ジオコーディングとジオサーチ

ロケーターにより、マップ上で視覚化できる住所や場所を検索したり、ルートのストップとして挿入したり、空間解析の入力として読み込んだりできます。 ArcGIS Online のロケーターには、次のジオサーチおよびジオコーディングの機能があります。

  • ジオサーチ (位置検索ともいう) - 対象の住所またはポイントを検索し、マップをその場所にズームします。 結果をマップに表示することはできますが、保存して後で使用することはできません。 ジオサーチは、Map ViewerMap Viewer Classic、またはマップ上で場所検索機能を持つ一般のアプリにアクセスできれば、誰でも利用できます。 組織アカウントは必要なく、クレジットも消費しません (ただし、1 か月あたりのジオサーチは 100 万回に制限されます)。
  • ジオコーディング - 住所または場所を X,Y 座標に変換し、その結果をデータベース内の既存のレコードに追加します。 常にマッピングが伴うわけではありませんが、マップへの結果の配置がワークフローの一部になる場合があります。 バッチ ジオコーディングおよびリバース ジオコーディングはこのカテゴリに入ります。 バッチ ジオコーディングのために ArcGIS World Geocoding Service およびその任意のビューにアクセスするには、プレミアム コンテンツ ジオコーディング権限を持つ組織アカウントが必要です。

    注意:

    ロケーター ビューの一部のプロパティはリバース ジオコーディングではサポートされていません。

デフォルトでは、ArcGIS OnlineArcGIS World Geocoding Service を使用して、世界 100 か国以上の国々の住所、都市、ランドマーク、企業名、郵便番号を検索します。 さらに、ArcGIS World Geocoding Service では、緯度と経度、および MGRS (Military Grid Reference System) や USNG (United States National Grid) などの座標参照系を使用して、X,Y 座標の位置を検索します。

組織サイトで、対象となる住所や場所に合わせて検索結果を最適化するには、コンテンツの作成権限を持つメンバーは、対象地域内の特定の位置情報の種類に検索対象を限定する新しい ArcGIS World Geocoding Service ビューを作成できます。 たとえば、検索結果を特定の国または地域に限定したり、住所や空港など、特定のカテゴリに一致する結果のみを返したりするロケーター ビューを作成できます。 ロケーター ビューを作成したら、デフォルト管理者ロールのメンバーは、ジオサーチを実行するときにロケーター ビューを使用するよう組織を構成できます。

注意:

バッチ ジオコーディング (ホスト フィーチャ レイヤーとしての CSV または Microsoft Excel ファイルの公開を含む) に ArcGIS World Geocoding Service またはこのロケーターのビューを使用すると、クレジットが消費されます。 ジオサーチにロケーターを使用しても、クレジットは消費されません。

バッチ ジオコーディングのためにロケーター ビューを使用するには、プレミアム コンテンツ ジオコーディング権限を持つ組織アカウントが必要です。

さらに、組織サイトで独自データに基づいて住所または場所をジオコーディングする必要がある場合、管理者は、ArcGIS Server サイトで実行されている独自のロケーターがジオサーチまたはジオコーディング、もしくはその両方に使用されるように組織サイトを構成することもできます。 たとえば、石油会社が油田を検索するロケーターを追加したり、市が消火栓を検索するロケーターを追加したりできます。

その他のロケーターまたはロケーター ビューを追加する場合、メンバーはジオサーチ ボックスに表示される矢印によって、使用するロケーターまたはビューを選択できます。

位置情報の種類とカテゴリ

このセクションでは、ロケーター ビューを構成するときに使用できる位置情報の種類、カテゴリ、サブカテゴリについて説明します。

住所、郵便番号、居住域

検索する位置情報の種類として [住所、郵便番号、居住域] を選択した場合は、検索するカテゴリとサブカテゴリを選択して、ロケーター ビューの検索結果をさらに絞り込むことができます。 [住所、郵便番号、居住域] には次のカテゴリがあります。

