マップからのアプリの作成

さまざまなアプリ ビルダーを使用して、マップを使用する Web アプリを作成できます。 最小限の構成しか必要ない、またはまったく構成が必要ないアプリ テンプレートを選択するか、用意されたいずれかのビルダーを使用して公開前にアプリをカスタマイズするか、ArcGIS Hub を使用して Web サイトを作成できます。 これらの各オプションにより、クエリ ツールと編集ツール、ソーシャル メディアのフィード、サイド バイ サイドのマップ ビューアー、レイアウトと配色など、多数の機能が提供されています。

注意:

組織によっては、組織のメンバーが作成したアプリに対して、指定したブランドの色やロゴを適用する場合があります。 これらの共有テーマ設定をサポートするアプリを作成する場合、アプリのデフォルトのテーマの代わりに、指定した設定が適用されます。

公開された Web アプリがマップに基づいている場合、マップの範囲、レイヤー、説明などに加えた変更は、すべて Web アプリに反映されます。組織内のすべてのユーザーが使用可能なマップをプライベートにした (または削除した) 場合、そのマップはアプリに表示されなくなります。

ヒント:

登録者のコンテンツを含むアプリをパブリックに共有するには、組織向けプランからコンテンツにアクセスできるようにそのアプリを構成します。 サブスクリプションにクレジット コストが発生します。 特定のアプリ ビルダーが登録者のコンテンツをどのように扱うかを決定するには、各アプリのドキュメントをご参照ください。

次のいずれかの方法でマップから Web アプリを作成します。

  • コンテンツ ページで [アプリの作成] ボタンをクリックします。
  • Web マップ アイテム ページで [Web アプリの作成] ボタンをクリックします。
  • Map Viewer (旧名称 Map Viewer Beta) で、Web マップを開いて [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーにある [アプリの作成] ボタンをクリックします。
  • Map Viewer Classic (旧名称 Map Viewer) で、Web マップを開いて [共有] ボタンをクリックします。

以下の表は各アプリ ビルダーで使える方法をまとめたものです。

アプリ ビルダーMap ViewerMap Viewer Classicアイテム ページコンテンツ ページ

ArcGIS 構成可能なアプリ

No

Yes

Yes

Yes

ArcGIS Dashboards

Yes

Yes

Yes

Yes

ArcGIS Experience Builder

No

No

No

Yes

ArcGIS Hub

No

No

No

Yes

ArcGIS Instant Apps

Yes

Yes*

Yes

Yes

ArcGIS StoryMaps

Yes

No

Yes

Yes

ArcGIS Web AppBuilder

No

Yes

Yes

Yes

*Configurable Apps ワークフローを使用して Instant Apps テンプレートにアクセスできますが、この方法では、Instant Apps テンプレート ギャラリーが開く代わりに、構成ウィンドウが直接表示されます。 Instant Apps を最大限に活用するには、その他の方法のいずれかでアプリを作成します。

注意:

Web AppBuilderDashboardsExperience Builder、および ArcGIS Hub には、組織アカウントが必要です。

コンテンツ ページからのアプリの作成

コンテンツ ページからアプリを作成するには以下の手順を実行します。

  1. 必要に応じて、コンテンツを作成する権限でサイン インしており、使用しているアプリ ビルダーにアクセスできることを確認します。
  2. サイトの上部にある [コンテンツ] をクリックして、[マイ コンテンツ] タブをクリックします。
  3. [アプリの作成] をクリックしてアプリ ビルダーを選択します。
  4. 選択したアプリ ビルダーに対応する、以下の手順を実行します。
    • 以下に一覧表示されているアプリ ビルダーでは、リンクをクリックするとアプリ ビルダーが直接起動するので、そのままアプリの作成を開始できます。
    • Configurable Apps の場合、アプリ テンプレートを選択 (フィルターを使って検索結果を絞り込み) して [Web アプリの作成] をクリックします。
      ヒント:

      このウィンドウから Instant Apps テンプレートにアクセスすることもできます。 Instant Apps を最大限に活用するには、マップが各アプリの要件を満たすかを検証する Instant Apps ページからアプリを作成します。 標準設定のアプリとしてマップをプレビューして公開したり、構成ウィンドウを開いて変更を加えたりできます。

    • Web AppBuilder の場合、[2D] を選択します。
  5. タイトル、タグ、およびサマリーを入力します。
  6. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アプリの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  7. 必要に応じて、アプリの保存先として、[マイ コンテンツ] 内の別のフォルダーを選択します。
  8. アプリに応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • Web AppBuilder の場合、[OK] をクリックしてアプリの作成を続行します。詳細についてはアプリのドキュメントをご参照ください。
    • Configurable Apps の場合、[完了] をクリックします。 表示されたウィンドウで、アプリで使用するマップを選択し、テーマ、ウィジェット、対話機能など、アプリのその他のコンポーネントを構成します。
  9. Instant Apps テンプレートを選択した場合は (高速セットアップまたは完全セットアップを使用)、[公開] をクリックして、変更内容を保存および公開します (または、アプリのアイテム ページから構成に戻り、下書きに変更を加えて後から公開します)。 それ以外の場合は、完了したら [保存] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

アプリは非共有アイテムとして [マイ コンテンツ] に追加されます。 他のユーザーがアプリにアクセスできるようにするには、アイテムを共有します。