ファイルからホスト ベクター タイル レイヤーを公開

ベクター タイル レイヤーは、キャッシュされた 1 組のベクターとそれらのベクターをレンダリングするための情報を参照します。 ベクター タイル レイヤーのデータは、ジオメトリ、属性、スタイルを含む個別のレイヤーに格納されます。 スタイル設定情報はタイルのジオメトリや属性とは独立して格納され、複数のスタイルを定義できます。 つまり、スタイルごとに新しいキャッシュを作成する必要なく 1 セットのベクター タイルをさまざまな方法でスタイル設定することができます。 このため、マップ スタイルを作成する際に容量を節約できるほか、処理を高速化できます。 また、別々のタイル レイヤーとしてベクターにアクセスすることでも、パフォーマンスを改善できます。

ホスト フィーチャ レイヤーからベクター タイル レイヤーを公開するか、次のいずれかの方法を使用してファイルからベクター タイル レイヤーを公開することができます。

ベクター タイル パッケージから公開すると、ベクター タイル パッケージ ファイルがコンテンツにアイテムとして追加されます。 ArcGIS Pro から公開して、関連付けられたフィーチャ レイヤーを含めない場合も、ベクター タイル パッケージ ファイルがコンテンツにアイテムとして追加されます。 ベクター タイル レイヤーが機能することを確認したら、ArcGIS Online からベクター タイル パッケージを削除してストレージ スペースを節約できますが、ベクター タイル パッケージが本当に不要な場合のみ削除してください。

ベクター タイル パッケージの構築と公開

ArcGIS Pro 1.2 以降を使用し、マップのベクター タイルを作成して転送が簡単なベクター タイル パッケージ (*.vtpk) ファイルに保存できます。 ArcGIS Pro のベクター タイル パッケージを組織サイトで共有し、アップロードされたベクター タイル パッケージをタイル レイヤーとして公開できます。

ベクター タイルを作成する方法の詳細については、ArcGIS Pro ヘルプの次のページをご参照ください。

パッケージを組織サイトに追加し、それをベクター タイル レイヤーとして公開する方法は、ベクター タイル パッケージのサイズによって異なります。

ベクター タイル パッケージのファイル サイズが 500 GB 以上

ベクター タイル パッケージのファイル サイズが 500 GB 以上の場合、ブラウザーでパッケージをアップロードすると問題が発生します。 この場合、ArcGIS Pro[パッケージの共有 (Share Package)] ジオプロセシング ツールを実行して、ベクター タイル パッケージを組織サイトに追加します。 [パッケージの共有 (Share Package)] ツールを実行した後、次の手順に従ってベクター タイル レイヤーを公開します。

  1. 組織アカウントを使用して ArcGIS Online にサイン インし、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順に開きます。

    ホスト タイル レイヤーを公開する権限を持っている必要があります。

  2. タイル パッケージをクリックし、アイテムの詳細ページを表示して、[公開] をクリックします。
  3. タイトルを入力します。
  4. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。 また、[カテゴリのフィルター] ボックスに入力して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  5. タグを入力し、[公開] をクリックします。

ベクター タイルが展開され、ホスト タイル レイヤーが作成されます。 タイル レイヤーは、[マイ コンテンツ] に表示され、そこから Map ViewerMap Viewer Classic、または Scene Viewer に追加できます。

ベクター タイル パッケージのファイル サイズが 500 GB 未満

ベクター タイル パッケージのファイル サイズが 500 GB 未満の場合、アイテムとして組織サイトに追加すると同時に公開できます。

  1. 組織アカウントを使用して ArcGIS Online にサイン インし、[コンテンツ] > [マイ コンテンツ] の順に開きます。

    コンテンツの作成やホスト タイル レイヤーの公開ができる権限を持っている必要があります。

  2. [新しいアイテム] > [お使いのデバイス] の順にクリックします。
  3. ベクター タイル パッケージ ファイル (*.vtpk) の場所を参照します。
  4. [ベクター タイル パッケージを追加してホスト フィーチャ タイル レイヤーを作成] を選択します。
  5. パッケージとホスト レイヤーに適用されるタイトルとタグを入力します。
  6. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。 また、カテゴリ名の入力を開始して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  7. [保存] をクリックします。

ベクター タイルが展開され、ホスト タイル レイヤーが作成されます。 タイル レイヤーは、[マイ コンテンツ] に表示され、そこから Map ViewerMap Viewer Classic、または Scene Viewer に追加できます。

ArcGIS Pro でマップを定義し、ベクター タイル レイヤーとして公開します。

ArcGIS Pro 1.4 以降では、マップからベクター タイル レイヤーを公開して、ArcGIS Online 上でホストできます。 次の手順を実行するには、インターネットに接続する必要があります。 接続の速度と帯域幅は、公開速度に影響を与えます。

ベクター タイルを作成および公開する手順については、ArcGIS Pro ヘルプの次のページをご参照ください。