シーン内でのフィーチャの編集

編集可能なフィーチャ レイヤーを使用して、シーン内でデータを作成、更新、および削除することができます。 属性を編集し、対話型ハンドルを使用して、ジオメトリを変更します (移動、形状変更、回転、サイズ変更など)。 シーンに編集可能なレイヤーが 1 つ以上含まれている場合は、[編集] ボタン 編集[デザイナー] ツールバーに表示されます。

フィーチャを更新または作成すると、その編集内容がフィーチャ サービスに保存されます。 編集内容を保存する際に、シーンを保存する必要はありません。 また、レイヤーがパブリックになり、ユーザーが編集内容を保存する際に組織にサイン インしなくても済むように、アクセス権を定義することもできます。

ヒント:
フィーチャを更新または作成する場合には、編集時の制御性と精度を高めるために [スナップ] オプションを使用します。

フィーチャの編集

既存のフィーチャを編集するには、次の手順を実行します。

  1. [デザイナー] ツールバーで、[編集] 編集 をクリックして [編集] ウィンドウを開きます。
  2. [フィーチャの編集] で、[編集するフィーチャをクリック] ボタン フィーチャの編集 をクリックして、編集を開始します。
  3. シーン内で編集するフィーチャをクリックします。

    そのフィーチャが対話型ハンドルでハイライト表示され、[編集] の下に新しいウィンドウが表示されます。このウィンドウで、選択したフィーチャの属性を編集することができます。

  4. テキストまたは数値属性の値を編集します。
    1. 属性フィールドをクリックします。
    2. テキストまたは数値を変更します。
    3. 続けて追加の属性値を変更します。
  5. ジオメトリを編集して、形状変更、サイズ変更、回転、または移動します。

    ポイントの場合は、次のいずれかを実行します。

    1. 対話型ハンドルを使用してポイント フィーチャを水平方向と鉛直方向に移動します。

      この操作は、フィーチャ サービスで Z 値が許可されている場合に実行できます。

    2. 対話型ハンドルを使用してポイント フィーチャを回転します。

      この操作は、フィーチャ サービスに回転属性値が存在する場合に実行できます。

    ラインおよびポリゴンの場合は、次のいずれかを実行します。

    1. 対話型ハンドルを使用して、フィーチャをサイズ変更、回転、または水平方向と鉛直方向に移動します。
    2. そのフィーチャをもう一度クリックし、それぞれの頂点を移動して、そのフィーチャの形状を変更します。 セグメントの中央にある頂点をクリックして、頂点を追加することもできます。 この場合は、頂点をドラッグして、フィーチャの形状をさらに変更できます。
    3. もう一度クリックして、対話型ハンドルを使用します。
  6. [更新] をクリックして、属性とジオメトリに加えた変更内容をサービスに保存します。
  7. いつでも [キャンセル] をクリックして、最初の [編集] ウィンドウに戻ることができます。
  8. [削除] をクリックして、サービスからフィーチャを削除します。
  9. データの編集が終了したら、[編集] 編集 をクリックするか、[デザイナー] ツールバーにある別のツールをクリックして、[編集] ウィンドウを閉じます。
注意:

公開されたレイヤー構成によって、使用可能な編集オプションが決まります。 たとえば、フィーチャを鉛直方向に移動できるのは、公開されたフィーチャ サービスで Z 値が許可されている場合だけです。

フィーチャ作成

フィーチャを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [デザイナー] ツールバーで、[編集] 編集 をクリックして [編集] ウィンドウを開きます。
  2. [フィーチャの作成] で、フィーチャ テンプレートを選択して、新しいフィーチャをレイヤーに追加します。
  3. シーン内をクリックして、フィーチャを作成します。
    1. ポイントの場合は、シーン内の 1 か所をクリックして、ポイントを追加します。
    2. ラインの場合は、シーン内の 1 か所をクリックして、ラインの描画を開始します。 ラインをドラッグし、クリックしてポイントを追加します。 ラインを完成させるには、ダブルクリックするか、Enter キーを押します。
    3. ポリゴンの場合は、シーン内の 1 か所をクリックして、ポリゴンの描画を開始し、クリックしてポイントを追加します。 ポリゴンを完成させるには、最初の頂点をクリックするか、ダブルクリックするか、Enter キーを押します。
  4. フィーチャの作成が終了したら、ジオメトリを編集して、移動、形状変更、サイズ変更、または回転します。

    ポイントの場合は、次のいずれかを実行します。

    1. 対話型ハンドルを使用してポイント フィーチャを水平方向と鉛直方向に移動します。

      この操作は、フィーチャ サービスで Z 値が許可されている場合に実行できます。

    2. 対話型ハンドルを使用してポイント フィーチャを回転します。

      この操作は、フィーチャ サービスに回転属性値が存在する場合に実行できます。

    ラインおよびポリゴンの場合は、次のいずれかを実行します。

    1. 対話型ハンドルを使用して、フィーチャをサイズ変更、回転、または水平方向と鉛直方向に移動します。
    2. そのフィーチャをもう一度クリックし、それぞれの頂点を移動して、そのフィーチャの形状を変更します。 セグメントの中央にある頂点をクリックして、頂点を追加することもできます。 この場合は、頂点をドラッグして、フィーチャの形状をさらに変更できます。
    3. もう一度クリックして、対話型ハンドルを使用します。
  5. 属性フィールドにデータを入力します。
  6. シーン内をもう一度クリックして、選択したフィーチャ テンプレートでフィーチャをさらに作成します。
  7. フィーチャの作成が終了したら、[追加] をクリックして、新しいフィーチャをフィーチャ サービスに保存します。

    [追加] ボタンをクリックすると、保存する前に作成されたフィーチャの数が表示されます。

    ヒント:

    1 つ前のフィーチャの対話型ハンドルの外側をクリックすることで、連続して複数のフィーチャを作成できます。

  8. いつでも [キャンセル] をクリックして、最初の [編集] ウィンドウに戻ることができます。
  9. データの編集が終了したら、[編集] 編集 をクリックするか、[デザイナー] ツールバーにある別のツールをクリックして、[編集] ウィンドウを閉じます。

スナップ

[スナップ] スナップ ([編集] ウィンドウにある) で、他のフィーチャ レイヤーに対するスナップ オプションを定義できます。

スナップを有効化するには、次の手順を実行します。

  1. 展開ボタン 展開 をクリックして、[スナップ] スナップを展開します。
  2. [スナップの有効化] 切り替えキーをクリックして、シーン内でスナップを有効にします。
  3. [スナップ レイヤー] で、展開ボタン 展開 をクリックして、使用可能なスナップ レイヤーを展開します。
  4. フィーチャの更新時および作成時にスナップするレイヤーをクリックします。

ヒント:

ラインまたはポリゴンの編集中に、オレンジ色のガイドがエッジと頂点に自動的に表示され、平行スナップや垂直スナップなどのスナップ オプションが示されます。