  • [住所] - このカテゴリを選択すると、下記の表にリストされたすべての住所サブカテゴリが自動的に検索対象に含まれます。 このカテゴリは、住所として分類できる場所に検索結果を制限すると同時に、対象場所、郵便番号、国、州を示す結果をフィルター処理によって除外します。 検索結果の精度を高めるには、検索条件を満たす住所サブカテゴリの任意の組み合わせを選択します。
  • [郵便番号] - このカテゴリを選択すると、5 桁以上の郵便番号形式を含め、任意のタイプの郵便番号に一致する結果に検索結果が制限されます。 この精度以上の一致結果に検索結果を制限するには、[郵便番号] カテゴリと最上位の [住所] カテゴリの両方を選択します。
  • [居住域] このカテゴリを選択すると、下記の表にリストされたすべての居住域サブカテゴリが自動的に検索対象に含まれます。 このカテゴリは、都市、州、国などの行政区画 (境界) に検索結果を制限すると同時に、住所、対象場所、郵便番号示す結果をフィルター処理によって除外します。 検索結果の精度を高めるには、検索条件を満たす居住区サブカテゴリの任意の組み合わせを選択します。

カテゴリサブカテゴリ説明

住所

ポイント住所

ポイント アドレスは、家屋および建物の位置を表すポイントに基づくストリート住所です。 ポイント アドレスは、屋上、つまり住所の実際の位置を表します。 通常、これは空間的に最も正確な一致レベルです。 参照データは、関連する番地、道路名、行政区画、および郵便番号 (オプション) 情報を含む住所ポイントで構成されます (例: 380 New York St, Redlands, CA, 92373)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、このような高精度の住所ポイントに検索結果が制限されるため、高い一致精度が求められる場合に一致精度の低い住所ポイントが結果として返されるのを防ぐことができます。

ストリート住所

ストリート住所は、番地が数値の範囲から内挿される点でポイント アドレスとは異なります。 参照データは、番地の範囲、行政区画、郵便番号 (オプション) 情報を含む道路の中央線で構成されます (「647 Haight St, San Francisco, CA, 94117」など)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、内挿された結果に検索結果が制限されます。 この精度以上の一致結果に検索結果を制限する場合は、このサブカテゴリと [Point Address] サブカテゴリの両方を選択する必要があります。

交点

交点は、道路の交差点、市、および州と郵便番号 (オプション) 情報で構成されるストリート住所です (「Redlands Blvd & New York St, Redlands, CA, 92373」など)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、1 つの道路上にのみ存在する完全な住所ではなく交点に検索結果が制限されます。

ストリート名

道路名は、ストリート住所に似ていますが、番地は含まれていません。 関連する道路名 (番号付きの住所範囲がない) を含む道路の中心線、行政区画、郵便番号 (オプション) 情報で構成されます (「W Olive Ave., Redlands, CA 92373」など)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、道路名だけに検索結果が制限されます。 この精度以上の一致結果に検索結果を制限する場合は、このサブカテゴリに加えて、[ポイント アドレス][ストリート住所] サブカテゴリを選択する必要があります。

サブアドレス

サブアドレスは、集合住宅の住戸、階、複合ビル内の個々のビルなど、住居または建物の部分的位置を表すポイント アドレスの一部です (例: 3836 Emerald Ave, Suite C, La Verne, CA, 91750)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、番地、道路名、サブアドレス要素、行政区画、および郵便番号 (オプション) 情報を含むサブアドレス ポイントに検索結果が制限されると同時に、それ以外のタイプの住所に一致する結果が除外されます。

郵便番号

サブカテゴリなし

[郵便番号] カテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、5 桁 (92373 など) やその他の郵便番号形式を含め、任意のタイプの郵便番号に一致する結果が返されます。 この精度以上の一致結果に検索結果を制限するには、[郵便番号] と最上位の [住所] カテゴリを選択します。

居住区

近傍

近郊は、地区よりも狭く、セクターよりも広い、都市の小区分です。

都市

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーターでは、検索結果が都市だけに制限されます (例: イタリアの都市 Venice)。

