高度な検索の使用

Web サイト検索またはコンテンツ ページのタブの特定検索を使用してアイテムを検索する場合、高度なキーワード検索を実行して、検索結果を絞り込むことができます。 高度なキーワード検索は、Map ViewerMap Viewer Classic、および Scene Viewer追加するレイヤーを検索するときにも使用できます。 高度な検索では、フィールド範囲検索ブール型演算子グループ化を使用できます。 これらについて以下で説明します。

フィールド

Web サイトまたは Map ViewerMap Viewer Classic もしくは Scene Viewer で、コンテンツまたはグループの検索を実行する場合は、フィールドを指定するか、デフォルトのフィールドを使用できます。 アイテムに関するデフォルトのフィールドは、タイトル、タグ、サマリー、説明、タイプ、およびキーワードです。 グループに関するデフォルトのフィールドは ID、タイトル、説明、サマリー、タグおよび所有者です。 最もマッチ率が高いものが常に返されます。 これらのフィールドの解説については、次の表をご参照ください。

注意:

特定のフィールドを検索するには、そのフィールドの名前の後にコロンと検索語句を入力します (例: GeoJSON アイテムを検索する場合は、「type:geojson」と入力)。 複数の単語を含むキーワードの場合は、結果の精度を上げるために、二重引用符を使用することをお勧めします。 たとえば、「"map services"」と入力すると、フィールドに「map services」という語句を (この順序で) 含むアイテムが返されますが、「map services」と入力すると、フィールドに「map」と「services」の両方を含むアイテムが返されます。

フィールド インジケーターを使用しない場合は、デフォルトで用意されたフィールドが検索の対象となります。 たとえば、マップにレイヤーを追加したい場合に、その所有者の名前を知りたいとき、検索で「owner:」に続けて所有者のユーザー名を入力すると、結果を絞り込むことができます。

ヒント:

AND 演算子を使用してフィールドを連結することで検索文字列を作成できます (例: owner:esri AND tags:streets)。

アイテムのフィールド

検索文字列に特定のフィールドを使用して、アイテムの検索を絞り込むことができます。 これらのフィールドには次のようなものがあります。

フィールド詳細

id

アイテムの ID です。たとえば、「id:4e770315ad9049e7950b552aa1e40869」と入力すると、その ID のアイテムが返されます。

owner

アイテムの所有者です。たとえば、「owner:esri」と入力すると、Esri によって公開されたすべてのコンテンツが返されます。 フィールドおよび値は、大文字と小文字が区別されます。

created

アイテムが作成された日付 (UNIX 時間で表示) です。たとえば、「created: [1249084800000 TO 1249548000000]」と入力すると、2009 年 8 月 1 日午前 12:00 から 2009 年 8 月 6 日午前 8:40 の間に公開されたすべてのアイテムが返されます。

title

アイテムのタイトルです。たとえば、「title:"California wildfire"」と入力すると、タイトルに「California wildfire」を (この順序で) 含むアイテムが返されます。 スペースを含むキーワードの場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。

type

type は、アイテムのタイプを返す事前定義のフィールドです。 たとえば、「type:KML」と入力すると、タイプが KML のアイテムが返されます。 アイテムのタイプ名を正確に使用する必要があります。 タイプによる検索では大文字と小文字が区別され、完全一致を検索する場合はキーワードを二重引用符で囲む必要があります。 たとえば、「type:"Geocoding Service"」と入力すると、ジオコーディング サービスのアイテムが返されます。

typekeywords

typekeywords を使用すると、定義済みのタイプ キーワードでアイテムのタイプを絞り込んで検索することができます。 タイプ キーワードを正確に使用する必要があります。 スペースを含む文字列の場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。 たとえば、ホスト フィーチャ レイヤーを検索する場合、「typekeywords:"Hosted Service"」を使用します。

description

アイテムの説明です。たとえば、「description:crimes」と入力すると、説明内にキーワード「crimes」を含むすべてのアイテムが検索されます。 スペースを含むキーワードの場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。たとえば、「description:"reported crimes"」と入力します。

