Skip To Content

Web シーン

シーンは、シンボル表示された地理空間コンテンツであり、直感的で対話的な 3D 環境で地理情報を視覚化および解析することを可能にします。シーンは次のコンポーネントから構成されます。

  • レイヤー - スタイルと構成を備えた地理空間データ。科学データ、都市計画データ、環境データなどがあります。
  • ベースマップ - シーン内のコンテンツに対する地理的状況を表す背景を提供します。
  • 地表面 - 標高データを含むテレイン。オン/オフの切り替えが可能です。

地球規模の天候パターン、航路、地下埋設物などのデータを最適に表示するために、グローバル シーンか ローカル シーンのいずれかを選択できます。

次のシーンの例は、計画と都市開発に使用するツールとしてシーンをどのように使用できるかを示しています。設計中の開発の主要な部分を確認し、3D 環境でさまざまなシナリオを操作できます。構造が緻密な建物、景観、橋、道路などのプロジェクト フィーチャを即座に把握できます。シーンは優れた視覚化ツールであるため、既存の状況と設計中の状況のオンとオフを切り替えてシーンを容易に考察することができます。プロジェクトの重要な側面を強調するスライドをキャプチャすることで、ストーリーを正確に伝えることもできます。シーンを使用することで、シナリオを設計し視覚化して、自身のアイデアを関係者や一般の人に即座に伝えることができます。

Scene Viewerでの表示

シーンの作成には、Scene Viewerまたは ArcGIS Pro を使用できます。シーンを作成するには、組織アカウントまたは個人向けアカウントを使用してサイン インする必要があります。