小区域

Subregion は、米国内の郡など、州の一部です (例: ウィスコンシン州の「Adams County」)。

地域

地区は、国の小区分であり、通常は州を意味します (例: カナダの州 Ontario)。

Country は、最上位の行政区画であり、主権国家とも呼ばれます (例: Japan)。

セクター

セクターは、ブロックよりも広く、近郊よりも狭い行政区画であり、近郊または地区の 1 区画やブロックの集まりを表します。

ブロック

ブロックは、国における最小の行政区域であり、セクターまたは近郊の 1 区画や名前のある街区を表します。

地区

地区は、都市よりも狭く、近郊よりも広い行政区画です (例: 市街区)。

都市圏

都市圏は、1 つの大都市とその周囲の小都市から成る都市集中地区です (例: Greater Tokyo)。

テリトリー

Territory は、国よりも狭く、州よりも広い大きな行政区画です (例: カナダの Yukon テリトリー)。

ゾーン

ゾーンは、紛争地域やグループ化された他の管理区域など、1 つの国に属しない非公式の行政区域を表すカテゴリです (例: Central America)。

座標

検索する位置情報の種類として [座標] を選択した場合は、検索するカテゴリを選択して、ロケーター ビューの検索結果をさらに絞り込むことができます。 次の表で、これらのカテゴリを説明します。

カテゴリ説明

経度、緯度

このカテゴリは地理 (X,Y) 座標を表します。 X は経度 (東西の座標)、Y は緯度 (南北の座標) を表します。 座標が X,Y として入力されて返されます。

Latitude、Longitude

このカテゴリは地理 (X,Y) 座標を表します。 X は経度 (東西の座標)、Y は緯度 (南北の座標) を表します。 座標が Y,X として入力されて返されます。

MGRS

このカテゴリは MGRS (Military Grid Reference System) 座標を表します。

USNG

このカテゴリは USNG (United States National Grid) 座標を表します。

対象場所

検索する位置情報の種類として [目標物] を選択した場合は、検索するカテゴリを選択して、ロケーター ビューの検索結果をさらに絞り込むことができます。 次の表で、これらのカテゴリを説明します。

カテゴリ説明

教育

このカテゴリは、大学、小中学校、職業訓練学校など、すべてのタイプの教育機関を表します。

食物

このカテゴリは、すべてのタイプのレストランを表します。

店舗とサービス

このカテゴリは、すべてのタイプの営利事業または小売業を表します。

空港

このカテゴリは空港を表し、名前または空港名コードによって指定されます。

独自のロケーターの構成要件

ArcGIS Online は、ArcGIS Server 10.0 以降で実行されているロケーターをジオサーチ用のロケーターとしてサポートしています。 ジオサーチ用のロケーターは内部または外部で使用できます。 内部ロケーターは、Map Viewer Classic または他の ArcGIS Online クライアントがそのロケーターにアクセスできる場合にのみ、ジオサーチで機能します。 たとえば、組織サイトでアプリがすべてのユーザーと共有されている場合、それらのアプリを使用して場所を検索できるのは、内部ロケーターにアクセスできるユーザーだけです。

ArcGIS Online は、ArcGIS Server 10.1 以降で実行されているロケーターもバッチ ジオコーディング用のロケーターとしてサポートしています。 ジオサーチと違い、バッチ ジオコーディングでは、ファイアウォールの外部でホストされている外部ロケーターが必要です。 ArcGIS Online がバッチ ジオコーディングを実行するには、ロケーター上で geocodeAddresses 操作にアクセスする必要があるからです。 外部ロケーターがセキュリティ保護されている場合は、先に ArcGIS Online で、ロケーターへのアクセスに必要な認証情報が格納される、セキュアなサービスのアイテムを作成する必要があります。 この後、セキュリティ保護されたサービス アイテムが提供するサービス URL をロケーターとして構成することができます。

