Skip To Content

グループの所有

グループの所有者として、グループのプロパティを編集したり (サムネイル、説明、タグなど)、自分のコンテンツおよびグループと共有されているコンテンツを管理したり、グループにコンテンツを提供できるユーザーやグループにアクセス (検索) できるユーザーなど、一部のグループ設定を変更したりできます。

グループを作成したら、いつでも [設定] タブを使用して、メンバーがそのグループにアクセスする方法と加入する方法を変更したり、デフォルトでそのグループの [コンテンツ] タブと [概要] タブに表示されるアイテムのタイプ (マップやレイヤーなど) を変更したりすることができます。選択した設定によっては、グループの所有者として追加のアクションを実行する必要がある場合もあります。たとえば、グループ メンバーのみにグループの検索を許可するようにグループを構成する (つまりプライベート グループにする) 場合は、グループに加入するようメンバーを招待する必要があります。組織のメンバーまたは一般ユーザーが検索できるグループについては、メンバーを加入招待することを選択できます。または、メンバーに加入を申請してもらう場合は、それらのメンバーの加入申請を受理または拒否する必要があります。

ヒント:

組織内のすべてのユーザー、および外部グループへの加入権限を持っている組織外のユーザーを、招待または承認する必要なくグループに加入できるようにすることもできます。これを行うには、[グループに参加できる人][すべてのユーザー] オプションを選択します。このオプションを選択した場合、メンバーはグループへの加入をリクエストでき、グループの所有者が介在することなく、ただちにメンバーにメンバーシップが付与されます。

グループの所有者は、必要に応じて、グループからコンテンツとメンバーを削除したり、グループに対して削除の防止を有効にしたり、グループを削除したりできます。パブリック コンテンツをグループと共有できます。これは、グループの関心事項に関連するが、コンテンツの所有者がグループのメンバーではないコンテンツを探す場合に役立ちます。また、グループの所有者として、グループ内のグループ メンバーのロールを変更することもできます。たとえば、一部のグループ メンバーをグループ マネージャーに昇格させて、グループの所有権に関するタスクに協力してもらうことができます。グループの所有者とマネージャーは、グループ メンバーが必要なコンテンツを見つけやすいように、グループ内のアイテムを階層カテゴリに整理することもできます。

新規メンバーの加入申請の管理

承認を必要とするグループへの加入を他のユーザーがリクエストすると、[メンバーの加入申請] リンクが表示されます。

  1. サイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部の [グループ] をクリックし、必要に応じてタブ、フィルター、並び替えオプションを使用して検索を実行し、メンバーの加入申請を管理するグループを見つけます。
  3. グループ名の下の [メンバーの加入申請] をクリックし、表示されたポップアップで、リクエストごとに [承認] または [拒否] をクリックします。
    ヒント:

    また、グループ ページの [概要] タブにある [メンバーの加入申請] リンクをクリックして、グループ メンバーの加入申請を承認または拒否することもできます。

ユーザーのリクエストを承認した場合は、そのユーザーがグループに自動的に追加されます。リクエストを拒否した場合、そのユーザーはグループに追加されません。どちらの場合も、ユーザーはサイト上部で [通知] ポップアップを開いて、ステータスを確認できます。

メンバーの招待

組織アカウントを持つグループの所有者およびグループ マネージャーは、メンバーが招待を承認するかどうかにかかわらず、各自が所有または管理するグループにメンバーを追加できます。管理者、およびメンバーをグループに割り当てる権限を持つメンバーは、メンバーを直接グループに追加することもできます。

備考:

メンバーシップが SAML ベースのエンタープライズ グループによって管理されているグループには、メンバーを招待できません。メンバーを追加または削除するには、エンタープライズ グループを直接操作する必要があります。

  1. サイン インしていることを確認します。メンバーを直接追加する場合は、組織サイトにサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部の [グループ] をクリックし、必要に応じてタブ、フィルター、並び替えオプションを使用して検索を実行し、他のユーザーを加入招待するグループを見つけます。グループの名前をクリックしてそのグループ ページを開きます。
  3. [ユーザーの招待] をクリックします。
  4. グループに追加するメンバーを検索し、フィルターを適用してリストを絞り込みます。

