ホスト レイヤー

マップおよびデータをホスト レイヤーとして ArcGIS Online に公開することができます。 この操作を行うと、ArcGIS Online がレイヤーと、そのレイヤーを構成するデータをホストします。 このため、これらのレイヤーはホスト レイヤーと呼ばれています。 ユーザーの許可さえあればインターネット上のどこからでも Web、デスクトップ、およびモバイル アプリによる ArcGIS Online ホスト レイヤーへのアクセスが可能です。

ArcGIS Online のホスト レイヤーは、マップまたはデータセットを Web 上に公開する必要はあるが、個人で ArcGIS Server サイトを所有していない場合に役立ちます。 ユーザー所有の ArcGIS Server サイトを一般ユーザーに公開できない場合に、特定のマップをインターネットでユーザーと共有する場合にも便利です。

ホスト レイヤーを公開するための前提条件

ホスト レイヤーを公開するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • ArcGIS Online 組織に属しているアカウント
  • コンテンツを作成して、ホスト レイヤーを公開する権限

ホスト レイヤーのタイプ

次のいずれかのタイプのホスト レイヤーを公開できます。

フィーチャ レイヤー

ホスト フィーチャ レイヤーは、ベクター フィーチャの検索、表示および編集をサポートしています。 ホスト フィーチャ レイヤーは、ベースマップに重ねてデータを表示するのに最も適しています。 Web アプリの場合、ホスト フィーチャ レイヤーはブラウザーで描画され、対話型のハイライト表示、検索、およびポップアップをサポートしています。

詳細については、「ホスト フィーチャ レイヤーの公開」をご参照ください。

ホスト フィーチャ レイヤーを公開すると、フィーチャ レイヤーのデータのビューを作成できます。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、ビューの作成に使用したホスト フィーチャ レイヤーと同じデータを参照しますが、異なる編集、共有、およびその他の設定をビューに適用できます。 詳細については、「ホスト フィーチャ レイヤー ビューの作成」をご参照ください。

フィーチャ レイヤー ビュー

公開権限を持ち、スタイルや表現の変更以上に異なるビューのホスト フィーチャ レイヤーが必要な場合 (さまざまな編集機能の適用やさまざまなグループとのデータの共用など)、ホスト フィーチャ レイヤーからホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成できます。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューはレイヤーのコピーに似ていますが、レイヤーの表示方法以外のことも制御できるため非常に効果的です。 たとえば、異なるユーザーのグループごとにさまざまな編集機能をサポートする必要があるときに、ホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成できます。 多くの組織は、データをパブリックで共有し、同時に、組織内のメンバーがそのデータを最新状態に保つことができるようにする必要があります。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューは、これを行うための直接的な方法を提供します。 ホスト フィーチャ レイヤーを公開すると、それを編集する必要がある組織の特定メンバーと共有できます。 一般公開の場合、元のホスト フィーチャ レイヤーを参照するが編集機能を無効化したホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成できます。 2 つのレイヤーは同じデータを共有するため、メンバーが元のホスト フィーチャ レイヤーを編集すると、一般ユーザーには変更されたデータが即座に表示されます。

WFS レイヤー

ホスト WFS レイヤーは、ホスト フィーチャ レイヤーの読み取り専用ビューです。 WFS レイヤーは OGC WFS 仕様に準拠します。 公開元のホスト WFS レイヤーとホスト フィーチャ レイヤーは、同じデータと初期メタデータを共有します。

詳細については、「ホスト OGC レイヤーの公開」をご参照ください。

OGC フィーチャ レイヤー

ホスト OGC フィーチャ レイヤーは、ホスト フィーチャ レイヤーの読み取り専用ビューです。 OGC フィーチャ レイヤーは OGC API フィーチャ仕様に準拠します。

詳細については、「ホスト OGC レイヤーの公開」をご参照ください。

タイル レイヤー

ホスト タイル レイヤーは、事前に描画されたマップ画像またはタイルのコレクションを使用した高速マップ表示に対応しています。 これらのタイルは、データがアップロードされた後にサーバー上に作成され、保存されます。 ホスト タイル レイヤーは、マップに地理情報を提供するベースマップに適しています。 ホスト フィーチャ レイヤーから公開されたタイル レイヤーを使用すると、多数のフィーチャを一度に視覚化できます。また、タイル レイヤーを、フィーチャ データの変更と同期された状態に維持できます。

ホスト フィーチャ レイヤーからタイル レイヤーを公開する方法の詳細については、「フィーチャからのホスト タイル レイヤーの公開」をご参照ください。 ファイルからタイル レイヤーを公開する方法の詳細については、「ホスト タイル レイヤーの公開」をご参照ください。

ベクター タイル レイヤー

ベクター タイル レイヤーは、2D および 3D コンテンツを含む Web アクセスが可能なタイルのセットとこれらのタイルの描画方法に対応するスタイルを参照します。 タイルのアクセス パフォーマンスとベクターの描画を組み合わせることで、タイルはどのような解像度のディスプレイにも適合します (解像度はデバイスによって違いがあります)。

詳細については、「ホスト ベクター タイル レイヤーの公開」をご参照ください。

WMTS レイヤー

ホスト WMTS は、ホスト タイル レイヤーの OGC 準拠ビューです。 ArcGIS Online で一般ユーザーに公開されているすべてのホスト タイル レイヤーは、OGC WMTS プロトコルを使用してアクセスできます。 ホスト タイル レイヤーの公開者は、WMTS を有効化するのに特別な操作を実行する必要はありません。 WMTS プロトコルを使用してホスト タイル レイヤーにアクセスするには、レイヤーの詳細ページを開き、タイル レイヤーの URL を開きます。 開いたページには、WMTS ケーパビリティ ドキュメントへの WMTS URL リンクが含まれ、WMTS に対応したアプリのレイヤー タイルへのアクセスに使用できます。

