Skip To Content

ジオコーディングとジオサーチ

ロケーターにより、マップ上で視覚化できる住所や場所を検索したり、ルートのストップとして挿入したり、空間解析の入力として読み込んだりできます。ArcGIS Online のロケーターには、次のジオサーチおよびジオコーディングの機能があります。

  • ジオサーチ (位置検索ともいう) - 対象の住所またはポイントを検索し、マップをその場所にズームします。結果をマップに表示することはできますが、保存して後で使用することはできません。ジオサーチは、Map Viewerまたはマップ上で場所検索機能を持つ一般のアプリにアクセスできれば、誰でも利用できます。組織アカウントは必要なく、クレジットも消費しません (ただし、1 か月あたりのジオサーチは 100 万回に制限されます)。
  • ジオコーディング - 住所または場所を X,Y 座標に変換し、その結果をデータベース内の既存のレコードに追加します。常にマッピングが伴うわけではありませんが、マップへの結果の配置がワークフローの一部になる場合があります。バッチ ジオコーディングおよびリバース ジオコーディングはこのカテゴリに入ります。バッチ ジオコーディングのために ArcGIS World Geocoding Service およびその任意のビューにアクセスするには、プレミアム コンテンツ ジオコーディング権限を持つ組織アカウントが必要です。

    備考:

    リバース ジオコーディングは、ArcGIS World Geocoding Service のビューではサポートされてません。

デフォルトでは、ArcGIS OnlineArcGIS World Geocoding Service を使用して、世界 100 か国以上の国々の住所、都市、ランドマーク、企業名、郵便番号を検索します。さらに、ArcGIS World Geocoding Service では、緯度と経度、および MGRS (Military Grid Reference System) や USNG (United States National Grid) などの座標参照系を使用して、X,Y 座標の位置を検索します。

組織サイトで、対象となる住所や場所に合わせて検索結果を最適化するには、コンテンツの作成権限を持つメンバーは、対象地域内の特定の位置情報の種類に検索対象を限定する新しい ArcGIS World Geocoding Service ビューを作成できます。たとえば、検索結果を特定の国または地域に限定したり、住所や空港など、特定のカテゴリに一致する結果のみを返したりするロケーター ビューを作成できます。ロケーター ビューを作成したら、デフォルト管理者ロールのメンバーは、ジオサーチを実行するときにロケーター ビューを使用するよう組織を構成できます。

備考:

バッチ ジオコーディング (ホスト フィーチャ レイヤーとしての CSV または Excel ファイルの公開を含む) に ArcGIS World Geocoding Service またはこのロケーターのビューを使用すると、クレジットが消費されます。ジオサーチにロケーターを使用しても、クレジットは消費されません。

バッチ ジオコーディングのためにロケーター ビューを使用するには、プレミアム コンテンツ ジオコーディング権限を持つ組織アカウントが必要です。

さらに、組織サイトで独自データに基づいて住所または場所をジオコーディングする必要がある場合、管理者は、ArcGIS Server サイトで実行されている独自のロケーターがジオサーチまたはジオコーディング、もしくはその両方に使用されるように組織サイトを構成することもできます。たとえば、石油会社が油田を検索するロケーターを追加したり、市が消火栓を検索するロケーターを追加したりできます。

その他のロケーターまたはロケーター ビューを追加する場合、メンバーはジオサーチ ボックスに表示される矢印によって、使用するロケーターまたはビューを選択できます。

ロケーター ビューの作成

対象地域内の特定の位置情報の種類に検索対象を限定する新しい ArcGIS World Geocoding Service ビューを作成することができます。 たとえば、検索結果を特定の地域に限定するロケーター ビューが必要になったり、メンバーによって住所のバッチ ジオコーディングが実行される場合に特定の精度を適用する必要が生じたりすることがあります。

ロケーター ビューを作成して構成するには、次の手順を実行します。

  1. 組織サイトにサイン インしていることと、コンテンツを作成できる権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [作成] をクリックし、[ロケーター (ビュー)] をクリックします。
  3. ロケーターのタイトル、タグ、サマリーを入力し、ロケーター アイテムの保存先フォルダーを選択します。
  4. [OK] をクリックして、ロケーター ビュー アイテムを作成します。