    名前、ユーザー名、またはユーザーのプロフィールの説明にある単語 (Mike Jones Redlands GIS など) を使用して個々のユーザーを検索できます。別の組織のメンバーをグループに招待している場合、プロフィールを公開しているメンバーのみが検索で検出されます。ただし、正確なユーザー名を入力することで、プロフィールを一般ユーザーに公開していないユーザーも招待できます。

    備考:

    同じ種類のアカウントを持つユーザーのみを招待できます。組織アカウントを持つユーザーは、組織アカウントを持つ他のユーザーしかグループに加入するよう招待できません。個人向けアカウントを持つユーザーは、個人向けアカウントを持つ他のユーザーしかグループに加入するよう招待できません。他のグループ メンバーがグループ内のすべてのアイテムを更新することを許可するグループの場合、コンテンツを作成、更新、および削除する権限を持っている組織のメンバーのみを招待できます。

  5. グループに招待するメンバーを選択します。
  6. メンバーを直接追加するには、[確認メッセージを表示せずに、組織サイトのメンバーを追加] チェックボックスをオンにします。グループの所有者またはマネージャーは、組織アカウントを持っている場合のみこのオプションが表示されます。また、グループを所有も管理もしていないユーザーでも、メンバーが所有しているグループを表示し、メンバーを組織のグループに割り当てる権限を持っている場合は、このオプションが表示されます。
  7. メンバーの選択が終了したら、[ユーザーの招待] をクリックして、グループに加入するようにユーザーを招待するか、[グループに追加] をクリックして、メンバーを直接追加します。
    備考:

    [ユーザーの招待] ウィンドウに表示されるボタンは 1 つだけです。[確認メッセージを表示せずに、組織サイトのメンバーをすぐに追加] オプションをオンにすると、ボタンが [ユーザーの招待] から [グループに追加] に変わります。

ユーザーの [通知] ポップアップにメッセージが表示されます。[グループ] ページに招待を表示して、受理または拒否することができます。ユーザーが招待を受理すると、自動的にグループに追加され、そのユーザーの名前がグループ ページの [メンバー] タブに表示されます。

メンバーのグループ ロールの変更

メンバーをグループに招待した後は、必要に応じて、メンバーのグループ ロールを更新できます。たとえば、グループの所有者として、一部のグループ メンバーをグループ マネージャーに昇格させ、グループの所有権に関するタスク (ユーザーの招待、メンバーの加入申請の管理、コンテンツとメンバーの削除、グループ プロパティの編集など) に協力してもらうことができます。

備考:

組織の管理者と適切な権限を持つユーザーもグループの所有者を変更できます。

  1. グループ ページの [メンバー] タブをクリックします。
  2. フル ネームでメンバーを検索し、フィルターを適用してグループ メンバーのリストを絞り込みます。必要に応じてリストを並べ替えます。
    ヒント:

    結果ページの上部にアクティブなフィルターが表示されます。フィルター横の [X] をクリックすると、フィルターが解除されます。一度にアクティブなフィルターをすべて解除するには、[フィルターの解除] をクリックします。

  3. グループ ロールを変更するメンバーを選択して、[メンバーのグループ ロールの更新] をクリックします。
  4. ドロップダウン メニューから、別のロール ([グループ マネージャー] または [グループ メンバー]) を選択して、[更新] をクリックします。

    備考:

    グループ メンバーが組織のメンバーであり、グループを作成および所有する権限を持っている場合のみ、それらのグループ メンバーをグループ マネージャーに昇格させることができます。自分と同じような権限を持つメンバーのみを昇格させて、グループ内でのそれらのメンバーの所有権機能が自分のものに一致するようにしてください。たとえば、グループをプライベートに共有する (グループ メンバーのみがグループにアクセスできるようにする) 権限しか持っていないのに、一般ユーザーや組織内の他のユーザーがグループにアクセスできるようにする権限を持つメンバーを昇格させる場合、そのメンバーは、グループを管理する上でメンバーの所有者よりも多くの機能を持つことになります。

