アプリの追加と登録

参照 URL を既存のアプリへ追加すると、組織や一般ユーザーのメンバーと作業を共有する際に効果的です (共有権限によります)。 URL に加えて、アプリのタイプ、目的、概要、説明、アプリの作成に使用されるコードを含む .zip ファイルなどの、その他の詳細情報も共有できます。組織アカウントを持つアプリ開発者は、プラットフォームにアプリを登録することもできます。

アプリを ArcGIS Online に追加すると、アプリの URL への参照のみが追加されます。ArcGIS Online には、アプリ ファイルは保存されません。

ヒント:

アプリを組織や一般ユーザーのメンバーと共有する別の方法として、マップを使用したアプリグループを使用したギャラリー アプリを作成する方法があります。

URL からのアプリの追加

URL を使用して Web 上のアプリにアクセスするアイテムを追加するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [新しいアイテム] をクリックし、[アプリケーション] をクリックします。
  3. アプリのタイプを選択します。
    • [Web マッピング] - JavaScript などの Web API で構築された Web アプリ。
    • デスクトップ - Java や .NET (Microsoft Windows デスクトップ) などのデスクトップ プラットフォームで構築されたデスクトップ用アプリ
    • モバイル - iOSAndroid などのモバイル デバイス用に SDK で構築されたダウンロード可能なアプリ
    • [他のアプリケーション] - アプリケーションの目的、API、SDK、URL アドレスなどの詳細情報のない、デスクトップ アプリケーションまたは任意のタイプの一般アプリ。
  4. Web マッピング、デスクトップ、またはモバイルの場合、アプリの URL (「https://<myServer>/myWebMapApp」など) を入力します。
  5. デスクトップ アプリの場合、[参照] をクリックし、アプリを含む .zip ファイルを選択します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. タイトルを入力します。
  8. アイテムの保存先となる [マイ コンテンツ] 内のフォルダーを選択します。
  9. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。

    また、カテゴリ名の入力を開始して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。

  10. 必要に応じて、アイテムを説明するタグを入力します。

    語句をカンマで区切ります (たとえば、「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます)。

    入力する際、以前に追加したタグから生成された推奨タグが表示されますので、そこから選択することができます。

  11. 必要に応じて、アプリについて説明するサマリーを追加します。
  12. [保存] をクリックします。

アプリを追加すると、そのアプリがコンテンツに表示されます。

アイテムの詳細を構成し、必要に応じてコードを添付し、共有権限がある場合は、そのアプリを共有します。

アプリの登録

組織アカウントを持つ開発者は、アプリをプラットフォームに登録してアプリケーション ID を生成できます。 使用に関する統計情報を収集する場合や、ユーザーが OAuth 2.0 (標準化された認証フレームワーク) を使用してプラットフォームにサイン インできるようにする場合は、アプリ内でアプリケーション ID を使用します。 OAuth 2.0 を利用する場合、アプリはプラットフォームが提供するログイン ページを使用して、ユーザーがプラットフォームにサイン インできるようにします。 また、アプリは組織に関連付けられたユーザー コンテンツや、他の ArcGIS Online 機能 (ジオコーディング、ルート検索、ジオエンリッチメントなど) と連携することもできるようになります。 認証と OAuth 2.0 の詳細については、ArcGIS Developer をご参照ください。

アプリを登録するには、まず、それを ArcGIS Online に追加する必要があります。 詳細については、上のセクションをご参照ください。 アプリを追加したら、以下の手順に従ってアプリを登録し、アプリケーション ID とアプリの秘密の質問を取得します。 汎用タイプのアプリを追加した場合は、そのアプリが自動的に登録されます。

注意:

ユーザー ログインの実装パターンは、Web ベースのアプリを使用しているか、またはネイティブのアプリを使用しているかによって若干異なります。Web ベースのアプリおよびネイティブ アプリの詳細とサンプル コードについては、ArcGIS Developer ドキュメントをご参照ください。

  1. 組織アカウントでサイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから、登録対象のアプリのタイトルをクリックします。

    アプリの名前をクリックすると、そのアイテム ページが開きます。

  3. [設定] タブをクリックし、[アプリの登録] セクションまで下にスクロールして、[登録] をクリックします。
  4. アプリケーション タイプ ([ブラウザー]、[ネイティブ]、[サーバー]、または [複数]) を選択します。
  5. 各リダイレクト URI のアドレスを ["https://<server>[:port]"] の形式で指定入力し、[追加] をクリックします。

    リダイレクト URI は、サイン インに成功したアプリケーション ユーザーをリダイレクトできる、有効なアドレスです。

  6. すでに追加した URI を削除するには、それを選択し、[削除] をクリックして、[登録] をクリックします。

アプリ登録情報の表示と更新

アプリを登録したら、アプリケーション ID やアプリ シークレットなどの登録情報を表示できます。また、リダイレクト URI を更新したり、シークレットをリセットしたりできます。 さらに、アプリにサイン インしているユーザーやそれらのユーザーが消費したクレジット数に関する使用情報を表示したり、アプリを登録解除したりすることもできます。

注意:

アプリ シークレットをリセットすると、そのアプリに対して発行された既存のユーザーとアプリのトークンがすべて無効化されます。ユーザーは、アプリに再びサイン インする必要があり、シークレットを使用して設定されたアプリの更新が必要になる場合があります。

  1. 組織アカウントでサイン インしていることを確認し、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブをクリックします。
  2. 登録済みアプリケーションのタイトルをクリックします。
  3. アイテム ページで、[設定] タブをクリックします。
  4. [アプリケーション設定] セクションまで下にスクロールして、[登録情報] をクリックします。

    アプリ ID、アプリ シークレット、アプリ タイプ、およびリダイレクト URI が表示されます。

  5. リダイレクト URI を更新するには、[更新] をクリックして、次の手順を実行します。
    1. リダイレクト URI を追加する場合は、アドレスを入力してから [追加] をクリックします。
    2. リダイレクト URI を削除する場合は、URI アドレスを選択してから [削除] をクリックします。
    3. [更新] をクリックし、[保存] をクリックします。
  6. アプリ シークレットをリセットするには、[更新] をクリックして、次の手順を実行します。
    1. [秘密キーのリセット] をクリックします。

      アプリ シークレットをリセットすると、そのアプリに対して発行された既存のユーザーとアプリのトークンがすべて無効化されます。ユーザーは、アプリに再びサイン インする必要があり、シークレットを使用して設定されたアプリの更新が必要になる場合があります。

    2. [はい] をクリックして、アプリ シークレットのリセットを確定します。
    3. [更新] をクリックし、[保存] をクリックします。
  7. アプリにサイン インしているユーザーやそれらのユーザーが消費したクレジットの数に関する情報を表示するには、[アプリケーションの使用状況] をクリックし、クレジット数の表示またはユーザーの表示を選択してから、期間を選択します。
  8. アプリの登録を解除するには、[アプリの登録解除] をクリックします。

    アプリの登録が解除されました。 アイテム ページを保存する必要はありません。

関連トピック