Skip To Content

コンテンツの管理

組織サイトの管理者または適切な権限を持つユーザーは、次のように組織のコンテンツを管理することができます。

  • 組織のコンテンツのカテゴリを構成して、組織のメンバーのコンテンツを分類します。
  • 特定の組織のメンバーが所有するアイテムをメンバーのコンテンツ ページから管理します。
  • コンテンツ ページの [組織] タブから、組織内のすべてのアイテムを管理します。

コンテンツの分類

適切な権限がある場合、組織内のコンテンツを整理するために階層カテゴリを設定できます。 カテゴリを設定したら、メンバーがより簡単に検索や参照時に必要なコンテンツを検索できるように、カテゴリを使用して組織内のアイテムを分類できます。

メモ:

カテゴリを利用すると、マップ、シーン、アプリ、その他のアイテムをすばやく見つけられるようになります。 カテゴリを構成し、組織全体のコンテンツ (以下をご参照ください) または特定のグループと共有されているコンテンツを整理することができます。

カテゴリの設定

管理者とカテゴリを管理する権限を持つメンバーは、組織のカテゴリを構成できます。 独自のカスタム カテゴリを作成したり、開始点として ArcGIS の標準カテゴリ セット (ArcGIS Living Atlas of the World で表示されます)、ISO (International Organization for Standardization)、または INSPIRE を使用することができます。

組織のコンテンツのカテゴリはコンテンツ ページから構成できますが、デフォルト管理者であれば組織の設定の [アイテム] タブから構成できます。 次の手順は、コンテンツ ページからカテゴリを構成する方法について説明しています。

  1. 組織サイトにサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [コンテンツ] をクリックします。
  3. [マイ コンテンツ] タブの [カテゴリ][組織のカテゴリの設定] をクリックします。

    メモ:
    カテゴリをすでに構成してある場合は、[カテゴリの構成] ボタンカテゴリの構成をクリックして、必要に応じてカテゴリを追加、名前変更、削除、または順序変更することができます。

  4. 次のいずれかを選択します。
    • [カスタム カテゴリ] - 独自のカテゴリを作成して、組織内のコンテンツを整理します。
    • [ArcGIS カテゴリ] - ArcGIS カテゴリを開始点として使用します。 このカテゴリは、カスタマイズすることも変更しないまま使用することもできます。 これらのカテゴリは、ArcGIS Living Atlas of the World で表示されます。
    • [ISO カテゴリ] - ISO のトピック カテゴリを開始点として使用します。 このカテゴリは、カスタマイズすることも変更しないまま使用することもできます。 ISO の発行する 19115 は、地理情報の記述およびカタログ化する方法を提供します。
    • [INSPIRE カテゴリ] - INSPIRE 指令のテーマ カテゴリを開始点として使用します。 このカテゴリは、カスタマイズすることも変更しないまま使用することもできます。
  5. これまでの手順で [カスタム カテゴリ] を選択した場合、次のようにカテゴリの階層を作成します。
    1. [カテゴリを追加] ボタンカテゴリを追加をクリックし、カテゴリの名前を入力して (最大 100 文字)、[追加] をクリックします。
    2. サブカテゴリを作成するには、既存のカテゴリの下の [サブカテゴリの追加] ボタンサブカテゴリの追加をクリックし、サブカテゴリの名前を入力して (最大 100 文字)、[追加] をクリックします。
    3. 必要に応じて、その他の上位レベルのカテゴリとサブカテゴリを作成します。
  6. [ArcGIS カテゴリ][ISO カテゴリ]、または [INSPIRE カテゴリ] を選択した場合、次のいずれかを実行して、カテゴリの階層を確認または変更します。
    • 必要に応じて、カテゴリの左側にある展開展開と折りたたみ折りたたみのボタンを使用して、カテゴリ ツリーのカテゴリを展開および折りたたみます。
    • カテゴリまたはサブカテゴリを追加するには、既存のカテゴリの下の [カテゴリを追加] ボタンカテゴリを追加または [サブカテゴリの追加] ボタンサブカテゴリの追加をクリックし、カテゴリまたはサブカテゴリの名前を入力して (最大 100 文字)、[追加] をクリックします。
  7. 必要に応じて、次のいずれかを実行して、カテゴリにその他の変更を加えます。
    • カテゴリまたはサブカテゴリの名前を変更するには、名前を変更するカテゴリまたはサブカテゴリの [カテゴリの編集] ボタンカテゴリの編集をクリックし、新しい名前を入力して (最大 100 文字)、[更新] をクリックします。
    • カテゴリまたはサブカテゴリを削除するには、削除するカテゴリまたはサブカテゴリの [カテゴリの削除] ボタンカテゴリの削除をクリックします。
    • 階層内で同じレベルのカテゴリの順序を変更するには、カテゴリの左側にある展開展開または折りたたみ折りたたみのボタンの上にカーソルを移動して、カテゴリを別の場所にドラッグします。
  8. カテゴリの設定が完了したら、[保存] をクリックします。
  9. メモ:

    カテゴリの階層は、最大 3 レベルまで作成できます。また、カテゴリとサブカテゴリは、合計で最大 200 個作成できます。 効率化のために、アイテムをカテゴリに割り当てる前に、包括的で完全なカテゴリの階層と命名体系を作成することをお勧めします。

アイテムの分類

組織のカテゴリを構成したら、管理者とコンテンツを更新する権限を持つユーザーは、組織内のアイテムを分類できます。 コンテンツを分類すると、組織のメンバーが必要なコンテンツを見つけやすくなります。

  1. 組織サイトにサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [コンテンツ] をクリックして、[組織] タブをクリックします。
    メモ:

    組織のメンバーは、所有するアイテムをコンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから分類できます。

  3. 分類する 1 つ以上のアイテムを選択して、[分類] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • すべての選択したアイテムを一度に分類するには、必要に応じて左側にあるチェックボックスをオンにして、カテゴリとサブカテゴリを選択します。 各アイテム カードが更新され、選択したカテゴリが表示されます。
      メモ:

      サブカテゴリを選択すると、階層の上位にある関連するすべてのカテゴリとサブカテゴリが自動的に選択されます。 一方、カテゴリを選択しても、そのサブカテゴリは自動的には選択されません。

    • アイテムを個別に分類するには、アイテム カードで [カテゴリの割り当て] をクリックして、目的のカテゴリを選択します。 最大 20 のカテゴリを各アイテムに割り当てることができます。 また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、オプションを絞り込むこともできます。
    • 特定のカテゴリまたはサブカテゴリからすべての選択したアイテムを削除するには、左側にあるチェックボックスをオフにして、該当するカテゴリまたはサブカテゴリの選択を解除します。 削除したカテゴリを反映して、各アイテム カードが更新されます。
      メモ:

      カテゴリおよびサブカテゴリの選択を解除すると、次のようになります。

      • カテゴリまたはサブカテゴリの選択を解除すると、関連するすべてのサブカテゴリの選択も自動的に解除されます。
      • サブカテゴリの選択を解除するとき、同じレベルにある他のサブカテゴリが選択されていない場合は、その上位のカテゴリと下位のサブカテゴリの選択も解除されます。

    • カテゴリからアイテムを個別に削除するには、関連するアイテム カードのカテゴリの横にある [x] をクリックします。
    • カテゴリの割り当てを元に戻す/やり直すには、必要に応じて [元に戻す] ボタン元に戻すまたは [やり直す]やり直しボタンをクリックします。
  5. アイテムの分類が完了したら、[保存] をクリックします。

    アイテムが指定したカテゴリに整理されます。

    メモ:

    アイテムを分類するときは、アイテムが適切なグループ化によって想定どおりに表示および検索されるように、最も限定的で関連性が高いカテゴリを選択することをお勧めします。 たとえば、Web マップを分類するには、[マップ] ではなく、[マップ][Web マップ] を選択します。

特定のメンバーのアイテムの管理

他のメンバーが所有しているアイテムを管理する権限がある場合は、組織内の特定のメンバーのコンテンツ ページから、そのメンバーのアイテムを管理することができます。 たとえば、権限に応じて、アイテムの詳細の編集、共有プロパティの変更 (パブリック アイテムをプライベートにするなど)、1 つ以上のアイテムの別のフォルダーへの移動、アイテムの所有者の変更、およびアイテムの削除を行うことができます。

  1. 組織サイトにサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[メンバー] タブをクリックします。
  3. 名前またはユーザー名でメンバーを検索し、フィルターを適用してメンバー リストを絞り込みます。 必要に応じて、名前や最終ログイン日などでリストを並べ替えます。
  4. アイテムを管理するメンバーの [その他のオプション] ボタンその他のオプションをクリックし、[アイテムの管理] をクリックします。

