Scene Viewer の基本操作

ArcGIS OnlineScene Viewer を使用して、3D シーンの表示と操作ができます。 Scene Viewer は WebGL をサポートするデバイスで動作します。WebGL は、最新のブラウザーのほとんどに組み込まれている、3D グラフィックスをレンダリングするための Web 技術です。 また、Scene Viewer にサイン インすると、独自のシーンを作成することもできます。

ナビゲーション

Scene Viewer ツールを使用してシーン内を移動するか、マウスまたはタッチ デバイスを使用してシーン内を移動します。

ビルディング エクスプローラー

[ビルディング エクスプローラー] ツール ビルディング エクスプローラー を使用すると、レイヤーを表示したり、レイヤーを分離したり、フィルターを適用したりして、ビルディング シーン レイヤーを探索できます。

計測

[計測] ツールを使用すると、2 つのポイント間の距離を計測し、シーン内の面積を計算できます。

スライス

[スライス] ツール スライス を使用すると、シーンのコンテンツをスライスして、コンテンツの内部をシーンに表示できます。

標高グラフ

[標高断面] ツール 標高断面 を使用すると、ラインに沿って標高断面を生成できます。

日光

[日光] をクリックすると、1 日や 1 年のうちのさまざまな時間に日差しと影がシーンに及ぼす影響を変更できます。

天気

[天気] ツールを使用して、雨、雪、霧などの天気の視覚化をシーンに追加できます。

レイヤー

[レイヤー] Layers では、シーンのレイヤーの表示設定を管理します。 各チェックボックスをオン/オフにして、シーン内でのレイヤーの表示/非表示を切り替えます。 次のオプションがあります。

  • [レイヤー] Layers をクリックすると、シーンの各レイヤーが表示されます。
  • [ズーム] ボタン ズーム をクリックすると、シーンがレイヤーの範囲にズームされます。
  • [凡例] をクリックすると、レイヤーのシンボルが表示されます。
  • [レイヤー] をもう一度クリックするか、別のツールをクリックすると、終了します。

ベースマップ

[ベースマップ]Basemap をクリックして、ベースマップを切り替え、シーンの地表の透過表示を設定します。

検索

[検索] Search を使用すると、位置とフィーチャを検索できます。 シーン内のフィーチャ検索を構成することもできます。

設定

[設定] 設定 には、お使いのブラウザーの性能/品質設定およびマウス ナビゲーション設定を調整できるツールが表示されます。

パフォーマンスと品質

3D グラフィックスのレンダリングを最適化するには、次のいずれかの設定を選択します。

  • [品質] - 水の反射や現実感のある大気など、視覚化の品質を向上します。
  • 最適化 - パフォーマンスと品質を均等に最適化します。
  • パフォーマンス - データの負荷を低減して、安定性と速度を向上させます。

3D ナビゲーション

[3D ナビゲーション] で、デフォルトの Scene Viewer ナビゲーション、または ArcGIS Pro のマウス ナビゲーションのいずれかを選択します。

共有

[共有] Share map をクリックすると、電子メールやソーシャルメディアを通じてシーンを共有したり、シーンを Web サイトに埋め込んだり、シーンから Web アプリを作成したりできます。

全画面表示

右下にある [全画面] ボタン 全画面 をクリックして、全画面モードに切り替えます。 全画面モードを終了するには、[全画面表示を終了 (Esc)] をクリックするか、キーボード上の Esc キーを押します。