ArcGIS Online のアイテム

アイテムとは、ArcGIS Online で使用できるコンテンツのことです。 アイテムには、ファイル、レイヤー (サービス)、マップ、シーン、アプリ、ツール、テンプレートなどのコンテンツが含まれます。

ArcGIS Living Atlas of the World から一連のアイテムが自動的に提供されます。 しかし多くの場合、メンバーがさらにアイテムを作成して組織に追加します。

一部のアイテムはコンテンツ作成プロセスの結果として追加されます。 たとえば、解析ツールを実行すると、解析結果が含まれているレイヤー アイテムが作成されることがあります。 同様に、他のアプリでダッシュボードやテンプレートを作成したときや、マップやシーンを作成して保存したときには、これらがアイテムとして組織に保存されます。

この他にも、ハード ドライブに格納されているファイル、インターネットやイントラネット上のサービス、URL を介して使用可能なアプリやファイルなど、コンテンツはあらゆる場所に存在します。 コンテンツを作成する権限を持っている場合、このようなコンテンツを追加して組織でアイテムとして使用できるようにすることができます。

[新しいアイテム] オプションを使用して、次の既存のコンテンツをアイテムとして追加できます。

アイテムを追加すると、アイテムの作成日が記録され、アイテムの詳細ページの [概要] タブの上部に表示されます。

追加したアイテムには、他のユーザーと共有するまで、自分だけがアクセス可能です。

関連トピック