スタイルの適用 (Map Viewer)

マップにより、さまざまな方法でデータを視覚化できます。 たとえば、各国の人口データを、連続した色 (薄い色から濃い色に変化するなど) で表示したり、比例シンボルの円 (大きさの異なる円など) で表示したりできます。 このように高い柔軟性があるため、ユーザーは、データの表現方法に基づき、いろいろなストーリーを伝えたり、隠れたパターンを検出したりできます。 ただし、マップをこれほど柔軟に作成できることは、最適な答えが 1 つに限らない場合に的確な意思決定を下す必要があることを意味します。

Map Viewer を使用すれば、ユーザーはスマート マッピングのデフォルトを使用して各種のスタイル設定オプションを検討してみることができます。 Map Viewer でマップ レイヤーのスタイルを設定する場合、[スタイル] ウィンドウにデフォルトで表示されるスタイル設定オプションは、データの性質によって決まります。 カラー ランプ、ラインの太さ、透過表示、シンボルなどのグラフィックス エレメントを選択してみて、選択したエレメントがどのようにマップ上に反映されるかをすぐに確認することができます。

Map Viewer でのスマート マッピングの詳細については、次のリソースをご参照ください。

スタイルの適用

レイヤー用に提供されるスタイル設定オプションは、マッピングしているデータのタイプによって決まります。 フィーチャ レイヤーがポイント フィーチャ、ライン フィーチャ、ポリゴン フィーチャのいずれで構成されているか、あるいは画像データとラスター データのいずれをマッピングしているかに応じて、使用できるオプションが異なります。 たとえば、レイヤーがポイントで構成されている場合は、ヒート マップ スタイル設定オプションを使用できますが、ライン レイヤーやポリゴン レイヤーの場合、それらのオプションを使用できません。 使用できるオプションは、レイヤーに関連付けられている属性データのタイプの影響も受けます。 たとえば、ポイント フィーチャは、地理座標などの位置情報をだけを持つ場合もありますが、カテゴリ情報 (樹木の種類など)、または数値情報 (気温など) を持つこともできます。 スタイル設定オプションは、収入や人口などの属性を 1 つ表示するか、2 つ表示するかによっても異なります。 すべてのデータのタイプに対してすべてのスタイル設定オプションを使用できるわけではありません。 Map Viewer では、データのタイプとその他の特性を分析した上で、最も適切なスタイル設定オプションが表示されます。

注意:

レイヤーの明示的な属性を使用するフィーチャ レイヤーをスタイル設定する代わりに、ArcGIS Arcade で記述したカスタム属性式を作成してスタイル設定に使用できます。 これは、ほとんどのスタイルで使用できます。 たとえば、Arcade 式を作成して、月別売上高フィールドの値を合計することで、個々の販売テリトリーにおける年間売上金額を取得することができます。 そして、年間売上金額をさまざまなサイズのシンボルでマップ上に表現することができます。 また、Arcade 式を作成したり、Map Viewer で既存の Arcade 式を直接編集したりすることもできます。 Arcade 式は、フィーチャの透過表示またはシンボルの回転角度を設定するときや、ポップアップラベルを構成する際にも使用できます。

スタイルを適用せずにレイヤーを追加した場合 (たとえば、ホスト フィーチャ レイヤーやイメージ レイヤーを公開した直後にアイテム ページから追加した場合)、Map Viewer には、デフォルトのスタイル設定が適用されたレイヤーが表示されます。 すでにスタイルが適用されているレイヤーを追加した場合、Map Viewer ではそのスタイルが優先されます。 サポートされているレイヤーのスタイルは、[設定] ツールバーの [スタイル] ボタンをクリックしていつでも変更できます。

フィーチャ レイヤーのスタイルを設定または変更するには、次の手順に従います。

注意:

イメージ レイヤーのスタイル設定については、「画像のスタイル設定」をご参照ください。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、レイヤーを含むマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  3. [レイヤー] ウィンドウで、レイヤーをクリックして選択します。
  4. [設定] (明るい背景の) ツールバーで、[スタイル] スタイル をクリックします。
  5. [スタイル] ウィンドウの [属性の選択] セクションで、次のいずれかの操作を実行します。
    注意:

    単一シンボルを使用して場所を表示する場合や、ポイント フィーチャの位置をヒート マップとしてマッピングする場合は、このステップをスキップできます。

    • [フィールド] をクリックし、属性を探して選択し、[追加] をクリックしてレイヤーの属性をスタイル設定します。
    • [式] をクリックし、レイヤーをスタイル設定する編集ウィンドウでカスタム Arcade 式を作成して、名前も付けます。

