Skip To Content

アイテムの共有

ArcGIS Onlineマップ、レイヤー、その他のアイテムを追加すると、ユーザーは、それらのアイテムを共有しないままにしておくか、または自分の共有権限とセキュリティ設定に従って、グループ、組織、またはすべてのユーザーとそれらのアイテムを共有することを選択できます。また、組織、グループ、すべてのユーザーを組み合わせてアイテムを共有することもできます。アイテムを共有しないことを選択した場合、アイテムを共有するまで、そのアイテムにアクセスできるのはユーザー自身 (および他のメンバーが所有しているコンテンツを表示する権限のある組織のメンバー) だけです。ユーザーのマップ、アプリ、およびその他のアイテムは、共有されるまで、他のユーザーが使用することはできません。たとえば、これらのコンテンツは検索結果に表示されず、どのグループにも属しません。

アイテムをパブリックにする (つまり、すべてのユーザーと共有する) と、Web サイトへの匿名アクセスが組織で許可されていない場合でも、匿名ユーザーを含むすべてのユーザーがそのアイテムにアクセスできるようになります。プライベート グループのみに共有されているアイテムへのアクセスには、ユーザーがアイテムを共有したグループ メンバーがログインしている必要があります。この条件はアイテムにアクセスするたびに常に適用されます。

Esri では、ユーザーの情報へのすべてのアクセスをセキュリティで保護します。ユーザー ID の認証は、常に HTTPS 通信であるログイン プロセスによって行われます。情報へのそれ以降のアクセスには、サイン イン時に取得される認証トークンが必要となり、HTTP 上で実行されます。管理者は、組織サイトで情報へのすべてのアクセスを HTTPS 上で実行するセキュリティ向上機能を構成することもできます。

アイテムを共有するオプションが複数あり、共有権限によって異なります。

  • 組織 - 組織で共有すると、組織サイトのメンバーだけがアイテムにアクセスできます。
  • 所属しているグループ - グループのメンバーである場合、アイテムをグループで共有できます。特定のグループと共有すると、対象を絞った少数のユーザーにアクセスを制限できます。グループのメンバーが所属する組織は同じでも異なっていてもかまいません。
  • すべてのユーザー - すべてのユーザーと共有すると、アイテムはパブリックになります。ArcGIS Online にアクセスできるユーザー (匿名ユーザーを含む) は誰でも、そのアイテムを検索して使用することができ、グループの所有者はそのアイテムをグループ コンテンツに含めることができます。
  • すべてのユーザーおよびグループ - 主題コンテンツを一部のユーザーと共有するか、自分のコンテンツをアイテムのコレクションとして整理する一方で、すべてのユーザーが自分のアイテムにアクセスできるようにもしたい場合は、アイテムをグループおよびすべてのユーザーと共有することができます。この方法は、特に集中的に行うグループ作業に適しており、共同で作業したり相互に利用できる特定のコンテンツのリストをすべてのメンバーが表示できるというメリットがあります。たとえば、消防局で火災マップを作成する場合、一般ユーザーにはそのマップを検索して表示できるようにする一方で、消防局のグループ内のメンバーには独自の現地版マップを作成するために、そのマップをテンプレートとして使用できるようにします。
  • すべての人、組織、および所属しているグループ - アイテムを多くのユーザー (すべてのユーザーや組織など) と共有すると同時に、特定のグループとも共有できます。この設定により、特定のグループと特別に関連するアイテムとして分類しながら、組織サイト内の他のユーザーはアイテムを引き続き利用できるようになります。

アイテムの共有の詳細と、使用可能な共有プロパティの設定に関する推奨事項については、「効果的な共有の手法」をご参照ください。

組織とのアイテムの共有

組織サイトのすべてのメンバーとアイテムを共有するが、(組織サイトにアクセスできる) 組織外のユーザーはアイテムにアクセスできないようにするには、アイテムを組織で共有します。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを組織と共有する権限を持っていることを確認します。
  2. [コンテンツ][マイ コンテンツ] を開きます。
  3. 共有するアイテムのタイトルの横にあるチェックボックスをオンにします。

    複数のタイトルをオンにして複数のアイテムを同時に共有することも、[タイトル] の横にあるチェックボックスをオンにしてフォルダー内のすべてのアイテムを同時に共有することもできます。

  4. [共有] をクリックし、表示されるポップアップで、組織名の横にあるチェックボックスをオンにします。

グループとのアイテムの共有

適切な権限がある場合は、所属している 1 つまたは複数のグループでのみアイテムを共有することで、そのアイテムをセミプライベートの状態にしておくことができます。アイテムをグループと共有すると、グループの他のメンバーがそのアイテムにアクセスできるようになります。自分が所有しているアイテムを共有するだけでなく、組織のメンバーが所有しており、パブリックまたは組織で共有されているアイテムを共有することもできます。