tags

タグ フィールドです。たとえば、「tags:"San Francisco"」と入力すると、キーワード「San Francisco」を示すタグが付いたアイテムが返されます。 スペースを含むキーワードの場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。

snippet

サマリー フィールドです。たとえば、「snippet:"natural resources"」と入力すると、アイテム サマリーに「natural resources」を含むアイテムが返されます。 スペースを含むキーワードの場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。

accessinformation

著作権情報です。たとえば、「accessinformation:esri」と入力すると、ソースの著作権として esri と示されたアイテムが返されます。

access

共有範囲です。たとえば、「access:public」と入力すると、パブリック アイテムが返されます。 このフィールドは事前定義されており、アイテムの最高のアクセス レベル (共有) を反映しています。 有効な値は以下のとおりです。

  • private - アイテムの所有者と、すべてのコンテンツにアクセスできる管理者のみがアクセスできます。
  • shared - 1 つ以上のグループで共有されるアイテムの場合は、その所有者と、グループのメンバーシップを介してアイテムにアクセスできるユーザーがアクセスできます。
  • org - 組織で共有されているアイテムと、自身が所有しているアイテムが返されます。 組織および 1 つ以上のグループで共有されているアイテムの場合、そのグループのメンバーがアクセスできます。
  • public - パブリックで共有されているアイテムが返されます。

group

グループの ID です。たとえば、「group:1652a410f59c4d8f98fb87b25e0a2669」と入力すると、指定したそのグループに含まれるアイテムが返されます。

numratings

評価を示す数字です。たとえば、「numratings:6」と入力すると、評価が 6 のアイテムが返されます。

numcomments

コメントの数です。たとえば、「numcomments:[1 TO 3]」と入力すると、コメントの数が 1 ~ 3 のアイテムが返されます。

avgrating

平均の評価です。たとえば、「avgrating:3.5」と入力すると、平均の評価が 3.5 のアイテムが返されます。

orgid

グループの ID です。たとえば、「orgid:5uh3wwYLNzBuU0Ef」と入力すると、指定したそのグループに含まれるアイテムが返されます。

modified

アイテムが最後に変更された日付 (UNIX 時間で表示) です。たとえば、「modified:[1249084800000 TO 1249548000000]」と入力すると、2009 年 8 月 1 日午前 12:00 から 2009 年 8 月 6 日午前 8:40 の間に変更されたすべてのアイテムが返されます。

categories

組織のコンテンツのカテゴリです。たとえば、「categories: "Historical Maps"」と入力すると、組織で古地図として分類されているアイテムが返されます。 スペースを含むキーワードの場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。

グループのフィールド

検索文字列に特定のフィールドを使用して、グループに関する検索を絞り込むことができます。 検索対象となるのは、パブリック グループか、またはアクセス可能なグループに限られます。 これらのフィールドには次のようなものがあります。

グループのフィールド詳細

id

グループ ID です。たとえば、「id:1db70a32f5f84ea9a88f5f460f22557b」と入力すると、その ID のグループが返されます。

title

グループのタイトルです。たとえば、「title:redlands」と入力すると、タイトルに「redlands」を含むグループが返されます。

owner

グループの所有者です。たとえば、「owner:esri」と入力すると、Esri が所有しているグループが返されます。

description

説明です。たとえば、「description:"street maps"」と入力すると、説明フィールドに「street maps」を含むグループが返されます。 スペースを含むキーワードの場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。

snippet

サマリーです。たとえば、「snippet:transportation」と入力すると、グループのサマリーに「transportation」を含むグループが返されます。 スペースを含む文字列の場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。たとえば、「snippet:"transportation routes"」と入力します。

tags

タグ フィールドです。たとえば、「tags:"bike lanes"」と入力すると、キーワード「bike lanes」を示すタグが付いたアイテムが返されます。 スペースを含むタグ文字列の場合、より正確な結果を得るには、引用符を使用します。

phone

連絡先情報です。たとえば、「phone:jsmith33@esri.com」と入力すると、連絡先が jsmith33@esri.com であるグループが返されます。

created

グループが作成された日付 (UNIX 時間で表示) です。たとえば、「created:1247085176000」と入力すると、2009 年 7 月 8 日に作成されたグループが返されます。

