フィーチャの編集 (Map Viewer Classic)

マップ作成者は、マップの目的を達成するために必要とされるレイヤーと構成が含まれるように各自のマップを作成します。 マップの目的の 1 つがコミュニティまたは組織からの入力の収集である場合、マップ作成者はマップに編集可能なフィーチャを含めます。 たとえば、作成者は、野鳥観察コミュニティが野鳥観察の結果をマップ上に直接ポストし、写真、音声ファイル、ビデオ ファイルなどのメディア ファイルを特定の観測点に追加できる編集可能なフィーチャ レイヤーを含めることができます。 これらのフィーチャはレイヤーの一部であるため、そのレイヤーが別のマップの一部であっても、レイヤーにアクセスする権限があるすべてのユーザーは、マップ内のレイヤーに加えられた変更を直ちに表示できます。

フィーチャ レイヤーの公開者または組織サイトの管理者は、フィーチャ レイヤーが編集可能であるかどうかを決定し、編集レベルを設定します。 編集レベルは、可能な操作がフィーチャの追加、フィーチャの削除、フィーチャ属性の更新のみ、またはフィーチャ ジオメトリの更新のいずれであるかを決定します。

フィーチャ レイヤーが編集可能であり、フィーチャを編集する権限を持っている場合は、編集可能なフィーチャを含むマップを Map Viewer Classic (旧名称 Map Viewer) で開くか、編集可能なフィーチャ レイヤーを Map Viewer Classic に追加して、フィーチャを編集できます。

フィーチャ レイヤーの編集には、マップ上でのフィーチャの追加、変更、削除に加えて、フィーチャに関連付けられた情報 (属性値) の追加、変更、削除も含まれます。 Map Viewer Classicでフィーチャ レイヤーに対して行った編集は自動的にそのレイヤーに保存されます。[保存] ボタンをクリックする必要はありません。 フィーチャまたは属性を追加、削除、または編集してから、操作を間違えたことに気付いた場合は、[元に戻す] をクリックして編集を削除できます。

次の手順では、Map Viewer Classicでレイヤーを編集する方法を示します。 Map Viewer Classicでテーブルを編集する手順については、「テーブルの編集」をご参照ください。

  1. 編集するフィーチャ レイヤーを含むマップをMap Viewer Classicで開くか、新しいマップでフィーチャ レイヤーを開きます。
  2. 必要に応じて、編集するレイヤーの横にあるチェックボックスをオンにして [編集] をクリックします。

    レイヤーに関するエディター設定によって、実行できる編集のタイプが決まります。 レイヤーでフィーチャの追加がサポートされている場合は、編集テンプレートが、マップの左側の [フィーチャの追加] ウィンドウに表示されます。 テンプレートは、マップ内でフィーチャの追加をサポートしているフィーチャ レイヤーごとに表示されます。 レイヤーの公開者によって定義されるこれらのテンプレートは、フィーチャのカテゴリに基づいて事前定義済みのスタイル設定とその他の設定を提供します。 野鳥観察を例にとれば、レイヤーの所有者は、猛禽類、鳴禽類、渉禽類など、野鳥の大きなカテゴリに対応する各種テンプレートを作成できます。

  3. フィーチャを追加するには、次の手順に従います。
    1. レイヤーのフィーチャ テンプレートを [フィーチャの追加] から選択します。
    2. 既存のフィーチャと位置を揃えるか、既存のフィーチャに結合する必要のあるポリゴンまたはライン フィーチャを追加する場合は、Ctrl キーを押して、スナップを有効にします。
    3. マップ上でフィーチャを追加または描画する位置をクリックします。 スナップを使用中の場合は、Ctrl キーを押し続けながら新しいフィーチャを描画して、最も近い既存フィーチャにスナップし続けます。

