グループの作成

グループはアイテムの集合で、多くの場合、特定の分野、主題、またはプロジェクトと関連しています。グループは、グループの所有者が作成および管理します。 グループを作成する権限がある場合は、グループを検索できるユーザー、他のユーザーがグループへの加入をリクエストできるかどうか、グループで共有されているアイテムをメンバーが更新できるかどうか、コンテンツを提供できるユーザー、グループにデフォルトで表示されるアイテムのタイプ (マップやレイヤーなど) を決定することができます。 また、グループに共有されたアイテムを管理したり、グループがメンバー加入の申請を受け付けない設定でも、ユーザーをグループに招待したりできます。 デフォルトの管理者は、グループ メンバーのリストを表示できるメンバーを制限したり、グループ (管理グループ) から脱退できるメンバーを制限したりすることもできます。

また、組織の管理者はグループを使用して、組織の注目のコンテンツ (ギャラリー ページホーム ページ、およびベースマップ) およびテンプレートWeb サイトを構成します。 組織サイトで Open Data を構成する場合は、パブリック グループを Open Data サイトで利用可能にすることもできます。

グループを作成

グループを作成するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていることと、グループを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [グループ] をクリックし、[マイ グループ] タブの [グループの作成] をクリックします。
  3. グループを表すサムネイル画像を追加します。

    画像をドラッグするか、ファイルを参照することができます。 最適な結果を得るには、縦横比が 1:1 で 400 x 400 ピクセル以上の Web ファイル形式 (PNG、JPEG、または GIF) の画像を追加します。 サムネイルに表示したい内容になるまで画面移動および拡大します。 画像ファイルのサイズと解像度、およびサムネイルのカスタマイズの際の拡大率によっては、画像が、保存されるときにリサンプリングされ、サイズ変更される場合があります。 GIF または JPEG 形式の画像を追加すると、画像は、保存されるときに PNG に変換されます。

  4. グループ名とタグを入力します。 簡単なサマリーも追加できます。
  5. [このグループを閲覧できる人] で、次のいずれかのオプションを選択します。
    • グループ メンバーのみ - グループのメンバーのみがグループを検索および表示できます。 メンバーは、グループへの加入の招待を受ける必要があります。
    • 組織内のユーザー - 組織のメンバーのみがグループを検索および表示できます。 メンバーはグループに招待されるか、加入を申し込みできます。
    • すべての人 (パブリック) - 組織のメンバーでなくても、すべてのユーザーがグループを検索および表示できます。 これがデフォルトです。

    ユーザーの共有権限で、選択可能なオプションが決定される場合があります。 個人向けプランのアカウントを使用している場合は、[すべての人 (パブリック)] オプションのみを選択でき、これを変更することはできません。

    ヒント:

    組織の [ギャラリー] ページのフィーチャに対する管理コンテンツがグループに含まれる場合は、対象ユーザーに最も適したオプションを選択します。 一般の訪問者がギャラリーを表示すると予想される場合は、[すべての人 (パブリック)] を選択します。 組織のメンバーが訪問すると予想される場合は、[組織内のユーザー] を選択します。 ギャラリーに表示されるコンテンツ アイテムは、アイテムの共有方法によっても変わります。

  6. グループに加入できるユーザーを指定するために次のいずれかのオプションを選択します。
    • メンバーの加入申請をおこなってグループ マネージャーから承認されたユーザー - グループへの加入を要求し、グループの所有者またはグループ マネージャーから承認されたメンバーのみがグループに加入できます。
    • グループ マネージャーから招待された人のみ - グループの所有者またはグループ マネージャーから招待されたメンバーのみがグループに加入できます。
    • [エンタープライズ グループのメンバー] - メンバーの所属を制御するのは、Security Assertion Markup Language 2.0 (SAML) identity provider (IDP) が管理する、外部エンタープライズ グループです。 各ユーザーが属するグループを定義するのは、SAML アサーション レスポンスです。ユーザーがサイン インする都度、IDP から受け取ることになります。

      このオプションを使用するには、次の条件を満たす必要があります。

      エンタープライズ グループの定義は、当該グループの正確な名前 (大文字と小文字の区別はなし) をテキスト ボックスに入力しておこないます。

      メモ:

      ここで入力するグループ名は、SAML アサーションの属性値として返されるエンタープライズ グループ名と一致していなければなりません。 エンタープライズ グループ名がわからない場合は、組織のエンタープライズ システムを構成した管理者に問い合わせてください。

    • すべてのユーザー - 招待または承認されなくても、組織のすべてのメンバーがグループに加入できます。他の組織のメンバーは、外部のグループに加入する権限を持っている限り、グループに加入できます。 メンバーがグループ ページで [このグループに加入] をクリックすると、即座にグループのメンバーシップが付与されます。
    メモ:

    表示されるオプションは、使用しているアカウント タイプ (組織用か個人用か)、前のステップで選択したオプション、および権限によって異なります。 個人向けプランのユーザーは [メンバーの加入申請をおこなってグループ マネージャーから承認されたユーザー][グループ マネージャーから招待された人のみ] の中から選択できます。 個人向けプランのアカウントを持つユーザーは、[すべてのユーザー] オプションが有効化されたグループを作成 (または加入) できないため、このオプションを使用できません。

  7. [コンテンツをグループに提供できるユーザー] で、次のいずれかのオプションを選択します。
    • グループ メンバー - すべてのグループ メンバーがコンテンツをグループに提供できます。
    • グループの所有者とマネージャーのみ - グループの所有者およびグループ マネージャーのみがコンテンツをグループに提供できます。 このオプションを選択した場合、メンバーはアイテムを表示してアクセスできますが、自分のアイテムをグループと共有することはできません。 このタイプのグループは、信頼できるマップとデータを特定のユーザーで共有するのに適しています。 グループで表示されるアイテムと、それを参照できるユーザーを管理します。
  8. [グループのメンバーが更新できるアイテム] で、次のいずれかのオプションを選択します。
    メモ:

    この設定は、更新機能を持つグループを作成する権限がある場合のみ使用できます。 アイテムの更新には、アイテムの詳細情報の変更や、コンテンツの更新が含まれます。 この設定は、グループを新規作成する場合と、グループのメンバーシップが、招待されたユーザー、または要求して、加入を承認されたユーザーのみに開かれている場合のみ使用可能になります。

    • 自分が所有するアイテムのみ - グループ メンバーは、自分が所有するアイテムのみを更新できます。
    • すべてのアイテム (グループ メンバーシップは組織に制限されます) - グループ メンバーは、アイテムの詳細を変更すること、およびコンテンツを更新することを含めて、グループと共有されているあらゆるアイテムを更新できます。 このオプションを選択した場合、グループは共有更新グループになり、グループ メンバーシップが、コンテンツを作成、更新、および削除する権限を持っている組織のメンバーに限定されます。
      メモ:

      アイテムの所有者 (または管理者) のみ、アイテムに対して、削除、共有、移動、所有者の変更、削除の防止の変更、公開、アプリの登録、ホスト フィーチャ レイヤー内のデータの上書き、およびホスト タイル レイヤー内のタイルの管理の操作を実行できます (すべてのアイテム タイプに、すべてのアクションを適用できるわけではありません)。 ただし、この共有更新グループのメンバーは、アイテム タイプとアイテムへのアクセスに使用されるアプリに応じて、他の管理者タイプの権限を持ちます。

  9. [[メンバー] タブでメンバーのリストを表示できるユーザー] では、次のいずれかを選択します。
    メモ:

    この設定は、デフォルトの管理者のみが使用できます。SAML ベースのエンタープライズ グループには使用することができません。

    • すべてのグループ メンバー - すべてのグループ メンバーがグループ メンバーのリストを表示できます。
    • グループの所有者とマネージャーのみ - グループ所有者、グループ マネージャー、すべてのメンバーとグループを表示する管理権限のあるメンバーだけがグループ メンバーの完全なリストを表示できます。 グループの他のメンバーは、[メンバー] タブにリスト表示されたグループの所有者とグループ マネージャーのみを参照することができます。このオプションは、グループ メンバーのプライバシーを保護したいパブリック グループ (コミュニティ グループやクラウドソーシング グループなど) の場合に選択します。
      メモ:

      グループ内の個々のアイテムのアイテム ページには、まだアイテム所有者が表示されます。 このオプションは、グループ ページの [メンバー] タブにのみ適用されます。 組織のメンバーは、メンバーをグループに招待する場合や組織ページの [メンバー] タブでメンバーを管理する場合にグループをフィルタリング オプションとして表示することができます。

  10. グループ ページ上のアイテムを並べ替える方法を変更するには、ドロップダウン メニューからフィールドを選択します。

    たとえば、タイトル、所有者、ビュー数、更新日で並べ替えることができます。 アイテムの順序を変更するには、[昇順] ボックスをオンまたはオフにします。 並べ替えフィールドと順序は、グループを Web サイトに埋め込んだり、アプリとして共有したり、組織の Web サイト (ベースマップ ギャラリーなど) を構成するのに使用したりするときにグループに適用されます。 並べ替えフィールドまたは順序を変更すると、アイテムの表示は、グループを使用しているすべての場所で更新されます。

  11. デフォルトでグループの [コンテンツ] タブと [概要] タブに表示するアイテムのタイプ (マップやレイヤーなど) を指定します。
  12. デフォルトの管理者として、グループから脱退できるグループ メンバーを制限する場合は、[管理グループ] の下にあるチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、グループ メンバーは、グループ所有者またはグループ マネージャーによって削除された場合に限りグループから脱退できます。
    メモ:

    この設定は、新しいグループを作成する場合にのみ使用できます。SAML ベースのエンタープライズ グループや招待も承認もなしでユーザーが加入できるグループには使用することができません。 組織に属しているユーザーに限り、この設定が有効になっているグループのメンバーにすることができます。

  13. すべてのユーザー (パブリック) がグループにアクセスできるようにした場合に、組織がオープンデータに対応するように構成され、必要な権限が自分にあるときは、[オープンデータ サイトでこのグループにアクセスすることを許可] ボックスをオンにして、オープンデータ サイトでパブリック グループを利用可能にします。
  14. [グループの作成] をクリックします。

    指定した基本情報とプロパティを使用して、新しいグループが作成されます。 グループに関する簡単なサマリーを追加する (まだ追加していない場合) とともに、詳細な説明を追加することをお勧めします。

    これで、グループを使用する準備ができました。 グループの所有者は、グループ ページの [アイテムをグループに追加] ボタンを使用して、アイテムをグループで共有できます。 グループ プロパティは [概要] タブで、グループ設定は [設定] タブで編集できます。 [概要] タブまたは [メンバー] タブにある [ユーザーの招待] ボタンを使用すると、メンバーを検索してグループにメンバーを招待できます。

グループ プロパティとグループ設定の編集

グループを作成したら、作成者である自分、指定したグループ マネージャー、およびグループ権限を持つ管理者が、グループのプロパティと設定を編集できます。 たとえば、グループのタイトルや説明を修正したり、コンテンツを提供できるユーザーなどの設定を変更したりできます。 グループのコンテンツとグループ メンバーの管理など、所有するグループの操作に関する詳細については、「グループの所有」をご参照ください。

  1. 所有者、グループ マネージャー、または編集対象のグループの管理者としてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部の [グループ] をクリックし、必要に応じてタブ、フィルター、並べ替えオプションを使用して検索を実行し、編集対象のグループを見つけます。
  3. グループの名前をクリックしてグループ ページを開き、次のいずれかを実行します。
    • [概要] タブで、編集するプロパティ (説明やタグなど) の横にある [編集] をクリックして変更を加えます。[保存] をクリックして、変更を保存します。 グループ名、サマリー、説明、サムネイル、タグを編集できます。
    • [設定] タブで、グループ設定 (グループ コンテンツを並べ替える方法、グループを表示できるユーザー、グループに加入できるユーザー、コンテンツを提供できるユーザーなど) を変更します。 デフォルトでグループの [コンテンツ] タブと [概要] タブに表示するアイテムのタイプ (マップやレイヤーなど) を指定することもできます。 完了したら、[設定] タブの [保存] をクリックします。
    メモ:

    一部の設定は、付与されている権限とグループ ロールによって編集の可否が決まります。 [グループのメンバーが更新できるアイテム] および [管理グループ] 設定は、グループから脱退できるメンバーが制限されているため、既存のグループで変更することができません。 これらの設定は、新しいグループにのみ使用できます。 これらの設定を変更する場合は、既存のグループを削除した後、必要なオプションを使用して新しいグループを作成する必要があります。

共有更新グループ

組織の管理者はグループを作成し、グループと共有されているアイテムをメンバーが更新できるように設定できます。 それらの共有更新グループは、運用センターで交代制の作業員がアプリやダッシュボードの基になるマップを更新する必要がある場合など、複数のユーザーが同じアイテムを更新しなければならないコラボレーションの状況で有効です。

メンバーが共有更新グループとアイテムを共有している場合、メンバーはアイテムの所有者のままです。 他のグループ メンバーはアイテムを更新できます。 アイテムの更新には、アイテムの詳細情報の変更や、コンテンツの更新が含まれます。 たとえば、メンバーはマップにレイヤーを追加し、更新したコンテンツでマップを保存できます。

グループを共有更新グループにするには、グループを作成する際に [グループのメンバーが更新できるアイテム] 設定で [すべてのアイテム] オプションを選択します。

注意:

現時点では、共有更新グループは、マップ、アプリ、およびシーンのアイテム詳細およびコンテンツの更新を対象にしています。一部の更新 (アイテムの移動、共有、または削除、所有権の変更など) は、アイテムの所有者または管理者のために予約されています。また、このグループのメンバーは、ホスト フィーチャ レイヤーのコンテンツを編集する機能、編集情報の記録設定を変更する機能、添付ファイルを有効/無効にする機能、レイヤーのスキーマを変更する機能など、昇格した権限も保有しています。したがって、このタイプのグループにメンバーを追加する際には、注意して処理を進める必要があります。現在、大半の ArcGIS アプリは、共有更新グループと共有されたアイテムの更新をサポートしていません。この機能が特定の ArcGIS アプリでサポートされているかどうかを確認するには、製品のドキュメントをご参照ください。

関連トピック