Web マップ

ArcGIS Web マップは地理情報を対話形式で表示したものであり、内容を表現し、疑問に答えるために使用できます。 たとえば、次のようなマップを検索したり作成できます。このマップでは、米国におけるスーパーマーケットまで徒歩または自動車で移動できる範囲に住む人口を調べることができます。 このマップには、スーパーマーケットまで自動車で 10 分以内または徒歩 1 マイル以内にある地区を示すレイヤーがあります。また、コンテキスト用として、都市、道路、建物を土地被覆および陰影起伏画像に重ね合わせた地形図ベースマップがあります。

マップには、ベースマップ、一連のデータ レイヤー (そのうちの多くはデータに関する情報を示す対話式のポップアップ ウィンドウを含む)、範囲、画面移動およびズームのためのナビゲーション ツールが含まれます。 通常、ベースマップとレイヤーは ArcGIS Online を介してホストおよび共有されます。 ただし、マップには、マップに直接追加されたレイヤーと、外部から参照されているレイヤーおよびベースマップも含めることができます。 多くのマップには縮尺に合わせたシンボルやその他の洗練されたシンボルも含まれており、これを操作してデータやパターンを表示することができます。

ヒント:
See an example Map Viewer で操作できる「拡大縮小されたシンボルやその他のスタイリングを含むマップの例」をご参照ください。 いずれかの地震のシンボルをクリックして、各イベントのマグニチュードと日時を確認します。 また、マップではシンボルを拡大縮小することで、各地震の相対マグニチュードを示しています。

マップをいくつかの基本手順で作成し、標準の Web ブラウザー、モバイル デバイス、およびデスクトップ マップ ビューアーで開くことができます。 リンクを使用してマップを共有するか Web サイトに埋め込み、それを使用してマップベースの Web アプリを作成できます。 マップを共有する場合、作成者はそのマップに含まれる内容を決定します。 たとえば、Map Viewer または Map Viewer Classic を介してマップを一般ユーザーと共有する場合、マップにはベースマップの切り替え、凡例の表示 (マップに凡例が含まれる場合)、マップに関する詳細の表示、マップの共有、印刷、計測、マップ上のロケーションの検索を行うオプションが含まれます。 ArcGIS アカウントを使用して Map Viewer または Map Viewer Classic にサイン インすると、レイヤーの追加やルート案内の取得などの追加オプションが表示されます。 Web サイトに埋め込まれ、アプリを介して共有されるマップには、情報の収集、フィーチャの編集、または 2 つのマップを横に並べて比較するなど、特定の目的に重点を置くツールのセットが含まれることがよくあります。

Web マップは、同じ Web マップ仕様に準拠しているため、ArcGIS 全体で使用できます。 つまり、1 つの ArcGIS アプリで作成した Web マップを別の ArcGIS アプリで表示して変更できます。 たとえば、自分が ArcGIS Pro で作成した Web マップを、同僚が ArcGIS Online で変更できます。