Skip To Content

アイテムの追加

アカウントがコンテンツを作成する権限を持っている場合、コンピューターのファイルWeb からのアイテム、およびアプリArcGIS Online に追加することができます。また、マップを保存したり、アプリを公開することもできます。アイテムは、他のユーザーと共有するまで、そのユーザーだけがアクセス可能です。

コンピューターからのファイルの追加

他のユーザーがダウンロードして、デスクトップ アプリでファイルを開くことができるように、サポートされているファイルをお使いのコンピューターから Web サイトに追加して、ファイルを共有できます。CSV ファイルをすべてのユーザーと共有する (パブリックにする) 場合、アイテム ページに表示される URL を使用して CSV を Web レイヤーとして追加できます。また、組織アカウントは、画像ファイルを追加したり URL を使用したりして、Web アプリポップアップなどで画像を表示できます。 アイテム ページで URL を表示するには、CSV と画像ファイルの公開範囲を「すべての人に公開 (パブリック)」に設定する必要があります。

ヒント:

ホスト フィーチャ レイヤーを公開する権限を持っている場合、シェープファイル、CSV ファイル、またはファイル ジオデータベースをアップロードするときに、ホスト フィーチャ レイヤーを公開できます。

備考:

公開されると、シェープファイルやファイル ジオデータベースからアップロードされたデータは Web メルカトル投影法に変換されます。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [アイテムの追加] をクリックし、[コンピューター上] をクリックします。
  3. 参照ボタンをクリックして、コンピューター上のファイルを選択します。
  4. *.zip ファイルをアップロードした場合は、ファイルの内容 (たとえば、マップ テンプレートやサンプル コード) を選択します。
  5. サンプル コード (*.zip) をアップロードした場合は、サンプルの言語 (たとえば、Java や C++) を選択します。
  6. タイトルを入力します。
  7. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  8. アイテムを説明するタグを入力します。語句をカンマで区切ります (たとえば、「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます)。入力する際、以前に追加したタグから生成された推奨タグが表示されますので、そこから選択することができます。
  9. [アイテムの追加] をクリックします。

ファイルを追加すると、そのファイルがコンテンツに表示されます。アイテムの詳細を編集して、そのファイルを共有できます (共有権限がある場合)。

備考:

次のタイプのファイルを Web サイトに追加するには、組織アカウントが必要です: 画像 (*.jpg、*.jpeg、*.png、*.tif、*.tiff)、iWork Keynote (*.key)、iWork Numbers (*.numbers)、iWork Pages (*.pages)、Microsoft Excel (*.xls、*.xlsx)、Microsoft PowerPoint (*.ppt、*.pptx)、Microsoft Word (*.doc、*.docx)、PDF (*.pdf)、Visio ドキュメント (*.vsd)。

Web からのアイテムの追加

Web からアイテムを追加する場合は、REST エンドポイント (URL) を参照します。Web サイトでは、自動でアイテムを保存することはありません。ArcGIS Server Web サービス、KML、および OGC WFS、OGC WMS、OGC WMTS を参照できます。また、Web 上に格納されたドキュメントや画像を参照することもできます。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [アイテムの追加] をクリックし、[Web 上] をクリックします。
  3. アイテムのタイプを選択します。
    • ArcGIS Server Web サービス
    • KML
    • OGC WFS
    • OGC WMS
    • OGC WMTS
    • ドキュメント - ドキュメントには、Web 上のスプレッドシート、プレゼンテーション、表、画像、その他のドキュメントなどがあります。Web ドキュメントをサイトに追加するには、組織アカウントが必要です。
  4. サービスまたはドキュメントの REST URL を入力します https://myserver.com/arcgis/rest/services/folder/service/MapServer

    ヒント:

    HTTPS 経由でサービスにアクセスする必要がある場合は、サービスを追加する際、入力する URL が https で始まっていることを確認してください。

    ArcGIS Server サービスの REST URL を確認するには、[Services Directory] ページ (https://myserver.com/arcgis/rest/services) を開き、共有するサービスを参照します。ブラウザーのアドレス バーから URL をコピーできます。トークンなどのパラメーターは URL に追加しないでください。

  5. セキュリティ保護された外部で利用可能なサービスを追加した場合は、そのサービスにアクセスできるアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、認証情報をサービス アイテムとともに保存するかどうかを選択します。認証情報をアイテムとともに保存しない場合、アイテムにアクセスするユーザーは、サービス アイテムにアクセスするたびに認証情報を求められます。認証情報をアイテムとともに保存する場合、認証情報は求められません。