バッチ ジオコーディング用に独自のロケーターを構成する際には、十分な演算リソースをロケーター用に確保する必要があります。 ArcGIS Online は、バッチ ジオコーディングの実行時、パフォーマンス向上のため多くの同時リクエストを送信します。そのため、リクエスト処理時間に著しい影響を与えずに同時リクエストを処理できるよう、独自のロケーター用に十分な演算リソースが存在している必要があります。

ArcGIS Online は、ArcGIS Server 10.0 以降の単一フィールドのロケーターをサポートしています。 ArcGIS Server 10.0 のロケーターと内部ロケーターは、ジオサーチに使用することはできますが、バッチ ジオコーディングには使用できません。 バッチ ジオコーディングを実行するには、ArcGIS Server 10.1 以降の外部ロケーターが必要です。 内部ロケーターは、Map ViewerMap Viewer Classic、または他の ArcGIS Online クライアントがそのロケーターにアクセスできる場合にのみ、ジオサーチで機能します。 たとえば、組織サイトでアプリがすべてのユーザーと共有されている場合、それらのアプリを使用して場所を検索できるのは、内部ロケーターにアクセスできるユーザーだけです。 ArcGIS Online のセキュリティ保護されたサービス アイテムは現在、ArcGIS Desktop でサポートされていません。 バッチ ジオコーディングを実行するには、ArcGIS Online がロケーター上で geocodeAddresses 操作にアクセスできるように、ロケーターがファイアウォールの外部でホストされている必要があります。

住所情報でレイヤーに情報を付加

カンマ区切り値ファイルからホスト フィーチャ レイヤーを公開する場合、ホスト フィーチャ レイヤーの一部としてジオコーディング プロセスの情報を含めることができます。 この情報はロケーターによって生成され、ホスト フィーチャ レイヤーのフィールドに格納されます。

デフォルトでは、位置情報 (X 座標と Y 座標) のみがホスト フィーチャ レイヤーに含まれます。 ホスト フィーチャ レイヤーに参考情報を含めるためのオプションが 2 つあります。

  • [住所の一致度合いを示す 4 つのフィールドを付加します] - statusscorematch_addr、および addr_type フィールドと値が含まれます。 次の表で、これらのフィールドと値について説明します。
  • [フィールドを 50 個付加して位置情報を完成させます] - 次の表に示されたすべてのフィールドが含まれます。

これらのフィールドおよび値が追加されることで、ホスト フィーチャ レイヤーのサイズが大きくなるため、注意してください。 レイヤー サイズの増加量は、入力ファイルのレコード数と、選択するオプションによって異なります。 次の表は、.csv ファイルから公開されたホスト フィーチャ レイヤーに追加できるフィールドについて説明しています。

フィールド説明

spatialReference

wkid および latestWkid プロパティで指定された出力の一致位置座標の空間参照。 outSR 入力パラメーターは空間参照を決定します。 これはデフォルトで常に返されます。

address

findAddressCandidates および geocodeAddresses ジオコード リクエストに対して返される完全に一致する住所。 これはデフォルトで常に返されます。

location

x および y プロパティで指定された出力の一致位置のポイント座標。 X および Y 座標の空間参照は、spatialReference 出力フィールドで定義されます。 デフォルトで常に返されるのは、findAddressCandidates および geocodeAddresses ジオコード リクエストの場合のみです。 位置出力フィールドと X および Y 出力属性の関連に関する詳細については、locationType パラメーターの説明をご参照ください。

ResultID

geocodeAddresses リクエストの場合のみ返されます。 バッチ ジオコードのレスポンスの各レコードには ResultID の値が含まれます。これは、対応する入力住所レコードの OBJECTID の値と同じです。 これを使用して、レスポンスの出力フィールドを元の住所テーブルの属性と結合することができます。

Loc_name

特定の一致結果を返すために使用されるロケーターの名前。

注意:

Loc_name フィールドは、ArcGIS ソフトウェアによって内部で使用され、クライアント アプリケーションによる使用は想定されていません。

Status

バッチ ジオコード リクエストの結果が Match、Tie、Unmatch のどれであるかを示します。

出力される可能性のある値は次のとおりです。

  • M - 一致。 返される住所がリクエストと一致し、最高スコアの候補です。
  • T - 同順位。 返される住所がリクエストと一致しますが、同じスコアの候補が 1 つ以上存在します。
  • U - 不一致。 リクエストと一致する住所がありません。

