解析ツールの使用

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic でのみサポートされています。 Map Viewer の今後のリリースで提供される予定です。 の今後のリリースで提供される予定です。

以下では、解析ツールのアクセスと使用に関する情報について説明します。 この情報は、すべてのツールに適用されます。

ライセンス

組織の管理により、解析を実行する一部の権限が付与されます。 解析ツールを使用するには、次の権限が必要です。

  • コンテンツの [作成、更新、および削除]
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開
  • 空間解析

これらの権限は、Creator または GIS Professional ユーザー タイプと、公開者、Facilitator、管理者 ロールに付与されます。 これらの権限がないと、下記の [解析の実行] オプションは表示されません。

一部のツールでは、[ネットワーク解析] および [GeoEnrichment] などの追加の権限が必要です。 これらのツールの詳細については、「解析の実行」をご参照ください。

ラスター解析ツールも追加の権限とライセンスが必要です。 これらのツールの詳細については、「ラスター解析ツールの使用」をご参照ください。

ツールへのアクセス

Map Viewer Classic で解析ツールにアクセスして使用するには、次の手順を実行します。

  1. 解析するフィーチャ レイヤーがある Web マップを Map Viewer Classic で開きます。 詳細については、「解析ツールでサポートされているデータ」をご参照ください。
  2. [詳細] ウィンドウの [コンテンツ] ボタンをクリックします。
  3. 次のいずれかを実行します。
    • マップのメニュー バーにある [解析] ボタン 解析ボタン をクリックします。
    • 解析対象のレイヤーにマウス ポインターを合わせて [解析] ボタン 解析ボタン をクリックすることもできます。
  4. [ラスター解析] が有効になっている場合は、[フィーチャ解析] または [ラスター解析] を選択します。

[解析の実行] ウィンドウが表示されます。

解析の実行ウィンドウの操作

[解析の実行] ウィンドウは次の図のような内容になっています。 このウィンドウには複数のカテゴリがあり、カテゴリごとにツールが含まれています。 あるカテゴリ内のツールを表示するには、カテゴリの左側にある展開/折りたたみボタンをクリックします。

解析のカテゴリとツール

解析環境ダイアログ ボックスを開く

[解析環境] ダイアログ ボックスを開きます。

このボタンは、ラスター解析ツールでのみ使用できます。

[詳細] パネルに戻る

[詳細] パネルに戻ります。

ツールを表示するカテゴリを展開

ツールを表示するカテゴリを展開します。

カテゴリに関するヘルプを表示

カテゴリに関するヘルプを表示します。

ツールのヘルプを表示

ツールのヘルプを表示します。

解析環境の使用

[分析環境] ボタン 分析環境 を使用すると、マップから実行されるすべてのツールに適用される設定にアクセスできます。 [分析環境] ウィンドウを使用して、処理範囲 (解析の実行中に使用されるデータの範囲) を変更することができます。 処理対象範囲は、次の 3 つのオプションのいずれかに設定できます。

  • デフォルト - 実行中のツールが指定したデータの範囲を使用します。ツールで [現在のマップ範囲を使用] がオンになっている場合、表示中の範囲のフィーチャだけが使用されます。[現在のマップ範囲を使用] がオンになっていない場合は、すべてのフィーチャが使用されます。このオプションはデフォルトです。このオプションが選択されている場合、[現在のマップ範囲] はデフォルトでオンになります。
  • レイヤー <レイヤー名> - マップに含まれるレイヤーの範囲を使用して処理を行います。このオプションが選択されている場合、[現在のマップ範囲] はデフォルトでオンになりません。[現在のマップ範囲を使用] をオンにすると、選択されたレイヤーの範囲を使用する設定がオーバーライドされます。
  • [値指定] - Web メルカトル投影法を使用する座標を入力し、指定された範囲を使用します。このオプションが選択されている場合、[現在のマップ範囲] はデフォルトでオンになりません。[現在のマップ範囲を使用] をオンにすると、選択されたレイヤーの範囲を使用する設定がオーバーライドされます。