    作成したロケーター ビューのアイテム ページの [設定] タブが表示されます。

  5. [設定] タブの上部にある [Locator (ビュー) 設定] をクリックします。
  6. ドロップダウン メニューから、検索する位置情報の種類を選択します。
    • [すべてのタイプ] - 返される位置情報の種類を限定したくない場合は、このオプションを選択します。
    • [住所、郵便番号、居住域] - 結果を道路、都市、州、または郵便番号に限定するには、このオプションを選択します。
    • [座標] -結果を MGRS または特定の形式の緯度、経度に限定するには、このオプションを選択します。
    • [対象場所] - 結果を場所名またはランドマーク名に限定するには、このオプションを選択します。
  7. 前のステップで [すべてのタイプ] 以外のカテゴリを選択した場合は、必要に応じて、検索するカテゴリのボックスをオンにすることで、位置フィルターをさらに細かく指定します。たとえば、次のように指定します。
    • [住所、郵便番号、居住域] を選択し、ストリート住所以上に一致する結果のみを返すように ArcGIS World Geocoding Serviceを設定する場合は、[ポイント アドレス] ボックスと [ストリート住所] ボックスをオンにします。
    • [座標] を選択し、緯度、経度を座標で使用できる形式にする場合は、[緯度、経度] ボックスをオンにします。
    • [目標物] を選択し、空港に一致する結果のみを返すように ArcGIS World Geocoding Service を設定する場合は、[空港] ボックスをオンにします。
  8. 次に従って、位置を検索する場所を指定します。
    • [世界中の場所] - 全世界的に位置を検索する場合にこのオプションを選択します。
    • [選択した国内] - 選択した国内の位置を検索する場合にこのオプションを選択します。目的の国を検索または参照して、選択がすべて完了するまで一度に 1 つずつ国を選択していきます。
      備考:

      データに国の値が含まれている場合、検索結果にはデータに明示的に定義されているすべての国が含まれます。ただし、データに国が明示的に定義されていない場合、結果はこのロケーター ビュー設定を使用して定義する国に限定されます。

    • [指定したエリア内] - 位置を検索するエリアの範囲を定義する場合にこのオプションを選択します。[エリアの設定] をクリックして、範囲を定義します。終了したら、[OK] をクリックします。
  9. 検索する位置のタイプとして [住所、郵便番号、居住域] または [対象場所] を選択した場合は、次のいずれかを選択して、位置を表示するための優先位置設定を指定します。
    • 道路の片側 (ルート検索ロケーション)
    • 屋上/区画の重心 (住所位置)
    備考:

    優先位置設定は、一部の位置では使用できない場合があります。選択した優先位置設定が特定の位置で使用できない場合は、その位置が利用可能な最も高い精度で表示されます。

  10. [保存] をクリックして、ロケーター ビュー設定を保存します。
  11. 一般ユーザーまたは組織とロケーター ビューを共有します。

    組織のメンバーまたは一般ユーザーがこのロケーター ビューを使用できるようにするには、このロケーター ビューを共有する必要があります。共有されると、管理者はそのロケーター ビューを組織のロケーターのリストに追加して、メンバーがジオサーチやバッチ ジオコーディングに使用できるようにすることができます。

    備考:

    匿名ユーザーは、ロケーター ビューが一般ユーザーと共有されている場合のみ、そのビューにアクセスできます。組織で共有され、組織のロケーターのリストに含まれているロケーター ビューには、組織のメンバーのみがアクセスできます。匿名ユーザーは、組織のみで共有されているロケーターを使用してアプリでジオサーチを実行できません。

ロケーター ビューが組織のロケーターのリストに追加されている場合は、間違って削除されることを防ぐために、ロケーター アイテムに対して削除の防止を有効化することをお勧めします。ロケーター ビューの追加後に、ロケーター ビューを削除すると決定した場合は、まず管理者が組織のロケーターのリストからそのロケーター ビューを削除する必要があります。

位置情報の種類とカテゴリ

このセクションでは、ロケーター ビューを構成するときに使用できる位置情報の種類、カテゴリ、サブカテゴリについて説明します。

住所、郵便番号、居住域

検索する位置情報の種類として [住所、郵便番号、居住域] を選択した場合は、検索するカテゴリとサブカテゴリを選択して、ロケーター ビューの検索結果をさらに絞り込むことができます。[住所、郵便番号、居住域] には次のカテゴリがあります。

