Skip To Content

ファイルからのホスト タイル レイヤーの公開

ArcGIS Online に公開され、そこでホストされているタイル レイヤーは、描画済みのマップ画像、つまりタイルのコレクションを使用した大規模データセットの高速表示をサポートします。 ホストされたタイルは、操作レイヤー用の地理情報を提供します。たとえば、ある地域の道路をタイルにすると、道路標識のフィーチャ レイヤーの参照情報になります。

Web 上にマップを公開する必要があるが、ユーザー独自の ArcGIS Online がない場合に、ArcGIS Server でタイル レイヤーをホストすると便利です。また、ユーザー所有の ArcGIS Server をパブリックにできない場合に、特定のマップをインターネット ユーザーと共有する際にも便利です。ArcGIS Online でホストされ、一般ユーザーに公開されているタイル レイヤーにも WMTS を使用できます

既存のホスト フィーチャ レイヤーからタイル レイヤーを公開するか、次のいずれかの方法を使用して、ArcGIS Pro または ArcMap でファイルを作成し、そのファイルを使用して ArcGIS Online でホスト タイル レイヤーを公開できます。

ホスト タイル レイヤーを公開するには、ArcGIS Online 組織内の次のいずれかのメンバーである必要があります。

ArcGIS Pro におけるマップの定義と公開

ArcGIS Pro のマップからタイル レイヤーを公開して、ArcGIS Online 上でホストできます。次の手順を実行するには、インターネットに接続する必要があります。

備考:

ArcGIS Pro 内のレイヤーにフィルター設定が適用されている場合、ArcGIS は公開されたホスト タイル レイヤーにフィルター設定を適用します。ただし、すべてのデータが ArcGIS Online にアップロードされます。データの一部のみを ArcGIS Online に公開して保存したい場合、そのデータを他のフィーチャクラスにエクスポートし、それを公開する必要があります。

接続の速度と帯域幅は、タイル レイヤーの公開速度に影響します。

マップ作成時に使用されていた複雑なカートグラフィック シンボルの中には、Web ブラウザーで表示できないものがあることにも注意してください。ほとんどのシンボル タイプは利用できますが、公開時にシンボルがダウングレードされる場合があります。ArcGIS Server ヘルプの「マップの作成によるフィーチャ サービスの公開」で、サポートされるシンボルの種類の詳細について確認し、必要に応じて公開前にマップ シンボルに変更を加えてください。

  1. ArcGIS Pro を起動し、公開するマップを含むプロジェクトを開きます。
  2. コンテンツの作成やホスト タイル レイヤーの公開ができる権限を持っているアカウントを使用して、ArcGIS Pro から組織サイトにサイン インします。
  3. [共有] タブの [共有] グループで、[Web レイヤー] をクリックします。
  4. タイル レイヤーの名前を入力します。レイヤーは、デフォルトでは [マイ コンテンツ] に保存されます。[マイ コンテンツ] 内のサブフォルダーに保存するには、フォルダー名を入力するか、既存のフォルダーに移動します。
  5. [レイヤー タイプ] には [タイル] を選択します。
  6. タイル レイヤーのサマリーとタグを入力します。
  7. ホスト タイル レイヤーにアクセスできるユーザーを指定します。公開するすべてのレイヤーが、組織のパーソナル ワークスペース ([マイ コンテンツ]) で自動的に共有されます。次のいずれかに共有するまで、他のユーザーはコンテンツにアクセスできません。
    • 組織の名前 - 組織アカウントでサイン インした場合にこのオプションが表示されます。このオプションを選択すると、レイヤーを組織内のすべての認証済みユーザーと共有できます。
    • すべてのユーザー - このオプションを選択すると、すべてのユーザーがレイヤーを使用できるようになります。
    • グループ - 所属するグループのメンバーとレイヤーを共有できます。
  8. [構成] タブをクリックし、キャッシュ設定を指定します。
  9. [タイル スキーマ] を選択します。
  10. [詳細レベル] バーをリサイズおよびドラッグして、タイル レイヤーの最小および最大縮尺を指定します。