ラスター解析ツールでは、追加の解析環境設定が可能です。 詳細については、「ラスター解析環境」をご参照ください。

ツール ウィンドウの操作

解析ツールのウィンドウを開くには、そのツールのボタンをクリックします。 これにより、ツールのウィンドウが開きます。[ポイントの集約] ツールの例を次の図に示します。

[ポイントの集約] ウィンドウ

解析環境ダイアログ ボックスを開く

ツールの [分析環境] ダイアログ ボックスを開きます。

このボタンは、ラスター解析ツールでのみ使用できます。

解析を実行せずにツール ウィンドウを閉じる

解析を実行せずにツール ウィンドウを閉じて、[解析の実行] ウィンドウに戻ります。

パラメーターに関するヘルプを表示

パラメーターに関するヘルプを表示します。

解析の実行結果は、この名前を使用してコンテンツに保存される

解析の実行結果は、この名前を使用して [コンテンツ] に保存されます。

結果を保存するコンテンツ内のフォルダーを指定できる

結果を保存する [コンテンツ] 内のフォルダーを指定できます。

解析を実行した場合に使用されるクレジット数を表示

解析を実行した場合に使用されるクレジット数を表示します。

オンにした場合、現在のマップに表示されるデータだけが解析される

オンにした場合、現在のマップに表示されるデータだけが解析されます。

注意:

ArcGIS Online で解析ツールを実行する前に、クレジット見積りツールを使用して、使用されると予想されるクレジット数を計算できます。 組織がクレジット使用制限を有効化しており、予想されるクレジット数が割り当て済みのクレジット数を超える場合、ArcGIS Online はエラー メッセージを表示します。 クレジットの割り当てと消費の詳細については、「クレジットについて」をご参照ください。

ツールによってパラメーター セットは異なります。 上の図に示すような、パラメーターの横にあるヘルプ ボタンをクリックすることによって、パラメーターのヘルプをいつでも表示できます。 すべてのツールに [結果レイヤーの名前] パラメーターがあり、ここに解析の実行結果が書き込まれます。 この名前を変更することも、デフォルト値を使用することもできます。

現在のマップ範囲を使用

常に [現在のマップ範囲を使用] をオンにして、解析対象領域にズームすることをお勧めします。 そうすることで、ツールが解析の実行時に調べる必要のあるフィーチャの数を制限することができ、ツールが使用するクレジット数も制限できます。 [現在のマップ範囲を使用] をオフにすると、解析レイヤー内のすべてのフィーチャが解析される可能性があり、レイヤー内にあるフィーチャ数に基づいて、ツールによってクレジットが使用されます。

[解析の再実行] ツール

解析ツールは、結果のフィーチャ レイヤーの [解析の再実行] ボタン 解析の再実行 をクリックすることで再実行できます。 [解析の再実行] をクリックすると、レイヤーの作成に使用されたツールが開き、すべてのパラメーターが再入力されます。 ツールは同じパラメーターで再実行することもできますが、ツールの実行前に、入力を含めて、パラメーターを更新することもできます。

解析ツールの再実行時には、フィルター、範囲、入力レイヤー、出力フォルダーなどの現在のマップの状態が適用されます。 解析を特定の範囲で実行するには、ブックマークを作成します。 他のユーザーが解析を再実行できるように結果を共有する場合は、入力レイヤーも共有する必要があることがあります。 [解析の再実行] を使用してツールを開いたときに、入力レイヤーが使用できない場合は、警告が表示されますが、別の入力を使用することでツールを実行できます。

注意:

解析ツールは、2017 年 6 月 26 日以降に作成された結果レイヤーに対してのみ再実行できます。

[解析の再実行] で解析ツールを開くと、前回の反復処理の [結果レイヤーの名前] が使用されます。 ツールを再実行する前に一意の名前を作成する必要があります。