透過表示の変更 (Map Viewer Classic)

注意:

このトピックには、Map Viewer Classic に関連する情報が含まれています。 マップ ビューアーの機能が強化されました。 アプリ ランチャーから Map Viewer を開いて起動できます。 詳細については、Map Viewer のヘルプ ドキュメントをご参照ください。

マップ内のレイヤーの透明度または不透明度を変更することで、下にあるレイヤーを見やすくしたり、見えにくくしたりすることができます。 レイヤーの透明度は 0% ~ 100% まで調整することができます。 レイヤーの透明度が高いほど、そのレイヤーはマップ上で見えにくくなり、他のレイヤーが見えやすくなります。 デフォルトでは、ベースマップの透明度は 0%(不透明で完全に表示される) です。 マップ内のデータ レイヤーに注目させたい場合は、ベースマップの透明度を高くすることを検討します。 同様に、特定のレイヤーを完全に表示し、その他のレイヤーの透明度を高くすることで、そのレイヤーを強調することができます。 レイヤーの透過表示を変更できます。 CSV ファイル、シェープファイル、GPX ファイル、およびマップ メモ内のサブレイヤーの透過表示を変更することもできます。

[スタイルの変更] ウィンドウを使用して透過表示を変更します。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 透過表示を調整するレイヤーを参照して [スタイルの変更] スタイルの変更 をクリックし、レイヤーのサムネイルで [オプション] をクリックします。

    ウィンドウの下部に透過表示スライダーが表示されます。

  4. レイヤー全体の透過表示を設定するには、スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。 スライダーのトラックをクリックして、その位置にスライダー ハンドルをジャンプさせることもできます。
  5. また、位置に関連付けられた数値データまたは日付データが存在する場合に、フィーチャごとに透過表示を設定することもできます。 属性値に基づいて透過表示を設定すると、特定の数値属性に基づいて、各位置に適用する透明度を変えることができます。 たとえば、レイヤーに収入データが含まれている場合、収入に比例して各位置の透過表示を調整できます。
    1. [属性値] をクリックし、[フィールド] ドロップダウン メニューをクリックして、透過表示の基準として使用する数値属性または日付属性を選択します。
      ヒント:

      フィーチャの透過表示を設定する際には、Arcade で記述したカスタム属性条件式も使用できます。 Arcade 条件式は、[ヒート マップ][主要カテゴリ][主要カテゴリおよびサイズ]、および [期間] スタイルを除く、すべてのスタイルでサポートされます。 レイヤーに既存のレンダリング式がある場合は、ドロップダウン メニューの下部から選択できます。 あるいは、[式の編集] ボタンをクリックして編集ウィンドウで変更を行って、Map Viewer Classic で式を直接編集することもできます。

      さらに、ドロップダウン メニューから [新しい式] を選択し、エディター ウィンドウを使用して式を作成し名前を付けることで、カスタム式を作成できます。 これまでに、レイヤーのラベルポップアップで使用する式を作成していた場合は、その式を編集ウィンドウの [既存] タブから選択し、自分の式を構築できます。

    2. 必要に応じて、データの標準化または正規化に使用する属性を [除数] ドロップダウン メニューから選択します。この属性は、たとえば、人口を面積で割ったり、費用を総人口で割ったりするために使用します。
    3. ハンドルの位置を調整して、適用する透過表示のグラデーションを変更します。 スライダー ハンドルの横にある数値をクリックして、正確な値を入力することもできます。 ハンドル同士が近接している場合は、[拡大] を使用して、ランプの狭い部分をさらに詳細に確認することができます。
    4. [透過表示範囲] で、前述のランプの上限と下限の透明度のパーセント値を調整します。 なお、透明度 0 パーセントは塗りつぶし色 (完全に不透明) です。
    5. [種類 (個別値シンボル)] の場合のみ、カテゴリ名の横にあるカラー チップをクリックして、個々のカテゴリに適用される透過表示を調整します。
    6. [OK] をクリックして、変更内容を適用します。
  6. マップを所有している場合、[保存] をクリックすると、透過表示設定がマップに保存されます。

レイヤー メニューによる透過表示の変更

注意:

フィーチャ レイヤーとベースマップを含むすべてのタイプのレイヤーで、レイヤー メニューを使用して透過表示を変更できます。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 透過表示を調整するレイヤーを参照して [その他のオプション] その他のオプション をクリックし、[透過表示] をクリックして [透過表示] スライダーを左 (透明度を減少) または右 (透明度を増加) に移動します。
  4. マップを所有している場合、[保存] をクリックすると、透過表示設定がマップに保存されます。