      フィーチャの追加が完了すると、新規フィーチャの属性の値を設定できるポップアップが表示されます。 使用可能なフィールドはレイヤーに固有のものです。

    4. 各属性に対して、新しいフィーチャに関連する値を入力するか、属性の値のドロップダウン リストが存在する場合は、リストから関連する値を選択します。

      野鳥観察のマップの例で言うと、鳥種、雄か雌か、おおよその年齢 (ひな鳥、幼鳥、成鳥)、野鳥が観察された日時を入力できます。

    5. レイヤーが、添付ファイルを許可するように有効化されている場合は、フィーチャに関連する画像またはその他のファイルを添付できます。 ファイルを添付するには、ポップアップの [添付ファイル] セクションにある [参照] をクリックして、コンピューターからファイルを選択します。 ファイルの最大サイズは 10 MB です。 添付ファイルとしてサポートされているファイル タイプの一覧は、「テーブルの編集」をご参照ください。

      新しい野鳥観察フィーチャの例で言うと、撮影した野鳥の写真を追加できます。

    6. フィーチャをクリックして、編集内容を保存します。
  4. 既存のフィーチャの属性を編集するには、マップ上でそのフィーチャをクリックして選択し、ポップアップを開きます。 必要な情報を変更します。 有効な値のリストで構成されているフィールドには、ドロップダウン矢印が表示されます。 矢印をクリックして、値を選択します。 編集を終えたら、ポップアップの [閉じる] をクリックします。
  5. 既存のフィーチャを移動するには、マップ上でそのフィーチャをクリックして選択し、マップ上の新しい位置までドラッグします。 そのフィーチャをクリックすると、編集が保存されます。
  6. まれではありますが、既存のラインまたはポリゴン フィーチャの形状変更が必要になる場合があります。 これを行うには、フィーチャをダブルクリックして、フィーチャの頂点を表示します。 フィーチャの形状を変更するのに必要な頂点を選択して、新しい位置までドラッグします。 そのフィーチャをクリックすると、編集が保存されます。
  7. フィーチャを削除するには、マップ上のフィーチャをクリックし、そのフィーチャのポップアップを開いて [削除] をクリックします。
注意:

内部フィーチャ サービス (ネットワークの外で利用できないサービス) を編集するには、CORS (Cross-Origin Resource Sharing) に対応した Web ブラウザーを使用する必要があります。 CORS は、サポートされているブラウザーすべてで有効になっています。 ArcGIS 10.1 SP1 以降で作成した内部フィーチャ サービス レイヤーと、ArcGIS 10.1 SP1 以降で作成したセキュリティで保護された内部フィーチャ サービスを編集できます。

Map Viewer ClassicArcGIS Web AppBuilder、および ArcGIS Configurable Apps では、Web 層認証でセキュリティ保護されたフィーチャ サービスの編集がサポートされています。 このサポートを利用する場合、管理者は ArcGIS Online が認証情報を自動的に渡せるように、信頼できるサーバーを設定する必要があります。

編集のフルコントロールを使用してレイヤーを新しいマップに追加

レイヤーの所有者が設定した編集レベルにかかわらず、ホスト フィーチャ レイヤーに対する編集のフルコントロールが与えられる場合があります。 編集のフルコントロールにアクセスするには、アイテム ページから Map Viewer Classic でレイヤーを開きます。

編集のフルコントロールを使用する際に考慮すべき事項を以下に示します。

  • グループで共有されているアイテムの更新をメンバーに許可するグループのメンバーには、ホスト フィーチャ レイヤーが編集可能でない場合や、フィーチャを編集する権限がない場合でも、編集のフルコントロールが与えられます。
  • デフォルトの管理者とレイヤーの所有者は、非管理者に設定された編集レベルやホスト フィーチャ レイヤーを他のユーザーが編集可能かどうかにかかわらず、編集のフルコントロールを使用して開くことができます。 これは、管理者ロールに留保された権限です。
  • フルコントロールで編集する権限を持っているメンバーは、編集可能なホスト フィーチャ レイヤーを Map Viewer Classic で開き、フィーチャを追加、更新、および削除することができます。 レイヤーに設定された編集レベルにかかわらず、メンバーはこの操作を実行できますが、レイヤーの編集が有効になっている必要があります。

これらのレイヤーを編集するには、次の手順に従います。

  1. 前述の要件のいずれかを満たしていることを確認します。
  2. ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開きます。
  3. [Map Viewer で開く] > [編集のフルコントロールを使用してレイヤーを新しいマップに追加] の順にクリックします。