備考:

グループ所有者とグループ マネージャーに限り、組織外のメンバーが所有しているパブリック アイテムをグループで共有できます。

一部のグループ、つまり、アイテムの更新機能が有効化された状態で作成されたグループの場合、グループの他のメンバーは、共有されたアイテムを更新することもできます。ユーザーが、この機能が有効化されているグループとアイテムを共有する場合、そのユーザーは依然としてアイテムの所有者です。他のグループ メンバーは、アイテムの変更やコンテンツの更新を含め、アイテムを更新できます。

備考:

現段階で、アイテムの更新機能は、アイテム詳細とマップ、Web アプリ テンプレート、およびシーンのコンテンツでの使用を対象としています。現在、大半の ArcGIS アプリは、アイテムの更新機能をサポートしていません。この機能が特定の ArcGIS アプリでサポートされているかどうかを確認するには、アプリのドキュメントをご参照ください。

グループの他のメンバーが共有アイテムを更新できるようにすると役立つ場合が多数あります。たとえば、この機能が有効である場合、交代制の作業員のチームが重要な Web マップの更新 (レイヤーの追加/削除、シンボルの変更、マップの説明の更新など) を行う際に責任の分担が容易になります。

ヒント:

一般的な共有の例として、すべてのユーザーを対象にレイヤーに対する編集を有効化せずに、一般ユーザーに表示されるホスト フィーチャ レイヤーを編集者のチームが編集できるようにする場合があります。ArcGIS Online はフィーチャ レイヤー ビューをサポートしているため、このようなシナリオでホスト フィーチャ レイヤーに対するアクセス権限を管理する方法として推奨されるのは、ホスト フィーチャ レイヤーからフィーチャ レイヤー ビューを作成することです。この方法では、読み取り専用ビューをすべてのユーザーと共有し、編集可能なホスト フィーチャ レイヤーを編集者のグループで共有することができます。

  1. サイン インしていることと、コンテンツをグループと共有する権限を持っていることを確認します。
  2. [コンテンツ][マイ コンテンツ] を開きます。
  3. 共有するアイテムのタイトルの横にあるチェックボックスをオンにします。

    複数のタイトルをオンにして複数のアイテムを同時に共有することも、[タイトル] の横にあるチェックボックスをオンにしてフォルダー内のすべてのアイテムを同時に共有することもできます。

  4. [共有] をクリックします。

    アイテムの更新機能が有効化されている 1 つ以上のグループのメンバーである場合は、[アクセス] オプションと [アクセスおよび更新機能] オプションの両方が表示されます。それ以外の場合は、[アクセス] オプションのみが表示されます。

    • [アクセス] をクリックすると、アイテムの更新機能が有効化されていないグループのリストが表示されます。このオプションを選択した場合、他のグループ メンバーは、共有されたアイテムにアクセスできます。
    • 使用可能な場合、[アクセスおよび更新機能] をクリックすると、アイテムの更新機能が有効化されているグループのリストが表示されます。このオプションを選択した場合、グループ メンバーは、共有されたアイテムを更新できます。
  5. 表示されるポップアップで、アイテムを共有する 1 つまたは複数のグループの横にあるチェックボックスをオンにします。
    備考:

    前のステップで [アクセス] を選択した場合は、アイテムの更新機能を持たないように作成されたグループだけがリストに表示されます。前のステップで [アクセスおよび更新機能] を選択した場合は、アイテムの更新機能を持つように作成されたグループだけがリストに表示されます。

ヒント:

グループ所有者またはグループ マネージャーは、グループでのアイテムの共有をグループ ページの [コンテンツ] タブから直接実行できます。[アイテムをグループに追加] ボタンをクリックした後、グループで共有するアイテムを検索して、共有するアイテムごとに [アイテムの追加] をクリックします。

すべてのユーザーとのアイテムの共有

すべての人とアイテムを共有すると、そのアイテムはパブリックになります。したがって、ArcGIS Online を訪れたすべての人 (匿名ユーザーを含む) が、そのアイテムにアクセスし表示することができます。グループの所有者またはマネージャーは、パブリックまたは組織で共有されているアイテムをそのグループに追加することもできます。マップをリンクするか、Web サイトに埋め込む場合は、そのマップがすべての人と共有されている状態であることを確認します。

  1. サイン インしていることと、コンテンツをパブリックと共有する権限を持っていることを確認します。
  2. [コンテンツ][マイ コンテンツ] を開きます。
  3. 共有するアイテムのタイトルの横にあるチェックボックスをオンにします。