      また、既存の式を使用して新しい式を作成することもできますが、一部の変数がすべてのプロファイルで有効ではない場合があります。たとえば、ポップアップ用に作成された式はスタイルに使用できないことがあります。 既存の式を使用するには、エディター ウィンドウの [既存の式] タブから式を選択します。

    ヒント:

    いずれかの Arcade 関数についてヘルプが必要な場合は、編集ウィンドウで関数の横にある [情報] 情報 をクリックすれば、その関数についての参照情報が表示されます。

  6. さらに追加の属性をスタイル設定するか、追加の式を作成する場合は、前の手順を繰り返します。

    現時点でレイヤーに適用されているスタイルは [描画スタイルを試す] セクションで選択されています。

  7. 必要に応じて、別のスタイルを選択することもできます。 表示する内容に基づいたスタイルを選択します。

    スタイルの変更に関するヘルプについては、「スタイルのクイック リファレンス」のテーブルをご参照ください。

    注意:

    そのデータに適用されるオプションのみが表示されます。 たとえば、フィーチャの位置のみがわかっている場合、使用できるのは単一シンボルまたはヒート マップのみであり、サイズと色は使用できません。 一方、それらの位置にカテゴリ情報または数値情報を追加している場合は、スマート マッピングにより、追加のスタイル設定オプションが表示されます。

    一部のスタイルには [テーマ] オプションも含まれています。 テーマでは、データのさまざまなビューを試してみることができます。 テーマを使用できるかどうかは、選択したスマート マッピング スタイルによって決まります。

  8. 必要に応じて、スタイル カードの [スタイル オプション] をクリックして、レイヤーの外観をカスタマイズできます。
    ヒント:

    [色とサイズ][タイプとサイズ][主要カテゴリとサイズ][関連性とサイズ][タイプとサイズ (期間)]、および [色とサイズ (期間)] を選択した場合、スタイル設定オプションを各属性に適用します。 たとえば、[タイプとサイズ] スタイルを選択した場合は、[タイプ (個別値シンボル)] オプションおよび [数と量 (サイズ)] オプションを選択します。

  9. [スタイル オプション] ウィンドウで、スタイルのカスタマイズが完了したら、[完了] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイル] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。
  10. [シンボル] ウィンドウで [完了] をクリックします。
  11. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーにある [保存して開く] Save and open をクリックし、[保存] をクリックしてスタイルの変更内容を保存します。

スタイルのクイック リファレンス

スマート マッピングを使用してレイヤーのスタイルを設定する際に利用できるスタイルのオプションは、マッピングするデータのタイプ (ポイント、ライン、ポリゴン、画像など) や、データ属性のタイプ (数値、カテゴリ、日付など) および選択する属性の数によって異なります。 それぞれのスタイルによって伝わるストーリーは若干異なり、データに関するさまざまな質問に答えることができます。

次のテーブルは、さまざまなデータ タイプで利用できるスマート マッピングのスタイル オプションおよび各スタイルを使用して答えることができるいくつかの主な質問のクイック リファレンスを示しています。

データ タイプスマート マッピングを使用して答えることができる質問利用可能なスマート マッピング スタイル

場所のみ

例: マイアミの都市サービス リクエストニュージーランド付近でホオジロザメが生息する場所

  • フィーチャはどこにあるか
  • フィーチャは地理的にどのように分布しているか

1 つの数値属性

例: 平均よりも上または下の小児肥満率、土地区画の市場価値1 日当たりの交通量の年間平均

  • 数値に基づいてフィーチャ同士をどのように比較するか
  • 最大値および最小値はどこにあるか
  • どのフィーチャが特定の属性値より上または下にあるか

2 つの数値属性

例: 保険未加入者の数と割合失業傾向種の豊富さと希少性

  • 最大値および最小値はどこにあるか
  • 数値属性にはどのような関係があるか
  • 合計数および割合の間にはどのような関係があるか
  • 範囲外の値はあるか
  • 両方の属性で高い値または低い値を持つフィーチャはどれか
  • 一方の属性の値が低く、他方の属性の値が低いフィーチャはどれか
  • 各属性の関係パターンが最も強力、または最も弱いのはどこか