    ID システムの管理方法によっては、ユーザー名は大文字と小文字が区別される可能性があります。認証情報を保存して、パブリック アプリでサービスを共有する計画の場合は、評価制限を有効にしてサービスの使用を制限できます。

    備考:

    ユーザー名とパスワードのフィールド、認証情報を格納するまたは格納しないためのオプションが表示されない場合、またはセキュアなサービスを追加しようとしたときにエラーが表示された場合、HTTPS の構成に問題がある可能性があります。認証情報を保存しようとしているサービスを提供する ArcGIS Server サイトは、HTTPS をサポートし、よく知られた認証機関によって署名された有効な証明書を持っている必要があります。その他のトラブルシューティングについては、Esri Support までご連絡ください。

  6. OGC WMS レイヤーを追加した場合は、表示するレイヤーを選択します。
  7. タイトルを入力します。
  8. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  9. アイテムを説明するタグを入力します。語句をカンマで区切ります (たとえば、「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます)。入力する際、以前に追加したタグから生成された推奨タグが表示されますので、そこから選択することができます。
  10. OGC WFS または WMTS レイヤーを追加した場合は、アイテムがマップに追加されたときに描画されるレイヤーを選択します。WFS または WMTS サービスから複数のレイヤーを追加する場合は、個々のアイテムをレイヤーごとに作成する必要があります。

    WMTS サービスが複数の投影法をサポートしている場合は、特定の投影法を選択する必要があります。デフォルトでは、最初に利用可能な投影法が選択されています。

  11. [アイテムの追加] をクリックします。

Web からアイテムを追加すると、そのファイルがコンテンツに表示されます。アイテムの詳細を編集して、そのファイルを共有できます (共有権限がある場合)。

クラウド ドライブのファイルの追加と公開

Google DriveDropbox、または Microsoft OneDrive のアカウントにサイン インし、カンマ区切り値 (CSV) ファイル、Microsoft Excel ファイル、GeoJSON ファイル、シェープファイル、またはファイル ジオデータベースにアクセスして、ホスト フィーチャ レイヤーとして公開します。シェープファイルとファイル ジオデータベースは、*.zip ファイル内に圧縮されている必要があります。Google Drive から Google Sheet を公開することもできます。

  1. サイン インしていること、およびホスト フィーチャ レイヤーを公開する権限があることを確認します。
  2. [コンテンツ] ページの [マイ コンテンツ] タブから [アイテムの追加] をクリックし、[クラウド ドライブから] をクリックします。
  3. ファイルが保存されているクラウド プロバイダーをクリックします。
  4. このクラウド プロバイダーのアカウントにサイン インします。
  5. リストからファイル タイプを選択します。
  6. 公開するファイルを検索または参照します。

    検索ではすべて、個別のクラウド プロバイダーで利用可能になっている検索機能が使用されます。

  7. 公開するファイルをクリックします。
  8. タイトルを入力します。
  9. タグの項目をカンマで区切って入力します。

    タグは、アイテムを説明し、ユーザーによるアイテムの検索を容易にする単語または短いフレーズです。「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます。

  10. データについて説明するサマリーを入力します。
  11. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、公開しているホスト フィーチャ レイヤーの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  12. 複数のシートが含まれている Excel ファイルまたは Google Sheet を公開している場合は、公開するシートを [このシートの公開] ドロップダウン リストから選択します。

    デフォルトでは、最初のシートが公開されます。

  13. ArcGIS Online でフィーチャの特定に使用されるファイル内の情報を選択します。
    • ファイルに緯度/経度形式の座標、MGRS (Military Grid Reference System) 座標、または USNG (United States National Grid) 座標が含まれている場合は、[座標] を選択します。
    • ファイルに「ウェストミンスター寺院」や「パナマ運河」などの場所名や住所が含まれている場合は、[住所または場所] を選択します。デフォルトでは、ArcGIS Online は、組織の地域に基づいて住所を特定します。
    • 非空間テーブル レイヤーを作成する場合は、[なし。テーブルとして追加] を選択します。
  14. [住所または場所] に基づいてフィーチャを特定する際に、組織に複数のロケーターが構成されている場合は、使用するロケーターを選択します。
  15. ファイルに住所が含まれている場合は、[国] ドロップダウン リストを使用して、その住所が存在する国を指定します。ファイルに複数の国の住所や、リストにない国の住所が含まれている場合は、[世界] を選択します。
  16. 場所フィールド (存在する場合) を確認します。必要に応じて、セル内をクリックしてそれらを変更できます。ArcGIS Online が位置情報を含むフィールドを特定できる場合は、それらが自動的に設定されます。ただし、必要に応じて、セル内をクリックして場所フィールドを変更できます。
  17. ファイル内のデータ フィールドの [タイム ゾーン] を選択します。

