一般設定の構成

デフォルトの管理者および正しい権限を持つ管理者は、サイトの一般設定を構成できます。 サイトの名前、ロゴ、およびサマリーを入力できます。 また、組織のショート ネームの選択、デフォルトの言語と地域の指定、カスタムの連絡先リンクの作成、組織のメンバーが作成した Web アプリの共有テーマの定義、組織のメンバーが利用できる Web アプリの作成を行うこともできます。

  1. デフォルトの管理者または組織の設定を管理するための適切な権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  3. ページの左側にある [一般] をクリックします。
  4. 以下の一般設定のうちのいずれかを構成します。

組織のプロファイル

組織のプロフィールには、組織の名前、ロゴ、およびサマリーが含まれます。

Web サイトを表現するための名前を [名前] フィールドに入力します。 名前はギャラリーのタイトルおよび組織ページに表示されます。 名前の長さは最大 55 文字です。

ロゴを追加するには、[画像のアップロード] をクリックし、デスクトップ上の画像ファイルを参照して選択します。 ロゴはホーム ページと組織ページに表示されます。 使用できる画像形式は PNG、GIF、および JPEG です。 最適な結果を得るには、ロゴを幅 300 ピクセル、高さ 300 ピクセルにする必要があります。 ロゴに表示したい内容になるまで画面移動および拡大します。 画像ファイルのサイズと解像度、およびサムネイルのカスタマイズの際の拡大率によっては、画像が、保存されるときにリサンプリングされ、サイズ変更される場合があります。 既存のロゴを削除するには、[削除] をクリックします。

HTML を使用してホーム ページ バナーを構成する場合、(HTML にロゴとポータル名を含めない限り) ロゴと名前は表示されません。

組織サイトの簡単な概要を入力します。[サマリーを追加します] をクリックすると、入力した内容が、カスタム アプリおよびサイトに関連付けられたサイン イン ページに表示されます。 説明には 310 文字まで入力できます。

組織の確認

組織を信頼済みにして ID を確認するよう、正しい権限を持つ管理者として Esri に依頼することができます。 信頼済みの組織は、すべての人 (パブリック) と共有したアイテムを「信頼済み」として指定できます。 パブリック アイテムを信頼済みアイテムとして指定すると、組織内外の他のユーザーが、信頼性の高い最新のコンテンツを見つけることができます。 また検索結果でも強調され、ステータスで [信頼済み] フィルターが適用されたときに結果に表示されます。

信頼済みとして指定されたパブリック アイテムには信頼済みバッジが与えられ、組織名がアイテム所有者として表示されます アイテムの所有者リンクをクリックすると、組織に関する情報とそのギャラリーおよびホーム ページへのリンクを含むポップアップが表示されます。

ヒント:

ホーム ページを最新に保ち、該当する場合は、正確な連絡先情報を提供することをお勧めします。 ホーム ページのカスタマイズのアイデアについては、「組織サイト向けに最高のホーム ページを作成する」をご参照ください。

信頼できるパブリック アイテムを管理するメンバーを決定するには、そのアイテム ページの [概要] タブをご参照ください。 そのメンバーによって所有されているか、管理されている他のアイテムを検索するには、検索文字列で owner フィールド (「owner:esrica」など) を使用して、ユーザー名で検索します。

メモ:

以下の種類の組織は確認できません。

  • Personal Use
  • トライアル
  • 評価版
  • 開発者アカウント

認証を受ける

信頼済みの組織になるためのリクエストを送信するには、[確認] をクリックします。

メモ:

[確認] をクリックする前に、組織の匿名アクセスが有効になっており、組織名が顧客名と一致することを確認します。

[確認] をクリックすると、以下の処理が開始します。

  1. Esri カスタマー サービス宛の下書きメールが表示されます。 メール本文には手を加えないことをお勧めします。
  2. メールを Esri カスタマー サービスに送信します。 カスタマー サービスがメールを受信すると、Esri が組織名と顧客名を照合し、一致した場合に組織の ID が確認されます。
  3. Esri が組織名と顧客名が一致することを確認したら、組織は信頼済みのステータスになります。 メール受信後 24 ~ 48 営業時間内に、[確認] ボタンが [確認済み] バッジに変わります。
    メモ:

    組織名と顧客名が一致しない場合は、組織は確認済みになりません。 この問題を解決する方法については、次のセクションをご参照ください。

確認に関する問題の解決

Esri は、組織名と顧客名が一致しない場合、組織を認証できません。 名前が異なる場合、Esri から組織の管理者の問い合わせ先にメールが送信され、[確認] ボタンが表示されたままになります。 この問題を解決するには、顧客名と一致するように組織名を更新し、[確認] を再びクリックして組織の認証プロセスを再開します。

信頼済みステータスの取り消し

組織が信頼済みになると、組織名は変更できなくなり、匿名アクセスを無効にできなくなります。 何らかの理由により、信頼済みの組織が組織名を変更したり、匿名アクセスを無効にしたりする必要がある場合は、変更を加える前に信頼済みのステータスを取り消す必要があります。

信頼済みのステータスを取り消すには、組織のすべてのパブリック アイテムから信頼済みの指定を取り消すか、アイテムの共有ステータスを変更して全員と共有しないようにします。

  1. 組織のすべての信頼済みパブリック アイテムは、次の方法で見つけることができます。
    1. サイトの上部にある [コンテンツ] をクリックして、[組織] タブをクリックします。
    2. [共有] フィルターを展開し、[すべての人と共有 (パブリック)] をクリックします。
    3. [ステータス] フィルターを展開して [信頼済み] をクリックします。
  2. 返されたすべてのアイテムに対し、アイテム名をクリックしてアイテム ページを開き、次のいずれかを実行します。
    • 信頼済みの指定を取り消すには、[設定] タブの [コンテンツ ステータス][元に戻す] をクリックします。
    • 共有のステータスを変更するには、[共有] をクリックして [すべての人に公開 (パブリック)] をオフにして [OK] をクリックします。
  3. 組織の信頼済みステータスを取り消すには、Esri カスタマー サービスにお問い合わせください。
  4. 組織が信頼済みではなくなった後で、必要に応じて組織名を変更し、匿名アクセスを無効にすることができます。

連絡先リンク

[セットアップ] をクリックして、Web サイトの URL またはサイトの下部に表示されるカスタムの [お問い合わせ] リンク (mailto: リンク) を入力します。 組織サイトで匿名アクセスが許可されている場合、すべてのユーザーがこの URL から連絡先の情報を参照できるので注意してください。 [有効化] チェックボックスをオンにして問い合わせ先のリンクを表示し、[保存] をクリックします。 連絡先リンクを非表示にするには、このチェックボックスをオフにします。 [Esri に連絡] リンクはフッターに常に表示されます。このリンクを非表示にすることはできません。

組織のデフォルト

組織のデフォルトの地域、言語、数字および日付の形式、ショート ネームを設定できます。

地域

組織のデフォルトの地域を選択します。 地域によって、デフォルトのベースマップ ギャラリー、デフォルトのベースマップ、および新しいマップのデフォルトの範囲が決まります。 (マップ構成によって組織のベースマップとマップの範囲を指定することもできます)。

言語

組織のメンバー用のデフォルトの言語を選択します。 ユーザー インターフェイスに表示される言語、および時刻/日付と数値の表示形式は、指定した言語によって決定されます。 組織の個人メンバーと、パブリック アカウントを持つメンバーは、各自の設定ページで言語を変更できます。

組織サイトへの匿名アクセスを許可する場合は、組織サイトの言語を [デフォルト ブラウザー] に設定することを検討してください。 匿名ユーザーには、ブラウザーのロケールで ArcGIS Online が表示されます。 サイン イン中のメンバーがユーザー設定で言語を設定している場合は、その言語が表示されます。

数字および日付の形式

プロフィールの言語が英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、またはスペイン語に設定されている場合、ArcGIS Online での日付と数値の表示方法を変更できます。 たとえば、言語が英語に設定されている場合、オーストラリア、英国、カナダ、米国向けの「Common Locale Data Repository (CLDR)」で定義されている形式を使用して日付と数値を表示できます。 いくつかの制限が適用されます。

