時間設定の構成 (Map Viewer)

時間情報とともに収集される空間的事象は、特定の時間に発生したこと、あるいは将来発生するかもしれないことをユーザーに示すことができます。 時間ベースのデータをアニメーションにすることで、段階ごとに視覚化し、時間を追って現れるパターンや傾向を確認できます。 このような用途に最適な時間データを持っている現象として、暴風や竜巻、その他の気象事象、人口移動、土地利用および環境の変化、山火事や洪水の経過などが挙げられます。

一部のマップ レイヤーは時間対応であり、同じ位置に関して時間に応じて異なる情報を含む空間データセットがあります。 マップに時間対応レイヤーが含まれている場合、そのマップは時間対応であるため、特定期間のデータを表示したり、データを時系列にアニメーション化したりするように構成することができます。 フィーチャ レイヤー (ホスト フィーチャ レイヤーおよび ArcGIS Server フィーチャ レイヤー) に使用する時系列アニメーションを Map Viewer で有効化することができます。ただし、これらのレイヤーが時系列アニメーションを使用できるように構成されている場合に限ります。

レイヤーの時間データの確認

マップ内のレイヤーが時間対応かどうかは、REST エンドポイントを参照すると確認できます。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーにある [レイヤー] Layers をクリックして [レイヤー] ウィンドウを開きます。
  3. 時間データを含むレイヤーを参照して選択し、[オプション] Options をクリックしてから [プロパティ] をクリックします。
  4. [プロパティ] ウィンドウで、[情報] をクリックし、[詳細] をクリックしてアイテム ページを開きます。
  5. [概要] タブで、[レイヤー] セクションまでスクロールします。

    レイヤーに時系列データが含まれている場合は、[レイヤー] セクションに [時間設定] オプションが表示されます。

レイヤー上の時間を有効にする

フィーチャ レイヤー、イメージ レイヤー、またはマップ イメージ レイヤー (マップ サービス) を ArcGIS Server サイトに公開する前に、ArcMap および ArcGIS Pro、フィーチャ レイヤーおよびイメージ レイヤーの時間プロパティを設定できます。 これらの時間対応の Web レイヤーは、Map Viewer に追加された場合にタイム アニメーションを表示するように構成できます。

時系列データを含むホスト フィーチャ レイヤーを公開して、レイヤーのアイテム ページからアイテムの時間を有効化することもできます。 これにより、公開者と組織 (フィーチャ レイヤーを共有している場合) は、時系列データを使用して、時間対応のマップを作成することができます。

ホスト フィーチャ レイヤーの時間を有効化するには、ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者が次の手順を実行します。

  1. [コンテンツ] ページの [マイ コンテンツ] タブで、時系列データを含むホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開きます。
  2. [概要] タブで、[レイヤー] セクションまでスクロールし、レイヤーの名前をクリックしてその詳細ページを開きます。
  3. レイヤーの [概要] タブで、[時間設定] の下にある [編集] Edit をクリックします。

    [時間設定] ウィンドウが表示されます。

  4. [時間の有効化] チェックボックスをオンにします。
  5. [時点ごとの特定のイベント] または [開始および終了時間による時間範囲] のどちらかを選択して、時間データを記録します。
  6. データ内の時間フィールドまたはフィールドを選択します。
  7. [OK] をクリックします。

このホスト フィーチャ レイヤーを Map Viewer に追加すると、タイム アニメーションが有効になります。

マップ内の時間設定の構成

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーにある [マップ プロパティ] Map properties をクリックしてから [タイム スライダー オプション] をクリックします。
  3. 注意:
    タイム スライダー上の Options をクリックし、[タイム スライダー オプション] タイム スライダー オプション を選択することでも、[タイム スライダー オプション] ウィンドウを開くことができます。
  4. 後続のサブセクションに記載されている構成のいずれかを作成します。
  5. [コンテンツ] ツールバーにある [保存して開く] Save and open をクリックし、[保存] をクリックしてマップに時間設定を保存します。

開始と終了

[時間表示] ドロップダウン メニューを使用して、時間対応レイヤーの期間を指定します。 次のどちらかを選択します。

  • [現在の間隔を表示] - 設定された時間範囲内にあるデータを表示します。
  • [フィーチャを段階的に表示] - 設定された時間範囲内にあるデータを段階的に表示します。 開始時間は、常にこのスライダーの始点に固定されます。

時間間隔

時間の経過に伴って表示するデータの量を指定します。 [1 つの間隔の長さ] を選択して、時間間隔ごとの数と単位を指定するか、[均等なステップ数に分割された合計時間] を選択して、間隔の数を指定します。

再生位置

期間の最初からタイム アニメーションを開始するか、マップに最後に保存された時間の位置からタイム アニメーションを開始するかを選択します。

再生速度

時間間隔が再生される速度を設定します。 スライダーを動かして、速度を上げ下げすることができます。

タイム アニメーションの無効化

時間対応レイヤーを含むマップ上でタイム アニメーションをオフにすることができます。 Web マップでタイム アニメーションをオフにするには、次の手順を実行します。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーにある [レイヤー] Layers をクリックして [レイヤー] ウィンドウを開きます。
  3. 時間対応レイヤーを選択します。
  4. [設定] (明るい背景の) ツールバーにある [プロパティ] Properties をクリックします。
  5. [時間の有効化] 切り替えボタンをオフにします。
  6. 時間対応レイヤーごとに上記の手順を繰り返します。