Score

ジオコーディング リクエストの入力トークンが候補レコードの住所コンポーネントと一致する程度を示す 1 ~ 100 までの数字。 スコア 100 は、完全一致を表し、スコアが低くなるほど、一致精度が下がります。 Score はデフォルトで常に返されます。

Match_addr

ジオコード リクエストに対して返される完全な住所。 書式は、その住所がある国の住所規格に基づきます。

LongLabel

Match_addr の長いバージョンで、多くの管理情報を含みます。

ShortLabel

Match_addr の短いバージョン。

Addr_type

ジオコード リクエストの一致レベル。 サポートされている一致レベルは国によって異なります。

出力される可能性のある値は次のとおりです。

  • Subaddress - 家屋または建物のサブアドレスの位置を表す PointAddress のサブセット (団地内のアパートの部屋、階、個々の建物など)。 UnitNameUnitTypeLevelNameLevelTypeBldgName、および BldgType フィールドの値は、同じ PointAddress に関連付けられるサブアドレスを区別するために役立ちます。 参照データは、関連する番地、道路名、サブアドレス エレメント、行政区画、および郵便番号 (オプション) を含むポイント フィーチャで構成されます (例: 3836 Emerald Ave, Suite C, La Verne, CA, 91750)。
  • PointAddress - 家屋および建物の位置を表すポイントに基づくストリート住所。 通常、これは空間的に最も正確な一致レベルです。 参照データは、関連する番地、道路名、行政区画、および郵便番号 (オプション) で構成されます。 PointAddress 一致の X/Y および geometry 出力値は、その住所の道路への入口の位置を示します。これは、ルート検索操作に使用される位置です。 DisplayX および DisplayY の値は、屋上、つまり住所の実際の位置を表します。 例: 380 New York St, Redlands, CA, 92373
  • StreetAddress - PointAddress とは異なるストリート住所。これは、番地がさまざまな数値から内挿されるためです。 参照データは、番地の範囲を含む道路の中央線、行政区画、および郵便番号 (オプション) 情報で構成されます (例: 647 Haight St, San Francisco, CA, 94117)。
  • StreetInt - 道路の交差点と市、州 (オプション)、および郵便番号で構成される道路住所。 これは、StreetAddress 参照データから取得されます (例: Redlands Blvd & New York St, Redlands, CA, 92373)。
  • StreetAddressExt - パラメーター matchOutOfRange=true で、入力番地が一致道路セグメントの番地範囲を超える場合に返される、内挿されたストリート住所。
  • DistanceMarker - 指定された起点から道路に沿った直線距離を通常はキロメートルまたはマイル単位で表すストリート住所。 例: Carr 682 KM 4, Barceloneta, 00617
  • StreetMidBlock - 道路セグメントに沿って街区に対応する番地範囲の推定中間点。 StreetMidBlock の一致で返される位置の精度は StreetName の一致の場合よりも向上しますが、StreetAddress の一致の場合よりも低下します。 現段階では、米国でのみ機能します。 例: 100 Block of Grant Ave, Millville, New Jersey
  • StreetName - 道路住所に似ていますが、番地は含まれていません。 参照データは、関連する道路名 (数値による住所範囲を含まない)、行政区画、郵便番号 (オプション) を含む道路の中央線で構成されます (例: W Olive Ave, Redlands, CA, 92373)。
  • Locality - 居住域を表す場所名。 Type 出力フィールドには、居住区のタイプに関する詳細な情報が生成されます。 Locality で一致する可能性のある Type の値は、BlockSectorNeighborhoodDistrictCityMetroAreaCountyState or ProvinceTerritoryCountry、および Zone です。 例: Bogotá, COL
  • PostalLoc - 郵便番号と都市名の組み合わせ。 参照データは通常、郵便区画と行政 (地域) 区画の組み合わせです (例: 7132 Frauenkirchen)。
  • PostalExt - 追加のエクステンションを含む郵便番号 (米国郵便公社の ZIP+4 など)。 参照データは、エクステンションを含む郵便番号ポイントです (例: 90210-3841)。
  • Postal - 郵便番号。 参照データは、郵便番号ポイントです (例: 90210 USA)。
  • POI - 対象ポイント。 参照データは、ビジネス、ランドマーク、および地理フィーチャで構成されます (例: Starbucks)。
  • LatLong - X/Y 座標の組。 X/Y 座標の組 (117.155579,32.703761 など) を検索で入力すると、LatLong addr_type が返されます。
  • XY - XY は、入力の最初の座標が経度で、2 つ目が緯度であるという想定に基づく一致です。
  • YX - YX は、緯度が入力の最初の数値で、その次が経度であると想定する候補の Addr_type として返されます。
  • MGRS - MGRS (Military Grid Reference System) に基づく位置 (例: 46VFM5319397841)。
  • USNG - USNG (United States National Grid) に基づく位置 (15TXN29753883 など)。 この Addr_type の値は、findAddressCandidates または geocodeAddresses リクエストで category パラメーターが USNG に設定されている場合のみ返されます。