    デフォルトでは、日付フィールドは、UTC の日付と時刻で入力されることを前提としています。データ フィールドに、別のタイム ゾーンを使用する値が格納されている場合は、そのタイム ゾーンを選択します。選択したタイム ゾーンは、ファイル内のすべてのデータ フィールドに適用される点に注意してください。後になって、更新されたデータを使用してホスト フィーチャ レイヤーを上書きする場合は、最初の公開時に指定したタイム ゾーンが使用されます。

  18. [Publish] をクリックします。

フィーチャ レイヤーが [マイ コンテンツ] に追加されますが、ファイルはクラウド ドライブ上にそのまま残ります。クラウド ドライブ上のソース ファイルを更新すれば、ホスト フィーチャ レイヤーのコンテンツを上書きできます。

公開が完了した後に、新しいホスト フィーチャ レイヤーをテストするには、それをMap Viewerで表示します。

デフォルトでは、ユーザーと管理者のみがホスト フィーチャ レイヤーにアクセスできます。他のユーザーがアクセスできるようにするには、レイヤーをすべてのユーザー (パブリック)、組織、または特定グループのメンバーと共有します。アイテム詳細を編集して、フィーチャ レイヤー設定を変更できます。

分散コラボレーションでホスト フィーチャ レイヤーをコピーとして共有する場合は、同期を有効化する必要があります。

アプリの追加

参照 URL を既存のアプリへ追加すると、組織や一般ユーザーのメンバーと作業を共有する際に効果的です (共有権限によります)。URL に加えて、アプリのタイプ、目的、概要、説明、アプリの作成に使用されるコードを含む *.zip ファイルなどの、その他の詳細情報も共有できます。組織アカウントを持つアプリ開発者は、プラットフォームにアプリを登録することもできます。

アプリを ArcGIS Online に追加すると、URL への参照のみが追加されます。Web サイトには、実際にはアプリ ファイルは保存されません。

ヒント:

アプリを組織や一般ユーザーのメンバーと共有する別の方法として、マップを使用したアプリグループを使用したギャラリー アプリを作成する方法があります。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [アイテムの追加] をクリックし、[アプリケーション] をクリックします。
  3. アプリのタイプを選択します。
    • Web マッピング - JavaScript などの Web API で構築された Web アプリ
    • モバイル - iOS や Android などの SDK でモバイル デバイス用に構築された、ダウンロード可能なアプリ
    • デスクトップ - Java や .NET (Microsoft Windows デスクトップ) などのデスクトップ プラットフォームで構築されたデスクトップ用アプリ
    • アプリケーション - 目的、API/SDK、URL アドレスなどの詳細情報のない、デスクトップ アプリケーションまたは任意のタイプの一般アプリ
    • アプリケーション エクステンション (Operations Dashboard) - Operations Dashboard エクステンション (オペレーション ビューで利用可能) ArcGIS Online に Operations Dashboard エクステンションを追加できるのは、デフォルトの管理者のみです。
  4. Web マッピング、モバイル、デスクトップ アプリの場合は、アプリの [目的] を選択します。
    • [使用可能] - 完全な機能を実現する Web サイトまたはモバイル アプリ
    • [構成可能] - ファイルを構成することで配置可能な、完全な機能を実現するアプリ
    • [自動構成可能] - 内部アプリ ビルダーを使用することで配置可能な、完全な機能を実現するアプリ このオプションによって、アイテム ページの [アプリの構成] ボタンが有効になります。
    • [サンプル コード] - 実際のサンプルまたはアプリ内でのサンプルの使用方法に関する説明といった、特定の機能向けのコード
  5. Web マッピングまたはモバイルの場合、アプリの作成に使用される [API] (Web マッピング) または [SDK] (モバイル) を選択します。
  6. デスクトップ アプリの場合、アプリの作成に使用される [プラットフォーム] を選択します。
  7. デスクトップ アプリの場合、[ファイルの選択] をクリックし、アプリが格納されている *.zip ファイルを選択します。
  8. Web マッピング、モバイル、またはアプリケーション エクステンションの場合、アプリの URL (「https://<myServer>/myWebMapApp」など) を入力します。
  9. タイトルを入力します。
  10. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  11. アイテムを説明するタグを入力します。語句をカンマで区切ります (たとえば、「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます)。入力する際、以前に追加したタグから生成された推奨タグが表示されますので、そこから選択することができます。
  12. [アイテムの追加] をクリックします。

アプリを追加すると、そのアプリがマイ コンテンツに表示されます。アイテムの詳細 (必要に応じてコードを添付可能) を編集して、そのアプリを共有できます (共有権限がある場合)。