シーン レイヤー

ホスト シーン レイヤーは、キャッシュされたタイルのコレクションおよび関連するホスト フィーチャ レイヤーを使用した 3 次元データの高速マップ表示に対応しています。 タイルおよびフィーチャ レイヤーは、ArcGIS Pro から 3D データを公開するときに作成されます。または、ArcGIS Online の既存のホスト フィーチャ レイヤーからシーン レイヤーを公開できます。

詳細については、「ホスト シーン レイヤーの公開」をご参照ください。

イメージ レイヤー

ホスト イメージ レイヤーは、ArcGIS Online でホストされているイメージ サービスです。 ホスト イメージ レイヤーでは、リモート センシング画像およびラスター データを作成、共有、解析できるように、多数のラスター タイプおよび画像プロダクトがサポートされています。

詳細については、「ホスト イメージ レイヤーの公開」をご参照ください。

標高レイヤー

ホスト標高レイヤーは、Limited Error Raster Compression (LERC) 形式でキャッシュされたイメージ タイルとしてレンダリングされているイメージ レイヤーです。 このレイヤーでは、シーン内での 3D レイヤーの高さを示すために、カスタマイズされた標高サーフェスがシーンに提供されます。

詳細については、「ホスト標高レイヤーの公開」をご参照ください。

ホスト レイヤーの依存関係

ホスト レイヤーには、その作成元のアイテムとの依存関係があります。 たとえば、アップロードしたシェープファイルからホスト フィーチャ レイヤーを公開した場合、シェープファイルを削除すると、ホスト フィーチャ レイヤーの上書きなどの操作を実行できなくなります。 ArcGIS Pro からホスト フィーチャ レイヤーを公開した場合、サービス定義ファイルが作成され、[マイ コンテンツ] に追加されます。 サービス定義ファイルを削除した場合、ArcGIS Pro から再公開してサービスを上書きすることはできません。

同様に、ホスト フィーチャ レイヤーから他のホスト レイヤーを公開した場合、レイヤー間に依存関係を作成することができます。 プライマリ ホスト フィーチャ レイヤーから、以下のすべてのホスト レイヤーを公開できます。

  • タイル レイヤー
  • ベクター タイル レイヤー
  • OGC フィーチャ レイヤー
  • WFS レイヤー
  • シーン レイヤー
  • フィーチャ レイヤー ビュー

これらの依存関係にあるホスト レイヤーは、作成元のホスト フィーチャ レイヤーとの関係性があります。

  • ホスト OGC フィーチャ、WFS、およびフィーチャ レイヤー ビューは、これらの公開に使用したホスト フィーチャ レイヤーのデータを参照しているため、データのアクセスに関して、ホスト フィーチャ レイヤーとの完全な依存関係があります。
  • ホスト タイル レイヤー (ラスター タイル) は、ポップアップの入力をホスト フィーチャ レイヤーに依存しています。
  • 依存関係にあるレイヤーとプライマリ ホスト フィーチャ レイヤーの所有者は同一である必要があります。 管理者は、まずプライマリ ホスト フィーチャ レイヤーの所有権を先に再割り当てします。 これを行うと、依存関係にあるすべてのレイヤー (とプライマリ ホスト フィーチャ レイヤーの生成に使用したファイル) の所有者が同じメンバーになります。
  • 作成元のホスト フィーチャ レイヤーを削除するには、依存関係にあるすべてのレイヤーを削除する必要があります。

これらの依存関係は、ホスト フィーチャ レイヤー ビューから公開したレイヤーに拡大します。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューから公開したホスト レイヤーは、ビューとその作成元のホスト フィーチャ レイヤーの両方と関係性があります。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューを削除するには、依存関係にあるレイヤーを削除する必要があります。

ホスト レイヤーのアイテム ページの [詳細] の下にある [作成元] の値により、ホスト レイヤーの公開に使用されたレイヤーまたはファイルがわかります。 [次の名前で公開] および [他のビュー] の値により、ホスト フィーチャ レイヤーが公開元となっている他のホスト レイヤーや、ホスト フィーチャ レイヤーが作成元となっているビューがわかります。

ホスト レイヤーを使用できるクライアント

ホスト レイヤーは、既知のジオサービス REST 仕様を使用して通信するため、Esri アプリとサード パーティ製アプリで使用できます。 Map Viewer でサービスを表示できますが、ArcGIS Runtime SDKArcGIS Configurable Apps テンプレート、または ArcGIS Web AppBuilder を使用して独自のアプリを作成することもできます。 その他のサポートされているクライアント アプリには、ArcGIS Field MapsArcMap、および ArcGIS Pro があります。

ホスト レイヤーへのアクセス

デフォルトでは、公開時のホスト レイヤーはプライベートで、そのレイヤーを公開したユーザーのみがアクセスできます。 ホスト レイヤーは、デフォルトでは検索結果に表示されず、グループのコンテンツにも含まれません。 ArcGIS Online 上の特定のグループ、または組織のすべてのメンバー、あるいは一般ユーザーにホスト レイヤーの利用を許可できます。 詳細については、「アイテムの共有」をご参照ください。