任意の言語で数字および日付の形式を指定するには、[数字および日付の形式] ドロップダウン メニューからいずれかのロケール オプションを選択します。

組織の個人メンバーと、パブリック アカウントを持つメンバーは、各自の設定ページで数字と日付の表示形式を変更できます。

ショート ネーム

頭文字または略語など、組織のカスタム ショート ネームを作成します。 ショート ネームのテキストは、組織への URL を一意に定義するため、使用する名前をよく検討することをお勧めします。

ショート ネームは最大 16 文字で、次の文字を使用できます。

  • ラテン文字 (a ~ z) - ウムラウトなどの発音区別符の付いていないラテン文字を使用します。
  • 数字 (0 ~ 9)
  • ハイフン (-)
    メモ:

    ハイフンは、ショート ネームの URL の最初または最後には使用できません。

管理者の問い合わせ先

問い合わせ先としてリストされる管理者を選択します。 組織のメンバーがパスワードのリセット、ユーザー名のヘルプ、アカウントの変更、アカウントへのクレジットの割り当てに関する問題についてリクエストしたときに、自動的に送信される電子メール通知に、指定した管理者とその電子メール アドレスが問い合わせ先として表示されます。 また、問い合わせ先には、組織の確認リクエストのステータス、組織のサブスクリプションとクレジット ステータス、およびメンバーがクレジット割り当て制限の 100% を消費したことを通知する電子メールが届きます。

Esri ユーザー エクスペリエンス改善プログラム

[Esri ユーザー エクスペリエンス改善プログラム][匿名使用データの送信] 切り替えボタンをオンにして、ArcGIS Online で、組織のメンバーから使用状況情報を収集し、ユーザー エクスペリエンスを改善できるようにします。

ArcGIS Online では、継続的に製品の改善に取り組んでいます。改善点を特定するのに最適な方法の 1 つは、お客様からフィードバックを頂くことです。 Esri User Experience Improvement プログラム (EUEI) に参加すると、組織から ArcGIS Online の設計と開発に対するフィードバックを提供できます。 このプログラムは、ハードウェアやブラウザーの機能など ArcGIS Online の使用に関する情報を、作業を中断することなく収集します。 プログラムへの参加は完全に任意かつ匿名です。組織メンバーの特定や連絡に使用できる情報は収集されません。

共有テーマ

Web AppBuilder アプリ、サポート対象の ArcGIS Configurable Apps テンプレート、従来の Esri ストーリー マップ を使用して作成されたストーリー マップ、および組織のメンバーによって作成された Open Data サイトに適用するブランドの色とロゴ (必要な場合) を指定します。 色を指定するには、[共有テーマ色の管理] をクリックして、ヘッダー、ボタン、および本文の色を設定します。 指定した共有テーマ色のコントラスト比が表示されます。 コントラスト比は、WCAG 2.1 アクセシビリティ規格に基づく見やすさの尺度です。この規格に従うために、4.5 のコントラスト比をお勧めします。

ロゴを指定する場合は、[画像のアップロード] をクリックして、パブリック アイテムとしてコンテンツに格納される画像ファイルをアップロードすることができます。 [ロゴのリンク] ボックスにターゲット Web サイトの URL を入力して、ロゴをクリック可能にすることもできます。 これらの設定は、組織のメンバーが作成したサポート対象の新しいアプリと Open Data サイトに自動的に適用されます。 現在、ほとんどの従来の ストーリー マップ とその他のテンプレートが [共有テーマ] をサポートしています。

アプリ ランチャー

[追加] をクリックして [アプリ ランチャー] ウィンドウに Web アプリを追加すると、組織のメンバーがそのアプリを利用できるようになります。ライセンス付きアプリは、該当するライセンスを持つメンバーのアプリ ランチャーに自動的に表示されます。 組織のメンバーが他の Web アプリを利用できるようにする方法は、「アプリ ランチャーでのアプリの管理」をご参照ください。