Skip To Content

ホスト シーン レイヤーの公開

次のいずれかの方法で、ホスト シーン レイヤーArcGIS Online 組織サイトに公開します。

コンテンツを作成し、シーン レイヤー パッケージから公開するホスト シーン レイヤーを公開するには、権限が必要です。ArcGIS Pro または既存のホスト フィーチャ レイヤーから公開するには、ホスト フィーチャ レイヤーを公開する権限も必要です。

ArcGIS Pro シーンからの公開

ArcGIS Pro で、シーンにデータ レイヤーを追加し、シーンを構成し、公開 (共有) します。シーンを ArcGIS Online に直接公開する機能は、ArcGIS Pro 2.1 以降でサポートされています。

ArcGIS Pro からシーンのマルチパッチまたはポイント データを公開すると、ホスト シーン レイヤーおよび関連ホスト フィーチャ レイヤーが作成されます。LAS データを公開すると、ホスト シーン レイヤーが作成されます。

シーン作成時に使用されていた複雑なカートグラフィック シンボルの中には、Web ブラウザーで表示できないものがあることにも注意してください。ほとんどのシンボル タイプは利用できますが、公開時にシンボルがダウングレードされる場合があります。ArcGIS Server ヘルプの「マップの作成によるフィーチャ サービスの公開」で、サポートされるシンボルの詳細について確認し、必要に応じてマルチパッチまたはポイント データの公開前にシンボルを変更してください。

公開前に、ArcGIS ProArcGIS Online ポータルがアクティブで、組織サイトにサイン インしていることを確認してください。

公開できるシーン レイヤーのタイプなど、ArcGIS Pro からシーン レイヤーを公開する詳細については、ArcGIS Pro ヘルプの「Web シーン レイヤーの共有」をご参照ください。

シーン レイヤー パッケージからの公開

シーン レイヤー パッケージにはシーン レイヤーとそのデータが格納されます。ArcGIS ProDrone2Map for ArcGIS、または Esri CityEngine で、シーン レイヤー パッケージ (*.slpk) を作成できます。ArcGIS Pro 2.3 以降のリリースを使用すると、Revit データをパッケージ化し、シーン レイヤー パッケージを ArcGIS Online にアップロードして、ビルディング シーン レイヤーを公開できます。

ヒント:

Esri は、シーン レイヤーの使いやすさを改良し続けています。ArcGIS Pro 2.4、Scene Viewer、および ArcGIS API for JavaScript 4.12 を使用して構築されたアプリは、I3S (Indexed 3D Scene Layer) モデルのバージョン 1.7 以前のリリースを、3D メッシュ シーン レイヤーおよび 3D オブジェクト シーン レイヤーに利用します。I3S バージョン 1.7 は、以前のバージョンよりも優れたパフォーマンスおよびスケーラビティを提供します。

これらの改良を活用するために、[3D オブジェクト シーン レイヤー パッケージの作成 (Create 3D Object Scene Layer Package)] ジオプロセシング ツールが、I3S バージョン 1.7 のシーン レイヤー パッケージを作成するようになりました。既存の 3D メッシュ シーン レイヤー パッケージおよび 3D オブジェクト シーン レイヤー パッケージ (*.slpk) をバージョン 1.7 に更新するには、I3S GitHub リポジトリで提供されている I3S コンバーターを使用します。I3S コンバーターは、既存のシーン レイヤー パッケージの I3S のバージョンも識別し、それらを変換する必要があるかどうか判断できるようにします。

シーン レイヤー パッケージに含めることのできるデータのタイプの詳細については、ArcGIS Pro ヘルプの「シーン レイヤー パッケージ」をご参照ください。

シーン レイヤー パッケージを作成したら、次の手順に従って、組織サイトに追加し、ホスト シーン レイヤーを公開します。

  1. 組織サイトにサイン インして、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順に開きます。
  2. [アイテムの追加] > [コンピューター上] の順にクリックします。
  3. 参照ボタンをクリックして、コンピューター上のシーン レイヤー パッケージを選択します。
  4. シーン レイヤーを説明するタイトルを入力します。
  5. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  6. タグの項目をカンマで区切って入力します。

    タグは、アイテムを説明し、ユーザーによるアイテムの検索を容易にする単語または短いフレーズです。「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます。

  7. [このファイルをホスト レイヤーとして公開します] チェックボックスをオンにします。

    このチェックボックスをオフのままにした場合、シーン レイヤー パッケージは [マイ コンテンツ] に追加されますが、シーン レイヤーは公開されません。そのシーン レイヤーを後で公開するには、シーン レイヤー パッケージのアイテム ページを開いて [公開] をクリックします。

