テーブルの編集 (Map Viewer)

編集可能なテーブル レイヤーの所有者がそのレイヤーをユーザーと共有している場合、ユーザーはそのレイヤーを Map Viewer に追加し、属性値を編集することができます。

フィールド値の編集

テーブル レイヤーの値や、フィーチャ レイヤーの属性テーブルの値を編集できます。 フィーチャ レイヤーの属性テーブルの値を更新する方法については、「フィーチャの編集」をご参照ください。 Map Viewer のテーブル レイヤーの値を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、レイヤーを含むマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  3. 編集する値を含むセル内をダブルクリックして値を入力するか、値のリストを提供するようにフィールドが構成されている場合は、ドロップダウン メニューから適切な値を選択します。 リストが存在する場合に値を削除するには、[空] を選択します。
  4. Enter キーを押して、変更内容を保存します。

関連する写真やファイルの追加

フィーチャ レイヤーおよびテーブル レイヤーには、関連する写真やその他のファイルを添付ファイルとして含めることができます。 レイヤーの所有者がそのレイヤーに対して添付ファイルを有効にしており、ユーザーにそのレイヤーを編集する権限が付与されている場合、ユーザーは関連する写真やファイルをテーブル内のレコードに添付できます。

注意:

現時点で、添付ファイルを Map Viewer のテーブル レイヤーに追加することはできません。

フィーチャ レイヤーに添付ファイルを追加する方法については、「フィーチャの編集」をご参照ください。

サポートされている添付ファイル形式

次のファイル形式が添付ファイルとしてサポートされています。

7Z、AIF、AVI、BMP、CSV、DOC、DOCX、DOT、ECW、EMF、EPS、GEOJSON、GIF、GML、GPKG、GTAR、GZ、IMG、J2K、JP2、JPC、JPE、JPEG、JPF、JPG、JSON、M4A、MDB、MID、MOV、MP2、MP3、MP4、MPA、MPE、MPEG、MPG、MPV2、PDF、PNG、PPT、PPTX、PS、PSD、QT、RA、RAM、RAW、RMI、SID、TAR、TGZ、TIF、TIFF、TXT、VRML、WAV、WMA、WMF、WMV、WPS、XLS、XLSX、XLT、XML、ZIP。