レイヤーの操作

[デザイナー] ツールバーにある [レイヤー] ツールを使用すると、シーンにコンテンツを追加して構成することができます。 [レイヤー] Layers では、次の操作が可能です。

レイヤーの追加

シーンにフィーチャ、シーン、タイル、標高などのレイヤーを追加できます。

レイヤーのシンボルの設定

スマート マッピング スタイルでレイヤーを検索し、データに含まれるテーマとパターンを見つけることができます。 たとえば、連続的な色とサイズを使用して、各コミュニティの平均所得水準を視覚化できます。 ポイントラインポリゴン3D オブジェクト、および点群レイヤーのスタイルを変更できます。

レイヤーのスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. アカウントにサイン インしていることを確認し、Scene Viewer を開きます。
  2. [デザイナー] ツールバーにある [レイヤー] Layers をクリックして [レイヤー] ウィンドウを開きます。
  3. レイヤーを開くには、レイヤー名またはレイヤー オプション ツール [レイヤー オプション ツール] をクリックして、[レイヤー スタイル] を選択します。
  4. レイヤーのスタイルを選択できます。
    レイヤーのタイプに応じて、使用可能なスタイルのギャラリーが表示されます。
  5. 属性値を含むフィーチャ レイヤーとシーン レイヤーの場合は、[表示するメイン属性を選択] で属性を選択して、他の使用可能なスタイルを表示することもできます。
    • [<なし>] を選択すると、1 つの色をすべてのフィーチャに適用できるスタイルが使用可能になります。
    • 属性を選択すると、属性別に色とサイズを決定できる他のスタイル ([数と量] スタイルや [タイプ] スタイルなど) が使用可能になります。
    注意:
    • 選択するそれぞれの属性にすべてのスタイルを使用できるとは限りません。 ほとんどの場合、Scene Viewerは、レイヤー内のデータ自体の特性に基づいてデフォルトで描画スタイルのいずれかを選択し、そのスタイルはシーンに自動的に適用されます。
    • [表示するメイン属性を選択] オプションは、点群スタイルには使用できません。

  6. [選択] をクリックして、シーンのレイヤーにスタイルを適用します。
  7. [オプション] をクリックして、スタイルを開きます。
  8. レイヤーのスタイルを設定します。
  9. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、スタイルの変更内容をシーンに保存します。
  10. [完了] または [キャンセル] をクリックして、前のウィンドウに戻ります。
  11. [完了] または [キャンセル] をもう一度クリックして、[レイヤー] ウィンドウに戻ります。

レイヤー プロパティの変更

レイヤーのタイプに応じて、シーン内のレイヤーのプロパティを変更できます (ポップアップの構成、表示範囲の設定、フィルターの定義など)。

レイヤーの保存

シーン レイヤーの所有者またはポータル管理者は、アイテムにシーン レイヤーのスタイルとプロパティを保存して、保存したレイヤー構成を任意のシーンに追加することができます。

地表の構成

標高レイヤー、または地表の表示方法や操作方法を変更して、シーン内の地表を構成できます。

レイヤー オプションの調整

レイヤー オプション ツール レイヤー オプション ツール をクリックすると、使用可能なレイヤー オプションを確認できます。 使用可能なオプションは、レイヤー タイプによって異なり、次のものがあります。

レイヤーのシンボル

スマート マッピング スタイルをレイヤーに適用します。

レイヤー プロパティ

[透過表示][ポップアップ][凡例] などのレイヤー プロパティを変更します。

レイヤーの保存

シーン レイヤーの所有者の場合は、レイヤーのスタイルとプロパティを保存します。

ズーム

シーン内でレイヤーを全体表示します。

上に移動

レイヤーを 1 つ上のレベルに移動させます。

下に移動

レイヤーを 1 つ下のレベルに移動させます。

レイヤーリストに追加

およびレイヤーリストから削除

[レイヤー/凡例] ツールでレイヤーの表示と非表示を切り替えます。

注意:

[レイヤーで非表示にする] を選択すると、そのレイヤーが [レイヤー/凡例] ツールで非表示になり、[レイヤー] で使用できなくなります。

名前の変更

新しい名前を入力するレイヤーをハイライト表示します。

解除

レイヤーを削除します。

新しいグループに追加

レイヤーを新しいグループに追加します。

レイヤーをドラッグして、レイヤーの順序を変更することもできます。

新しいグループへのレイヤーの追加

シーン内のグループを使用すると、類似しているレイヤーをコンテンツまたは場所内で整理できます。 レイヤーをグループ化したら、[レイヤー/凡例] ツールでの表示方法を変更できます。