メンバーの削除

メンバーのグループへの参加を解除したい場合は、そのメンバーをグループから削除できます。メンバーのアイテムもグループから削除されます。そのユーザーのアカウントとアイテムは、ArcGIS Online や組織からは削除されません。 メンバーを削除するには、次の手順を実行します。

  1. グループ ページの [メンバー] タブをクリックします。
  2. フル ネームでメンバーを検索し、フィルターを適用してグループ メンバーのリストを絞り込みます。必要に応じてリストを並べ替えます。
    ヒント:

    結果ページの上部にアクティブなフィルターが表示されます。フィルター横の [X] をクリックすると、フィルターが解除されます。一度にアクティブなフィルターをすべて解除するには、[フィルターの解除] をクリックします。

  3. ボックスをオンにして、削除するメンバーを選択します。メンバーは必要な数だけ選択できます。
  4. [グループからメンバーを削除] をクリックします。
  5. [アクセスの削除] ウィンドウで、[削除] をクリックします。

コンテンツの分類

グループの所有者またはマネージャー、あるいはグループ コンテンツを更新する管理者権限を持っているユーザーは、階層カテゴリを設定して、グループ内のアイテムを整理できます。カテゴリを設定したら、グループ メンバーがグループ コンテンツの検索や参照時により簡単に必要なアイテムを検索できるように、グループ内のアイテムをそれらのカテゴリに割り当てることができます。

備考:

カテゴリを利用すると、マップ、シーン、アプリ、その他のアイテムをすばやく見つけられるようになります。カテゴリを構成して、組織全体のコンテンツを整理するか、特定のグループに共有されたコンテンツを整理できます (以下の説明を参照)。

カテゴリの設定

グループの所有者とマネージャーは、グループ コンテンツを整理するカテゴリを構成できます。独自のカスタム カテゴリを作成するか、開始点として ArcGIS の標準カテゴリ セット (ArcGIS Living Atlas of the World で表示されます)、ISO (International Organization for Standardization)、または INSPIRE を使用することができます。

  1. グループ ページの [コンテンツ] タブをクリックします。
  2. [グループ カテゴリ][グループ カテゴリの設定] をクリックします。

    備考:
    このグループのカテゴリをすでに作成してある場合は、[グループ カテゴリ] の横にある [グループ カテゴリの構成] ボタン グループ カテゴリの構成 をクリックして、グループのカテゴリを追加、名前変更、削除、または順序変更することができます。

