ロケーターの作成

カスタム ロケーターを作成する場合は、ジオコード サービスの URL を参照するロケーター アイテムを作成したり、対象地域内の特定の位置情報の種類に検索対象を限定する ArcGIS World Geocoding Service ビューを作成したりすることができます。

たとえば、ArcGIS Pro のカスタム ロケーターから公開したジオコード サービスを組織で利用できるようにする場合や、メンバーが ArcGIS World Geocoding Service のロケーター ビューで住所のバッチ ジオコーディングを実行する際に、特定レベルの精度を適用する必要がある場合があります。

ロケーターまたはロケーター ビューの作成

ロケーターまたはロケーター ビューを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 組織サイトにサイン インしていることと、コンテンツを作成できる権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [新しいアイテム] をクリックし、[ロケーター] をクリックします。
  3. 作成するロケーター アイテムのタイプを選択し、[次へ] をクリックします。
    • [ArcGIS World Geocoding Service からロケーター ビューを作成] - ロケーター ビューを作成する場合はこのオプションを選択します。
    • [ジオコード サービスからロケーターを作成] - ロケーターとして使用する ArcGIS Server ジオコード サービスの URL がある場合はこのオプションを選択し、[URL] フィールドにその URL を貼り付けます。 ジオコード サービスにパラメーターの名前と値が定義されている場合は、ロケーター アイテムに使用するカスタム パラメーターを指定できます。
  4. タイトルを入力し、必要に応じてロケーター アイテムの保存するフォルダーを選択して、ロケーターを説明するタグとサマリーを指定します。
  5. [保存] をクリックするとロケーター アイテムが作成されます。

    ジオコード サービスからロケーターを作成した場合は、ロケーターのアイテム ページが開きます。 ロケーターのアイテム詳細を構成し、適切なユーザーとロケーターを共有します。

    ロケーター ビューを作成した場合は、ロケーター ビューのアイテム ページの [設定] タブが表示されます。 次の一連の手順に進み、ロケーター ビューの設定を構成します。

ロケーター ビューの設定の定義

ロケーター ビューの設定を定義します。

  1. [設定] タブの上部にある [Locator (ビュー) 設定] をクリックします。
  2. ドロップダウン メニューから、検索する位置情報の種類を選択します。
  3. 前のステップで [すべてのタイプ] 以外のカテゴリを選択した場合は、必要に応じて、検索するカテゴリのボックスをオンにすることで、位置フィルターをさらに細かく指定します。 以下の例をご参照ください。
    • [住所、郵便番号、および居住域] を選択し、ストリート住所以上に一致する結果のみを返すように ArcGIS World Geocoding Service を設定する場合は、[ポイント アドレス] ボックスと [ストリート住所] ボックスをオンにします。
    • [座標] を選択し、緯度、経度を座標で使用できる形式にする場合は、[緯度、経度] ボックスをオンにします。
    • [目標物] を選択し、空港に一致する結果のみを返すように ArcGIS World Geocoding Service を設定する場合は、[空港] ボックスをオンにします。
  4. 次に従って、位置を検索する場所を指定します。
    • [世界中の場所] - 全世界的に位置を検索する場合にこのオプションを選択します。
    • [選択した国/地域内] - 選択した国内の位置を検索する場合にこのオプションを選択します。 目的の国を検索または参照して、選択がすべて完了するまで一度に 1 つずつ国を選択していきます。
      注意:

      データに国の値が含まれている場合、検索結果にはデータに明示的に定義されているすべての国が含まれます。 ただし、データに国が明示的に定義されていない場合、結果はこのロケーター ビュー設定を使用して定義する国に限定されます。

    • [指定したエリア内] - 位置を検索するエリアの範囲を定義する場合にこのオプションを選択します。 [エリアの設定] をクリックして、範囲を定義します。 終了したら、[OK] をクリックします。
  5. 検索する位置のタイプとして [住所、郵便番号、および居住域] または [目標物] を選択した場合は、次のいずれかを選択して、位置を表示するための優先位置設定を指定します。
    • 道路の片側 (ルート検索ロケーション)
    • 屋上/区画の重心 (住所位置)
    注意:

    優先位置設定は、一部の位置では使用できない場合があります。 選択した優先位置設定が特定の位置で使用できない場合は、その位置が利用可能な最も高い精度で表示されます。

