チェックの実行間隔のデフォルト値は 30 秒です。
  • デフォルトでは、公開されているレイヤーが編集可能であるか、同期が有効になっている場合、ブラウザーおよび CDN は、レイヤーに対するリクエストが行われるたびに、このチェックを実行します。
  • デフォルトでは、レイヤーがパブリックと共有されていない場合、ブラウザーおよび CDN は、そのレイヤーに対するリクエストが行われるたびに、チェックを実行します。

チェックの実行間隔は、キャッシュの最大期間と呼ばれます。 この最大期間は、キャッシュが更新されるまで CDN がそのキャッシュを使用し続ける最大時間を、分単位で定義します。 更新のためのチェック回数が少ないということは、パフォーマンスの向上を意味しますが、組織サイトにサイン インせずにパブリックのホスト フィーチャ レイヤーを使用しているユーザー (匿名ユーザー) が、最新データを見るために長く待たされるということでもあります。

2 番目の 2 つのケースでは、キャッシュが有効であると見なされる時間を増やすことができ、それによって、ブラウザーおよび CDN が変更をチェックする頻度が減ります。 データが更新される頻度が低く、パブリックと共有されていない場合は、レイヤー キャッシュの最大期間を増やすことを検討してください。

最大期間を増やす前に、次の点を考慮してください。

  • データに対する変更は、現在の CDN のキャッシュの期限が切れるまで、パブリックに利用できないことがあります。 たとえば、最大期間を 30 秒から 5 分に増やすと、CDN は更新データをチェックするよう要求されるまで、5 分待機します。
  • 一般ユーザーとのホスト フィーチャ レイヤーの共有を停止した場合、キャッシュされた応答は、キャッシュの期限が切れるまで、CDN に一時的に残ります。 つまり、最大期間が 5 分に設定されている場合、レイヤーにパブリックからアクセスできなくなるまでに最大 5 分かかる可能性があります。 ただし、組織サイトにサイン インしたユーザーには、最新データが表示されます。

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者のみが、最大期間設定を変更できます。 この設定は、ホスト フィーチャ レイヤーに対して編集または同期が有効化されている場合、使用できません。

パブリックのホスト フィーチャ レイヤーの最大キャッシュ期間を変更するには、次の手順に従ってください。

  1. 組織サイトにサイン インし、パブリックのホスト フィーチャ レイヤーの詳細を開きます。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [キャッシュ制御] セクションにスクロールし、ユーザーがホスト フィーチャ レイヤーを使用してホスト フィーチャ レイヤー データに対する更新を表示できるまでの最大許容時間を選択します。

    [指定なし] を選択した場合、CDN は、アプリがホスト フィーチャ レイヤーのデータをリクエストするたびに、更新をチェックします。

関連トピック