3 つの数値属性

例: 保全および湿地への資金提供プログラム、農業プログラム、総資金

  • 数値属性にはどのような関係があるか
  • 両方の属性で高い値または低い値を持つフィーチャはどれか
  • 一方の属性の値が低く、他方の属性の値が低いフィーチャはどれか
  • 各属性の関係パターンが最も強力、または最も弱いのはどこか

同じ計測単位を持つ 1 つ以上の数値属性 (数または量)

例: 各種犯罪の発生分布、保護されているホームレス生活者と比較した保護されていないホームレス生活者の分布状況、米国における人種別人口分布

  • どのように分布しているか
  • どのような方法で 1 つの属性の分布を他の属性と比較するか

2 つから 10 個の同じ計測単位を持つ関連のある数値属性

例: 国勢調査地区あたりの優勢な民族人口国勢調査地区別の優勢な住宅タイプと、世帯数が最多および最少の区画

  • どのフィーチャが、各フィーチャのその他の関連する属性と比較して最も高い値を持っているか 最も低い値を持つのはどれか
  • 最も高い属性値は、その他の関連する属性と比較してどれくらい高いか
  • 各フィーチャの属性の合計値および各フィーチャと他のフィーチャとの比較状況

1 つのカテゴリ/タイプの属性

例: メーカー別の風力タービン

  • データのカテゴリ別の分布または集約状況

1 つのカテゴリ/タイプの属性と 1 つの数値属性

例: 郡別失業者数

  • 最大値および最小値はどこにあるか
  • データのカテゴリ別の分布状況

1 つの日付/時間属性

例: ロッテルダム爆撃後に建設または再建されたロッテルダム市内の建物ロッテルダム市内で最古の建物緊急対応の応答時間規定違反の苦情の申し立てから順守日までの期間設置年別の下水管

  • 古いフィーチャがどこにあり、新しいフィーチャがどこにあるか
  • 重要な日付より前または後の日付を持つフィーチャはどれか
  • 期間 (2 つの日付の間の時間の長さ) が長いフィーチャおよび期間が短いフィーチャはどれか
  • 期間別のフィーチャの分布状況

2 つの日付/時間属性

例: 雨水貯留施設の検査後経過期間と検査日の関係規則違反の年齢 (訴状から順守までの期間) の関係およびどのくらい最近に違反が発生したか

  • 古いフィーチャがどこにあり、新しいフィーチャがどこにあるか
  • 重要な日付より前または後の日付を持つフィーチャはどれか
  • 期間 (2 つの日付の間の時間の長さ) が長いフィーチャおよび期間が短いフィーチャはどれか
  • フィーチャの期間およびそれらがどのくらい古いまたは新しいかの関係は

1 つの日付/時間属性と 1 つの数値属性

例: 複数車両が関与した一番最近の交通事故雨水貯留施設の検査後経過期間

  • 期間 (2 つの日付の間の時間の長さ) が長いフィーチャおよび期間が短いフィーチャはどれか
  • フィーチャの期間および数値属性の値の関係

1 つの日付/時間属性と 1 つのカテゴリ/タイプ属性

例: タイプ別の下水管と設置後の経過年数

  • データのカテゴリ別の分布状況
  • 期間 (2 つの日付の間の時間の長さ) が長いフィーチャおよび期間が短いフィーチャはどれか
  • フィーチャの期間とそのカテゴリの間の関係は

カテゴリ ラスター

例: 森林、市街地、農地などの土地被覆

  • データのカテゴリ別の分布状況

マルチスペクトル画像

例: マルチバンドの Landsat 画像シャーロットの高標高エリアから低標高エリア

  • 画像化された風景は実際はどのように見えるか
  • 画像内の特定のフィーチャはどこにあるか
  • 最大値および最小値はどこにあるか

連続ラスターまたは画像

例: 米国の気温アイスランドの標高

  • 値の分布とは
  • 最大値および最小値はどこにあるか
  • 値は、範囲にどのようにグループ分けされるか
  • 標高データでは、陰影はどのように表現されるか

カラーマップ

例: 土壌マップと凡例

  • さまざまな土壌タイプの分布とは
  • 土壌タイプは傾斜にどのように関連付けられるか
  • 土地被覆と土地利用クラスの分布とは
  • 時間経過とともに道路が土地被覆にどのように影響するか

多次元ベクトル場

例: National Digital Forecast Database の風向きと風速

  • National Digital Forecast Database の風データを使用した風向きと風速とは?