    複数のタイトルをオンにして複数のアイテムを同時に共有することも、[タイトル] の横にあるチェックボックスをオンにしてフォルダー内のすべてのアイテムを同時に共有することもできます。

  4. [共有] をクリックし、表示されるポップアップで [すべての人に公開 (パブリック)] のチェックボックスをオンにします。

別の組織とのアイテムの共有

ユーザー自身および他のメンバーが適切な共有権限を持っている場合は、コンテンツを異なる組織のメンバーと共有できます。コンテンツを共有している他の組織の各メンバーが、すべてのユーザーが表示できるプロフィールを備え、ユーザー自身が組織の外部で共有する権限を持っている場合、自分が所属 (または所有) するグループにそれらのメンバーを招待して、そのグループとアイテムを共有することができます。

ヒント:

すべてのユーザーが自分のコンテンツにアクセスできてもかまわない場合、別の組織とコンテンツを共有する簡単な方法は、自分のアイテムと関連するリソースをパブリックにすることです。

コンテンツを別の組織のメンバーと共有するには、次の手順を実行します。

  1. サイン インしていること、およびグループを作成し、グループおよび組織外のユーザーとコンテンツを共有する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツを共有する他の組織のメンバーを含むグループを作成します。

    ギャラリー アプリを他の組織と共有する場合は、共有ステータスを [パブリック] に設定します。他の組織のメンバーがコンテンツを提供できるようにする場合は、すべてのメンバーにコンテンツの提供を許可するオプションを選択していることを確認します。

  3. グループに他の組織のメンバーを招待します。
    備考:

    グループに招待できるのは、自分と同じ種類のアカウントを持っているメンバーのみです。組織アカウントを持つユーザーは、組織アカウントを持つ他のユーザーしかグループに加入するよう招待できません。個人向けアカウントを持つユーザーは、個人向けアカウントを持つ他のユーザーしかグループに加入するよう招待できません。

    ヒント:

    グループに招待するユーザーを検索すると、プロフィールを公開しているユーザーのみが検出されます。ただし、正確なユーザー名を入力することで、プロフィールを一般ユーザーに公開していないユーザーも招待できます。

    グループに招待したメンバーは、組織サイトの上部で、[通知] ポップアップによるメッセージを受信します。それらのメンバーは、招待を表示して、拒否または受理することができます。招待を受理したメンバーは、グループに自動的に追加されます。

  4. 作成したグループとアイテムを共有します。

    招待を受理してグループに加入したメンバーは、共有されたアイテムにアクセスできます。

    備考:

    ギャラリー アプリを別の組織と共有している場合、グループとアプリに含まれるすべてのアイテムがパブリック アイテムである必要があります。

パブリック アイテムの共有

自分が所有するパブリック アイテムおよび他のユーザーが所有するパブリック アイテムを共有できます。

所有していないパブリック アイテムの共有

Web サイトで見つけた他のユーザーのパブリック アイテムを共有することができます。たとえば、パブリック マップは、ソーシャル ネットワーキング サイトにポストしたり、リンクを電子メールで送信したり、Web サイトやブログに埋め込んだりして共有することができます。グループを所有している場合は、パブリックまたは組織で共有されているベースマップ、アプリ、その他のアイテムをグループで共有できます。

匿名アクセスが無効な場合のパブリック アイテムの共有

組織で匿名アクセスが無効にされている場合、組織の Web サイトにアクセスできるのはメンバーのみです。この場合でも、組織の URL (たとえば、https://www.arcgis.com) の代わりにパブリック URL (https://yourorg.maps.arcgis.com) を使用してアイテムを共有することで、組織のパブリック アイテムを共有できます。パブリック URL を使用してパブリック アイテムを共有するには、次のような方法があります。

個人向けアカウントを使用した共有

個人向けアカウントを使用している場合、ArcGIS Online にアイテムを追加したり、パブリック グループを作成したり、すべての人や自分が所属しているパブリック グループとアイテムを共有することができます。すべてのユーザーと (パブリックに) 共有されているアイテムにアクセスしたり、他の個人向けアカウントが所有するパブリック グループに加入することができます。プライベート グループを作成またはプライベート グループに加入したり、組織が所有するグループに加入したり、自分のグループに組織アカウントを招待することはできません。グループで共有するアイテムはすべての人 (パブリック) とも共有する必要があります。既存のプライベート グループやグループとプライベートに共有されているアイテムはプライベートのままです。ArcGIS Online では、既存のプライベート グループやプライベートに共有されているアイテムはパブリックになりません。