  1. 任意のレイヤーでレイヤー オプション ツール レイヤー オプション ツール をクリックしてから [新しいグループに追加] をクリックします。

    レイヤーが新しいグループに追加されます。

  2. 新しいグループの名前を設定します。
  3. レイヤーを新しいグループにドラッグします。

    レイヤーをドラッグして、グループから削除したり、レイヤーの順序を変更したりできます。

  4. グループ オプションのグループ設定ツール レイヤー設定ツール をクリックします。

グループ タイプの変更

[レイヤー/凡例] でのグループの動作を変更できます。

  • [チェックボックス] [チェックボックス] - レイヤーを個別にオンまたはオフにすることができます。
  • [ラジオ] ラジオ - グループをラジオ ボタンに変換し、レイヤーが重なっている場合に一度に 1 つのレイヤーのみオンにすることができます。
  • [マージ] マージ - すべてのグループを 1 つに結合します。
  • [非表示] 非表示 - グループとそのレイヤーが [レイヤー/凡例] 内で非表示になります。 非表示を解除するには、他のいずれかのオプションをクリックします。
ズーム

グループ内のすべてのレイヤーを結合した範囲が表示されます。

上に移動

レイヤーを 1 つ上のレベルに移動させます。

下に移動

レイヤーを 1 つ下のレベルに移動させます。

名前の変更

新しい名前を入力できるようにレイヤーをハイライト表示します。

解除

グループとサブレイヤーを削除します。

グループ解除

レイヤーをグループ解除します。

数と量のスタイル スライダーの考慮事項

[数と量] スタイルで、スタイル スライダーは、スライダー、ヒストグラム、および最小値と最大値の 3 つのコンポーネントから構成されています。 Scene Viewerでは、選択されたメイン属性に基づいて、データ分布と他の統計情報が自動的に算出されます。 これにより、スライダー ハンドルの位置が設定され、ヒストグラムが生成され、最大値と最小値が決定されます。 また、スタイル スライダーの色と値が凡例に反映されます。 次の図には、米国の郡のデータにおけるスタイル スライダーの 3 つのコンポーネントと凡例との関係が示されています。

スタイル スライダーのコンポーネント

図中の UI アイテムを次に示します。

上限ハンドル 上限ハンドル

回数 回数

下限ハンドル 下限ハンドル

平均 平均

最小値 最小値

凡例の上限値 凡例の上限値

最大値 最大値

凡例の下限値 凡例の下限値

スライダー

このスライダーには、上限ハンドルと下限ハンドルがあります。 これらのハンドルを使用して、値の範囲とカラー ランプ (範囲外の値に上限の色と下限の色が割り当てられる) を設定できます。 これらのハンドルを調整すると、シーン内のデータの視覚化が変化し、凡例の大きい方の値と小さい方の値にも変更が反映されます。

ポイント レイヤーでは、ハンドルを移動させると、色とサイズが変化します。 それ以外のすべてのレイヤーでは、ハンドルを移動させると、色だけが変化します。

最小値と最大値

最小値と最大値によって、データ分布の下限と上限が決まります。 これらの値を変更すると、スライダーの外観とヒストグラムの間隔のサイズに影響します。 ただし、データ分布は変更されず、シーンの視覚化と凡例もそのまま維持されます。 これらの値の調整は、データがスライダーの一端にあり、ハンドルの調整でシンボルを少し変更したい場合に便利です。

注意:

ハンドルを動かしたり、最小値と最大値を調整しても、データは非表示になったりフィルター処理されたりしませんが、視覚化は変化します。 データにフィルターを適用する方法については、「レイヤーにフィルターを適用」をご参照ください。

ヒストグラム

ヒストグラムには、選択されたメイン属性のデータ分布が表示されます。 それぞれの間隔にポインターを合わせて、その間隔の値からフィーチャ数の値を算出し、平均アイコン 平均値 にポインターを合わせて、その属性の平均値を表示することができます。 たとえば、上の図で、人口が 140,000 人の米国の郡の数は 52 であり、郡人口の平均値は 100,665 人です。

注意:

データにスタイル設定がまだ関連付けられていない場合は、Scene Viewerで自動的にデータが解析され、平均から 1 標準偏差に上限ハンドルと下限ハンドルが配置されます。