Type

検索で返される結果のフィーチャ タイプ。 Type フィールドには、Addr_type = POI または Locality の候補の値のみが含まれます。 例: Starbucks の場合は Type=Coffee Shop

PlaceName

ジオコード一致候補の正式名 (例: Paris または Starbucks)。

Place_addr

道路、市、および地域を含む、場所の完全なストリート住所 (例: 275 Columbus Ave, New York, New York)。

Phone

場所の主要電話番号。 他の検索 (住所、交差点、郵便番号など) では、このフィールドは空になります (例: Knott's Berry Farm の Phone=(714)220-5200)。

URL

場所の主要 Web サイトの URL。 他の検索 (住所、交差点、郵便番号など) では、このフィールドは空になります (例: University of Georgia の URL =http://www.uga.edu/)。

Rank

結果を同じ名前の他の結果と比較してその重要性を表す浮動小数点数値。 たとえば、フランスとテキサスには、パリという名前の都市があります。 フランスのパリはテキサスのパリより人口が多いため、ランクが高くなります。Rank は、Lincoln など、追加情報 (州) がない曖昧なクエリの結果を並べ替えるために使用されます。 Rank の値は、人口またはフィーチャ タイプに基づいています。

AddBldg

建物の名前 (例: Empire State Building)。

AddNum

通常は番地や建物番号として知られる住所の一部を表す英数字の値 (例: 住所の 380 New York StreetAddNum = 380)。

この値は、PointAddress および StreetAddress の一致のみに返されます。

AddNumFrom

住所範囲の開始番号を表す値。 これは、フィーチャのデジタイズの方向を基準にしており、その範囲で常に最小の数値というわけではありません。 この値は、StreetAddress の結果に指定されます。

AddNumTo

住所範囲の終了番号を表す値。 これは、フィーチャのデジタイズの方向を基準にしており、その範囲で常に最大の数値というわけではありません。 この値は、StreetAddress の結果に指定されます。

AddRange

住所が存在する道路セグメントのすべての番地の範囲 ( AddNumFrom-AddNumTo 形式)。 たとえば、ストリート住所 123 Main St AddRange 値は 101-199 になります。

Side

住所がフィーチャのデジタイズの方向を基準にしている場合の道路の側面。 この値は、道路の移動方向を基準にはしていません。 使用可能な値は、R (右) および L (左) です。

注意:

Side はレガシー フィールドで、このフィールドが REST 応答に存在することを想定するアプリケーションをサポートするためだけに配置されています。 このフィールドは、ジオコーディング サービスで返されるほとんどの住所で空になります。 解析の目的では使用できません。

