レイヤーをシーンに追加

ストーリーをよりわかりやすく伝えるために、新しいシーンまたは既存のシーンにレイヤーを追加します。 ArcGIS Online[マイ コンテンツ][Living Atlas] などの Scene Viewer リソースを参照し、コンテンツを追加してシーンを強化できます。 URL を入力してレイヤーを追加することもできます。

注意:

レイヤーの要件については、「グローバル シーンとローカル シーン: レイヤーのサポート」をご参照ください。

  1. アカウントにサイン インしていることを確認し、Scene Viewer を開きます。
  2. [デザイナー] ツールバーで、[レイヤーの追加] Add をクリックしてレイヤーを追加します。
  3. [保存] Save をクリックして、シーンに追加されたレイヤーを保存します。

Scene Viewer はどのレイヤーをサポートしていますか?

Scene Viewer は、次のレイヤーをサポートしています。

*Scene Viewer では、Map Viewer Classic で設定されたイメージ レンダリング プロパティがすべてサポートされるわけではありません。

** ボクセル レイヤーは、WebGL2 でのみサポートされています。 Safari を使用している場合は、バージョン 15 以降が必要です。 「Scene Viewer の要件」をご参照ください。

Scene ViewerArcGIS EnterpriseArcGIS Online レイヤーを利用できるかどうかについては、「Scene Viewer のレイヤーのサポート」をご参照ください。

レイヤーの検索

レイヤーをシーンに追加するには、次の手順に従います。

  1. [レイヤーの追加]Add をクリックします。
  2. [レイヤーの参照] Browse layers をクリックして以下からレイヤーを検索します。

    • [マイ コンテンツ] - 所有するレイヤーが含まれています。
    • [お気に入り] - お気に入りとしてマークされたレイヤーが含まれています。
    • [マイ グループ] - 所属しているグループのレイヤーが含まれています。
    • [サブスクリプション コンテンツ] - 組織がデータ レイヤーを購入するためにライセンスを割り当てている場合は、ArcGIS Marketplace から入手可能なレイヤーが含まれています。
    • [組織] - 組織のレイヤーが含まれています。
    • [Living Atlas] - ArcGIS Living Atlas of the World から選択したレイヤー (Web シーン、フィーチャ レイヤー、シーン レイヤー、画像、人口統計、土地被覆など) が含まれています。

    • [ArcGIS Online] - 追加したレイヤー、所属しているグループのレイヤー、およびパブリック コンテンツが含まれています。

  3. 必要なレイヤーを見つけやすいように、次のいずれかを実行します。
    • 検索テキスト ボックスに検索語句を入力します。 また、高度な検索を使用して、検索結果を絞り込むこともできます。
    • [フィルター] ボタン フィルター をクリックして、検索結果を絞り込みます。 たとえば、組織内のレイヤーを検索していて、コンテンツのカテゴリが設定されている場合、[カテゴリ] フィルターを使用して結果を絞り込むことができます。 また、ArcGIS Living Atlas レイヤーの結果を、ArcGIS の標準カテゴリ セット[地域] フィルターを使用してフィルター処理することもできます。 検索で信頼できるとしてマークされたレイヤーのみを返す場合は、[ステータス] フィルターを使用します。 表示されるフィルター オプションは、レイヤーを検索する場所と、サイン インの有無およびその方法によって異なります。
      注意:

      現在のビューに基づいて検索結果を制限するには、[マップ エリア内のコンテンツのみを表示] を選択します。 たとえば、シーンを米国ネバダ州に拡大すると、検索結果は現在のビューに合わせて並べ替えられます。 ビューをペンシルバニア州に変更すると、通常、(キーワードに応じて) 異なる結果が返されます。 現在のビューに重なり合っている (キーワードに一致する) すべてのレイヤーが返されます。

    • [並べ替え] ボタン 並べ替え をクリックして、必要に応じてレイヤーの結果を並べ替えたり、並べ替え方向を変更します。
    • レイヤーの重要な詳細を表示するには、そのタイトルをクリックします。 レイヤーの詳細ウィンドウで、[詳細の表示] ボタン 詳細の表示 をクリックすると、アイテム ページが開き、レイヤーの詳細が表示されます。
  4. [追加] ボタン Add をクリックして、レイヤーをシーンに追加します。
  5. 追加するレイヤーごとに上記の手順を繰り返します。
    ヒント:

    レイヤーの詳細ウィンドウで [お気に入りに追加] をクリックすると、レイヤーの結果をお気に入りに追加できます。 Scene Viewer やコンテンツ ページの [お気に入り] タブでレイヤーを検索するときに、お気に入りの完全なリストを表示するには、[お気に入り] を選択します。

  6. レイヤーをシーンから削除するには、[削除] ボタン Remove をクリックします。
  7. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、シーンに追加されたレイヤーを保存します。
  8. 別のレイヤーをシーンに追加するか、[完了] をクリックします。

ArcGIS Web サービス レイヤーの追加

レイヤーの URL を入力して、ArcGIS Web サービス レイヤーをシーンに追加することもできます。

  1. [レイヤーの追加] Add をクリックします。
  2. Web サービス[ArcGIS Web サービス] をクリックして [レイヤー URL の入力] ウィンドウを開きます。
  3. [レイヤーの URL] テキスト ボックスにサービスの URL を入力します。
  4. [レイヤー名] テキスト ボックスにレイヤーの名前を入力します。
  5. 必要に応じて、サービスに作成するリクエストにカスタム パラメーターを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [カスタム パラメーター][パラメーターの追加] をクリックします。
    2. [パラメーター] テキスト ボックスに、追加するパラメーターの名前を入力します。
    3. [値] テキスト ボックスにパラメーター値を入力します。
    4. 追加する各パラメーターに対して上記の手順を繰り返します。

