テーブルの表示 (Map Viewer)

マップの下部に対話型のテーブルを表示して、レイヤー内にあるフィーチャまたはレコードの詳細を参照できます。 データを表形式で表示すると、すばやく情報を分析し、意思決定を開始することができます。 属性データを並べ替えおよびフィルター処理したり、フィールドを非表示にしたりして、特定のフィーチャ データまたはラスター データに焦点を合わせることができます。

ArcGIS Pro のモザイク データセットまたは ArcGIS Online の画像コレクションから公開されたイメージ レイヤーと関連付けられているテーブルを表示できます。 他のタイプのイメージ レイヤーでは、テーブルを使用できません。

ヒント:

Map Viewer で表示できる関連テーブルを持つイメージ レイヤーを識別するには、レイヤーのアイテムの詳細ページの [概要] タブを確認します。[ソース][画像コレクション] がリストされています。

また、テーブル内の各フィールドに関する情報にアクセスしてデータが表す内容を理解したり、関連データ テーブル、写真、その他の添付ファイルを表示して、レイヤーに関する詳細情報を取得したりすることもできます。 レイヤーを編集する権限を持っているユーザーは、属性値を編集または削除でき、関連する追加の写真やファイルを添付できます。 詳細については、「テーブルの編集」をご参照ください。

テーブルの表示

Map Viewer でテーブルを表示すると、マップ内のフィーチャおよびイメージ レイヤーに関連付けられている情報を確認するのに便利です。 フィーチャまたはラスターと一緒に保存されているデータのタイプが判明したら、レイヤーの中に対象ユーザーにとって重要でないデータがある場合、フィルターを適用することで、より対象を絞った表示を設定できます。

フィーチャ レイヤーのテーブルの表示

Map Viewer でフィーチャまたは画像コレクションベースのイメージ レイヤーのテーブルを表示するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、レイヤーを含むマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  3. [レイヤー] ウィンドウで、レイヤーの横の [オプション] Optionsをクリックして、[テーブルの表示] をクリックします。

    レイヤーのテーブルがマップの下部に表示されます。

  4. テーブル ヘッダーにある上矢印をクリックして表示される行数を増やしたり、下矢印をクリックして表示される行数を減らしたりします。
  5. テーブルを閉じるには、テーブル ヘッダーの [閉じる] Close をクリックします。

テーブル レイヤーの表示

Map Viewer にテーブル レイヤーを追加すると、テーブルが自動的に開きます。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、レイヤーを含むマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  3. このテーブルはマップの下部に表示されます。
  4. テーブル ヘッダーにある上矢印をクリックして表示される行数を増やしたり、下矢印をクリックして表示される行数を減らしたりします。
  5. テーブルを閉じるには、テーブル ヘッダーの [閉じる] Close をクリックします。 テーブルを再度開くには、レイヤーの横の [オプション] Options をクリックして、[テーブルの表示] をクリックします。

データの調査

データ タイプや説明など、フィールドに関する情報を表示したり、フィールドのコンテンツに関する統計情報を確認したりできます。 各フィールド内のデータが表す内容がわかったら、データとフィールドを並べ替えて、関心のあるデータに焦点を合わせます。

フィーチャ レイヤー テーブルでは、テーブルの行を選択し、マップ上で選択されたすべてのフィーチャの範囲の場所にズームすることもできます。

  1. 次のいずれかの手順でテーブルを開いて、フィールドに関する情報を表示します。
    • フィールド (列) を選択し、[オプション] Options をクリックして、[情報] をクリックします。
    • テーブル ヘッダーの [ツール] ツール をクリックして、フィールドの横にある [情報] Information をクリックします。 フィールドのリストに戻るには、戻る矢印をクリックします。 [完了] をクリックして、ポップアップ ウィンドウを閉じます。

    別個のポップアップ ウィンドウに、フィールド名、データ タイプ、エイリアス、フィールドの説明、値の説明、および統計情報が表示されます。 各フィールドで使用可能な情報は、レイヤーの所有者が設定した値によって異なります。統計情報は、フィールドのデータ タイプによって異なります。

  2. 必要に応じて、特定のフィールドを検索します。
    1. テーブル ヘッダーの [ツール] ツール をクリックして、フィールド名を検索ボックスに入力するか、[フィールドの並べ替え] フィールドの並べ替え をクリックして、各フィールドがこのウィンドウに表示される順序を変更します。

      フィールド名を入力する場合は、入力に伴ってフィールドのリストが変化します。

    2. フィールドをオンにするか、テーブルで非表示にするフィールドをオフにします。また、フィールドの情報を表示できます。
  3. 次のいずれかの手順で各フィールドのレコードを並べ替え、データを簡単に参照できるようにします。
    • フィールドの上矢印または下矢印をクリックして、値を昇順または降順で並べ替えます。
    • フィールドを選択して [オプション] Options をクリックし、[昇順で並べ替え] または [降順で並べ替え] をクリックします。
    • フィールド名をクリックして、テーブル内の新しい位置までドラッグし、フィールドの順序を変更します。

    この操作を行っても、テーブルに格納されているフィールドの順序は変わりません。マップ上での各フィールドの表示のみが変わります。

  4. フィールドを非表示にするには、次のいずれかを実行します。
    • フィールドを選択して、[オプション] Options をクリックし、[フィールドを非表示] をクリックし、1 つのフィールドを非表示にします。
    • テーブル ヘッダーの [ツール] ツール をクリックして、非表示にする複数フィールドをオフにします。 [完了] をクリックして、ポップアップ ウィンドウを閉じます。
  5. 必要に応じて、テーブル ヘッダーの [ツール] ツール をクリックして、テーブルで表示 (再表示) するフィールドをオンにします。 [完了] をクリックして、ポップアップ ウィンドウを閉じます。
  6. テーブルの行を選択するには、各行の先頭のチェックボックスをオンにします。
  7. マップを選択したフィーチャ (行) の範囲にズームするには、[選択セットにズーム] Zoom to selection をクリックします。

    マップの中心が、選択されたすべてのフィーチャが含まれるように再設定されます。

  8. 選択されたすべての行をオフにするには、テーブルの [選択解除] Clear selection をクリックします。

このトピックの内容
  1. テーブルの表示
  2. データの調査