  • [住所] - このカテゴリを選択すると、下記の表にリストされたすべての住所サブカテゴリが自動的に検索対象に含まれます。このカテゴリは、住所として分類できる場所に検索結果を制限すると同時に、対象場所、郵便番号、国、州を示す結果をフィルター処理によって除外します。検索結果の精度を高めるには、検索条件を満たす住所サブカテゴリの任意の組み合わせを選択します。
  • [郵便番号] - このカテゴリを選択すると、5 桁以上の郵便番号形式を含め、任意のタイプの郵便番号に一致する結果に検索結果が制限されます。この精度以上の一致結果に検索結果を制限するには、[郵便番号] カテゴリと最上位の [住所] カテゴリの両方を選択します。
  • [居住域] このカテゴリを選択すると、下記の表にリストされたすべての居住域サブカテゴリが自動的に検索対象に含まれます。このカテゴリは、都市、州、国などの行政区画 (境界) に検索結果を制限すると同時に、住所、対象場所、郵便番号示す結果をフィルター処理によって除外します。検索結果の精度を高めるには、検索条件を満たす居住区サブカテゴリの任意の組み合わせを選択します。

カテゴリサブカテゴリ説明

住所

ポイント住所

ポイント アドレスは、家屋および建物の位置を表すポイントに基づくストリート住所です。ポイント アドレスは、屋上、つまり住所の実際の位置を表します。通常、これは空間的に最も正確な一致レベルです。参照データは、関連する番地、道路名、行政区画、および郵便番号 (オプション) 情報を含む住所ポイントで構成されます (例: 380 New York St, Redlands, CA, 92373)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、このような高精度の住所ポイントに検索結果が制限されるため、極めて高い一致精度が求められる場合に一致精度の低い住所ポイントが結果として返されるのを防ぐことができます。

ストリート住所

ストリート住所は、番地が数値の範囲から内挿される点でポイント アドレスとは異なります。参照データは、番地の範囲を含む道路の中央線、行政区画、および郵便番号 (オプション) 情報で構成されます (例: 647 Haight St, San Francisco, CA, 94117)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、内挿された結果に検索結果が制限されます。この精度以上の一致結果に検索結果を制限する場合は、このサブカテゴリと [Point Address] サブカテゴリの両方を選択する必要があります。

交点

交点は、道路の交差点、市、および州と郵便番号 (オプション) 情報で構成されるストリート住所です (例: Redlands Blvd & New York St, Redlands, CA, 92373)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、1 つの道路上にのみ存在する完全な住所ではなく交点に検索結果が制限されます。

道路名

道路名は、ストリート住所に似ていますが、番地は含まれていません。このデータは、関連する道路名 (数値による住所範囲を含まない) を含む道路の中央線、行政区画、および郵便番号 (オプション) 情報で構成されます (例: W Olive Ave, Redlands, CA, 92373)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、道路名だけに検索結果が制限されます。この精度以上の一致結果に検索結果を制限する場合は、このサブカテゴリに加えて、[ポイント アドレス][ストリート住所] サブカテゴリを選択する必要があります。

サブアドレス

サブアドレスは、集合住宅の住戸、階、複合ビル内の個々のビルなど、住居または建物の部分的位置を表すポイント アドレスの一部です (例: 3836 Emerald Ave, Suite C, La Verne, CA, 91750)。

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、番地、道路名、サブアドレス要素、行政区画、および郵便番号 (オプション) 情報を含むサブアドレス ポイントに検索結果が制限されると同時に、それ以外のタイプの住所に一致する結果が除外されます。

郵便番号

サブカテゴリなし

[郵便番号] カテゴリを使用して構成されたロケーター ビューでは、5 桁 (92373 など) やその他の郵便番号形式を含め、任意のタイプの郵便番号に一致する結果が返されます。この精度以上の一致結果に検索結果を制限するには、[郵便番号] と最上位の [住所] カテゴリを選択します。

居住域

近傍

Neighborhood は、District よりも狭く、Sector よりも広い、City の小区分です。

都市

このサブカテゴリを使用して構成されたロケーターでは、検索結果が都市だけに制限されます (例: イタリアの都市 Venice)。

Subregion

小区域は、米国内の郡など、州の一部です (例: ウィスコンシン州の Adams County)。

地区

地区は、国の小区分であり、通常は州を意味します (例: カナダの州 Ontario)。

Country

国は、最上位の行政区画であり、主権国家とも呼ばれます (例: Japan)。

Sector

Sector は、Block よりも広く、Neighborhood よりも狭い行政区画であり、Neighborhood または District の 1 区画や Block の集まりを表します。