      カスタム パラメーターを指定した場合、それらは、選択したすべてのレイヤーに適用されます。 別のカスタム パラメーターを特定のレイヤーにのみ追加する場合は、これらのレイヤーを個別に追加する必要があります。

  6. [追加] をクリックして、サービスをシーンに追加します。

GeoJSON レイヤーの追加

GeoJSON は、オープン規格の地理空間データ交換形式で、単純な地理フィーチャとその非空間属性を表します。

GeoJSON レイヤーを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [レイヤーの追加] Add をクリックします。
  2. GeoJSON[GeoJSON] をクリックして [GeoJSON] ウィンドウを開きます。
  3. [レイヤーの URL] テキスト ボックスにサービスの URL を入力します。
  4. [レイヤー名] テキスト ボックスにレイヤーの名前を入力します。
  5. 必要に応じて、サービスに作成するリクエストにカスタム パラメーターを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [カスタム パラメーター][パラメーターの追加] をクリックします。
    2. [パラメーター] テキスト ボックスに、追加するパラメーターの名前を入力します。
    3. [値] テキスト ボックスにパラメーター値を入力します。
    4. 追加する各パラメーターに対して上記の手順を繰り返します。

      カスタム パラメーターを指定した場合、それらは、選択したすべてのレイヤーに適用されます。 別のカスタム パラメーターを特定のレイヤーにのみ追加する場合は、これらのレイヤーを個別に追加する必要があります。

  6. [追加] をクリックして、サービスをシーンに追加します。

CSV レイヤーの追加

カンマ区切り値ファイル (CSV) は、一般的に位置情報が含まれている、Web ベースのテキスト ファイルです。

CSV レイヤーを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [レイヤーの追加] Add をクリックします。
  2. CSV [CSV] をクリックして [CSV] ウィンドウを開きます。
  3. [レイヤーの URL] テキスト ボックスにサービスの URL を入力します。
  4. [レイヤー名] テキスト ボックスにレイヤーの名前を入力します。
  5. 必要に応じて、サービスに作成するリクエストにカスタム パラメーターを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [カスタム パラメーター][パラメーターの追加] をクリックします。
    2. [パラメーター] テキスト ボックスに、追加するパラメーターの名前を入力します。
    3. [値] テキスト ボックスにパラメーター値を入力します。
    4. 追加する各パラメーターに対して上記の手順を繰り返します。

      カスタム パラメーターを指定した場合、それらは、選択したすべてのレイヤーに適用されます。 別のカスタム パラメーターを特定のレイヤーにのみ追加する場合は、これらのレイヤーを個別に追加する必要があります。

  6. [追加] をクリックして、サービスをシーンに追加します。

見通し線レイヤーの追加

見通し線 [見通し線] ツールを使用して、観測点から複数の目標点への 3D 可視解析を実行できます。 ある観測点と複数の目標点の間の可視性が、ビューに現在表示されているコンテンツ (地表、3D メッシュ、建物や樹木などの 3D オブジェクトなど) に対して計算されます。

解析結果がラインとして表示され、観測点から見える部分は緑色で表示されます。 見通しが妨げられた目標物は赤色の球体として表示され、見通し線の妨げられた部分も赤色で表示されます。 見える目標物は緑色の球体として表示され、見通し線は全体が緑色になります。 見通し線を計算できない場合、灰色で表示されます。 これは目標点または観測点のいずれかがビューにないか、このどちらもビューにない場合に起こります。

見通し線レイヤーの作成

見通し線レイヤーを作成して追加するには、次の操作を行います。

  1. [レイヤーの追加] Add をクリックします。
  2. 見通し線 [見通し線] をクリックして [見通し線] ウィンドウを開きます。
  3. シーン内をクリックして、観測点を配置します。
  4. ドラッグしてクリックすることで、目標点を配置します。

    クリックしてドラッグすることで、さらに目標点を配置します。

  5. [停止] をクリックすることで、ポイントの配置をいつでも停止できます。

    次のいずれかを実行します。

    1. ポイントをクリックしてドラッグすることで、見通し線を調整します。
    2. [続行] をクリックして目標点をさらに配置します。
    3. [新規] をクリックして見通し線をリセットします。
    4. 目標点を右クリックして削除します。
  6. 完了したら [完了] をクリックします。

    新しい見通し線が [レイヤー] Layers に追加されます。

見通し線レイヤーの修正

見通し線レイヤーを修正するには、次の操作を行います。

  1. [レイヤー] Layers をクリックして [レイヤー] ウィンドウを開きます。
  2. 見通し線レイヤーを選択するか、レイヤー オプション ツール レイヤー設定ツール をクリックし、[見通し線レイヤーの編集] を選択して [見通し線] ウィンドウを開きます。
  3. 次のいずれかを実行します。
    1. ポイントをクリックしてドラッグすることで、見通し線を調整します。
    2. [続行] をクリックして目標点をさらに配置します。
    3. [新規] をクリックして見通し線をリセットします。
    4. 目標点を右クリックして削除します。
  4. [停止] をクリックすることで、ポイントの配置をいつでも停止できます。
  5. 変更内容を適用して [レイヤー] Layers に戻るには、[完了] をクリックします。

    中止して [レイヤー] Layers に戻るには、[キャンセル] をクリックします。