レイヤー プロパティの変更

レイヤー タイプに応じて、レイヤーごとにシーン内のデータに使用できるオプションが異なります。 たとえば、フィーチャ レイヤーとシーン レイヤーでは、ポップアップの構成表示範囲の設定、またはフィルターの適用を実行できますが、イメージ レイヤーと 3D メッシュ シーン レイヤーは使用できるオプションが少なく、透過表示凡例などしかありません。

レイヤー プロパティを変更するには、次の手順に従ってください。

  1. アカウントにサイン インしていることを確認し、Scene Viewer を開きます。
  2. [デザイナー] ツールバーにある [レイヤー] Layers をクリックして [レイヤー] ウィンドウを開きます。
  3. プロパティを変更するレイヤーで、レイヤー オプション ツール レイヤー設定ツール をクリックして [レイヤー プロパティ] を選択し、[レイヤー プロパティ] ウィンドウを開きます。

    スタイル設定オプションが利用できない場合は、レイヤー名をクリックしてレイヤー プロパティを開くこともできます。

  4. レイヤー プロパティを変更します。
  5. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、レイヤー プロパティをシーンに保存します。
  6. [完了] をもう一度クリックして、[レイヤー] ウィンドウに戻ります。

ポップアップの表示と構成

フィーチャをクリックすると、ポップアップにフィーチャに関する詳細情報が表示されます。 [ポップアップ] の下で、レイヤーに [ポップアップの有効化] または [ポップアップの構成] オプションが表示されます。 [ポップアップの構成] は、ポイント、ライン、ポリゴン、または 3D オブジェクト レイヤーで利用できます。 [ポップアップの構成] を使用すると、重要な情報が表示されるように表示をカスタマイズできます。

ポップアップの構成が利用できないレイヤー (点群など) の場合、[ポップアップの有効化] 切り替えキーを使用して、そのレイヤーのポップアップの表示または非表示を選択できます。

注意:

ポップアップはすべてのレイヤー タイプで利用できるわけではありません。

凡例の表示

凡例により、シーン内のフィーチャを表しているシンボルの意味を表示できます。 凡例は、説明文を含むシーン内の 2D シンボルおよび 3D シンボルで構成されています。 レイヤーの表示設定、シンボル、レイヤーの名前を変更して、凡例を変更できます。

  1. [凡例] 切り替えボタンをクリックすると、[レイヤー/凡例] ツール レイヤー/凡例 でのレイヤーの表示/非表示が切り替わります。
  2. 凡例を表示するには、[レイヤー/凡例] ツール レイヤー/凡例 をクリックして、[凡例] をクリックします。
    注意:

    [凡例] には、現在の範囲に含まれていないレイヤーは表示されません。

透過性の調整

レイヤーの透過表示を調整するには、[透過表示] スライダーを動かして、透明度を増加または減少させます。

レイヤーの表示縮尺範囲の設定

シーン内の単一のレイヤーまたは複数のレイヤーの表示縮尺範囲を設定できます。 これを行うと、レイヤーが表示される縮尺範囲を制御できるようになります。 たとえば、州のポリゴン (1 つ目のレイヤー) を縮小表示で表示し、郡のポリゴン (2 つ目のレイヤー) を拡大表示で表示できます。

3D では、レイヤーの表示縮尺範囲の振舞いが 2D (Map Viewer Classic 使用の場合など) とは異なります。 2D では、使用されている現在の縮尺がマップ全体で一定ですが、 3D では、シーンを傾けることができるため、シーンの構成要素が拡大されるか、縮小されるかに応じて、シーン全体の縮尺が変化します。 例として、前景にある建物は、背景にある同じサイズの建物よりも大きく表示されます。 つまり、前景の建物には、遠方の建物よりも大きい縮尺が適用されます。 これは 3D 特有のものです。 たとえば、縮尺は建物レイヤー全体にわたって変化するため、前景のみで建物を表示して、背景では建物を非表示にすることができます。

[表示縮尺範囲] でレイヤーの表示縮尺範囲を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 両端にあるハンドルをスライドさせて、表示縮尺範囲を狭めるか、広げます。

    [最小] は最大限に縮小したときの最小縮尺を示します。 [最大] は最大限に拡大したときの最大縮尺を示します。 シーンの現在の縮尺はスライダー上の濃い色のバーで示されます。 このバーのサイズ、つまり、現在の縮尺は、ビューを傾けるにつれて変化します。