modified

グループが最後に変更された日付 (UNIX 時間で表示) です。たとえば、「modified:1247085176000」と入力すると、2009 年 7 月 8 日に変更されたグループが返されます。

access

グループのアクセス レベルです。 値は private、org、および public です。 たとえば、「access:private」と入力するとプライベート グループが返され、「access:org」と入力すると組織のすべてのメンバーがアクセスできるグループが返されます。 デフォルト値は private です。

isinvitationonly

isinvitationonly フィールドは、加入するのに招待が必要とされるグループを返します。 たとえば、「isinvitationonly:false」と入力すると、加入するのに招待が必要とされないグループが返されます。 このフィールドは事前定義されており、オプションとして true または false を指定できます。

orgid

グループの ID です。たとえば、「orgid:5uh3wwYLNzBuU0Ef」と入力すると、指定したそのグループに含まれるグループが返されます。

typekeywords

typekeywords を使用すると、タイプ キーワードでグループを検索することができます。 たとえば、火災に関連したグループを検索するには、「typekeywords:fire」を使用します。

範囲検索

範囲検索では、上限と下限の間にあるフィールド値の照合が可能です。 範囲クエリでは、上限と下限の値を含めるか、または含めないよう指定できます。 含める場合の範囲クエリは、角括弧 ([]) で示し、 含めない場合の範囲クエリは、中括弧 ({}) で示します。

たとえば、2009 年 12 月 1 日から 2009 年 12 月 9 日までに作成されたすべてのアイテムを検索する場合は、「created:[1259692864000 TO 1260384065000]」を使用します。

created フィールドには、アイテムが作成された日時が UNIX 時間で示されます。 UNIX 時間 (modified フィールドでも使用される) は、1970 年 1 月 1 日の午前 0:00 から経過した秒数で定義されています。 Web サイトは、ミリ秒で時間を保存するため、UNIX 時間の末尾にゼロを 3 つ追加する必要があります。

範囲検索は日付フィールドに制限されているわけではなく、 日付以外のフィールドで範囲クエリを使用することもできます。たとえば、「owner:[arcgis_explorer TO esri]」のように指定できます。 arcgis_explorer と esri の間にある所有者 (arcgis_explorer と esri を含む) のすべてのアイテムが検索されます。

ブール型演算子

ブール型演算子を使用すると、論理演算子を組み合わせることができます。 Web サイトは、ブール型演算子として AND、OR、NOT、およびマイナス記号 (-) をサポートしています。 ブール型演算子には大文字を使用する必要があります。

ブール型演算子詳細

AND

AND 演算子は、デフォルトの論理積です。 つまり、2 つの検索ワードの間にブール型演算子がない場合は AND 演算子が使用されます。 AND 演算子は、指定のフィールドまたはデフォルトで用意されたフィールド内に両方のキーワードが存在するものを検索します。 これは、セットを使用した交差に相当します。

OR

OR 演算子は、2 つのキーワードを連結し、どちらか 1 つのキーワードが含まれているものを検索します。 これは、セットを使用したユニオンに相当します。

「recent fires」または「fires」のどちらかのキーワードを含むアイテムを検索する場合は、「"recent fires" OR fires」というクエリを使用します。

NOT

NOT 演算子は、NOT の後のキーワードを含むアイテムを除外します。 これは、セットを使用した差分に相当します。 「California (カリフォルニア) 」を含み、「Imagery (画像) 」を含まないドキュメントを検索する場合は、「California NOT Imagery」というクエリを使用します。

-

NOT 演算子と同様に、マイナス記号つまり禁止演算子を使用すると、記号の後ろにあるキーワードを含むアイテムが除外されます。

「California」を含み、「Imagery」を含まないドキュメントを検索する場合は、「California -Imagery」というクエリを使用します。

グループ化

括弧を使用して節をグループ化することでサブクエリを作成できます。 これは、クエリのブール型論理を制御する場合に有効です。

「California」または「recent」のいずれかと、「fires」を検索する場合は、「(California OR recent) AND fires」という検索式を作成します。

括弧を使用して、複数の節を 1 つのフィールドにグループ化できます。