Block

Block は、国における最小の行政区域であり、Sector または Neighborhood の 1 区画や名前のある街区を表します。

District

District は、City よりも狭く、Neighborhood よりも広い行政区画です (例: 市街区)。

Metro Area

都市圏は、1 つの大都市とその周囲の小都市から成る都市集中地区です (例: Greater Tokyo)。

テリトリー

テリトリーは、国よりも狭く、州よりも広い大きな行政区画です (例: カナダの Yukon テリトリー)。

Zone

ゾーンは、紛争地域やグループ化された他の管理区域など、1 つの国に属しない非公式の行政区域を表すカテゴリです (例: Central America)。

座標

検索する位置情報の種類として [座標] を選択した場合は、検索するカテゴリを選択して、ロケーター ビューの検索結果をさらに絞り込むことができます。次の表で、これらのカテゴリを説明します。

カテゴリ説明

経度、緯度

このカテゴリは地理 (X,Y) 座標を表します。X は経度 (東西の座標)、Y は緯度 (南北の座標) を表します。座標が X,Y として入力されて返されます。

緯度、経度

このカテゴリは地理 (X,Y) 座標を表します。X は経度 (東西の座標)、Y は緯度 (南北の座標) を表します。座標が Y,X として入力されて返されます。

MGRS

このカテゴリは MGRS (Military Grid Reference System) 座標を表します。

USNG

このカテゴリは USNG (United States National Grid) 座標を表します。

目標物

検索する位置情報の種類として [目標物] を選択した場合は、検索するカテゴリを選択して、ロケーター ビューの検索結果をさらに絞り込むことができます。次の表で、これらのカテゴリを説明します。

カテゴリ説明

教育機関

このカテゴリは、大学、小中学校、職業訓練学校など、すべてのタイプの教育機関を表します。

飲食店

このカテゴリは、すべてのタイプのレストランを表します。

店舗とサービス

このカテゴリは、すべてのタイプの営利事業または小売業を表します。

空港

このカテゴリは空港を表し、名前または空港名コードによって指定されます。

独自のロケーターの構成要件

ArcGIS Online は、ArcGIS Server 10.0 以降で実行されているロケーターをジオサーチ用のロケーターとしてサポートしています。ジオサーチ用のロケーターは内部または外部で使用できます。内部ロケーターは、Map Viewerまたは他の ArcGIS Online クライアントがそのロケーターにアクセスできる場合にのみ、ジオサーチで機能します。たとえば、組織サイトでアプリがすべてのユーザーと共有されている場合、それらのアプリを使用して場所を検索できるのは、内部ロケーターにアクセスできるユーザーだけです。

ArcGIS Online は、ArcGIS Server 10.1 以降で実行されているロケーターもバッチ ジオコーディング用のロケーターとしてサポートしています。ジオサーチと違い、バッチ ジオコーディングでは、ファイアウォールの外部でホストされている外部ロケーターが必要です。ArcGIS Online がバッチ コーディングを実行するには、ロケーター上で geocodeAddresses 操作にアクセスする必要があるからです。外部ロケーターがセキュリティ保護されている場合は、先に ArcGIS Online で、ロケーターへのアクセスに必要な認証情報が格納される、セキュリティ保護されたサービス アイテムを作成する必要があります。この後、セキュリティ保護されたサービス アイテムが提供するサービス URL をロケーターとして構成することができます。

バッチ コーディング用に独自のロケーターを構成する際には、十分な演算リソースをロケーター用に確保する必要があります。ArcGIS Online は、バッチ ジオコーディングの実行時、パフォーマンス向上のため多くの同時リクエストを送信します。そのため、リクエスト処理時間に著しい影響を与えずに同時リクエストを処理できるよう、独自のロケーター用に十分な演算リソースが存在している必要があります。

ArcGIS Online は、ArcGIS Server 10.0 以降の単一フィールドのロケーターをサポートしています。ArcGIS Server 10.0 のロケーターと内部ロケーターは、ジオサーチに使用することはできますが、バッチ ジオコーディングには使用できません。バッチ ジオコーディングを実行するには、ArcGIS Server 10.1 以降の外部ロケーターが必要です。内部ロケーターは、Map Viewerまたは他の ArcGIS Online クライアントがそのロケーターにアクセスできる場合にのみ、ジオサーチで機能します。たとえば、組織サイトでアプリがすべてのユーザーと共有されている場合、それらのアプリを使用して場所を検索できるのは、内部ロケーターにアクセスできるユーザーだけです。現在のところ、ArcGIS Online のセキュリティ保護されたサービス アイテムは ArcGIS Desktop でサポートされていません。バッチ ジオコーディングを実行するには、ArcGIS Online がロケーター上で geocodeAddresses にアクセスできるように、ロケーターがファイアウォールの外部でホストされている必要があります。