ホスト フィーチャ レイヤー ビュー定義の編集

ホスト フィーチャ レイヤー ビューの所有者または管理者は、ユーザーに表示されるデータを制御するために、ビューで使用できるフィールドまたはフィーチャを定義できます。 また、空間範囲を定義することで、ホスト フィーチャ レイヤー ビューを特定の地域に制限することもできます。 これらの定義はホスト フィーチャ レイヤー ビューとともに保存され、ユーザーに表示されるコンテンツを詳細に制御できます。

たとえば、顧客情報を含むホスト フィーチャ レイヤーに複数のビューを作成し、対象ユーザーに応じて各ビューに異なる定義を設定できます。 空間解析を実行するグループで共有するビューでは、解析に必要のない情報である顧客名を格納するフィールドは非表示にできます。 ルート配送に関心のあるグループで共有する別のビューでは、配送がまだ完了していない製品を購入した顧客を表すフィーチャのみを表示するようにビューを定義できます。

ビューを作成するときにビュー定義を設定できますが、ホスト フィーチャ レイヤー ビューの詳細ページの [設定] タブを使用し、後からビュー定義を変更することもできます。

ホスト フィーチャ レイヤー ビューの定義を設定するときは、以下の点に注意してください。

  • ホスト フィーチャ レイヤー ビューについては、それに依存するホスト タイル レイヤーがある場合、フィールドまたはフィーチャの定義や対象地域を設定することはできません。
  • 特定の構成は、個々のフィールドに対して定義されます。 シンボル表示、ラベル、ポップアップ、リレーションシップ、時間設定などの構成に使用されるフィールドを非表示にすると、それらの構成はホスト フィーチャ レイヤー ビュー内で機能しなくなります。
  • 定義が適用されたホスト フィーチャ レイヤー ビューからエクスポートする場合、エクスポートされるファイルには、定義で許可されたフィールドまたはフィーチャのみが含まれます。
  • [フィーチャの結合 (Join Features)] ツールを使用して作成したホスト フィーチャ レイヤー ビューには、別のテーブルへの結合が含まれる定義があります。 これらのホスト フィーチャ レイヤー ビューの定義は変更できません。

ビューの詳細ページからホスト フィーチャ レイヤー ビューの定義を編集する手順を以下に示します。

  1. ホスト フィーチャ レイヤー ビューの詳細ページを開きます。
    • ビューの所有者である場合は、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから詳細ページを開きます。
    • 管理者の場合は、[検索] を使用してビューを検索するか、コンテンツ ページの [組織のコンテンツ] タブからビューにアクセスします。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [フィーチャ レイヤー (ホスト、ビュー)] セクションにスクロールし、[ビューの更新] をクリックします。
  4. ホスト フィーチャ レイヤー ビューへのレイヤーの追加や削除を行うには、レイヤー名をクリックします。

    ビューに含まれるレイヤーは、名前の横にチェック マークが表示されます。

  5. [次へ] をクリックし、ビュー内の各レイヤーの定義を変更します。
  6. 最初のレイヤーをクリックして、レイヤーの定義オプションにアクセスします。 次のオプションを使用して、ビュー内の各レイヤーに含めるフィーチャを定義します。
    • [フィルターの追加] - レイヤー内の 1 つ以上のフィールドにフィルター条件式を定義することで、ビューのコンテンツをフィルター処理できます。

      たとえば、空 (NULL) のフィールド値を除外したり、指定した数値より大きい数値フィールド値のみを含めたりできます。

      フィルター条件式を定義するには、[フィルターの追加] > [式の追加] の順にクリックして、ドロップダウン リストを使用して式を構築します。

      1 つのレイヤーに複数のフィルター式を追加できます。 それを行うには、[式の追加] ボタンをクリックして、追加の式を定義します。 追加する必要があるフィルター式ごとに、この手順を繰り返します。

      すべてのフィルターを定義したら、[フィルターの結果] ドロップダウン メニューを使用して、フィーチャをビューに含めるにはフィルター式で定義したすべての条件を満たす必要があるか ([すべての式に一致])、またはフィーチャをビューに含めるにはフィルター式のいずれかを満たす必要があるか ([少なくとも 1 つの式に一致]) を定義します。

    • [対象地域] - ビューに含めるフィーチャを制限するには、レイヤーの空間範囲を定義します。 その範囲内にあるフィーチャのみがビューに含められます。

      [ポリゴン] または [四角形] ボタンをクリックして、マップ上にエリアを描画します。 ビュー内のすべてのレイヤーに対して同じ対象地域を定義する場合は、[すべてのレイヤーに適用] をクリックします。

    • [フィールド] - ビューのユーザーに表示する必要がないフィールドをビューから除外することができます。 たとえば、機密情報 (人の名前、健康情報、年齢など) を含むフィールドを除外することができます。

      ビューに含めるフィールドを定義するには、[フィールドの選択] をクリックし、フィールド名をクリックして、ビューから削除するかビューに追加します。 フィールドをビューに含めるかビューから除外するかを決めるときに、フィールド名の横にある情報ボタンをクリックすると、そのフィールドの説明が表示されます。 ビューに含めるフィールドの定義が終了したら、[完了] をクリックします。

      注意:

      ArcGIS Online が必要とするフィールドは除外できません。 たとえば、レイヤーの ID などのシステム フィールドをオフにすることはできません。 また、フィールドのデフォルト値をまだ設定していない場合は、NULL 値が許可されないフィールドを除外することもできません。 デフォルト値が設定されていない場合、エディターは、編集時に値を入力するために、NULL 値が許可されないフィールドにアクセスする必要があります。

  7. レイヤーのオプションの編集が完了したら、[レイヤー定義] の横にある矢印をクリックして、ビュー内のすべてのレイヤーのリストに戻ります。
  8. 変更する必要があるその他のレイヤー定義ごとに、手順 6 と 7 を繰り返します。
  9. ホスト フィーチャ レイヤー ビューのすべての変更を終えたら、[更新] をクリックします。