  8. [アイテムの追加] をクリックします。

ホスト フィーチャ レイヤーからの公開

ホスト フィーチャ レイヤーのすべてのレイヤーがポイント レイヤーであるか、ホスト フィーチャ レイヤーのすべてのレイヤーがマルチパッチ レイヤーである場合、ホスト フィーチャ レイヤーからホスト シーン レイヤーを公開できます。

ホスト シーン レイヤーをホスト フィーチャ レイヤーから公開すると、シーン レイヤーはホスト フィーチャ レイヤーで構成したポップアップを使用します。ホスト フィーチャ レイヤーから作成されたポイント シーン レイヤーは、Scene Viewer で描画スタイルを利用できます。

ホスト フィーチャ レイヤーからホスト シーン レイヤーを公開する際は、以下に注意してください。

  • ホスト シーン レイヤーの公開元のホスト フィーチャ レイヤーの所有者である必要があります。
  • ホスト フィーチャ レイヤーには複数のレイヤーを含めることができますが、すべてのレイヤーが同じジオメトリ タイプを含む必要があります。たとえば、ホスト フィーチャ レイヤー内のすべてのレイヤーがポイント レイヤーであるか、ホスト フィーチャ レイヤー内のすべてのレイヤーがマルチパッチ レイヤーである必要があります。
  • ホスト フィーチャ レイヤー データが World Geodetic System 1984 (WGS84) 参照系で保存されている場合、ホスト シーン レイヤーは WGS84 参照系を使用し、グローバル シーンで使用できます。
  • ホスト フィーチャ レイヤー データが地理座標系で保存されている場合、ホスト シーン レイヤーを WGS84 シーン レイヤーで公開し、グローバル シーンで使用できます。
  • ホスト フィーチャ レイヤー データが Web メルカトル投影法で保存されている場合、ホスト シーン レイヤーを Web メルカトル投影法で公開でき、グローバル シーンまたはローカル シーンで使用できます。
  • ホスト フィーチャ レイヤー データがその他のよく知られた投影座標系で保存されている場合、ホスト シーン レイヤーを WGS84 で公開してグローバル シーンで使用するか、ホスト シーン レイヤーをホスト フィーチャ レイヤーの投影座標系で公開してローカル シーンで使用できます。
  • ホスト フィーチャ レイヤー データがカスタム投影座標系に保存されている場合、ローカル シーンで公開することはできません。常に WGS84 で公開され、グローバル シーンで使用できます。
  • ホスト フィーチャ レイヤーからポイント シーン レイヤーを公開する場合、ArcGIS Online では、そのホスト フィーチャ レイヤーに定義されているレンダラーがコピーされます。現在サポートされていないスタイル ([優位性]、[優位性とサイズ]、[ヒート マップ]、または [連続タイムライン (サイズ)]、[期間 (色)]、[タイプとサイズ (期間)] など、データを分類するデータ フィールドを使用するスタイル) のいずれかが適用されているホスト フィーチャ レイヤーからポイント シーン レイヤーを公開することはできません。また、ラベルまたは時間が構成されているフィーチャ レイヤーからもポイント シーン レイヤーを公開することはできません。

    ポイント シーン レイヤーを公開するには、ホスト フィーチャ レイヤーのスタイル設定を変更し、ラベルを削除します。

ホスト フィーチャ レイヤーからホスト シーン レイヤーを公開するには、次の手順に従います。

  1. 組織サイトにサイン インします。

    ホスト フィーチャ レイヤーの公開、ホスト シーン レイヤーの公開、およびコンテンツの作成、更新、削除を実行する権限があるアカウントでサイン インする必要があります。

  2. [コンテンツ] > [マイ コンテンツ] を開き、公開したいホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開きます。
  3. [公開] > [シーン レイヤー] の順にクリックします。
  4. ホスト シーン レイヤーの一意なタイトルを入力します。
  5. タグの項目をカンマで区切って入力します。

    タグは、アイテムを説明し、ユーザーによるアイテムの検索を容易にする単語または短いフレーズです。「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます。

  6. ホスト シーン レイヤーを説明するサマリーを入力します。
  7. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  8. ホスト フィーチャ レイヤーを保存するフォルダーを選択します。
  9. ホスト フィーチャ レイヤーのデータが Web メルカトル以外のよく知られた投影座標系で保存されている場合、シーン レイヤーを [グローバル シーン] または [ローカル シーン] で使用できます。

    備考:

    WKID (well-known ID) は、グローバル シーンとローカル シーン オプションの横に表示されます。WKID は、事前に定義された空間参照を表す一意の識別子です。この場合、各オプションの横に表示される WKID 値はシーン レイヤーで使用される座標系を表します。

  10. マルチパッチ フィーチャ レイヤーから公開している場合、フィーチャ レイヤーを編集する予定の場合、およびシーン レイヤーに変更を反映させる場合、[更新の有効化] をオンにします。
  11. [OK] をクリックして公開します。