    最小および最大縮尺を変更すると、生成されるキャッシュの推定サイズが変わります。

  11. タイル キャッシュを構築する時と場所を選択します。
    • レイヤーを公開するときに ArcGIS Online 上にタイルを構築する場合は、[サーバー上に自動的にキャッシュ] を選択します。
    • ArcGIS Online 上にキャッシュが構築および格納されている必要があるが、公開後にそれらのキャッシュを自分で構築したい場合は、[サーバー上に手動でキャッシュ] を選択し、タイル レイヤーの公開後に ArcGIS Online Web サイトでそのレイヤーを開き、手動でキャッシュを作成します。
    • ArcGIS Online でタイル レイヤーを公開するときに消費されるクレジット数を最低限に抑えるには、[ローカルにキャッシュ] を選択し、一時タイル パッケージを保存する ArcGIS Pro コンピューター上の場所を指定します。キャッシュが ArcGIS Pro コンピューター上に構築され、パッケージ化されます。このタイル パッケージは ArcGIS Online に自動的にアップロードされて解凍された後、キャッシュが ArcGIS Online に格納されます。
  12. 一般ユーザーがマップ タイルをダウンロードしてオフラインで使用することを許可するには、[クライアントがキャッシュ タイルをエクスポートすることを許可] をオンにします。
  13. [クライアントがキャッシュ タイルをエクスポートすることを許可] をオンにした場合は、[エクスポートの制限] フィールドを使用して、クライアントがオフラインで一度に利用できるタイルの最大数を指定します。
  14. [コンテンツ] タブをクリックして、タイル レイヤーに対象のデータ レイヤーが含まれていることを確認します。
  15. [分析] をクリックして、エラーや問題がないか確認します。

    [メッセージ] タブには、解析ツールによって検出された問題がリスト表示されます。各メッセージを右クリックすると、詳細情報を表示したり、エラーや警告に関するヘルプを確認したり、推奨される解決策を入手したりできます。公開する前に、エラーを修正する必要があります。さらに必要であれば、警告に従って問題を修正し、ホスト タイル レイヤーのパフォーマンスと外観を改善します。

  16. エラーを修正し、必要に応じて警告を修正したら、[公開] をクリックします。
    備考:

    データがこの時点でサーバーにコピーされます。公開に要する時間は、データのサイズ、インターネット接続の速度と帯域幅によって変わります。

完成したデータを公開する場合、[Web レイヤーの管理] をクリックして ArcGIS Online を開きます。

ArcGIS Pro でタイル パッケージを構築し、組織サイトにアップロードします。

[マップ タイル パッケージの作成 (Create Map Tile Package)] ジオプロセシング ツールを使用してタイル パッケージを作成し、パッケージを組織サイトに追加してから、タイル レイヤーを公開します。

ArcGIS Pro 2.3 以降、このジオプロセシング ツールの出力が .tpk ファイルまたは .tpkx ファイルになるように指定できます。新しい .tpkx 形式は、クラウドおよび共有ネットワーク ロケーションで実行するときのパフォーマンスを改善する簡略化されたファイル構造を使用しており、仕様が公開されている形式です。このワークフローでは、どちらかの形式を使用できます。

  1. パッケージ化するデータを含むプロジェクトを開きます。
  2. [マップ タイル パッケージの作成 (Create Map Tile Package)] ジオプロセシング ツールを開いて実行します。
  3. タイル パッケージの生成が終わったら、コンテンツの作成やホスト タイル レイヤーの公開ができる権限を持つ組織アカウントを使用して ArcGIS Online にサイン インし、ホスト タイル レイヤーを公開して、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順にクリックします。
  4. [コンピューター上]タイル パッケージを追加します
  5. [このファイルをホスト レイヤーとして公開します] のチェックボックスをオンにします。
  6. タイトルを入力します。
  7. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  8. タグの項目をカンマで区切って入力します。

    タグは、アイテムを説明し、ユーザーによるアイテムの検索を容易にする単語または短いフレーズです。「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます。

  9. [アイテムの追加] をクリックします。

タイルが展開され、ArcGIS Online でタイル レイヤーとしてホストされます。これで、[マイ コンテンツ] でマップ タイルおよびタイル パッケージを表示できるようになりました。

レイヤーが存在し機能していることを確認したら、保存にクレジットを消費しなくても済むように、元のタイル パッケージを削除することもできます。

注意:

タイル レイヤーをオフラインで使用する必要がある場合は、タイル パッケージを削除してはなりません。

大きなタイル パッケージの公開

大量のデータを作成および共有する場合、Esri では、前のワークフローを使用せず、[タイル キャッシュ] ツールセットを使用することをお勧めします。これらのツールは、複数のプロセシング コアを利用して、タイルの生成と公開時のパフォーマンスを向上させることができます。

ArcGIS Pro で、これらのツールを次の順序で実行します。

  1. [タイル キャッシュのタイル スキーマの生成 (Generate Tile Cache Tiling Scheme)] ツールを実行して、タイル グリッドと画像形式を定義します。
  2. [タイル キャッシュの管理 (Manage Tile Cache)] ツールを実行して、タイルを作成します。
  3. [タイル キャッシュのエクスポート (Export Tile Cache)] ツールを実行して、タイル パッケージを作成します。
  4. [パッケージの共有 (Share Package)] ツール ([パッケージ] ツールセット内) を実行して、タイルを ArcGIS Online にアップロードします。
  5. タイル パッケージの生成が終わったら、組織アカウントを使用して ArcGIS Online にサイン インし、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順にクリックします。
  6. タイル パッケージをクリックし、アイテムの詳細ページを表示します。
  7. [Publish] をクリックします。
  8. タイトルおよびタグを入力します。
  9. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  10. [Publish] をクリックします。

タイルが展開され、ArcGIS Online でタイル レイヤーとしてホストされます。[マイ コンテンツ] にホスト タイル レイヤーが表示されます。

レイヤーが存在し機能していることを確認したら、保存にクレジットを消費しなくても済むように、元のタイル パッケージを削除することもできます。

注意:

タイル レイヤーをオフラインで使用する必要がある場合は、タイル パッケージを削除してはなりません。

ArcMap におけるマップの定義と公開

ArcMap からタイル レイヤーを公開して、ArcGIS Online 上でホストできます。次の手順を実行するには、インターネットに接続する必要があります。

備考:

ArcMap 内のレイヤーにフィルター設定が適用されている場合、ArcGIS は公開されたホスト タイル レイヤーにフィルター設定を適用します。ただし、すべてのデータが ArcGIS Online にアップロードされます。データの一部のみを ArcGIS Online に公開して保存したい場合、そのデータを他のフィーチャクラスにエクスポートし、それを公開する必要があります。

接続の速度と帯域幅は、サービスの公開速度に影響します。

  1. ArcMap を起動し、公開するマップを開きます。
  2. コンテンツの作成やホスト タイル レイヤーの公開ができる権限を持っている組織アカウントを使用して ArcGIS Online にサイン インします。
    1. [ファイル] > [サイン イン] の順にクリックします。
    2. ArcGIS Online のユーザー名とパスワードを入力し、[サイン イン] をクリックします。
  3. マップを公開します。
  4. [ファイル] > [共有] > [サービス] の順にクリックします。
  5. [サービスを公開] を選択し、[次へ] をクリックします。
    注意:

    代わりにサービスを上書きすると、既存のマップ タイル アイテムが ArcGIS Online から削除され、新規のアイテムが同じ名前で作成されます。 その新しいアイテムはルート フォルダーに作成され、新規 ID が割り当てられます。共有を再構成する必要があります。また、必要に応じて、再公開前に配置されていたフォルダーにそのアイテムを再び移動します。

  6. 接続タイプのドロップダウン リストで、[マイ ホスト サービス] を選択します。タイルの名前を入力して、[続行] をクリックします。
  7. [サービス エディター] で必要なプロパティを設定します。ここでは、タイルの使用を許可するユーザーを選択し、タイルをエンド ユーザーにどのように公開するかを詳細に設定できます。

    タイルを配置するための最適な構成方法については、ArcGIS Server ヘルプの「サービスのチューニングと構成」をご参照ください。そこで参照されているプロパティの中には、ArcGIS Server にのみ適用され、ホスト タイル レイヤーを操作する場合には使用しないものがあります。たとえば、ArcGIS Online でホストされるタイル レイヤーを使用する場合、Esri がサービスのスケーリングに対処するため、サービスの最小および最大インスタンス数を設定するオプションはありません。

    ヒント:

    このセッション中に [サービス エディター] を閉じると、作業をドラフト サービスとして保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。ドラフト サービスを保存しておくと、後でサービス構成作業を再開することができます。デフォルトでは、ドラフト サービスは、[マイ ホスト マップ] への接続の [ドラフト] フォルダーに保存されます。詳細については、ArcGIS Server ヘルプの「ドラフト サービスについて」をご参照ください。

  8. ホスト タイル レイヤー専用に設定する必要のあるプロパティもいくつかあります。これらについて、以下の手順で詳しく説明します。
  9. [サービス エディター] の左側のウィンドウで、[ケーパビリティ] をクリックして、[タイル マッピング] をオンにして、マップをタイル レイヤーとして公開します。Map Viewerにレイヤーを追加したときに、レイヤーのポップアップを構成したい場合は、[フィーチャ アクセス] をオンにして、フィーチャ レイヤーをタイルとともに公開します。

    [サービス エディター] の左側のウィンドウにあるサブアイテム [タイル マッピング] をクリックすると、公開されるタイル レイヤーに対してクライアントが可能な操作について、詳細なプロパティを設定できます。

  10. [キャッシュ] アイテムをクリックして、タイル キャッシュのプロパティを設定します。詳細については、ArcGIS Server ヘルプの「マップ キャッシュの作成」をご参照ください。一部の高度なキャッシュ設定は、ArcGIS Server で直接公開しているときのみ使用可能であることに注意してください。
  11. [サービス エディター] の左側のウィンドウで [アイテム説明] をクリックし、タイル レイヤーのサマリーとタグを入力します。この情報は、公開する前に入力する必要があります。詳細については、ArcGIS Server ヘルプの「マップ サービスのプロパティの設定」にあるアイテム説明のセクションをご参照ください。
  12. [サービス エディター] の左側のウィンドウで、[ArcGIS Online] をクリックして、ホスト タイル レイヤーを共有するユーザーを選択します。デフォルトでは、ホスト タイル レイヤーはプライベートで、そのユーザーだけがアクセス可能になっています。すべてのユーザー、組織のメンバー、または特定の ArcGIS Online グループのメンバーとホスト タイル レイヤーを共有できます。
  13. [サービス エディター] で、[分析] 統計情報の更新 をクリックします。

    マップを公開できるかどうかが検証されます。公開するには、[準備] ウィンドウで [エラー] エラーを修正する必要があります。さらに必要であれば、警告メッセージと情報メッセージに従って問題を修正し、公開されるタイルのパフォーマンスと外観を改善します。これらの問題の解決の詳細については、ArcGIS Server ヘルプの「GIS リソースの分析」をご参照ください。

  14. 必要に応じて、[サービス エディター][プレビュー] プレビュー をクリックします。Web 上でタイル レイヤーがどのように表示されるかを確認することができます。
  15. エラーを修正し、必要に応じて警告とメッセージを修正したら、[公開] 公開 をクリックします。
    備考:

    データがこの時点で ArcGIS Online にコピーされます。公開に要する時間は、データのサイズ、インターネット接続の速度と帯域幅によって変わります。 また、タイルを生成する時間も確保しておく必要があります。

タイルを ArcGIS Online で公開したら、[カタログ] ウィンドウの [マイ ホスト サービス] ノードを展開すると、そのタイルが表示されます。

ホスト タイル レイヤーは、ArcGIS Online Web サイトの [マイ コンテンツ] タブに、次の 2 つの個別のアイテムとして一覧表示されます。[タイル] と [サービス定義]。サービス定義は、マップ、マップのデータ、およびタイルの公開方法に関する詳細が含まれる圧縮ファイルです。サービス定義は、ArcGIS Server 10.1 以降を実行しているコンピューターに転送して公開することができます。

ArcMap でタイル パッケージを構築および共有してから公開

ArcMap では、マップ ドキュメントのタイルを作成し、それを簡単に転送できるタイル パッケージ ファイルで保存できます。ArcMap でタイル パッケージを作成し、ArcGIS Online で共有してから、そのタイル パッケージをホスト タイル レイヤーとして公開できます。このワークフローでは、ArcGIS Online のクレジットを消費せず、自分のコンピューターの処理能力を使用してタイルを作成することができます。

ヒント:

ポップアップを構成する場合、ホスト タイル レイヤーとともにフィーチャ レイヤーを公開する必要があります。

ArcMap でタイル パッケージを作成して共有するには、2 つの方法があります。

  • 少量のデータ (1 GB 未満) をパッケージ化して共有する場合は、マップから直接、タイル パッケージを作成して共有します。ArcGIS Online でパッケージを公開するときは、凡例やテキスト エレメントなどのマップ ドキュメントのエレメントが維持されます。
  • データが 1 GB を超える場合は、ジオプロセシング ツールを使用して、タイルをパッケージ化して共有します。この方法では、タイルがタイル パッケージから公開されるときにデータのみが維持されるため、タイル作成時のパフォーマンスが向上します。

ArcMap 10.7 では、ワークフローの結果が .tpk ファイルまたは .tpkx ファイルになるように指定できます。新しい .tpkx 形式は、クラウドおよび共有ネットワーク ロケーションで実行するときのパフォーマンスを改善する簡略化されたファイル構造を使用しており、仕様が公開されている形式です。次の両方のワークフローでは、どちらかの形式を使用できます。

小さなタイル パッケージの公開

ArcMap で作成するタイル パッケージが 1 GB 未満の場合は、次のワークフローを使用して公開します。

  1. ArcMap でマップを開きます。
  2. コンテンツの作成やホスト タイル レイヤーの公開ができる権限を持っている組織アカウントを使用してサイン インします。
  3. [カスタマイズ] > [ArcMap オプション] > [共有]の順にクリックし、[ArcGIS Runtime ツールの有効化] がオンになっていることを確認します。

    これにより、次の手順で使用するメニュー オプションが有効になります。

  4. ArcMap で、[ファイル] > [共有] > [タイル パッケージ] の順にクリックします。
  5. 次の手順で、すべての設定を行います。他の設定も必要に応じて行います。
    1. [タイル パッケージ] タブで、[パッケージを自分の ArcGIS Online アカウントにアップロード] を選択します。
    2. [タイル フォーマット] タブで、[ArcGIS Online / Bing Maps / Google マップ][タイル スキーマ] として選択します。
    3. [アイテム説明] タブで、必要に応じてアイテムをマークします。
    4. [共有] タブで、パッケージをパブリックまたは特定のグループと共有するかを選択できます。
  6. [共有] をクリックします。

    ArcMap でタイル パッケージを作成する前にマップを保存するよう求められる場合があります。

    特に縮尺の大きなマップが含まれている場合は、タイル パッケージの生成に時間がかかる場合があります。

  7. タイル パッケージの生成が終わったら、組織アカウントを使用して ArcGIS Online にサイン インし、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順にクリックします。
  8. タイル パッケージをクリックし、アイテムの詳細ページを表示します。
  9. [Publish] をクリックします。
  10. タイトルとタグを入力し、[公開] をクリックします。

タイルが展開され、ArcGIS Online でタイル レイヤーとしてホストされます。[マイ コンテンツ] にホスト タイル レイヤーが表示されます。

レイヤーが存在し機能していることを確認したら、保存にクレジットを消費しなくても済むように、元のタイル パッケージを削除することもできます。

注意:

タイル レイヤーをオフラインで使用する必要がある場合は、タイル パッケージを削除してはなりません。

大きなタイル パッケージの公開

大量のデータを作成および共有する場合、Esri では、前のワークフローを使用せず、[タイル キャッシュ] ツールセットを使用することをお勧めします。これらのツールは、複数のプロセシング コアを利用して、タイルの生成と公開時のパフォーマンスを向上させることができます。

これらのツールを次の順序で実行します。

  1. [タイル キャッシュのタイル スキーマの生成 (Generate Tile Cache Tiling Scheme)] ツールを実行して、タイル グリッドと画像形式を定義します。
  2. [タイル キャッシュの管理 (Manage Tile Cache)] ツールを実行して、タイルを作成します。
  3. [タイル キャッシュのエクスポート (Export Tile Cache)] ツールを実行して、タイル パッケージを作成します。
  4. [パッケージの共有 (Share Package)] ツール ([パッケージ] ツールセット内) を実行して、タイルを ArcGIS Online 上にアップロードします。
  5. タイル パッケージの生成が終わったら、組織アカウントを使用して ArcGIS Online にサイン インし、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順にクリックします。
  6. タイル パッケージをクリックし、アイテムの詳細ページを表示します。
  7. [Publish] をクリックします。
  8. タイトルおよびタグを入力します。
  9. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  10. [Publish] をクリックします。