  3. 次のいずれかを選択します。
    • [カスタム カテゴリ] - 独自のカテゴリを作成して、グループ内のコンテンツを整理します。
    • [ArcGIS カテゴリ] - ArcGIS カテゴリを開始点として使用します。このカテゴリは、カスタマイズすることも変更しないまま使用することもできます。これらのカテゴリは、ArcGIS Living Atlas of the World で表示されます。
    • [ISO カテゴリ] - ISO (International Organization for Standardization) のトピック カテゴリを開始点として使用します。このカテゴリは、カスタマイズすることも変更しないまま使用することもできます。ISO の発行する 19115 は、地理情報の記述およびカタログ化する方法を提供します。
    • [INSPIRE カテゴリ] - INSPIRE 指令のテーマ カテゴリを開始点として使用します。このカテゴリは、カスタマイズすることも変更しないまま使用することもできます。
  4. これまでの手順で [カスタム カテゴリ] を選択した場合、次のようにカテゴリの階層を作成します。
    1. [カテゴリを追加] ボタン カテゴリを追加 をクリックし、カテゴリの名前を入力して (最大 100 文字)、[追加] をクリックします。
    2. サブカテゴリを作成するには、既存のカテゴリの下にある [サブカテゴリの追加] ボタン サブカテゴリの追加 をクリックし、サブカテゴリの名前を入力して (最大 100 文字)、[追加] をクリックします。
    3. 必要に応じて、その他の上位レベルのカテゴリとサブカテゴリを作成します。
  5. [ArcGIS カテゴリ][ISO カテゴリ]、または [INSPIRE カテゴリ] を選択した場合、次のいずれかを実行して、カテゴリの階層を確認または変更します。
    • 必要に応じて、カテゴリの横にある展開ボタン 展開 または折りたたみボタン 折りたたみ を使用して、カテゴリ ツリー内のカテゴリを展開または折りたたみます。
    • カテゴリまたはサブカテゴリを追加するには、既存のカテゴリの下にある [カテゴリを追加] ボタン カテゴリを追加 または [サブカテゴリの追加] ボタン サブカテゴリの追加 をクリックし、カテゴリまたはサブカテゴリの名前を入力して (最大 100 文字)、[追加] をクリックします。
  6. 必要に応じて、次のいずれかを実行して、カテゴリにその他の変更を加えます。
    • カテゴリまたはサブカテゴリの名前を変更するには、名前を変更するカテゴリまたはサブカテゴリの [カテゴリの編集] ボタン カテゴリの編集 をクリックし、新しい名前を入力して (最大 100 文字)、[更新] をクリックします。
    • カテゴリまたはサブカテゴリを削除するには、削除するカテゴリまたはサブカテゴリの [カテゴリの削除] ボタン カテゴリの削除 をクリックします。
    • 階層内で同じレベルのカテゴリの順序を変更するには、カテゴリの横にある展開ボタン 展開 または折りたたみボタン 折りたたみ にカーソルを合わせて、カテゴリを別の場所にドラッグします。
  7. グループ カテゴリの設定が完了したら、[保存] をクリックします。

    カテゴリが [グループ カテゴリ] の下にリストされ、グループ内のアイテムの分類に使用できるようになります。

    備考:

    カテゴリの階層は、最大 3 レベルまで作成できます。また、カテゴリとサブカテゴリは、合計で最大 200 個作成できます。効率のために、アイテムをカテゴリに割り当てる前に、包括的で完全なカテゴリの階層と命名体系を作成することをお勧めします。

アイテムの分類

グループ カテゴリを構成したら、グループ内のアイテムを分類できます。コンテンツを分類すると、グループ メンバーが必要なコンテンツを見つけやすくなります。

  1. 分類する 1 つ以上のグループ アイテムを選択して、[分類] をクリックします。
  2. 次のいずれかを実行します。
    • 選択したすべてのアイテムを一度に分類するには、チェックボックスをオンにして、該当するカテゴリとサブカテゴリを選択します。各アイテム カードが更新され、選択したカテゴリが表示されます。
      備考:

      サブカテゴリを選択すると、階層の上位にある関連するすべてのカテゴリとサブカテゴリが自動的に選択されます。一方、カテゴリを選択しても、そのサブカテゴリは自動的には選択されません。

    • アイテムを個別に分類するには、アイテム カードで [カテゴリの割り当て] をクリックして、目的のカテゴリを選択します。最大 20 のカテゴリを各アイテムに割り当てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、オプションを絞り込むこともできます。
    • 特定のカテゴリまたはサブカテゴリから選択したすべてのアイテムを削除するには、チェックボックスをオフにして、該当するカテゴリまたはサブカテゴリの選択を解除します。削除したカテゴリを反映して、各アイテム カードが更新されます。
      備考:

      カテゴリおよびサブカテゴリの選択を解除すると、次のようになります。

      • カテゴリまたはサブカテゴリの選択を解除すると、関連するすべてのサブカテゴリの選択も自動的に解除されます。
      • サブカテゴリの選択を解除するとき、同じレベルにある他のサブカテゴリが選択されていない場合は、その上位のカテゴリと下位のサブカテゴリの選択も解除されます。

    • カテゴリからアイテムを個別に削除するには、関連するアイテム カードのカテゴリの横にある [x] をクリックします。
    • カテゴリの割り当てを元に戻す/やり直すには、必要に応じて [元に戻す] ボタン 元に戻す または [やり直す] ボタン やり直す をクリックします。
  3. アイテムの分類が完了したら、[保存] をクリックします。

