編集の無効化 (Map Viewer)

Web マップの所有者は、マップ内の編集可能なフィーチャ レイヤーの編集を無効化できます。 この操作は Map Viewer で実行できます。

マップ内のレイヤーに対する編集の無効化は、編集可能なフィーチャ レイヤーを読み取り専用マップで使用するときに役立ちます。 また、マップ上で編集を無効化して、この設定を認識する次のいずれかのアプリでそのマップを使用することもできます。

  • Map Viewer
  • Map Viewer Classic
  • 編集テンプレートから作成されたアプリ
  • ArcGIS Field Maps

次の手順により、Map Viewer の 1 つのマップのレイヤーの編集を無効化します。 レイヤーが使用されるあらゆる場所でそのレイヤーの編集を無効化するには、自分がレイヤーの所有者である場合は、代わりに、そのレイヤーに関する編集設定を変更します。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer でマップを開きます。
  2. [アクションを開く] アクションを開く をクリックして、[プロパティの表示] をクリックします。

    レイヤーの [プロパティ] ウィンドウが開きます。

  3. [編集] セクションが現れるまで下にスクロールし、[編集の有効化] 切り替えボタンをオフにします。
    注意:

    フィーチャ レイヤーの編集を無効にするには、Web マップの所有者で編集権限が必要です。

  4. マップを保存します。

マップが、上記のリストに含まれるアプリのいずれかで使用されている場合は、フィーチャ レイヤーに対して編集オプションを使用できません。

後からこのマップのレイヤーの編集を有効化するには、上記の手順を繰り返しますが、ステップ 3 で [編集の有効化] 切り替えボタンをオンにします。 編集を有効化できるのは、レイヤー レベルですでに編集を有効化しているレイヤーだけです。