タイルが展開され、ArcGIS Online でタイル レイヤーとしてホストされます。[マイ コンテンツ] にホスト タイル レイヤーが表示されます。

レイヤーが存在し機能していることを確認したら、保存にクレジットを消費しなくても済むように、元のタイル パッケージを削除することもできます。

注意:

タイル レイヤーをオフラインで使用する必要がある場合は、タイル パッケージを削除してはなりません。

サービス定義ファイルからの公開

タイル レイヤーとデータを他のユーザーと共有する別の方法として、サービス定義ファイルを作成し、それを ArcGIS Online にアップロードする方法もあります。

サービス定義ファイルの作成

ArcGIS Online でホストされるタイル レイヤーに必要なデータとシンボルを含むサービス定義ファイルを作成するには、マップ作成者は次の手順に従う必要があります。

  1. ArcMap を起動し、組織アカウントを使用してサイン インします。
  2. マップを作成して保存します。

    マップの作成と公開の詳細については、ArcGIS Server ヘルプの「マップ サービス」をご参照ください。

  3. サービス定義ファイルを作成します。
  4. [ファイル] > [共有] > [サービス] の順にクリックします。
  5. [サービス定義ファイルを保存] を選択し、[次へ] をクリックします。
  6. [接続の選択] をクリックして、ドロップダウン リストから [マイ ホスト サービス] を選択します。
  7. ファイルの名前を入力し、[次へ] をクリックします。
  8. サービス定義ファイルを作成するクライアント コンピューター上のディレクトリを指定して、[続行] をクリックします。

    [サービス エディター] が開きます。

  9. [サービス エディター] の左側のウィンドウで、[キャッシュ] をクリックします。
  10. [タイル スキーマ] を選択します。
  11. タイルおよび [キャッシュ サイズの計算] に最小縮尺と最大縮尺を選択します。
  12. [サービスの公開後にキャッシュを手動で構築します] をクリックします。
  13. また、[高度な設定] をクリックし、タイル キャッシュの詳細なキャッシュ設定を設定することもできます。
  14. [サービス エディター] の左側のウィンドウで [アイテム説明] をクリックし、タイル レイヤーの情報を入力します。

    サービス定義ファイルを作成する前に、少なくともサマリーとタグを入力する必要があります。

  15. [分析] 統計情報の更新 をクリックして、エラーがないことを確認します。

    エラーがあれば、サービス定義ファイルをステージングする前に、修正する必要があります。必要に応じて、返された警告およびメッセージに対して修正を加えることができます。

  16. エラーを修正し、必要に応じて警告とメッセージを修正したら、[ステージ] ステージ をクリックします。

サービス定義ファイルが指定した場所に保存されます。

サービス定義の読み込みと公開

作成者からサービス定義ファイルを取得したら、それを ArcGIS Online にアップロードして、タイル レイヤーを公開できます。

  1. コンテンツの作成やホスト タイル レイヤーの公開ができる権限を持っている組織アカウントを使用してサイン インし、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順にクリックします。
  2. [アイテムの追加] をクリックします。
  3. コンピューターから読み込むファイルを選択します。
  4. 参照ボタンをクリックして、サービス定義ファイルを選択します。
  5. [このファイルをホスト レイヤーとして公開します] をオンにします。
  6. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  7. タグの項目をカンマで区切って入力します。

    タグは、アイテムを説明し、アイテムの検索を容易にする単語または短いフレーズです。「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます。

  8. [アイテムの追加] をクリックして、サービス定義ファイルを追加し、タイル レイヤーを公開します。

    タイル レイヤーが公開され、サービス定義とタイルが [マイ コンテンツ] に追加されます。

  9. タイル レイヤーの公開が完了したら、タイルの構築を開始するオプションを選択できます。そのリンクをクリックして、タイルを作成します。

デフォルトでは、サービス定義ファイルとホスト タイル レイヤーにアクセスできるのは公開したユーザーだけです。ファイルおよびタイルは、パブリック、組織内のすべてのユーザーや特定グループのメンバーと共有することができます。