ベースマップの選択 (Map Viewer)

ベースマップは、マップ内に表示したいコンテンツの背景地図を提供します。 マップの作成時に、使用するベースマップを選択できます。 ベースマップ ギャラリーまたは独自のレイヤーをベースマップに使用することで、現在のマップのベースマップをいつでも変更できます。 また、Map Viewer[ベースマップ] ウィンドウで、複数のレイヤーを含むベースマップを作成することもできます。

ベースマップをギャラリーから選択

ベースマップ ギャラリーには、地形、画像、道路などを含むさまざまな選択肢があります。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer を開いて [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーの [ベースマップ] Basemap をクリックします。

    [ベースマップ] ウィンドウが開きます。

  3. マップで使用するベースマップのサムネイルをクリックします。
  4. まずベースマップをマップに追加して、ギャラリー内のベースマップに関する情報を表示します。
    1. [ベースマップ] ウィンドウの上部にある [現在のベースマップ] をクリックします。
    2. 表示されるいずれかの参照レイヤーまたはベース レイヤーの [オプション] Options をクリックし、[プロパティ] を選択します。

      [プロパティ] ウィンドウが表示されます。 このウィンドウには、レイヤーのシンボル、透過表示、ブレンド、表示範囲の設定など、レイヤーに関する情報が表示されます。

      注意:

      ベースマップ レイヤーの中には、[凡例を表示] 切り替えボタンが含まれるものもあります。 ベースマップの凡例をサポートする ArcGIS アプリでベースマップの凡例を非表示にする場合は、この切り替えボタンをオフにします。

  5. [保存して開く] Save and open をクリックして [保存] をクリックし、新しいベースマップをマップに保存します。

ギャラリーにないベースマップの使用

ベースマップ ギャラリーに加えて、既存のレイヤーを検索したり、レイヤーを Web から追加したりして、ベースマップを使用することもできます。 複数のレイヤー タイプがサポートされています。 このようにベースマップを使用する場合は、Esri ベースマップの座標系である Web メルカトルの代わりに、そのベースマップの座標系がマップで使用されます。

  1. サイン インしていることを確認し、Map Viewer でマップを開いて、[コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーの [レイヤー] Layers をクリックします。

    [レイヤー] ウィンドウが表示されます。

  2. [レイヤー] ウィンドウの [レイヤーの追加] をクリックします。
  3. ウィンドウ上部のドロップダウン メニューから、レイヤーを検索する場所を選択します。
    1. 目的のレイヤーを検索するには、次のいずれかを実行します。
      • 検索テキスト ボックスに検索語句を入力します。 また、高度な検索を使用して、検索結果を絞り込むこともできます。
      • 表示ボタン ([テーブル] テーブル および [リスト] リスト) を使用して、別の方法でレイヤーを表示します。
      • [並べ替え] 並べ替え をクリックして、必要に応じてレイヤーの結果を並べ替えたり、並べ替え方向を変更します。
      • [フィルター] フィルター をクリックして、検索結果を絞り込みます。 たとえば、組織内のレイヤーを検索していて、コンテンツのカテゴリが設定されている場合、[カテゴリ] フィルターを使用して結果を絞り込むことができます。 また、ArcGIS Living Atlas レイヤーの結果を、ArcGIS の標準カテゴリ セット[地域] フィルターを使用してフィルター処理することもできます。
        注意:

        現在のマップ範囲に基づいて検索結果を制限するには、[マップ エリア内のコンテンツのみを表示] を選択します。 たとえば、マップを米国ネバダ州に拡大すると、検索結果はマップの範囲に合わせて並べ替えられます。 マップ範囲をペンシルバニア州に変更すると、通常、(キーワードに応じて) 異なる結果が返されます。 現在のマップ範囲に重なり合っている (キーワードに一致する) すべてのレイヤーが返されます。

    2. ベースマップにするレイヤーのタイトルをクリックします。
    3. ウィンドウの下部にある [ベースマップとして使用] をクリックします。
    4. [レイヤーの参照] ウィンドウで [閉じる] (X) をクリックしてウィンドウを閉じます。

組織サイトにカスタム ベースマップ ギャラリーが存在し、ユーザーが適切な権限を持っている場合は、ユーザーのベースマップをギャラリーに追加することができます。

マルチレイヤー ベースマップの作成

マップ内の操作レイヤーを使用してマルチレイヤー ベースマップを作成できます。 操作レイヤーとは、対話形式で操作され、ベースマップの上に描画されるレイヤーです。 [レイヤー] ウィンドウで特定タイプの操作レイヤーをベースマップ レイヤー グループに移動して、複数のレイヤーを含むベースマップを作成することができます。 これは、マップの背景 (コンテキスト) として複数のレイヤーを一緒に使用したい場合や、ベースの衛星画像レイヤーに参照ラベルが付いたマップ イメージ レイヤーを追加したい場合、あるいは陰影起伏画像レイヤーと地形図画像レイヤーなど、複数のベース レイヤーを組み合わせたい場合に便利です。

