シーン レイヤー

Web シーン レイヤーはキャッシュされた Web レイヤーで、大量の 3D フィーチャの表示に最適化されています。

ArcGIS Pro または ArcGIS Onlineホスト フィーチャ レイヤーから生成されたシーン レイヤー パッケージ (SLPK) を使用してシーン レイヤーを公開したり、ArcGIS Pro から ArcGIS Online に直接 3D データを公開したりできます。 ArcGIS Online に直接公開するとき、関連付けられたホスト フィーチャ レイヤーも作成されます。

シーン レイヤーに関連付けられたホスト フィーチャ レイヤーがある場合、フィーチャ データを編集して、常にシーン レイヤーに変更を反映できます。 シーン レイヤー パッケージからシーン レイヤーを公開する場合は、シーン データを更新できません。

シーン レイヤーは Scene Viewer および ArcGIS Pro で表示できます。

次の表に、作成できるシーン レイヤーのタイプのまとめと、各レイヤー タイプの詳細および例へのリンクを示します。

シーン レイヤーのタイプ関連付けられたフィーチャ レイヤーをサポート (編集可能)SLPK をサポート (読み取りのみ)

3D オブジェクト 3D オブジェクト シーン レイヤー

Yes

Yes

ビルディング ビルディング シーン レイヤー

Yes

Yes

ポイント ポイント シーン レイヤー

Yes

Yes

点群 点群シーン レイヤー

No

Yes

3D メッシュ 3D メッシュ シーン レイヤー

No

Yes

3D オブジェクト

3D オブジェクト シーン レイヤーを使用すると、3D モデルによるテクスチャ処理された建物やテクスチャ処理されていない建物など、3D オブジェクトを表示および視覚化することができます。 ArcGIS Pro では、3D オブジェクト シーン レイヤーは、ArcGIS Online に直接公開されたマルチパッチ データから、関連するフィーチャ レイヤーを含む Web シーン レイヤーまたは SLPK として作成することができます。 ArcGIS Online では、ホスト フィーチャ レイヤーまたは SLPK のいずれかから、3D オブジェクト シーン レイヤーを公開できます。

また、ArcGIS CityEngine 2016.0 以降では、SLPK をエクスポートでき、そこから 3D オブジェクト シーン レイヤーを公開できます。

3D オブジェクト シーン レイヤーで表示された建物

ビルディング

ビルディング シーン レイヤーでは、建物の複雑なデジタル モデルを視覚化し、建物のすべての構成要素を操作することができます。 ビルディング シーン レイヤーを使用すると、建物の構成比、プロパティ、および建物のデジタル モデル内での構造物の位置を調べることができます。 ビルディング シーン レイヤーでは、分野レイヤー (構造や建築など) またはカテゴリ (壁や屋根など) を検索して分離することができます。 これらは、エンジニアリング、建築、測量、建設の目的に使用されます。 ビルディング シーン レイヤーを実装、使用、管理できる複数の方法に関する詳細については、ArcGIS Pro のヘルプの「ビルディング シーン レイヤーの管理と操作」をご参照ください。 ビルディング シーン レイヤーは、ArcGIS Pro 2.3 以降から SLPK で公開できます。 ArcGIS Pro 2.7 から、関連付けられたフィーチャ レイヤーを使用するビルディング シーン レイヤーを ArcGIS Online に公開することもできます。

ビルディング シーン レイヤー

3D メッシュ

3D メッシュ データは通常、大量の重なった画像の集合から 3D オブジェクトを構築するための自動化プロセスで取得されます。 この結果、元の入力画像情報が三角形のインタレース構造によるテクスチャ付きメッシュとして統合されます。 3D メッシュは標高の情報で構成され、建物の壁面、樹木、渓谷、崖など、建造物と自然の 3D フィーチャを現実的なテクスチャで表現することができます。 3D メッシュ シーン レイヤーは通常、市全体の 3D マッピングを目的として作成されます。3D メッシュ シーン レイヤーを ArcGIS Drone2Map および ArcGIS Pro 2.2 以降で作成し、ArcGIS Online に SLPK で共有することができます。この種のレイヤーに関する詳細については、ArcGIS Pro のヘルプの「3D メッシュ シーン レイヤー」をご参照ください。

スペインの都市ジローナの 3D メッシュ シーン レイヤー

ポイント

すべてのクライアントでの迅速な視覚化を可能にするために、キャッシュ ポイント シーン レイヤーは、ポイント フィーチャ レイヤーでは実現できない多数のポイント データの表示に使用されます。 ポイント シーン レイヤーは、小さな縮尺でのパフォーマンスと表示を向上させるために自動的に間引きされます。 自動間引きは、小縮尺では一部のフィーチャが表示されず、拡大するとフィーチャが追加で表示される機能です。 たとえば、ポイント シーン レイヤーを使用して、市内のすべての樹木を表示できます。 ArcGIS Pro では、Web シーン レイヤーとして ArcGIS Online で直接共有されるフィーチャ レイヤーからポイント シーン レイヤーを作成できます。 また、ArcGIS Online で、ホスト フィーチャ レイヤーから、ポイント シーン レイヤーを公開することもできます。

ポイント シーン レイヤーで表示された樹木

点群

点群シーン レイヤーでは、大量の点群データを Scene ViewerArcGIS Pro 1.4 以降ですばやく処理および表示できます。 Scene Viewer で点群シーン レイヤーにスマート マッピング スタイルを適用できます。 また、これらのレイヤーを ArcGIS Proで構成して ArcGIS Online で SLPK として公開することもできます。 Scene Viewer では、ArcGIS Pro で構成されたシンボル レンダラー タイプに応じて、点群シーン レイヤーの表示が異なります。Scene Viewer は、ArcGIS Pro の次のレンダラー タイプをサポートしています。

  • ストレッチ
  • 分類
  • 個別値
  • RGB

点群シーン レイヤー