StPreDir

道路の方向を定義する住所エレメントで、プライマリ道路名の前に配置されます (例: North Main StreetNorth)。

StPreType

道路の主要タイプを定義する住所エレメント (例: スペイン語の Avenida CentralAvenida や、フランス語の Rue LapinRue)。

StName

道路のプライマリ名を定義する住所エレメント (例: North Main StreetMain)。

StType

道路の末尾のタイプを定義する住所エレメント (例: Main Street"Street")。

StDir

道路の方向を定義する住所エレメントで、プライマリ道路名の後に配置されます (例: Main Street NorthNorth)。

BldgName

建物サブユニット名または番号。 例: building AA

BldgType

建物サブユニットの分類。 たとえば、建物、格納庫、タワーです。

LevelType

建物サブユニットの分類。 たとえば、階、デパートメント、ウィングです。

LevelName

階サブユニット名または番号。 例: level 33

UnitType

ユニット サブユニットの分類。 たとえば、部屋、アパート、事務所、スイートです。

UnitName

ユニット サブネット名または番号。 例: apartment 2B2B

SubAddr

Addr_type=Subaddress である候補の完全なサブユニット値で、<subunit type> + <subunit name> が含まれます。 たとえば、サブアドレス候補がアパートの部屋の場合、SubAddr = UnitType + UnitName です。 例: Apt 4B

StAddr

市および地域を除く、場所のストリート住所 (例: 275 Columbus Ave)。

Block

候補のブロックレベルの行政区画の名前。 Block は、国の最も小さな行政区画です。 区域、区、または指定した街区の区画として表されます。 通常使用されません。

Sector

候補のセクターレベルの行政区画の名前。 Sector は、区 (政令指定都市) または地区の区画であり、ブロックの集合を表します。 通常使用されません。

Nbrhd

候補の区 (政令指定都市) レベルの行政区画の名前。 Nbhrhd は、都市または地区のサブセクションです。

District

候補の地区レベルの行政区画の名前。 都市の区画。

City

候補の都市レベルの行政区画の名前。 City は亜区または地域の区画です。

MetroArea

候補の都市圏レベルの行政区画の名前。 大都市とそれを取り巻く小都市からなる市街地。 複数の亜区または地域と交差している可能性があります。 例: インドの Kolkata Metropolitan Area

Subregion

候補の小区域レベルの行政区画の名前。 Subregion は、地域の区画です。

Region

候補の地域レベルの行政区画の名前。 国またはテリトリーの区画です。 Territory 行政区画が使用されない場合は、通常、国の最も大きな行政区域です。

RegionAbbr

地域名の略称。 カリフォルニア州の RegionAbbr 値は CA です。

Territory

候補のテリトリー レベルの行政区画の名前。 国の区画です。 通常使用されません。 たとえば、Espírito Santo、Minas Gerais、Rio de Janeiro、SãoPaulo の各州を含むブラジルの Sudeste macroregion です。

Postal

基本郵便番号を表す英数字の住所エレメント (例: カナダの郵便番号の V7M 2B4 や米国の郵便番号の 92374)。

PostalExt

郵便番号の拡張番号を定義する英数字の住所エレメント (例: 米国の郵便番号 92373-81108100)。

Country

国を表す 3 文字のコード (例: カナダ = CAN)。 サポートされている国とコードのリストは、「データの有効範囲」から入手できます。 このフィールドは、findAddressCandidates および geocodeAddresses によって返されます。

CountryCode

国を表す 3 文字のコード (例: カナダ = CAN)。 サポートされている国とコードのリストは、「データの有効範囲」から入手できます。 このフィールドは、Country 出力フィールドと同じですが、reverseGeocode のみによって返される点が異なります。

CntryName

住所候補の完全な国名 (たとえば、「日本」)。 この名前は、入力住所と同じ言語であるか、リクエストの langCode パラメーターによって指定された言語である場合があります。 指定された言語で完全な国名を使用できない場合、住所候補が含まれている国の第一言語が使用されます。 国によってサポートされている言語に関する情報は、「データの有効範囲」から入手できます。 このフィールドは、findAddressCandidatesgeocodeAddresses、および reverseGeocode によって返されます。

