マップのフィーチャ検索の構成

ユーザーが、所有または管理するマップ内のフィーチャを簡単に検索できるようにするために、マップ内の特定のレイヤーを検索可能に構成できます。たとえば、区画レイヤーに対する検索を有効にすると、ユーザーは特定の区画を検索できます。ユーザーが検索ボックスのドロップダウン メニューで区画レイヤーを選択し、検索対象の区画 ID を入力すると、マップがその区画にズームし、(ユーザーが構成可能な) ポップアップが表示されます。

ホスト フィーチャ レイヤーとクエリ操作が有効になっている ArcGIS Server フィーチャおよびマップ サービス レイヤーで検索を構成できます。レイヤーでは、コード値ドメインを持たない文字列と整数のフィールドの検索がサポートされています。

  1. フィーチャ検索用に構成するマップの所有者または管理者であることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから、マップのアイテム ページを開きます。
  3. アイテム ページで、[設定] タブをクリックし、[Web マップ] リンクをクリックします。
  4. [位置の検索] 設定がまだ展開されていなければ、これを展開し、[レイヤー] チェックボックスをオンにします。
  5. [レイヤーの追加] をクリックします。
  6. ドロップダウン メニューからレイヤーを選択します。
    メモ:

    ホスト フィーチャ レイヤーとクエリが有効になっている ArcGIS Server フィーチャ レイヤーおよびマップ サービス レイヤーが検索可能で、ドロップダウン メニューに表示されます。ArcGIS Pro からフィーチャ データを公開する場合、クエリ操作はデフォルトで有効になります。ArcGIS Server フィーチャおよびマップ サービスの場合、ArcGIS Server Manager で操作の設定を編集できます。

  7. レイヤーの属性フィールドを選択します。
    メモ:

    フィールドを検索可能にしてドロップダウン メニューに表示させるには、そのフィールドには、文字列または整数が含まれ、コード値ドメインを使用していない必要があります。整数フィールドでは、Equals の条件のみがサポートされます。最適な検索結果を得るには、個別値を含むフィールドを選択します。

  8. 結果について、検索語句を含むか、検索語句と一致するかを選択します。
  9. ユーザーが検索対象のレイヤーを選択した際に検索ボックスに表示されるヒントのテキストを入力します。検索可能なすべてのレイヤーについて、同じヒントが表示されます。
  10. 追加レイヤーに対する検索を有効にする手順または追加の検索フィールドを指定する手順を繰り返します。レイヤーごとに複数の検索フィールドを指定できます。
  11. [保存] をクリックします。

これで、マップでのフィーチャ検索が有効になります。他のユーザーは、Map Viewer の上部にある検索ボックスを使用して、構成済みのレイヤー内のフィーチャを検索することができます。これには、検索ボックスにあるドロップダウン矢印をクリックして、ドロップダウン メニューからレイヤーを選択します。入力したヒントのテキストが検索ボックスに表示されます。キーワードを検索ボックスに入力すると、検索されたフィーチャにマップがズームし、属性情報を含んだポップアップが表示されます。