ArcGIS Online とは

ArcGIS Online はクラウドベースのマッピングおよび解析ソリューションです。 これを使用して、マップの作成、データの解析、共有および共同作業を実行できます。 ワークフローに特定のアプリ、世界中からのマップとデータ、現場のモバイル用ツールにアクセスできます。 データとマップは安全なプライベートインフラストラクチャに格納され、マッピング要件と IT 要件を満たすように構成できます。

ArcGIS Online でできること

スマートなデータ主導のスタイルを操作して、2D および 3D データを探索して視覚化できます。 あらゆる場所であらゆるユーザーと共有する、または非公開にすることができます。 同僚と共同で作業して、マップ、シーン、アプリ、およびノートブックを作成できます。 データを良く理解するのに役立つ直感的な解析ツールにアクセスできます。 これらはすべて、ArcGIS Online を使用して行うことができます。

マップ、シーン、アプリ、およびノートブックの作成

ArcGIS Online には、Web マップの作成3D Web シーンの作成Web アプリの作成、およびノートブックの作成に必要なものすべてが用意されています。 Map ViewerMap Viewer Classic、および 3D Scene Viewer を使用して、データの探索と視覚化のために、ベースマップとスマート スタイルのギャラリーにアクセスできます。 また、ArcGIS Online に公開できる Web アプリを作成するためのテンプレートとウィジェットにもアクセスできます。 さらに、ArcGIS Notebooks を使用して Python リソースにアクセスすることで、解析を実行したり、ワークフローを自動化したり、データを視覚化したりできます。

共有とコラボレーション

組織内外のユーザーと簡単にコンテンツを共有できます。 招待によって加入できるプライベート グループ、またはすべてのユーザーが参加できるパブリック グループを設定できます。 他の組織とのコラボレーションを設定して、お互いのコンテンツを共有したり共同作業を行うこともできます。 また、Web ページに埋め込むなどして、ブログ、Web アプリ、ソーシャル メディア上でマップとその他のコンテンツを共有することもできます。 現場、オフィス、コミュニティで専用のアプリを使用して、同僚と共同で作業できます。

データの探索と解析

ArcGIS Online には、組織全体で地理データを探索、理解、計測できる対話型のマップと 3D シーンが付属しています。 ArcGIS コミュニティからマップ、シーン、データ レイヤー、画像、解析、アプリの動的なコレクションである ArcGIS Living Atlas of the World にアクセスできます。 Map Viewer に付属するMap Viewer Classicを使用すると、新しいパターンを明らかにしたり、適地を検出したり、データに情報を付加したり、近傍を検索したり、データを集計したりできます。 また、ArcGIS Notebooks を使用して ArcGIS API for Python を活用することで、データ サイエンス スクリプトを実行してデータから洞察を得ることができます。

データの管理

独自のデータを追加、整理、共有します。 ArcGIS Online 上にデータを Web レイヤーとして公開することができます。 これらの Web レイヤーは Esri のクラウドでホストされ、必要に応じて動的に規模を増減するため、内部リソースの占有スペースを使用しません。 レイヤーをマップに追加して、他のユーザーもそれらを使用できるようにできます。 データを ArcGIS Pro または ArcGIS Online から直接公開して、他のユーザーと共有できます。

現場でのモバイル利用

ArcGIS Online は、現場作業をサポートします。 組み込みツールとアプリを利用して、データの収集、プロジェクトのナビゲート、調整、監視を行います。 マップをオフラインで使用するためのマップ エリアを作成できます。 同期を設定して、オフライン編集者がマップの最新の更新内容を取得できるようにします。 コンテンツの探索、グループの表示などの作業を可能にするモバイル アプリの ArcGIS Companion から組織にアクセスできます。

サイトの構成

ArcGIS Online では、管理者が組織の要件を満たすようにサイトを設定および構成します。 ユーザーの管理、アクティビティの監視、セキュリティ制御の管理、およびデータの利用規約の指定を行うためのツールと設定が用意されています。

作業の幅を広げる

すべての ArcGIS 製品を使用して作業の幅を広げます。

ArcGIS ProArcGIS Online とシームレスに連携して、2D データと 3D データを作成、視覚化、共有したり、解析を実行したりすることができます。 ArcGIS Enterprise は、ファイアウォールの内側、組織のインフラストラクチャ、オンプレミス、およびプライベート クラウド内で稼働する完全な GIS を実現します。 コラボレーションを介して、ArcGIS 全体でコンテンツを共有できます。

ArcGIS Marketplace にアクセスして、Esri のパートナーや販売代理店によるアプリやデータを検索できます。 また、開発者は ArcGIS for Developers で ArcGIS Web API、ArcGIS Runtime SDK、およびその他のツールにアクセスして、カスタム アプリを作成できます。

ArcGIS Online へのアクセス方法

ArcGIS Online には、Web ブラウザーおよびモバイル デバイスを介してアクセスできます。 ArcGIS アプリなど、ArcGIS の他のコンポーネントを介して直接アクセスすることもできます。

ArcGIS Online のカスタマイズされたビューを表示するには、ArcGIS アカウントでサイン インします。 サブスクリプションに参加しているユーザーが表示され、組織にとって合理的になるようにコンテンツとセキュリティ設定を構成できます。

組織がそのサイトへの匿名アクセスを有効化している場合は、サイン インしなくてもパブリックに共有しているリソースすべてにアクセスできます。 このような例として、組織が作成したマップやアプリのグループを ArcGIS Online や独自の Web サイトに埋め込んでいて、それらのリソースをパブリックに共有している場合などがあります。

個人アカウントを使用して ArcGIS Online にアクセスする方法もあります。 これらのアカウントは組織サイトに関連付けられておらず、提供される機能は限られます。 個人アカウントを使用すると、マップを使用および作成してマップおよびアプリをすべての人とパブリックに共有でき、非商用目的のみでの使用になります。