解析の実行 (Map Viewer)

人はマップを見ながら、パターンを見つけたり、傾向を評価したり、意思決定を下したりすることによって、そのマップを情報に変換します。 この処理を空間解析と呼びます。

マップを見ただけでは明らかにはならないパターンや関係もあります。 データが多すぎるために、必要なデータを選択しマップ上にわかりやすく表示することが困難な場合もあります。 マップへのデータの表示方法によって表示パターンを変更させることができます。 空間解析ツールでは、データ内のパターンと関係を定量化し、結果をマップ、テーブル、チャートとして表示できます。 空間解析ツールを使用することで、視覚的な解析だけではわからない疑問に答えたり、意思決定を下したりすることができます。

フィーチャ解析

フィーチャ解析は、ベクター データ ソース (ポイント、ライン、ポリゴンを使用して地理フィーチャを表す座標ベースのデータ) に対して実行されます。

フィーチャ解析を使用すると、地理的位置に基づくフィーチャの集計、フィーチャの周囲やフィーチャ間の距離の計測、空間パターンの定量化などを行うことができます。

フィーチャ解析ツールは、[ツール] ウィンドウのフィーチャ ツール アイコン フィーチャ ツール で識別できます。

開発者の場合は、ArcGIS REST API Spatial Analysis サービスおよび ArcGIS API for Python arcgis.features.analysis モジュールからこれらのツールにアクセスできます。

ラスター解析

ラスター データは、行と列に整理されたセル (またはピクセル) のマトリックス (またはグリッド) で構成され、各セルには温度や標高などの情報を表す値が含まれます。 ラスターには、デジタル航空写真、衛星画像、デジタル写真、スキャンされたマップなどがあります。

パターンの特定、地物の検索、地形全体の変化の把握に使用できる情報が画像データとラスター データには含まれています。 画像から情報を抽出するために、データを処理したり、解析したりできます。 たとえば、植生指数を計算してマルチバンド画像から植被を把握したり、州全体の標高データおよび土地被覆ラスター データを使用して、太陽光発電所を建設する候補地を検索したりできます。

ラスター解析ツールは、[ツール] ウィンドウのラスター ツール アイコン ラスター ツール で識別できます。

注意:

ラスター関数は、現在 Map Viewer ではサポートされていません。 ラスター関数は、引き続き Map Viewer Classic でアクセスできます。

開発者の場合は、ArcGIS REST API Raster Analysis サービスおよび ArcGIS API for Python arcgis.raster.analytics モジュールからこれらのツールにアクセスできます。

解析ツールの実行

Map Viewer で解析ツールにアクセスして使用するには、次の手順を実行します。

  1. サイン インしていることと、解析の実行に必要な権限を持っていることを確認します。
  2. Map Viewer で、解析するレイヤーを含むマップを開くか、レイヤーを直接追加します。
  3. [設定] (明るい背景の) ツールバーで [解析] 解析 をクリックします。
    注意:

    [解析] ボタンが Map Viewer に表示されない場合は、ArcGIS 管理者に問い合わせてください。 解析の実行に必要な権限がない可能性があります。

    空間解析のライセンス要件の詳細

  4. [ツール] ツール をクリックします。
  5. ツールボックスをクリックしてツールを展開します。 または、検索ボックスを使用して、ツールまたはキーワードを検索します。
  6. ツールを選択します。

    ツール ウィンドウが表示されます。

  7. 入力レイヤーの選択、出力レイヤー名の指定、必要な構成の更新などの、ツールのパラメーターを更新します。
    ヒント:

    ヘルプを表示するパラメーターにポインターを合わせます。 [詳細] をクリックして、ツールのヘルプ トピックを開くこともできます。

  8. [環境設定] をクリックして、ツールが使用する環境を表示し、更新します。
  9. [クレジットの推定] をクリックして、ツールの実行時に消費されるクレジット数を計算します。
  10. [実行] をクリックします。

ツールが実行され、出力データセットが Web マップに追加されます。 失敗した実行を含む、ツールの操作に関する情報は、Web マップの解析履歴に追加されます。

サポートされるデータ

解析ツールには、1 つ以上の入力データセットが必要です。 特定のデータ タイプでのみ機能するツールもあります。 たとえば、ポイントの集約ではポイント フィーチャを含む入力レイヤーが必要ですが、多次元ラスターの集約ツールでは、多次元イメージ レイヤーが必要です。 解析ツールで使用するには、データをマップに追加する必要があります。

フィーチャ入力として、以下のデータ タイプがサポートされています。

  • フィーチャ サービス
  • ホスト フィーチャ レイヤー
  • テーブル

ラスター入力として、以下のデータ タイプがサポートされています。

  • イメージ サービス
  • ホスト イメージ レイヤー
  • ディープ ラーニング パッケージ ファイル (.dlpk)
注意:

フィーチャ サービス、マップ サービス、およびイメージ サービスは、パブリックにアクセス可能でなければなりません。つまり、サービスの URL はパブリック URL である必要があり、ファイアウォールの内側でしかアクセスできない URL は使用できません。

ArcGIS Online に追加する ArcGIS Server フィーチャ サービスに含まれる、解析に使用されるフィーチャは 100,000 未満である必要があります。 サービス内のフィーチャが複雑になるほど、解析できるフィーチャの数は少なくなります。 たとえば、サービスに含まれるポリゴン フィーチャのそれぞれに数千の頂点がある場合、解析できるフィーチャは 2,000 ~ 3,000 程度です。 フィーチャの数や複雑さがツールの対応レベルを超えた場合、エラー メッセージが表示されます。

解析の出力

解析ツールは、1 つ以上の出力を生成します。 ツールが問題なく実行されると、出力が [レイヤー] ウィンドウに追加されます。 ツールがテーブル出力を生成した場合、出力は [テーブル] ウィンドウに追加されます。 結果は、解析詳細[結果] タブにある解析履歴からアクセスすることもできます。

注意:
出力名には、特殊文字 (<, >, #, %, :, ;, ", ?, &, +, =, |, /, \, *, or @) を使用できません。

ツールの比較

次の表に、新しいツール、名前が変更されたツール、Map Viewer でまだサポートされていないツールを示します。 一覧にないツールは、同じ名前で Map Viewer および Map Viewer Classic でサポートされています。

リソース

詳細については、次のリソースをご参照ください。