  6. 次の手順に従って、返す都市名の優先位置設定を指定します。
    • [国に対する定義] - 国に対して定義されたデフォルトの都市名を返す場合は、このオプションを選択します。 たとえば、米国内の都市は、デフォルトで郵便番号都市名を使用して返されます。
    • [郵便番号都市名] - 優先郵便番号都市名が検索で入力された都市名と異なる場合でも、優先郵便番号都市名を返す場合は、このオプションを選択します。 郵便番号都市名は、住所の郵便番号に割り当てられた優先名です。 たとえば、オハイオ州の 45420 の郵便番号は、デイトンの優先郵便番号都市値を持っています。 ケタリング市内の住所は、この郵便番号に割り当てられています。つまり、ケタリング市内の住所を検索すると、デイトンの住所が返されます。 このオプションが選択され、組織のメンバーが「2109 E Dorothy Ln, Kettering, OH, 45420」を検索した場合、返される一致するラベルは、この住所がケタリング市の境界内にあっても、「2109 E Dorothy Ln, Dayton, Ohio, 45420」になります。
    • [地元の都市名] - ローカルに知られている都市名が検索で入力された都市名と異なる場合でも、ローカルに知られている都市名を返す場合は、このオプションを選択します。 地方都市名は、住所が存在する都市の名前であり、郵便番号都市とは異なっていることがあります。 たとえば、このオプションが選択され、「2109 E Dorothy Ln, Dayton, OH, 45420」(オハイオ州ケタリング市内の住所) を検索した場合、「Dayton」が検索文字列に含まれていて、入力された郵便番号がデイトンの郵便番号都市値を含んでいる場合でも、「2109 E. Dorothy Ln, Kettering, Ohio, 45420」という一致するラベルが返されます。
    • [一致する都市名] - 検索で入力された都市名が地方都市名または郵便番号都市名の値のいずれかに一致するときに、一致した都市名の値を返す場合は、このオプションを選択します。
    注意:

    すべての住所に郵便番号都市および地方都市の値が割り当てられているわけではありません。 要求された優先される都市がデータに存在しない場合、デフォルトの住所形式に基づいて、異なる都市の値が返されます。

  7. 次の手順に従って、返す道路名の優先位置設定を指定します。
    • [国に対する定義] - デフォルトの道路名を返す合は、このオプションを選択します。 デフォルトの道路名は、一致した道路名です。
    • [一致する道路名] - 検索で入力された道路名が、住所に割り当てられたサポートされている道路名のいずれかに一致するときに、一致した道路名の値を返す場合は、このオプションを選択します。
    • [プライマリ道路名] - 優先道路名が検索で入力された代替道路名と異なる場合でも、優先道路名を返す場合は、このオプションを選択します。 優先道路名は、道路に割り当てられた優先名です。 たとえば、このオプションが選択された場合、「CA-138, Pearblossom, CA」を検索すると、「Pearblossom Hwy, Pearblossom, California, 93553」という一致するラベルが返されます。
  8. [保存] をクリックして、ロケーター ビュー設定を保存します。
  9. ロケーター ビューのアイテム詳細を構成し、一般ユーザーまたは組織とロケーター ビューを共有します。

    組織のメンバーまたは一般ユーザーがこのロケーター ビューを使用できるようにするには、このロケーター ビューを共有する必要があります。 共有されると、管理者はそのロケーター ビューを組織のロケーターのリストに追加して、メンバーがジオサーチやバッチ ジオコーディングに使用できるようにすることができます。

    注意:

    匿名ユーザーは、ロケーター ビューが一般ユーザーと共有されている場合のみ、そのビューにアクセスできます。 組織で共有され、組織のロケーターのリストに含まれているロケーター ビューには、組織のメンバーのみがアクセスできます。 匿名ユーザーは、組織のみで共有されているロケーターを使用してアプリでジオサーチを実行できません。

ロケーター ビューが組織のロケーターのリストに追加されている場合は、間違って削除されることを防ぐために、ロケーター アイテムに対して削除の防止を有効化することをお勧めします。 ロケーター ビューの追加後に、ロケーター ビューを削除すると決定した場合は、まず管理者が組織のロケーターのリストからそのロケーター ビューを削除する必要があります。