スライドのキャプチャ

スライドは、シーンのさまざまなビューを表します。 スライドには、さまざまなベースマップ、レイヤーの表示設定、日光の設定、天気の効果、および範囲を含めることができます。 共有するシーンでスライドを使用すると、シーン内の情報を使用して対話的なストーリーを伝達できます。 また、シーンを再度開くときの開始点として使用することもできます。

国 (複数) / 州 (複数)

スライドにはシーンの状態が格納されます。 状態はカメラの位置 (またはシーンの範囲)、日光の設定、選択したベースマップ、および [レイヤー] メニューの表示設定 (チェック マーク) の状態を表します。 シーン内の別のビューに移動した場合やレイヤーの表示設定を変更した場合は、スライドをクリックして、シーンを以前にスライドに保存した状態に戻すことができます。

注意:

スライドには、シーンの状態が格納され、構成済みのコンテンツが保存されます。 レイヤーの構成を変更すると、スライドは新しいレイヤー構成を自動的に更新して保存します。 たとえば、公園のシンボルを緑色の球体に設定して [公園] スライドを作成し、公園のシンボルをオレンジ色の立方体に変更した場合、[公園] スライドをクリックすると、公園は最初に状態に保存した緑色の球体ではなく、オレンジ色の立方体で表示されます。 スライドに保存されないシーンの視覚化には、レイヤー シンボル、地表と背景の色、地下のナビゲーションなどがあります。

シーンのスライドのキャプチャ

シーンのスライドをキャプチャして、そのシーンに戻ったり、共有したりできるようにします。

  1. アカウントにサイン インしていることを確認し、Scene Viewer を開きます。
  2. [デザイナー] ツールバーにある [スライド] スライド をクリックして [スライド] ウィンドウを開きます。
  3. [スライドのキャプチャ] スライドのキャプチャ をクリックします。

    ビューのサムネイルが付いた新規スライドが追加され、シーンの下部にサムネイルが作成されます。

  4. スライド名をクリックしてハイライト表示します。
  5. 新しい名前を入力します。Scene Viewer

    名前はシーンの下部にあるスライドにも反映されます。

  6. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、スライドをシーンに保存します。

スライドの変更

新しいレイヤーの構成、コンテンツ、およびレイヤーの表示設定によってスライドを更新します。 範囲の変更、コンテンツの追加と削除、またはレイヤーへの新しい構成の追加を行うことができます。 次のオプションを使用して、スライドを変更できます。

[スライドの更新] スライドの更新

現在のシーン状態が反映されるようにスライドをリセットします。

[スライドの削除] スライドの削除

スライドを削除します。

[スライド オプション] スライド オプション

スライド オプションのリストを表示します。

  • [スライドの更新] は、スライドを現在のビューの状態で再設定します。
  • [上に移動] はスライドを 1 レベル上に移動し、サムネイルでの順序を変更します。
  • [下に移動] はスライドを 1 レベル下に移動し、下部での順序を変更します。
  • [名前の変更] では、スライドに新しい名前を設定できます。
  • [削除] は、スライドを削除します。

ヒント:

特定のスライドで開くシーンの URL を共有するには、#<slide-number> パラメーターを URL に追加します。