    グループのアイテムが、指定したグループ カテゴリに整理されます。グループ メンバーは、グループ内のアイテムの参照または検索時に、これらのカテゴリを使用して、コンテンツをフィルタリングできます。

    備考:

    アイテムを分類するときは、アイテムが適切なグループ化によって想定どおりに表示および検索されるように、最も限定的で関連性が高いカテゴリを選択することをお勧めします。たとえば、Web マップを分類するには、Maps の代わりに MapsWeb Maps を選択します。

パブリック コンテンツと組織のコンテンツの共有

アイテムが組織または一般ユーザーと共有されたら、そのアイテムをグループと共有できるようになります。コンテンツ所有者がそのアイテムをプライベートにした場合、アイテムはグループから自動的に削除されます。

  1. サイトの上部にある [コンテンツ] をクリックし、グループと共有するアイテムを見つけます

    すべてのユーザー (パブリック) と共有されているアイテムには、地球アイコン 共有: すべてのユーザー が示されます。組織と共有されているアイテムには、建物アイコン 共有: 組織 が示されます。

  2. アイテムの名前をクリックしてそのアイテム ページを開きます。
  3. [共有] をクリックします。
  4. アイテムを共有するグループの横にあるチェックボックスをオンにします。所有する複数のグループとアイテムを共有する場合は、複数のグループを選択できます。
  5. [OK] をクリックします。

コンテンツの削除

グループに適さないと考えられるアイテムをグループ メンバーが共有している場合、そのアイテムを削除できます。そのアイテムはグループに表示されなくなりますが、所有者のアカウントから削除されるわけではありません。アイテムの所有者は引き続きそのアイテムを利用でき、パブリック アイテムであるなどの他の共有プロパティは保持されます。アイテムをグループから削除するには、次の手順を実行します。

  1. グループ ページの [コンテンツ] タブをクリックします。
  2. 次のいずれかを実行して、グループから削除するアイテムを見つけます。
    • 検索フィールドにキーワードを入力します。
    • 検索フィルターを使用して、アイテムのリストを絞り込みます。たとえば、アイテム タイプ (マップ、レイヤー、アプリなど)、位置、アイテムの最終変更日、タグ、共有方法 (すべてのユーザー、組織、またはグループ) を基準にフィルタリングできます。
      ヒント:

      結果ページの上部にアクティブなフィルターが表示されます。フィルター横の [X] をクリックすると、フィルターが解除されます。一度にアクティブなフィルターをすべて解除するには、[フィルターの解除] をクリックします。

    • タイトル、所有者、ビュー数、または評価でアイテムのリストを並べ替えます。矢印をクリックして、アルファベット順の並べ替え順序を逆にすることもできます。
  3. グループから削除するアイテムを選択します。一度に 1 つまたは複数のアイテムを削除できます。
    備考:

    テーブル ビューのアイテムを選択するには、アイテム横のチェックボックスをオンにします。リスト ビューまたはグリッド ビューでアイテムを選択するには、サムネイルの左上隅にあるチェックボックスをオンにします。

  4. [グループから削除] をクリックします。
  5. アイテムをグループから削除するかどうか確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

グループの共有

共有権限を持っている場合は、グループ ページの [概要] タブにある [共有] ボタンを使用し、他のユーザーとグループを共有できます。

削除の防止の有効化

所有または管理するグループが誤って削除されるのを防止できます。この設定は、オープンデータ グループなどの特別なグループを保護する際に特に重要です。グループに対して削除の防止を有効にするには、[設定] タブをクリックした後、[削除の防止] の下のチェックボックスをオンにします。

グループの削除

所有または管理するグループを削除するには、削除するグループの [設定] タブに移動し、[グループの削除] をクリックします。[削除] ウィンドウで [削除] をクリックします。このオプションは、グループで削除の防止が有効になっている場合は使用できません。