アプリの共有

Web アプリは、マップまたはシーン内の情報を共有したり、アイテムおよび共有グループの関連情報を表示したりするのに有効な方法です。Web アプリでは、マップまたはシーンに重点を置くユーザー インターフェイスを特定の目的、メッセージ、利用者向けにカスタマイズできます。たとえば、マップを効果的に表示したいだけであれば、アプリには基本的ないくつかのナビゲーション ツールしか必要ありません。これに対して、一般ユーザーからのフィードバックを収集するためにマップを使用する場合は、専門的なデータ編集ツールや情報の入力方法についての指示が必要になります。

マップまたはシーンから作成された Web アプリの場合、作成者がマップまたはシーンの範囲、レイヤー、説明などに加えた変更はすべて、Web アプリに反映されます。組織内のすべてのユーザーが使用可能なマップまたはシーンをプライベートにした (または削除した) 場合、そのマップまたはシーンはアプリに表示されなくなります。

グループから作成された Web アプリの場合、グループまたはグループ内のアイテムに対するすべての変更が、アプリに反映されます。パブリックに設定されているアイテムまたはグループで共有されているアイテムがプライベートに設定されるか削除された場合、そのアイテムはアプリに表示されなくなります。

登録者のコンテンツを含むアプリをパブリックに共有

アプリはマップ内の情報を共有する効果的な手段であり、アプリをパブリックに共有すると、自分のメッセージを広範囲に届けることが可能になります。アプリ内にあるマップに ArcGIS Living Atlas of the World のコンテンツが含まれている場合は、アプリからそのコンテンツにアクセスするための認証情報が必要となることがあります。Living Atlas のほとんどのコンテンツは、誰でも無償で閲覧することができます。ただし、登録者のコンテンツと呼ばれているレイヤー、ツール、およびサービスのサブセットにアクセスするには、組織アカウントが必要となります。 登録者のコンテンツには、Landsat 8 画像分析レイヤーと地形分析レイヤーが含まれています。プレミアム コンテンツは、アクセスするための組織アカウントが必要となる登録者のコンテンツの一種であり、クレジットを消費します。 プレミアム コンテンツには、人口統計マップ、ジオコーディング ツール、および解析ツールが含まれています。

登録者のコンテンツを含むアプリをパブリックに共有する場合は、組織向けプランからコンテンツにアクセスできるようにそのアプリを構成します。このオプション設定は、ArcGIS Configurable Apps に組み込まれており、組織アカウントを必要とするレイヤーとクレジットを消費するレイヤーを示します。ArcGIS Web AppBuilder の場合、この設定は [属性] タブから利用できます。アクセスできるように設定すると、ユーザーは組織アカウントがなくても、アプリ内のレイヤーにアクセス可能になります。使用量を追跡し、いつでもアプリの共有を無効にすることができます。

メモ:

ユーザーがアプリ内のプレミアム コンテンツにアクセスして消費したクレジットはすべて、組織に課金されます。ユーザーが消費したクレジットを組織に課金させたくない場合は、組織向けプランからアクセスできるプレミアム レイヤーをすべて無効にする必要があります。これにより、ユーザーはクレジットを消費する際に、自分の認証情報を提示しなければなりません。ただし、この場合には、プレミアム コンテンツにアクセスする権限のある組織アカウントを所有しているユーザーしか、アプリにアクセスできなくなります。パブリック アプリの場合は、マップからすべてのプレミアム コンテンツを削除するか、組織にクレジット コストが発生するようにアプリを構成する必要があります。アプリでのプレミアム コンテンツの使用で発生するクレジット コストを最低限に抑えたい場合は、アプリの構成時や構成の変更時に、プレミアム コンテンツ レイヤーごとに許可されるリクエストの数を制限できます。

登録者のコンテンツを含むテンプレートをパブリックに共有するには、次の手順を実行します。

  1. Configurable Apps テンプレートを使用して、マップ ベースのアプリを作成します

    最初にアプリを作成すると、自動的に構成ページが開きます。[サブスクリプション コンテンツ] 設定が構成ウィンドウの上部に表示され、アプリに含まれる登録者のコンテンツとプレミアム コンテンツが一覧表示されます。プレミアム コンテンツは、プレミアム コンテンツ アイコン付きで表示され、クレジットを消費するレイヤーを示します。

  2. アプリをすでに作成している場合は、アイテム詳細にある [アプリの構成] をクリックして、構成ページを開きます。
  3. 各プレミアム コンテンツ レイヤーの横にあるボックスをオンにして、組織向けプランからアプリに完全にアクセスできるようにします。必要に応じて、レイヤーごとにリクエスト制限と間隔を入力します。たとえば、アプリでのプレミアム コンテンツ レイヤーのリクエスト数を毎分 100 リクエストに制限するには、[リクエスト制限] の値を [100] に、[間隔] の値を [分] に設定します。設定が完了したら、変更内容を保存します。
    ヒント:

    一部のレイヤーをオフのままにすると、ユーザーに認証情報の提示が求められます。これは、パブリック アプリに適したオプションではありません。この場合は、マップからレイヤーを削除することを検討してください。

  4. アプリをすべてのユーザー (パブリック) と共有します。
  5. この設定が正常に動作するかどうかをテストするには、組織からサイン アウトした後に、アプリを開きます。サイン インするよう求められないはずです。
  6. 使用量 (プレミアム コンテンツのクレジット消費量など) を表示するには、アプリのアイテム ページを開き、[ステータス] タブをクリックします。レポートを調整して、クレジットまたはユーザーの確認と、レポート期間の時間枠の変更が可能です。ステータス レポートを表示する権限を持っている場合は、[アプリ] タブの [プレミアム コンテンツ プロキシを使用したアプリ] セクションを表示して、リクエストの数やクレジット使用量、他のプレミアム コンテンツ使用量情報を追跡できます。
  7. 登録者のコンテンツを有効にした後で、組織向けプランからその登録者のコンテンツにアクセスできないようにするには、アプリのアイテム ページを開き、[アプリの構成] をクリックして、[サブスクリプション コンテンツ] セクションに含まれるレイヤーをオフにします。必ず変更内容を保存してください。[使用クレジット数] オプションもアイテム詳細で無効化されます。