LangCode

住所の言語を表す 3 文字の言語コード (例: ENG = 英語)。

Distance

候補から指定した場所までの物理的な距離 (メートル単位)。 Location 入力パラメーターが、findAddressCandidates 操作を使用するリクエストに渡されるとき、Distance の出力値が各候補に対して計算されます。 Location パラメーターがリクエストで渡されない場合、Distance の値は 0 になります。

X

ArcGIS World Geocoding Service から空間参照 WGS84 (WKID 4326) で返される住所のプライマリ X 座標。

Y

ArcGIS World Geocoding Service から空間参照 WGS84 (WKID 4326) で返される住所のプライマリ Y 座標。

DisplayX

ArcGIS World Geocoding Service から空間参照 WGS84 (WKID 4326) で返される住所の表示 X 座標。 一致のほとんどのタイプでは、XDisplayX の値は同じです。 Addr_type PointAddress および特に Subaddress の一致の場合、値が異なる場合があります。 一般的に、PointAddress および Subaddress の一致の場合、DisplayX は住所の建物の屋上または区画の重心の X 座標を表し、X の値は、住所の道路側位置の X 座標を表します。 ただし、例外があります。 ArcGIS World Geocoding Service で使用される一部の住所データ ソースは、PointAddress および Subaddress フィーチャの屋上の位置のみを提供します。一方、PointAddress および Subaddress フィーチャの場合、道路側位置のみが使用できます。 このような場合、XDisplayX の値は等しくなります。

DisplayY

ArcGIS World Geocoding Service から空間参照 WGS84 (WKID 4326) で返される住所の表示 Y 座標。 一致のほとんどのタイプでは、YDisplayY の値は同じです。 Addr_type PointAddress および特に Subaddress の一致の場合、値が異なる場合があります。 一般的に、PointAddress および Subaddress の一致の場合、DisplayY は住所の建物の屋上または区画の重心の Y 座標を表し、Y の値は、住所の道路側位置の Y 座標を表します。 ただし、例外があります。 ArcGIS World Geocoding Service で使用される一部の住所データ ソースは、PointAddress および Subaddress フィーチャの屋上の位置のみを提供します。一方、PointAddress および Subaddress フィーチャの場合、道路側位置のみが使用できます。 このような場合、YDisplayY の値は等しくなります。

Xmin

ArcGIS World Geocoding Service から返されるフィーチャの表示範囲の X 座標の最小値。 XminXmaxYmin、および Ymax の各値を組み合わせて、ジオコード結果を表示するマップ範囲を設定できます。 範囲の座標は、WGS84 空間参照を使用します。

Xmax

ArcGIS World Geocoding Service から返されるフィーチャの表示範囲の X 座標の最大値。 XminXmaxYmin、および Ymax の各値を組み合わせて、ジオコード結果を表示するマップ範囲を設定できます。 範囲の座標は、WGS84 空間参照を使用します。

Ymin

ArcGIS World Geocoding Service から返されるフィーチャの表示範囲の Y 座標の最小値。 XminXmaxYmin、および Ymax の各値を組み合わせて、ジオコード結果を表示するマップ範囲を設定できます。 範囲の座標は、WGS84 空間参照を使用します。

Ymax

ArcGIS World Geocoding Service から返されるフィーチャの表示範囲の Y 座標の最大値。 XminXmaxYmin、および Ymax の各値を組み合わせて、ジオコード結果を表示するマップ範囲を設定できます。 範囲の座標は、WGS84 空間参照を使用します。

ExInfo

住所のどの部分にも一致できず、結果にスコアをつけるか、ペナルティを適用するために使用された入力の文字列のコレクション。

extent

xmin、ymin、xmax、および ymax プロパティで指定される出力一致フィーチャの最小境界範囲。 X および Y 座標の空間参照は、spatialReference 出力フィールドで定義されます。 これがデフォルトで常に返されるのは、findAddressCandidates ジオコード リクエストの場合のみです。