レイヤーをベースマップ レイヤー グループに移動した後は、グループ内でのレイヤーの位置を上下に移動させたり、参照レイヤーとして使用するレイヤーを指定したり、ベースマップ レイヤー グループ外にレイヤーを移動したりできます。 マルチレイヤー ベースマップを作成したら、ベースマップ レイヤー グループのタイトルを含め、レイヤーの名前を変更して、ベースマップを保存できます。 マルチレイヤー ベースマップは、組織のベースマップ ギャラリーで使用できます。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で次のいずれかを実行します。
    • マップを作成して、ベースマップに含めるレイヤーを追加します。
    • ベースマップに含めるレイヤーを含む既存のマップを開きます。
  3. ベースマップに移動するレイヤーを参照して、次のいずれかを実行します。
    1. 必要に応じてレイヤーを変更します。 レイヤー タイプに応じて、変更内容に、ポップアップの構成スタイルの変更などが含まれることがあります。 加えられた変更はすべて、レイヤーをベースマップに移動するときに維持されます。
    2. [オプション] Options をクリックし、[ベースマップへ移動] をクリックします。
  4. マルチレイヤー ベースマップに含めるレイヤーごとに上記の手順を繰り返します。
  5. ヒント:
    [レイヤー] ウィンドウでレイヤーを使用することなく、レイヤーをベースマップに直接追加することもできます。 これを行うには、[コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーで [ベースマップ] Basemap を選択し、[ベースマップ] ウィンドウの上部にある [現在のベースマップ] をクリックします。 ウィンドウの [ベース] セクションにある [レイヤーの追加] をクリックして、レイヤーを参照して選択し、ベースマップに直接追加します。
  6. 必要に応じて、[コンテンツ] ツールバーで [ベースマップ] Basemap を選択し、[ベースマップ] ウィンドウの上部にある [現在のベースマップ] をクリックして、次のいずれかを実行します。
    • [ベースマップ] ウィンドウの [参照] セクションにレイヤーをドラッグして、そのレイヤーを参照レイヤーとして指定します。 参照レイヤーは、常に、マップ内で他のすべてのレイヤーの上に描画され、[コンテンツ] ウィンドウ内でベースマップ レイヤー グループの最上位に表示されます。 一般に、参照レイヤーには、輸送ルートや場所名などの参照フィーチャを示すラベルが含まれます。 いつでも、そのレイヤーを元の [ベース] セクションにドラッグして、参照不可のベースマップ レイヤーにすることができます。
    • レイヤーを参照して [オプション] Options をクリックします。 [ベースマップから移動] を選択して、ベースマップ外にそのレイヤーを移動します。 レイヤーが、ベースマップ レイヤー グループ外に移動され、[レイヤー] ウィンドウに戻ります。
      注意:

      一番下にあるベースマップ レイヤーは、ベースマップ レイヤー グループに同じタイプの別のベースマップ レイヤーが含まれている場合のみ、ベースマップ レイヤー グループ外に移動できます。 たとえば、タイル ベースマップ レイヤーは、ベースマップ レイヤー グループに別のタイル レイヤーが含まれている場合のみ移動できます。

    • レイヤーを上下にドラッグして、ベースマップ レイヤー グループ内で再配置します。
      注意:

      マルチレイヤー ベースマップのベースマップ レイヤーは、ベースマップ レイヤー グループにタイル レイヤー、非タイル レイヤー、または参照レイヤーのいずれかが 2 つ以上含まれている場合のみ順序を変更できます。 参照レイヤーを参照不可のレイヤーの下に移動させることはできません。

    • [名前の変更] を選択してテキスト ボックスに新しい名前を入力し、[OK] をクリックしてベースマップ レイヤー グループのタイトルまたはベースマップ レイヤーの名前を変更します。
  7. [保存して開く] Save and open をクリックして [保存] をクリックし、マルチレイヤー ベースマップを保存します。

    ベースマップを保存するには、サイン インしているとともに、コンテンツを作成する権限を持っている必要があります。

ヒント:

カスタム ベースマップまたはレイヤー ブレンドの使用時にカバーしないベースマップのエリアに対して背景色を設定できます。 背景色の設定にアクセスするには、[ベースマップ] ウィンドウの下部の [背景色の変更] をクリックします。

ベースマップに関する注意事項

ベースマップを操作する際には、以下の点に注意してください。

  • カスタム ベースマップとマルチレイヤー ベースマップについては、イメージ、マップ イメージ、タイル、ベクター タイル、WMS OGC、WMTS OGC、Bing、および OpenStreetMap の各レイヤー タイプがサポートされています。
  • マップの座標系はベースマップによって設定されるため、Map Viewer は、有効なベースマップがないとマップ内にレイヤーを表示しません。 マップをベースマップと一緒に保存すると、Map Viewer はそのベースマップだけを使用します。このベースマップが利用できない場合も、デフォルトのベースマップには戻りません。 マップは別のベースマップを使用することで修正できますが、元のベースマップと新しいベースマップの空間参照が同じである場合に限られます。 マップを修正するには、異なるベースマップを選択するか、URL パラメーターの basemapURL を使用します。
  • ベースマップ ギャラリーに存在しないベースマップを使用する際に、一部のズーム レベルが欠落していることがあります。 これは、マップが現在のベースマップ (たとえば、地形図ベースマップ) のズーム レベルを表示するために発生します。 ユーザーがベースマップに設定したズーム レベルを表示するには、マップを保存し、Map Viewer ページを閉じ (たとえば、[ギャラリー] ページに移動するなど)、再度マップを開きます。 追加したズーム レベルが表示されます。
  • マルチレイヤー ベースマップを作成した後で、ギャラリーからベースマップを選択するか、Web からのレイヤーの追加、レイヤーの検索、または ArcGIS Living Atlas ギャラリーからのベースマップの選択によってベースマップを追加すると、作成したマルチレイヤー ベースマップが新しいベースマップに置き換えられ、そのマルチレイヤー ベースマップに含まれているすべてのレイヤーがマップから削除されます。