アプリの登録

組織アカウントを持つ開発者は、アプリをプラットフォームに登録してアプリケーション ID を生成できます。使用に関する統計情報を収集する場合や、ユーザーが OAuth 2.0 (標準化された認証フレームワーク) を使用してプラットフォームにサイン インできるようにする場合は、アプリ内でアプリケーション ID を使用します。OAuth 2.0 を利用する場合、アプリはプラットフォームが提供するログイン ページを使用して、ユーザーがプラットフォームにサイン インできるようにします。また、アプリは組織に関連付けられたユーザー コンテンツや、他の ArcGIS Online 機能 (ジオコーディング、ルート検索、ジオエンリッチメントなど) と連携することもできるようになります。認証と OAuth 2.0 の詳細については、ArcGIS for Developers のヘルプをご参照ください。

アプリを登録するには、まず、それを ArcGIS Online に追加する必要があります。詳細については、上のセクションをご参照ください。アプリを追加したら、以下の手順に従ってアプリを登録し、アプリケーション ID とアプリの秘密の質問を取得します。汎用タイプのアプリを追加した場合は、そのアプリが自動的に登録されます。

備考:

ユーザー ログインの実装パターンは、Web ベースのアプリを使用しているか、またはネイティブのアプリを使用しているかによって若干異なります。Web ベースのアプリおよびネイティブ アプリの詳細とサンプル コードについては、ArcGIS for Developers ドキュメントをご参照ください。

  1. 組織アカウントでサイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから、登録対象のアプリのタイトルをクリックして、そのアイテム ページを表示します。
  3. [設定] タブをクリックします。[アプリの登録] セクションまでスクロールして、[登録] をクリックします。
  4. アプリケーション タイプ ([ブラウザー]、[ネイティブ]、[サーバー]、または [複数]) を選択します。
  5. 各リダイレクト URI のアドレスを ["https://<server>[:port]"] または ["http://<server>[:port]"] の形式で入力し、[追加] をクリックします。

    リダイレクト URI は、ログインに成功したアプリケーション ユーザーをリダイレクトできる、有効なアドレスです。

  6. すでに追加した URI を削除するには、それを選択し、[削除] をクリックして、[登録] をクリックします。

アプリ登録情報の表示と更新

アプリを登録したら、アプリケーション ID やアプリの秘密の質問などの登録情報を表示できます。また、リダイレクト URI を更新したり、秘密の質問をリセットしたりできます。さらに、アプリにログインしているユーザーやそれらのユーザーが消費したクレジット数に関する使用情報を表示したり、アプリを登録解除したりすることもできます。

備考:

アプリの秘密の質問をリセットすると、アプリに対して発行された既存のユーザーとアプリのトークンがすべて無効化されます。ユーザーは、アプリに再びサイン インし、秘密の質問を使用して設定されたアプリの更新が必要になる場合があります。

  1. 組織アカウントでサイン インしていることを確認し、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブをクリックします。
  2. 登録済みアプリケーションのタイトルをクリックします。
  3. アイテム ページで、[設定] タブをクリックします。
  4. [アプリケーション設定] セクションまでスクロールして、[登録情報] をクリックします。

    アプリ ID、アプリの秘密の質問、アプリ タイプ、およびリダイレクト URI が表示されます。

  5. リダイレクト URI を更新するには、[更新] をクリックして、次の手順に従います。
    1. リダイレクト URI を追加する場合は、アドレスを入力してから [追加] をクリックします。
    2. リダイレクト URI を削除する場合は、URI アドレスを選択してから [削除] をクリックします。
    3. [更新] をクリックし、[保存] をクリックします。
  6. アプリの秘密の質問をリセットするには、[更新] をクリックして、次の手順に従います。
    1. [秘密キーのリセット] をクリックします。

      アプリの秘密の質問をリセットすると、このアプリに対して発行された既存のユーザーとアプリのトークンがすべて無効化されます。ユーザーは、アプリに再びサイン インし、秘密の質問を使用して設定されたアプリの更新が必要になる場合があります。

    2. アプリの秘密の質問をリセットする場合は、[はい] をクリックします。
    3. [更新] をクリックし、[保存] をクリックします。
  7. アプリにログインしているユーザーやそれらのユーザーが消費したクレジット数に関する情報を表示するには、[アプリケーションの使用状況] をクリックし、クレジット数の表示またはユーザーの表示を選択してから、期間を選択します。
  8. アプリの登録を解除するには、[アプリの登録解除] をクリックします。

    アプリの登録が解除されました。アイテム ページを保存する必要はありません。