  2. [リセット] をクリックすると、完全な表示縮尺範囲を元どおり表示できます。

    [リセット] オプションは、完全な表示縮尺範囲がすでに表示されている場合、使用できません。

レイヤーにフィルターを適用

レイヤーの数値属性またはテキスト属性を使用して、シーン内のフィーチャをフィルター処理できます。 たとえば、ニューヨーク市の建物を含むレイヤーがあり、各フィーチャの建設年が設定されている場合、1910 年から 1930 年の間に建設された建物だけを視覚化できます。 シーンでフィルターを適用することにより、シーン内の重要なフィーチャを強調し、不要なデータを除外できます。 フィーチャ レイヤー、3D オブジェクト シーン レイヤー、ポイント シーン レイヤー、および点群シーン レイヤーをフィルター処理できます。

レイヤー フィルターを適用するには、次の手順を実行します。

  1. [フィルター] で、ドロップダウン メニューをクリックして属性を選択します。
  2. 別のフィルターを適用するには、別の属性を選択します。
    • 数値属性とテキスト属性のどちらを選択したかに応じて、フィルターを適用するための値の範囲または値のリストが示されます。
    • 数値属性を選択した場合は、値のリストによるフィルター処理と値の範囲によるフィルター処理を切り替えることができます。
    • 一度に 1 つのフィルターのみをレイヤーに適用できます。

値のリストによるフィルター処理

テキスト属性を選択した場合は、フィルターを適用できるすべての値のリストが示されます。

  1. リストで、フィルターに追加する属性値をオンにします。
    • すべてのチェックボックスをオンまたはオフにするには、[<すべて>] をクリックします。
    • リストに表示されていない値を選択するには、[<その他の値すべて>] チェックボックスをオンにします。
    • 属性値の横に、各属性値を持つフィーチャの数が表示されます。
  2. 選択した属性の値を持たないフィーチャを表示するには、[<属性> の値がないフィーチャを表示] チェックボックスをオンにします。

値の範囲によるフィルター処理

数値属性を選択した場合は、フィルター処理の範囲を設定するための値スライダーが示されます。

  1. スライダーを調整して、フィルターの値の範囲を設定します。
    • 値ボックスでスライダー ハンドルの高い値と低い値を手動で設定し、シーン内のフィルター処理を微調整できます。
    • 属性フィルターの最小値と最大値を設定します。
      • 最小値と最大値は、スライダーの最高境界と最低境界を決定します。
      • 最小値と最大値を調整することで、フィルター処理の値の範囲を絞り込んだり広げたりできます。
  2. 選択した属性の値を持たないフィーチャを表示するには、[<属性> の値がないフィーチャを表示] チェックボックスをオンにします。
  3. 値のリストによるフィルター処理に切り替えるには、[リストに切り替え] をクリックします。
  4. 値の連続的な範囲によるフィルター処理に切り替えるには、[スライダーに切り替え] をクリックします。

レイヤーへの空間フィルターの適用

3D オブジェクト シーン レイヤーでは、建物や樹木に対して空間フィルターを実行してシーンに含めたりシーンから除外したりすることができます。 空間フィルターを作成するには [空間フィルターの構成] をクリックします。

ポリゴンによるフィルタリング

  1. [ポリゴンの描画] ポリゴンの描画 をクリックします。
    1. マップ上の 1 か所をクリックして、ポリゴンの描画を開始し、クリックしてポイントを追加します。 ポリゴンを完成させるには、最初の頂点をクリックするか、ダブルクリックするか、Enter キーを押します。
  2. ポリゴンを編集するには、[ポリゴンの編集] ポリゴンの編集 をクリックします。
    1. 対話型ハンドルを使用して、フィーチャをサイズ変更、回転、または水平方向と鉛直方向に移動します。
    2. そのポリゴンをもう一度クリックし、それぞれの頂点を移動して、そのポリゴンの形状を変更します。 セグメントの中央にある頂点をドラッグして、頂点を追加することもできます。 この場合は、頂点をドラッグして、ポリゴンの形状をさらに変更できます。
    3. もう一度クリックして、対話型ハンドルを使用します。
  3. [モード] で、ポリゴン内のフィーチャを含めるか除外するかを選択します。
    1. ポリゴンの内側のレイヤー フィーチャを除外するには、[除外] をクリックします。
    2. ポリゴンの内側のレイヤー フィーチャのみを含めるには、[含める] をクリックします。

選択によるフィルター

シーンで除外する建物や樹木を個別に選択するには、[フィーチャの選択] フィーチャの選択 をクリックします。 クリックした各新規オブジェクトがフィーチャの選択に追加されます。

フィルターをリセットするには [空間フィルターの解除] をクリックします。