ArcGIS Online を利用した開発

ArcGIS Online は、サービスベースのアーキテクチャでその Web サービスを提供します。 ArcGIS Online 上のマップ、フィーチャ、画像、解析ツール、および共有プロジェクトは、Web リクエストを送信可能な任意のデバイスから取得できます。 Web、モバイル デバイス、およびデスクトップ アプリケーション向けに場所をベースにした独自のソリューションを開発する際に、ArcGIS Online のコンテンツやサービスにアクセスできます。

以下は、場所ベースのソリューションを開発する際に使用できるリソースの一部です。

  • 構成可能なアプリを使用すると、Web に特化したアプリを作成して Esri クラウドに直接公開できます。 また、テンプレートをダウンロードしてアプリケーションを構成し、それらを自身の Web サーバーでホストすることもできます。 さらにカスタマイズする場合は、組織が Web アプリケーションの公開に使用できるテンプレートを作成できます。 これらのテンプレートには、メンバーがアプリケーションのエレメントをカスタマイズできる構成可能なパラメーターを含めることができます。
  • ArcGIS API for JavaScript および Runtime SDK は、ほとんどの最新プラットフォーム向けにカスタマイズした地図付きのアプリを開発できるよう設計されています。
  • ArcGIS API for Python は、GIS の解析、視覚化、ポータル管理に特化して開発されたシンプルな最新スクリプト言語です。 この言語を使用して、解析や管理のワークフローを自動化し、スクリプトを使って反復的なタスクを実行することができます。
  • Web マップは、多くの製品で使用できる、ArcGIS でホストされる共有可能なマップです。 たとえば、自分が ArcGIS Pro で作成した Web マップを、同僚が ArcGIS Online で表示および変更できます。 Web マップは、JSON (JavaScript Object Notation) を使用して記述されます。これは、転送、保存、操作が可能なテキスト形式です。 すべての Web マップは、Web マップ仕様に準拠しているため、クロスプラットフォームの機能が問題なく動作します。
  • Web シーンは、ArcGIS でホストされる共有可能な 3D シーンであり、ArcGIS OnlineStory MapsArcGIS API for JavaScript で作成されたアプリなど、その他多くの製品で使用することができます。 JSON を使用して記述された Web シーンの仕様は、ArcGIS による表示方法を標準化して、Web シーンを共有します。
  • ArcGIS REST API を使用することで、ArcGIS Online 組織内のユーザー、グループ、アイテムを管理できます。 ArcGIS REST API を使用して、ArcGIS Online 上のマップ サービス、フィーチャ サービス、イメージ サービス、および解析サービスにアクセスすることもできます。 このようなサービスには、Esri によって公開されているすぐに利用できるサービス、ユーザーの組織やその他の組織によって公開されているホスト サービスが含まれています。