    メンバーのコンテンツ ページが表示されます。

  5. 必要に応じて、フィルター、並べ替えオプション、検索機能を使用して、管理するアイテムを探します。
  6. 説明を変更したり [削除の防止] を有効化するなど、特定のアイテムのプロパティと設定を編集するには、アイテムのタイトルをクリックして、アイテム ページ[概要][設定] タブで変更を加えます。
  7. メンバーのコンテンツ ページからメンバーが所有する複数のアイテムを管理するには、管理するアイテムの左側にあるチェックボックスをオンにして、次のいずれかを実行します。
    • アイテムを組織で構成されているカテゴリに整理するには、[分類] をクリックして、手順に従いメンバーのアイテムを分類します。
    • アイテムを別のフォルダーへ移動するには、[移動] をクリックし、既存のフォルダーを選択するか新しいフォルダーを作成して、[保存] をクリックします。
    • アイテムを別の所有者に再割り当てするには、[所有者の変更] をクリックし、新しい所有者を検索して選択し、必要に応じて新しいフォルダーを選択して、[保存] をクリックします。
      ヒント:

      レイヤーの所有権を変更すると、そのレイヤーの作成元だったファイルの所有権が変更されます。 ホスト フィーチャ レイヤーの所有者を変更した場合、それに依存するホスト フィーチャ レイヤー ビューの所有権が変更されます。

      レイヤーの所有者を変更しても、そのレイヤーが使用されているマップおよびシーンの所有者は変更されません。 同様に、マップおよびシーンの所有者を変更しても、それらの内部のレイヤーの所有権は変更されず、それらのマップおよびシーンが使用されているアプリの所有者も変更されません。

    • アイテムの共有プロパティを変更するには、[共有] をクリックします。 アイテムの共有相手を更新するには、目的の共有レベル (所有者、組織、すべてのユーザー (パブリック)) を選択します。 アイテムの共有先グループを更新するには、[グループ共有の編集] をクリックし、アイテムを共有するグループを選択します。
    • アイテムを組織および ArcGIS Online から削除するには、[削除] をクリックします。
      メモ:

      ホスト タイル レイヤーとその公開元のタイル パッケージ間、ホスト フィーチャ レイヤー ビューとその作成元のホスト フィーチャ レイヤー間など、一部のアイテム間には依存関係が存在します。 依存関係にあるアイテムを削除してから、その作成元のアイテムを削除する必要があります。

    アイテムを削除すること以外、上のどのオプションも、アイテムのディスク上の位置、ID を変更しません。

組織のアイテムの管理

他のメンバーが所有するアイテムを管理する権限がある場合は、コンテンツ ページの [組織] タブから、任意の組織メンバーが所有するアイテムを管理することができます。 たとえば、権限に応じて、個々のアイテムの詳細を編集したり、アイテムの所有者を変更したり、アイテムを削除したりできます。

  1. 組織サイトにサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [コンテンツ] をクリックします。
  3. [組織] タブをクリックします。
  4. 必要に応じて、フィルター、並べ替えオプション、検索機能を使用して、管理するアイテムを探します。
  5. 説明を変更したり [削除の防止] を有効化するなど、特定のアイテムのプロパティと設定を編集するには、アイテムのタイトルをクリックして、アイテム ページ[概要][設定] タブで変更を加えます。
  6. アイテムを一括して管理するには、管理するアイテムを選択し、次のいずれかを実行します。
    • アイテムを組織で構成されているカテゴリに整理するには、[分類] をクリックして、手順に従いアイテムを分類します。
    • アイテムを別の所有者に再割り当てするには、[所有者の変更] をクリックし、新しい所有者を検索して選択し、必要に応じて新しいフォルダーを選択して、[保存] をクリックします。
      ヒント:

      レイヤーの所有権を変更すると、そのレイヤーの作成元だったファイルの所有権が変更されます。 ホスト フィーチャ レイヤーの所有者を変更した場合、それに依存するホスト フィーチャ レイヤー ビューの所有権が変更されます。

      レイヤーの所有者を変更しても、そのレイヤーが使用されているマップおよびシーンの所有者は変更されません。 同様に、マップおよびシーンの所有者を変更しても、それらの内部のレイヤーの所有権は変更されず、それらのマップおよびシーンが使用されているアプリの所有者も変更されません。

    • アイテムを組織および ArcGIS Online から削除するには、[削除] をクリックします。
      メモ:

      ホスト タイル レイヤーとその公開元のタイル パッケージ間、ホスト フィーチャ レイヤー ビューとその作成元のホスト フィーチャ レイヤー間など、一部のアイテム間には依存関係が存在します。 依存関係にあるアイテムを削除してから、その作成元のアイテムを削除する必要があります。

    アイテムを削除すること以外、上のどのオプションも、アイテムのディスク上の位置、ID を変更しません。